7年間の漢方服用でIgA腎症腎症の60代女性は人工透析を避けた

今日の山形は午前中雨でしたが、午後は晴れました。
朝早く蔵王に行って、写真の通り最後のアカシアの花を採りました。右手は袋を持ちながら枝を手前に引き、左手で花を採りました。もう一本の手はなくて、傘を首と肩で挟んだが雨が激しくて頭と全身が結構濡れました。でも最後にたくさんのアカシアの花が採れました。

患者さんのことについて、やはり口コミの方が多い。7、8年前に仙台在住で当店の漢方を服用していた方が福岡に帰り、福岡、長崎、鹿児島などの友人に紹介して広げました。今日一人の長崎の40代女性もそのおひとりです。
またご家族三人(娘さんご夫婦とお父さん)、娘さんとお父さんの親子、60代のご夫婦など。

腎臓の病気の方が多い。IgA腎症や慢性腎炎、糖尿病腎症など。
平成26年3月から漢方を服用している当時50代のIgA腎症の女性は、病院からそろそろ人工透析と言われましたが、腎臓を強くする漢方を服用し腎機能がどんどん改善され確実に人工透析を避けました。

例えば漢方を服用前の平成26年2月の検査でクレアチニンは3.96でしたが、今年4月末の検査では1.41、5月末の検査では1.19まで改善されています。
今60代になっていますが、当時同じレベルの腎機能低下で同じ病院で治療を受けている患者さんは、今みんなほとんど人工透析をしています。本人は、漢方のお陰で人工透析を避けて大変感謝してくれました。

<写真>

 

 

漢方で産まれた9ヶ月の男の子はとても元気でとても重かった

昨日ブログに書いた、日曜日に2食抜きにしたのは大成功でしたが、昼に3時間寝て、夜20時~朝5時まで寝たことは大失敗。寝すぎで昨夜ほとんど寝られなかった。23時に横になって夜中24時、午前1時、2時、3時になっても寝られなくて3時半~5時ぐらいまでしか寝られなかった。朝から両目は霞みしょぼしょぼで大変でした。目が疲れて今日1日で5~6回目を洗いました。
これで正しい睡眠と生活習慣の大事さは、ただ1日の実験で分かりました。

今もさらに目がしょぼしょぼなのでブログを終わりにしようと思いましたが、お久しぶりに患者さんの9ヶ月の元気な男の子を抱っこしたことだけを書きます。抱っこした時、正直とても重かった。「重い」と言ったら、お母さんから「漢方のお陰で産まれたとき体が大きかった」と言われ、昨年の8月25日の出産の連絡メモを見たら4080g!でした。
この30代の女性は潰瘍性大腸炎で平成30年10月から漢方を服用し、1日18~20回の下痢や腹痛、血便が全部改善されました。その後妊娠しやすい漢方に変え自然妊娠成功。妊娠してから出産するまでずっと漢方服用しました。従って赤ちゃんは大きい。
今は潰瘍性大腸炎が再発しないための漢方を服用しています。「もう一人子ども欲しいでしょう?」と言ったら、「男の子でなく女の子だったら欲しいです。」と言われました。多分9ヶ月の息子さんは大きい、元気で育児が大変なのかなと思います。

漢方で12才の全身痙攣の少年の症状を改善、毎日登校できるになった!

 昨日は父の日で、中国でも広く言われました。
父というと中国では「父愛如山」(父の愛は山のように重い、高い!)という言葉があります。しかし、昨日の父の日は午前10時ぐらいの朝食の他は昼食と夕食を全て抜きました。なぜならば、土曜日の夜に友人と2人で食事とお酒を10半まで交流したからです(もちろん、広い日部屋、窓開け、入室の消毒などのコロナ感染予防対策は取りました)。
 食べ過ぎ、飲み過ぎ…しかも昼の12時~15時まで昼寝、夜20時~朝5時まで長く長く寝過ぎ!過ぎ、過ぎ、過ぎ…しかし、どう考えても寝すぎだと思います。夜間に目は覚めませんでしたが、お腹が空いて硬い実の物を食べた後、一個のお菓子を食べた夢を見ました!
 今日の身体はとても軽く、元気です!今まで時々、夜の一食を抜いた事はありましたが二食を抜く事は初めてです。初体験の自己実験は成功っ!

