1ヶ月の漢方で脳梗塞の50代男性の目と手の後遺症改善

今日の山形は晴れ少し暑いです。

患者さんの事について、名古屋、東京、千葉の方がいます。一番印象深いことは、久しぶりの方が多かったです。

 

1人は半年ぶりで、ホテルの料理人ですがずっと休業状態のようです。血圧がどんどん上がり体重も増加。もう1人の60代女性は1年ぶりに来店。肝機能異常はさらに悪化し、7種類の薬を服用し肝硬変の一歩手前と言われたそうです。もう1人の40代女性は7カ月ぶりに来店。結局半年の漢方で体重は70kgから66㎏まで痩せましたが、また70㎏になり本人は大変後悔しまた漢方の服用を始めます。お酒も好きで、「お酒は飲んでもいいです?」と聞かれ、「ダメです。60㎏になったら私からあなたを招待します。一緒に酔っぱらうまで飲みましょう!」と約束しました。(本人は大笑い、多分楽しみにしていると思います。)

 

ところで良くなった患者さんの1人は50代の男性で、7月に脳梗塞をおこして入院・治療しましたが右目が見えない・痙攣、右手の痺れ、不眠の症状があり9月15日から当店の漢方を服用。今日本人の話によると、著しく改善し効果を感じていて物が見えるようになり目の痙攣も手の痺れも改善。イライラ・不安がなくなり気持ち的に大変落ち着いたそうです。

 

ところで桃は採れませんが、市内の2か所で棗を見に行ったら赤く熟し始めていたので収穫しました。写真の通り今年の棗は大きくて多い。入れるものがなかったのでズボンのポケット2つとジャケットのポケット2つに入れ、ちょっと早く歩いたり腰を曲げたりするとズボンのポケットから転がり落ちました。今日の収穫は1.7キロです。山形市民の棗なので、山形市民のスタッフ2人に3つずつ上げました。(やはりケチそう、、と言われました)

<写真>

二カ月半の漢方薬で両手足の湿疹・痒みが3~4割改善!

今日の福島は一日曇りで、私から見ると雨が降りそうかなと思っていましたが、スタッフは天気予報で降らない!と福島弁で断言しました(「降んねぇ」みたいな事を言いました)。

 

患者さんについて、全国からの方が少なかったです。水戸の血小板減少性紫斑病40代母(平成26年から漢方薬を服用、一年後血小板数は正常値になり、4年前から年に1~2ケ月分の漢方薬を服用してもずっと正常値です)と10代の子供さんアトピー性皮膚炎、と静岡の電磁波過敏症50代女性、広島の髄膜炎40代男性です。

 

久しぶりの患者さんの一人50代女性は病院の薬を飲みすぎでした。肝機能、腎機能が異常になって3種類の糖尿病の薬を服用しても血糖値206ヘモグロビンは9.1で、なんと7種類の薬を服用しています。今日から一生懸命に漢方薬を服用する決意だそうです。

 

良くなった患者さんの一人は、写真の通り両手足の湿疹・痒みがあり特に足が酷くて皮膚科を転々としても数年間の治療を受けても良くならず8月下旬から当薬局の漢方薬を服用開始しました。写真の通り見た目と症状の総合3~4改善し痒みも著しく減り夜は眠れるようになったそうです。さらに3~4か月後には足の皮膚が綺麗になると思います。その時またブログ載せます!

 

8/248/2410/5

10/5

実は昨日、写真撮影好きの友人と朝6時に出発して紅葉が見ごろの宮城県、岩手県と秋田県の三県から登れる栗駒山を登山し紅葉をみました。写真の通り本当に紅葉が素晴らしく、今までで一番良かったです。登りコースは岩手県の須川温泉から登って、降りたのは秋田の湯沢の登山口まで下りました。昼食も無しで7時間かかりましたが、私に疲れは全然なく、友人から「やはり朝食を20種以上食べる人間は俺と違う」と言われました。

漢方で80代男性の腎機能改善されています

今日の山形はとても涼しい。まだ寒くはないです。

ちょっとつまらない。桃も取れない、大きい山形の特産のピーナッツもまだ売ってない。顔見知りの店員さんの話だと10月中旬からだそうです。味は千葉の有名な落花生に負けないと思います。

患者さんの事について。2017年6月15日から歩くけない程のめまい・慢性腎不全の80代男性は漢方を服用する前は腎機能がどんどん悪化して、例えば2014年1月クレアチニン1.4 2015年7月1.54 2016年7月1.84 2017年漢方服用直前の6月13日の検査ではクレアチニン2.22でしたが、腎機能が改善され今はクレアチニン1.3~1.5まで安定しています。当然84歳になっても透析していません。しかし本人は施設から外出禁止なので、代理の方が漢方を取りに来ました。

