難病を含め漢方と縁がある少年少女4人のこと

今日は他のことや他の患者さんのことは書かずに、漢方と縁がある小学生・中学生・高校生の少年少女のことだけを書きます。

 

今漢方薬を服用している少女や5~6歳の時から漢方薬を服用して病気がよくなった少女などが偶然今日来局。漢方薬を服用してまだ効果が出ていない高校生一人(血液の難病の再生不良性貧血で、先週のブログに書いた漢方で検査結果が全て正常になった同じ再生不良性貧血の方の紹介で漢方薬を服用しています。なかなか検査結果が良くならない原因の一つは、○○大学病院の治療薬の影響も考えられるかなと思います)の他には、みんな様々な症状や検査結果がよくなっています。

例えば、昨年12月12日から漢方薬を服用している甲状腺亢進症の少女は不眠・動悸・息苦しい・手のしびれ・立ちくらみ・イライラなどの症状が改善されただけではなく、甲状腺の検査結果の数値もよくなっています。例えば、漢方薬を服用する前の11月28日の検査でF-T3は9.71でしたが、今日の検査の6.91まで改善され、病院の薬の影響の肝機能異常も改善されています。例えば、11月28日のGOTは51、GPTは112、rGTPは64で全て異常でしたが、今日の検査ではGOT19、GPTは23、rGTPは33で全て正常値になりました。

 

一番嬉しいことは、2年ぶりに一人の少女とお母さんが来局されたことです。少女は今漢方薬を服用していませんが、お母さんが花粉症で今日から漢方薬を服用します。2年前にお母さんと来局したときは高校進学の報告でしたが、2年前よりさらに身長が伸びて、お母さんを超えて163cmになったそうです。来年は大学受験で、今一生懸命勉強しているそうです。この少女の事もたぶん2年前の3月23日のブログに書いていると思います。なぜなら、今その時の写真を見たら日にちは2019年3月23日午後1時50分と記録があります。この少女は5歳の時、両目のまぶたが開けられなくて病院で難病の重症筋無力症と診断され、○○県立こども病院でステロイド治療を受けていましたが、副作用で将来失明する可能性があるとお医者さんから言われました。お母さんが絶望しているとき、同僚の方(小学生の娘さんが円形脱毛で漢方薬を服用して改善された)の紹介で平成20年11月から当薬局の漢方薬を服用しました。4か月後、まぶたの下垂が完全に改善され、血液検査の抗体も正常値になりました。約2年間漢方薬を服用して、漢方薬をやめた後も再発もなく血液検査も正常でしたが、10年前の大震災の後に避難生活や恐怖などのストレスで再発して、平成23年4月からまた漢方薬を服用して半年で改善されて、その後再発は一切ありません。しかし、漢方と縁があり風邪や咳・帯状疱疹などの時は病院ではなくいつも当薬局に来て漢方薬を服用しています。一番最近漢方薬を服用したのは令和1年6月で、じんましんが出て5日分の漢方薬を服用しました。当然、今日のご本人はとても元気です!いつもお母さんと仲良く笑顔です。私が恥ずかしくて、2年前のように2人で並んだ後ろ姿の写真は撮りませんでしたが、来年大学受験に合格した報告に来た時また写真を撮りましょう!

 

午後に久しぶりに一人の少年のお父さんから電話があり、友人の肺がんの漢方治療について相談がありました。「息子さんは今何年生ですか?」と聞いたら、4月から2年生になるそうです。この少年は、実は当薬局の漢方薬を服用しているお母さんが自然妊娠され出産したお子さんです。きっかけは、この少年のおばあさんでした。おばあさんが大腸がん手術後再発し、また手術その後肝臓転移で抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用して約7年間お元気で過ごされました。約10年前にこのおばあさんから私に「今はもう70歳をすぎて、この病気なのでいつ亡くなっても良いですが、どうしても死ぬ前に孫の顔を見たい。抱っこしたい」と涙ながらに言われました。話によると、息子さんご夫婦は医療従事者で仕事も忙しく、お子さんが欲しいですがなかなか妊娠できなくて、不妊治療をしても成功しませんでした。私から漢方で不妊治療の成功率は高いと話したら、次回の来局の際お嫁さんも一緒に来局されたことを鮮明に覚えています。その半年くらい後、お母さんが自然妊娠に成功し無事にこの少年が生まれました。お孫さんの顔を見て、抱っこすることが出来ただけではなく、確か幼稚園の入園式にも一緒に参加したそうです。生まれたばかりの時に抱っこしたことがありますが、今はどんな少年に成長したでしょうか。いつか会えると思いますが、楽しみにしています。(少年の3~4歳のころの写真があり、とても可愛いいです)

【写真】

 

今日のブログは随分長くなって大変申し訳ないです。代わりに明日のブログは出来るだけ短くします。3~4行書けばいいかな、と思います。