 今日の患者さんの事について、遠方の方は多くないですが結構遠い方は沢山いました!福島県内各地は勿論のこと、岐阜の30代女性、福岡の40代女性、鹿児島の50代男性などなど。
 患者さんの事について一家3人(60代のご夫婦と80代のお母さん)、一家4人(50代の女性、娘さん2人と80代のお父さん)、一家6人(60代の女性と娘さん2人、息子さんと2才の孫さん)、姉妹(70代と80代)などご家族も多かったです。

 一番嬉しい事は、以前から何度かブログに書いていますが(日付辺りに載せています)、昨年8月から漢方服用している、当時全身痙攣、手足の動きが止まらないほど日常生活や勉強もできない12才の少年は今、毎日登校が出来るようになった事です。
 8月からの服用で一ヶ月後(9/23)には落ち着いている時間や日が多くなり普通に学校へ行ける様になり、更に一ヶ月後(10/12)には家での発作がほとんどなくなりました。その一ヶ月後(11/18)には学校の3㎞マラソン大会に出場でき、学校での滞在時間も長くなっていきます。夜の睡眠も眠れるようになり、11月の修学旅行には一泊二日で参加する事ができました。
 緊張や不安があると発作や痙攣が未だ少しあり、泣いてしまう事もある様ですが、「頑張って毎日学校へ行けている」とお母さんが言っていました。漢方を飲む時は両手を合わせて「お薬に感謝していただきます!」と言って飲むそうです。
 彼の未来を心から応援しています!

漢方で妊娠成功した38歳の女性は妊娠順調6ヶ月になりました

ジャム用のイチゴはまだ店に置いてあったので5パック買いました。やはり美味しくて美味しくて、ずっと食べていたいです。

患者さんの事について。全国からの患者さんが多い。長崎の50代女性(平成30年12月~漢方を服用。お母さんと兄弟二人ともに腎機能異常でもう2人は透析しています。本人も腎機能異常です。漢方で透析を避けたいです)大阪の10代の男性(平成29年9月、肉腫手術した後ずっと再発予防の漢方を服用しています。)愛知の40代女性(令和元年8月~非結核性抗酸菌症で漢方を服用しています)東京の20代の発達障害の疑いの女性(私からみると絶対に発達障害ではない。元々、優秀な高校生大学生でした。いろんなストレスや人間関係、不規則な生活や引きこもりの影響で様々な症状が出ただけだと思います。二週間前から漢方を服用したばかりで、当然まだ症状は改善されていない)など。

平成29年3月~漢方を服用しているIgA腎症の60代女性は腎臓が強くなる漢方服用。5月の検査で更に腎機能が良くなった(4月22日クレアチニン1.41→5月24日の1.29まで改善されました)
また、ご両親と弟さんが漢方を服用、肝機能腎機能と様々な症状が良くなり、令和2年4月に甲状腺機能低下症、蕁麻疹、生理不順や不妊の30代後半の娘さんに漢方を紹介、3~4ヶ月後、生理不順や生理痛、蕁麻疹が良くなって、昨年12月に妊娠成功。すぐにつわり改善と流産予防の漢方を服用。今日のお母さんの話によると、妊娠は順調で病院の検査結果も正常。時々休みながら仕事もしています。出産は10月末の予定です。無事の出産を祈ります。

実は、今日は私の悲しい日です。
8年前の今日、父が亡くなったのです。
あっという間の8年…本当に早いかな、と思います。

平成14年からガン予防を服用している60代女性は検査が全て正常!

 今日の福島は午前中に曇り、午後には突然雷と雨がすごかったです!

 患者さんの事について難病(重症筋無力症の60代女性、間質性肺炎の50代男性、非結核性抗酸菌症の70代女性、網膜色素変性症の40代男性、突発性難聴の30代女性など)や婦人科の病気(子宮筋腫と卵巣腫れの手術後に再発した不妊症の40代女性、子宮筋腫5㎝と2.5㎝と生理不順の20代女性、流産二回と子宮内膜症で不妊症の30代女性、子宮筋腫と内膜症と生理痛の40代女性)など、やはり家族やご夫婦、親子の方が多かったです。
 肺の病気の50代男性と不整脈と頻脈と動悸の奥さん、うつ病と更年期障害の50代女性と生理不順と下痢と不眠と子宮がん異形成の30代娘さん、腰痛の70代女性と精神疾患の40代娘さん、重症筋無力症の60代女性と肺がん手術後に腫瘍マーカーが高くなっている60代ご主人、前立腺肥大と胆石の70代男性と脳梗塞の後遺症の70代の奥さん等々が多かったです。

