漢方で少年少女の病気を治して勉強出来るようになった

台風の影響で山形は午前中ずっと雨が降り涼しかったのですが、午後から晴れて一気に暑くなりました。
山形店の長い連休(5連休)で今日はとても忙しかった。
大腸がんステージ4で手術した後、抗がん剤を受けましたが効果が無く中止し令和2年5月から漢方を服用の女性。今、血液の検査結果がとても良く全身の症状も無く、たまに下痢するだけです。一昨日76歳になって、温泉で誕生日を祝えたそうで、喜んでいます。
昨日のブログに書いた様々な難病の子どもたちは漢方服用で、検査結果や症状が改善され勉強できるようになり進学出来たと書きましたが、今日は統合失調症の女の子とIgA腎症の中学生の男の子が元気になって検査結果も正常になり良くなっています。
平成29年11月から漢方を服用の統合失調症の女の子は登校出来るようになって、ピアノが大好きで、これからピアノの先生になる為に毎日ピアノの練習をいています。またIgA腎症の男の子は平成29年6月(当時8歳)から漢方を服用しています。今、尿検査は全部正常。今日、お母さんから連絡があり前回に続いて尿の検査は蛋白、潜血、全部正常で喜んで漢方のおかげと感謝してくれました。
ところで、昨日もオリンピックの卓球の混合ダブルス中日決勝戦を見ました。素晴らしかった。日本の混合ダブルスが勝ちまして、初の金メダルを取りました。素晴らしいです。中国が勝つより嬉しいです。