約6年間の漢方薬を服用して腎機能改善されたが・・・

今日は晴れですが風が強くて寒いです。朝イチで写真の通り大失敗。両手にカバンなどの荷物が多すぎて、車のドアを開けた途端に昼食の皿が落ちて完全に割れました。ゴミとして捨てるともったいないので、肉2枚と山芋・サツマイモを洗って昼ごはんにしました。したがって、今日の昼食の量は普通の3分の1の量です。もう一つの袋に入ったザクロ・リンゴ・枝豆・むかごは無事でした。ザクロとむかごはまだまだ在庫がありますが、枝豆はもう最後です。

【割れた皿と昼食】

 

今日の患者さんのことについて、新患の方が多かったです。新患の方はやはり、ご家族や親せきが当薬局の漢方薬を服用してよくなった後に勧められる方が多いです。例えば、昨年12月にお兄さんが当薬局の漢方薬を服用して、今年の6月に一人の妹さんも当薬局の漢方薬を服用して、精神的な症状や婦人科の症状が改善されて、今日はもう一人の妹さんも漢方薬を服用します(この妹さんは5年間○○大学病院の治療を受けて症状が改善されても、また次の症状が出続けています)。

 

今日悲しい連絡があり、平成27年1月から腎機能異常で当薬局の漢方薬を服用して腎機能の検査で改善された80代後半の方が今月初めに心臓の手術をした後肺炎になって亡くなりました。約6年間漢方薬を服用して最初の漢方薬を服用する前の平成27年1月のクレアチニンは2.34でしたが、今年10月にご本人が来局されたときのクレアチニンは2.25で安定してご本人にこのまま絶対透析の心配は無いと言ったことが最後の会話でした。検査の結果がよくなった時の嬉しそうな笑顔が忘れられません。もし、腎臓を強くする漢方薬を服用していなかったら、高齢のこともあり腎機能はさらに低下して数年前に透析している可能性もあると思います。肺炎になった後、すぐに肺を強くする漢方薬を服用しましたが改善されなくてとても残念です。高齢者の方のほとんどが肺炎で亡くなることを実感しています。肺の病気が無くても、肺を強くする漢方薬を服用することは肺炎・風邪・インフルエンザ・コロナウィルス感染予防になると考えられます。最後に心よりご冥福をお祈り致します。

 

数日前のブログにも書きましたが、マスクをつけることはとても良いことです。コロナ感染予防だけではなく肺機能の低下、風邪・インフルエンザ・咳・痰など肺疾患の予防効果もあります。皆さんも街の中やテレビでユニークなマスクを沢山見かけるでしょう。これから、マスク文化・マスク芸術まで発展するかもしれません。下記の中国・韓国・ヨーロッパのマスクを鑑賞してください。

【面白いマスク】