 今日一番長く漢方薬を服用してくれている方は、平成14年からガン予防でずっと漢方薬を服用している60代女性です。
 この女性は、ご両親、お姉さんがガンで家族の家系性が高いということで平成14年の当時50代の時からずっと免疫力を高めるガン予防の漢方薬を服用していて、今では娘さんご夫婦やお孫さんも服用しています。
 今日は最新の5/25の検査結果を送ってくれました。カリウム5.6で正常値は3.5~5.5で少し高い以外、血液検査は全て正常で腫瘍マーカーも正常です。本人から「元気でまだ現役に仕事ができる事と検査結果が全て正常でガンになっていない事は約19年間の漢方を服用しているおかげです」と言われました(この方は予防なので一ヶ月分を3~4ヶ月かけて服用しています)。

約3ヶ月の漢方で大学生の女の子の湿疹・痒みは8割改善

今日はがんの患者さんが多い。胃がん手術した後、食道がんになり慢性膵臓炎で腫瘍マーカーが上がっている60代男性(平成29年11月から漢方を服用。今、新しいがんの再発は無いです)大腸がんの手術をした後、抗がん剤治療を受けている70代女性(令和2年5月から漢方を服用して、血液検査で白血球/赤血球/ヘモグロビンが少し低い以外、抗がん剤の副作用は殆ど無いです)胆管がん、肝臓転移で手術出来ない抗がん剤治療を受けている70代男性(令和2年10月から漢方を服用して食欲不振・下痢・肝機能異常・腎機能異常は改善されています)

子どもの時からアトピーで皮膚科の治療をずっと受けていますが、なかなか良くならない10代の大学生は今年の3月25日から友人の紹介で当店の漢方を服用。今日、約3ヶ月振りにお母さんと来店。顔・首・腕の赤い湿疹や傷は殆ど無くなりました。本人に湿疹と痒み何割良くなっていますか?と聞いたら、8割以上良くなっていると言われました。お母さんからも顔の色は白くなり綺麗になりました。漢方を服用する前は、娘の肌を掻く音で目が覚めましたが、今は掻くことが無くなり目が覚めなくなりましたと言われました。皮膚のかゆみが無くなっただけでなく体重も4キロ減り親子で喜んでいます。漢方をもう少し続ければ完治出来ると思います。

今日は全部山道で仙台から山形まで来ました。途中であちこちの桑の実を目にして、時々停車して採ったり食べたりしました。写真の通りいっぱい採りました。木によって味は全然違うし、大きさも違います。
山形店のスタッフたちにあげたら、みんな初めて食べたと言っていました。嘘みたい!!
やはり、みんなあんまり興味無いのでしょう。
自然の恵み、美味しいのに。

 

<写真>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月間の腎臓を強める漢方で60代女性のクレアチニンは4.85から3.87まで改善!

 今日の福島はわりと涼しいですが、冷房を入れました。設定温度は25度!

 患者さんの事について、やはり遠方の方も多かったです。
愛知の婦人科の病気の40代女性、東京の目の難病の30代男性、青森の癌の60代男性(入院治療しながら漢方薬を服用しています)、更に北の北海道のIga腎症の40代女性などなど。

 親子や姉妹、夫婦などの方も多かったです。
80代のお姉さんは2ヶ月間の漢方薬を服用して夜間頻尿・咳痰を改善され、今日から高血圧、頻脈、不整脈の70代の妹さんも漢方薬を服用開始、統合失調症で漢方薬を服用している20代男性と起立性調節障害の20代姉、20代女性と80代の祖父は仲良く来局などなど。
 20代男性のお母さんには「漢方を服用していてコロナの予防接種を受けても良いですか?」と聞かれたので「大丈夫です。もしコロナ予防の注射で副反応が酷い時にも、それ用の漢方薬があります」と伝えました。

 漢方で症状や検査結果が良くなった方は沢山います。
その中の一人は60代女性で、40代から高血圧、狭心症、心臓肥大、脳出血等の病気があり、50代からは腎機能低下で現在9種類の薬を服用していますが腎機能著しく低下し「そろそろ人工透析」と言われました。今年の1月21日の検査でクレアチニンは4.85まで悪化していましたが、3月10日から漢方で腎機能を改善した友人の紹介で腎臓を強くなる漢方薬を服用開始しました。
 今日は本人が5月28日の最新の検査結果を持って来くると、なんとクレアチニンは3.87で著しく改善。勿論、人工透析はまだ心配ですが今までどんどん悪化していた検査結果は10数年間で初めてクレアチニンが下がりました。お医者さんはビックリ驚いているそう。
 しかし残念ですがお医者さんに腎臓を強める漢方を服用している事は言っていないので「次回受診の時、ぜひ主治医に言って下さい」と言いました。