腎臓の病気と言えば長野の50代のIgA腎症の女性は約2年ぶりにまた漢方を服用。女性は2年前に2ヶ月間腎臓を強くする漢方を服用しましたが、まだ効果が出ていないに漢方を中止しました。その時のクレアチニンは1.9~2.0でしたが、最近の検査でクレアチニンは3.0を超えています。もちろん女性は病院の治療を受けて多量の薬を服用していますが、残念ですが腎機能悪化して、透析は避けられないと病院から言われたはずです。80代男性の腎機能改善された例が沢山あるので、この漢方でこの女性の腎臓も改善され透析を避けることが出来ると思います。

ところで、今日は旧暦の8月15日。中国伝統的の中秋節です。家族団らんで月を見て月餅を食べる。もちろんお酒も飲む、美味しい料理も食べる。秋の収穫を祝う…。残念ですが計画も出来ない。お母さんと会えない。今晩は月餅もない、仙台は小雨で月見も出来ない…。寂しい中秋節かな。

最後に、以前山や海で撮った満月の写真を載せて月見にしましょう。

 

 

漢方で6才の自閉症の子供の症状が改善!

今日は全国からの相談は多くないですが広島、長崎、京都、静岡などの方がいました。

患者さんの事について、お久しぶりの方が多かったです。潰瘍性大腸炎の40代女性(1年半ぶり)、高血圧・肝機能異常の50代男性(3年ぶり)、Iga腎症の50代女性(1年7カ月ぶり)など。

 

良くなった患者さんの一人は昨年7月から漢方を服用している自閉症の当時5歳の男の子。今日、お母さんからの連絡で7歳になり『最近は年齢に伴い、また漢方薬や療育の効果もあっておかげさまで癇癪、場所見知り、触覚の過敏さなどはだいぶ治ってまいりました。』とありました。今後もさらに良くなるので是非漢方を継続してほしいです。

 

大変な患者さんの一人は、一昨年の11月に卵巣がんを診断され、なんと4カ月も治療なく昨年3月にやっと卵巣・子宮卵管を手術しました。その後、沢山の抗がん剤治療を受けましたがなかなか効果なく、手術の時も腹膜播種と診断され、多種類の抗がん剤治療でも効果なく、今は胸に胸水があり大変苦しんでいます。

写真の通りなんと、今は20種類以上の薬を服用しています。当然なんの効果もありません。薬局を出るとき「ここに来ただけで、なんか元気になったわ!」と言ってくれ、嬉しかったです。少しでも漢方で胸水が減り、癌を抑制でき元気になることを祈ります!

目の難病「網膜色素変性症」の今の視力は0.7~0.8まで改善されています

秋になって夏の疲れ、夏バテの症状が出る方が多い。

1年振りの相談の30代女性はイライラ・不安・不眠・のぼせ等の症状があり、病院で自律神経失調症と診断されましたが、なかなか良くならなくて、また当店の漢方を服用します。

実はこの女性は昨年9月まで約10ヶ月間当店の漢方を服用して顔の湿疹・イボ・赤みはすっかり取れました。

昨年2月から逆流性食道炎、不安・だるい・疲れやすいなどの症状がある30代の男性は漢方を減量して最初の三分の一の量を継続服用して、仕事のストレス、疲れなどがあっても大変元気で仕事しています。

著しく改善された患者さんの一人は、9歳の時歩けない言葉が出ないで平成18年10月当時9歳の時から漢方を3ヶ月服用しましたが効果が出なくて中止しました。平成25年1月に難病の「網膜色素変性症」と診断され失明の可能性があると言われ当店の漢方を服用。その後、徐々に視力が改善され平成25年10月に家族と一緒に食事をしながらテレビを見ていた時に突然テレビの番組について話を始めたので、ご家族みんな聴力が改善されたとびっくりしました。その後ずっと視力が改善される漢方を服用しています。漢方を服用する前の平成25年1月の視力は0.06でしたが今は0.7~0.8まで改善され安定しています。9歳の時に祖父と来店したことがあり、今はもう20代になって会っても、もう分からない程大きく変わったかなと思います。いつもご両親が忙しく80代の祖父が漢方を取りに来ています。

ところで、もう採れないかもしれませんが山形店スタッフ2人と山形の「ひょう」(漢方名 馬歯莧)について議論しました。まず、同じ山形でも庄内と最上地区は食べない。効能ついて清熱解毒・利湿止痢の効果あり。胃腸炎・下痢・湿疹・皮膚・腫瘍に効果があります。スタッフの話によると昔は生で食べるだけでなく干して一年中食べていたそうです。私は干して食べたことがないので薬局の干した「ひょう」を食べてみようと思います。

漢方で若い方の様々な精神疾患の症状が改善!進学・学校・仕事復帰!

