難病と腎臓病の方が多い!

 今日の福島店は難病と腎臓病の方が多かったです。
 新患の肺臓の難病の間質性肺炎の80代男性、新患の目の難病の網膜色素変性症の50代女性、令和2年1月から漢方薬を服用している多発性骨髄腫の50代男性と潰瘍性大腸炎の奥さん、平成22年9月から漢方薬を服用しているIga腎症の当時50代女性など。
 
 皆さんは漢方薬で検査結果と症状が改善しています。
 例えば多発性骨髄腫の50代男性は、9月の血液検査の異常項目は7月の7ケ所から4ケ所にまで改善しました。潰瘍性大腸炎の奥さんは実は一ヶ月間の漢方薬で下痢が著しく改善して漢方薬の効果に驚いています!
 もう一人の方は漢方薬で腎機能を改善させ、人工透析を避けることができて喜んでいます。この62才の女性は42才から高血圧、心臓肥大で薬を服用して44才の時に脳出血で入院治療、退院の時、腎不全と診断されました。今年1月の検査で腎機能のクレアチニンは4.85で「そろそろ透析」と言われました。3月10日から腎臓を強める漢方薬を服用して、6月に3.88、8月の3.9にまで改善させ安定しています。8月の福島は暑くて、腎機能にも悪影響していると考えられます。
これからは、さらに検査結果が良くなるハズです!