肺を強くする漢方で非結核性抗酸菌症の88歳の女性のCTは4年前と同じ、進行無し。

昨日の福島寒さから山形の暑さに変わった。冷房も入れましたが、サンダルに戻らなくて大失敗。患者さんの1人から昨日は暖房を入れたと言われました。

今日の患者さんについて。不妊症の40代女性、網膜色素変性症の30代女性、大腸がんステージ4・転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けながら漢方を服用している70代女性など。皆さん効果を感じて様々な症状が改善し、検査結果が良くなっています。例えば、令和元年12月から漢方を服用している網膜色素変性症の30代女性は視力がだんだん改善されています。漢方を服用する前の裸眼視力は0.5~0.6でしたが、今年7月の検査で0.7~0.9まで改善されました。
また令和2年5月から漢方を服用している大腸がん・リンパ転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性の血液検査結果は肝機能腎機能と正常になりました。様々な副作用も軽くなって、食欲不振や下痢も改善されとても元気です。病院の主治医から抗がん剤治療を1年以上続けて、こんなに元気な人はいないと言われました。

名古屋から一通の綺麗な手紙が届きました。何回もブログに書きましたが平成30年5月、当時86歳の時から非結核性抗酸菌症で咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸で悩んで肺を強くする漢方を服用しました。服用開始から4年以上経ちました。今日の本人の手紙には、今月始めに病院で1年振りにCT検査を受けたそうです。4年前のCTと比べても一切変わらない、咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸などの症状も改善されて、少し痰があるだけだそうです。
本人とも電話でお話をしました。とても元気でした。いつもの約束通りに本人が現役の美容師の間に、私の髪を切る事と顔のエステをお願いしました。この女性の相談カードを見たら9月10日がお誕生日でした。明日で満90歳。本当におめでとうございます。
100歳まで現役美容師を続けて日本一の長寿現役美容師になるように祈ります。
ご本人からは死ぬまで漢方を続けると言われました。当然、大丈夫だと思います。楽しみにしています。