昨夜、テレビで女優の竹内氏の自殺の報道を見ながら、悲しくて、悲しくて、眠くなって8時半に寝ました。午前2時前に一度目が覚めましたが、また寝て、なんと朝の6時59分まで10時間ほど寝ました。寝すぎ!寝すぎ!

 

患者さんの事について、やはり全国からの方々が多かったです。愛知の20代男性(行きたい)、奈良の20代女性(奈良のお寺や紅葉を見たい)、東京の60代女性と30代男性、千葉の50代男性(千葉の落花生を食べたくて昨日買いました)、栃木県の40代女性とご主人(日光や那須高原に観光に行きたい)などなど。

また、秋から空気が冷たくなってくると肺が弱くなるので肺の難病の方が多かったです。肺気腫の80代男性、非結核性抗酸菌症の60代女性、間質性肺炎の70代の男性など。

 

良くなった患者さんは沢山いますが、一番印象深いことは若い方の精神疾患のことです。

例えば一家5人の三代が服用している20代女性は、仕事のストレスで自律神経と診断され不眠、不安、頭痛、吐き気、胃痛、ゲリ、冷え等があり、お母さんの勧めで今年の春から漢方薬を服用し、今日の本人によると「たまに胃痛がありますが様々な症状が改善され、いつもの体温は35度台でしたが今は36度台になった」そうです。

また、昨年8月から幻覚・幻聴・不眠・頭痛・耳鳴りなどの症状があり統合失調症と診断された20代男性は、当薬局の漢方服用で著しく改善され、仕事も続けることが出来ています。今年の6月からは漢方薬を1/3減量していましたが今日の本人の話によると体調も大変よく仕事も頑張っているので今日から漢方薬をさらに半量にまで減らしました。

また、20代の自閉症の男性のお母さんによると、漢方を服用して言動など大変落ち着きました。ドアを叩く、壊す行動や尿漏れ、便漏れも著しく減りました。

実は漢方服用前に皆、長く精神科の薬を服用していますがなかなか改善されていません。従って、体質改善の漢方薬は精神科の向精神薬、抗うつ剤、睡眠薬などより様々な精神疾患や精神的な症状の改善に効果が高いです。色んな若い方が漢方で学校や仕事復帰、進学などができることは本当に一番嬉しい事です。

 

ところで写真の通り、今日は儒教の創始者であり世界の文化名人である孔子の誕生日です。孔子は紀元前551年の9/28に産まれました。もし、もしも生きていたら…なんと2571才です。今日は中国の孔子の故郷、山東省曲府市をはじめ北京や世界各地での記念行事が行われているみたいです。今晩は少しでも孔子の論語を読みたいです。ちなみに、孔子の像の通り、孔子は背がとても高いです。司馬迁の「孔子世家」によると、孔子の身長は9尺有6寸だそうで、漢の時代の1尺23.1㎝で計算すると、なんと221.76㎝で2.21m。。。本当かなあ。

でも中国では、山東省の男は身体が大きくて高くて「山東大漢」と言われています。スタッフには「先生は“山東中漢”だなぃ。今夜は祝いの酒を飲みますわ」と言われました。

漢方でアトピーの1歳10ヶ月の子どもと20代女性が著しく改善

今日は雨ではなく曇りですが、沢山の予約の患者さんとフリーの方が来局。フリーの70代ご夫婦は、予約なく突然遠方から来ました。6年前に共に一時的に漢方薬を服用しましたが中断して、奥さんは癌になり、ご主人は腎機能が悪化しました。

今日も難病と癌の患者さんが多いです。非結核性抗酸菌症の70代女性、IgA腎症の女性、膀胱癌を2回手術し再発の70代男性、乳癌で抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用している50代女性、乳癌を手術後に抗がん剤治療を受けている50代女性など。

皆、検査結果や症状が改善されています。例えば、平成24年から漢方薬を服用している膀胱癌を2回手術後に転移した60代男性は、今は再発・転移は一切ありません。平成24年から漢方薬を服用している乳癌を温存手術後に抗がん剤・放射線治療を受けている当時40代女性も、ずっと漢方薬を継続していて再発・転移はありません。

 

