婦人科で2回手術をして漢方薬を服用した40代の女性が出産したお子さんは元気です。

皆様お久しぶりです。10日の日に雪の坂道で転んで左目の下を打撲、内出血により12日から14日まで休んでいました。当時の状況を再現すると坂道を上がった所に氷があり足元が滑り、倒れそうになって左側の手すりを掴もうとしましたが間に合わず、ポールにぶつかってしまいました。お知らせもせずブログも更新できなく皆様に大変ご心配をお掛けしたことをお詫びいたします。写真の通り視力には一切影響がなく他のところも骨折がなく良かったなと思います。もし、1~2㎝上だったら丁度眼球の所で失明の可能性もあったかもしれません。また、いつもみんなから私の目が小さいと言われるのですが、もし目が大きかったら眼球に丁度当たって伊達政宗のように独眼竜になるところでした。そういう意味では小さい目で良かったと思います。今日からは通常通り出勤出来て大変嬉しいです。
患者さんのことについてですが、3日間の休んだことは大変影響が大きいです。福島店と山形店の患者さんは来週に変更して頂き、今日は電話、メール相談の方も多く全国各地からの相談も多かったです。一番遠い方は熊本県の80代のパーキンソン病の男性でした。他に愛知県の80代の乳がんの女性、兵庫県の40代のIga腎症の女性、神奈川県の多発性骨髄腫の50代の男性など難病の方も多かったです。潰瘍性大腸炎の50代の女性、網膜色素変性症の50代の男性、自己免疫性肝炎の40代の女性などもいました。他に癌や不妊症の女性も多かったです。
以前、当薬局の漢方薬を服用して出産され元気な息子さんと共に漢方薬を服用している40代の女性は実は婦人科の卵巣の腫瘍の手術をして妊娠はなかなか難しいと言われましたが2013年1月から約2年間漢方薬を服用して妊娠に成功、2015年7月に体重3400gの元気な息子さんが産まれました。その後、ご主人の転勤により引っ越されましたが昨年1月からまた本人の免疫力を高めがん再発予防、花粉症改善などの漢方薬を服用しています。5歳の息子さんも当薬局の漢方薬と縁があり咳、鼻水、風邪を引きやすいなどの症状を改善する漢方薬を嫌がることもなく服用しています。
ところで目の病気のご主人と離れて住んでいるアトピー性皮膚炎の20代の息子さんと目の病気と症状で服用している50代の女性から1年間息子さんが漢方薬を服用してもまだ良くならないと言われて他店舗のこの女性の息子さんの相談カードを見たら昨年7月から漢方薬を服用していませんでした。その事をこの女性に言ったら女性から今も漢方薬を服用しているし、しかも毎月漢方薬代を息子さんに送っていると言われました。息子さんの噓がばれたかもと思いました。今晩この女性から電話で息子さんは間違いなく叱られるでしょう。
最後に皆さんに心配を掛けないために怪我した写真を公開します。熊の目みたいでしょうか?パンダの目みたいでしょうか?どちらにしても間違いなく目が小さいです。
[写真]