漢方で40代男性の検診結果も全身の症状も改善

昨日の福島も暑くて、今日の山形も暑いです。やむなく今朝からサンダルに戻りました。やはりサンダルの方が気持ちいいです。最低9月までサンダルのままでいたいです。サンダルは気持ちいいだけでなく健康にもいい。早く脱げたり履けたり、靴下もいらない、なので洗濯もいらない、足の匂いの減少もできる。また私は時々裸足で歩くので便利、良いところがたくさんあります。

患者さんのことについて、潰瘍性大腸炎の40代男性、髄膜腫の術後に目が見えない、味覚異常の40代女性、鬱病の50代女性、10年前から不整脈、高血圧、夜寝られない50代女性など。

パニック障害、統合失調症など長期間で大量の薬を服用しても良くならない精神疾患の10代~50代までの方々が体質改善の漢方で改善し多くの方が社会復帰、仕事復帰、学校復帰出来ました。
今まで5、6種類の精神科の薬を服用し、たまに16種類の薬を服用している人がいますが、今日は20代の鬱病の男性から相談がありなんと24種類の精神科の薬を服用しているとのこと。当然良くならないはずです、私の経験の中で服用している薬の種類の最高記録です。

漢方で様々な症状が改善し、検査結果も良くなった方がたくさんいます。その中の一人は、当店の漢方を服用している方の紹介で昨年6月から漢方を服用している40代男性です。
この方は漢方服用前から肝機能異常、中性脂肪が高い、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍で、だるい、手と顔のむくみ、腰痛、げっぷ、目が疲れ、血便、下痢などの様々な症状がありました。今日本人は8月の健康診断の結果を持参し数値は全部正常、全身の症状も改善され喜んでいます。西洋医学の対処療法とは違う、体質改善の漢方は全身の様々な症状を改善することができます。

24種類の精神科の薬を服用している男性は、精神的な症状だけでなく間違いなく数え切れない全身の様々な症状があるはずです。従ってこの男性は体質改善の漢方を服用すれば精神的な症状だけでなく全身の様々な症状が改善できると思います。