漢方を服用している難病(再生不良貧血)の50代女性の検査結果はほぼ正常

今日の山形は暑いですがまだ冷房は入れていません。我慢します。スタッフの情報によると、今年のさくらんぼは不作だそうで今月20日以降出荷できるようです。さくらんぼのことも我慢します。

患者さんのことについて、新患の方も含めて不妊の相談の方が多い。ひとりの44歳の女性は不妊治療を繰り返し一度流産、いい卵子が採れない。当店の漢方を服用し成功した方の紹介で今日から漢方を服用します。

ところでブログに書いた50代女性は自然妊娠した可能性がありましたが、今日病院の検査で妊娠していなと判明。とても残念ですが婦人科の検査は異常がなくて一安心しています。

良くなって喜んでいる方はたくさんいます。例えば癌の方や難病の方。
その中の一人の方は、難病の再生不良貧血で病院の治療でなかなか良くならず、平成27年7月(当時40代)から当店の漢方を服用。1年後ほぼ正常値になり、その後1ヶ月分の漢方を5~6ヶ月で服用しています。
例えば昨年は4月、9月、12月(3回注文)と年に3ヶ月分の漢方を服用。今年は今日が初めての漢方注文。2日前の検査結果は、赤血球337万、ヘモグロビン11.6。しかし漢方を服用する前の平成27年6月の検査では、赤血球318万、ヘモグロビン9.3。令和元年6年の検査では赤血球381万、ヘモグロビン12.9(女性の赤血球の正常値は380~550万、ヘモグロビンは12.1~15.9)
今は病院の薬は一切服用していません。約半年に1ヶ月分の漢方服用で、検査結果はほぼ正常値で元気に生活、仕事をしています。

漢方で7才の男の子の尿便失禁が完治!

 今日は午後から福島店の冷房をはじめて入れました。涼しくて、気持ちはいい!

 患者さんの事について7才~89才(来月は90才になる)で幅が大きいですが、10代~20代の方は頭痛や腹痛、夜尿症、尿失禁、食欲不振、朝起きられない、不登校、引きこもり等が多かったです。

 漢方薬を服用しているお母さんの紹介で令和1年11月から漢方薬を服用している自閉症の20代男性は、服や家具の壊す、大小便の汚れが無くなり、ご両親は大変喜んでいます。
 同じ症状を漢方で改善させた同級生の紹介で昨年2月から漢方薬を服用している15才の女の子は、吐き気・腹痛・頭痛・眩暈・下痢などの症状が著しく改善しています。
 昨年11月から漢方薬を服用している7才の男の子も、悩んでいた尿失禁を改善させました。
この子は早産で急性脳症になり、痙攣や落ち着かない、発達が遅い等の他に一番大変なことは幼稚園や学校で尿だけではなく便を失禁していました。お母さんの勧めで漢方薬を服用開始すると今は元気になって落ち着く様になり、以前の漢方服用前の毎日尿便失禁から、今年の3月には週に2~3回にまで改善。今日のお母さんによると「4月から尿便の失禁は今日までゼロ回」と言われました。これからずっとゼロ回の可能性は十分にありますが、子供なので疲れる時やストレス、緊張の時などは少し失禁の可能性はあると思います。もう少し頑張って服用を続けてほしいです。本人が良くなってお母さんやおばあちゃんが喜んでいるだけではなく、お母さんとおばあちゃんも当薬局の漢方薬を服用してくれています。
 やはり皆、検査結果や症状が良くなっていて、例えば今年4月から膝痛、膝腫れの70代のおばあちゃんが漢方薬を服用開始し、今日の娘さんの話によると膝の腫れはまだありますが、膝痛が良くなり階段の昇降ができるようになりました。

漢方で妊娠・出産した30代女性のお子さんは2才9ヶ月の女の子

今日は不妊症の方が多い。新患の不妊症の30代女性、今年4月から不妊症で漢方服用している40代女性、他に第2子希望で漢方の服用を継続している30代女性。

第2子希望の30代女性は、平成29年不妊治を療繰り返し失敗し、当店の漢方を服用して平成30年2月妊娠成功。その後もずっと流産予防の漢方を服用し、平成30年9月に3035gの元気な女の子を出産。
現在2才9ヶ月の女の子は、きっと大きくなりかわいいでしょ・・「次回連れてきてください、会いたいです。」と要望しました。楽しみにしたいと思います!
今この30代女性は円形脱毛、生理の量が少ない、第2子希望で、妊娠しやすい漢方の服用を続けています。
みなさんが漢方で早く妊娠できることを願っています。