実家が仙台の20代のアトピー性皮膚炎の女性は、突然お母さんと来局。話によると1歳のころからアトピーで皮膚科の治療を受けたり漢方薬も服用しましたが、就職後に悪化。今は顔・首・腕がとても酷い状態です。若い女性なのでとても気にしてストレスになり、悪循環の状態です。なんとか当薬局の漢方で、綺麗な皮膚になることを祈ります。その時は、本人の許可をもらって写真をブログに載せたいと考えています。

1歳10ヶ月の男の子とお母さんが来局。お母さんは、酷いアトピーで平成25年から当薬局の漢方薬を服用してとてもよくなり、また漢方薬を服用して妊娠成功。平成30年11月に元気な男の子が生まれましたが、昨年7月に7ヶ月の時に酷いアトピーで当薬局の漢方薬を服用。お母さんのお腹に居る時、お母さんの飲んでいる漢方薬に慣れたか、苦い漢方薬も全然平気で早く皮膚がよくなりました。昨年10月に漢方薬を止めても今日の全身の皮膚を見たら、再発も一切無く夏もかゆみも一切ありませんでした。でもお母さんは、夏に転職して片道通勤だけで2時間かかるそうで、とても疲れてストレスがあり、皮膚が悪化。また漢方薬を服用します。

もう一人のアトピー性皮膚炎の20代女性は、6月から漢方薬を服用して、漢方薬を服用前の顔と首の赤みとかゆみは取れました。今日本人の顔をマスクを取って見せてもらいましたが、80%以上赤みと湿疹は改善されていて本人もとても喜んでいます。

 

ところで、9月5日の朝一の人間ドックの結果が届きました。ドキドキしながら開封してみたら、身長は175.4㎝。平成26年6月の175.8㎝より0.4㎝縮んでいます・・・(なんと6年ぶりの健診。)視力は、右0.3、左0.6(6年前は0.2と0.4。よくなったワケではなく、一時的に良いだけです。)これ以上は個人情報なので詳しく書きませんが、まず大きい病気や異常はないので皆さまご安心下さい。

漢方で子どもが生まれた女性の円形脱毛は少しずつ効果が出ています

今日の山形はとても涼しいので半袖では肌寒いです。

患者さんのことについて。癌の70代女性、鬱の50代女性、他に高血圧、糖尿病、認知症、腎臓の難病、目の難病などの方々です。

 

H29年11月から漢方を服用し妊娠・出産の30代女性は、H30年9月に女の子を無事出産。現在妊娠の疲れ、腎臓の疲れ、育児のストレスで円形脱毛症になり、2カ月前から漢方の服用を再開し少しずつ効果が出ています。円形脱毛したところに少し黒い髪の毛が出てきています。私が来春になったら髪の毛がいっぱいになると言ったら、え?!驚いていました。

 

今日は山形店が忙しいのでブログを短くします。

腎機能を強くする漢方で60代男性の腎機能が二年前より改善!

今日の福島はとても涼しかったです。秋を感じています。

連休は皆さん旅行などユックリ休めましたか?私は出かけましたが、場所は非公開とします。でも絶対に東京には行っていません!

 

今日の患者さんについて、やはりご家族や良くなった方が多かったです。

例えば60代ご夫婦と80代のお母さん、60代女性と30代娘さん(今年1月からの漢方服用で8月に自然妊娠成功し、今も順調です)、60代女性と10代のお孫さん、70代と80代の姉妹などなど。

良くなった患者さんの一人は、病院の治療を受けながら薬を服用していましたが腎機能が徐々に悪化し平成32年5月から腎臓を強くする漢方を服用開始し、いま良くなっています。例えば漢方服用前の平成30年5月8日の検査でクレアチニンは3.05でしたが、最新の今月9月2日の検査でクレアチニンは2.50でした。以前は病院の治療と薬を服用していても腎機能は悪化していましたが、今では2歳加齢になっても腎機能は良くなっています。

実はこの男性のご両親、兄、妹、親族の中で腎臓に関するガンや膿腫などの腎臓病が7人います。その中には50代で亡くなった方もいるし、現在透析をしている方もいます。本人はいつも大変心配していますが「漢方を継続して服用していれば透析をする心配はないです」と伝えました。

 

その他に肝機能が良くなった方や血小板が増えた方もいましたが、残念な方もいました。

心臓の難病である肥大性心筋症の60代のお母さんが服用し完全に心臓が良くなっていましたが、その娘さん50代が8月26日から両足の浮腫みや尿が出ない等で漢方を服用開始しました。しかし今日まで効果・変化がなく、両足を診たらパンパンに浮腫んでいたので「病院で検査をした方が良いです」と言ったら「仕事が忙しくて行けないし、行き始めると通院やら薬の服用が嫌だ」等の理由で「行けない」と言われました。今日は漢方薬を追加増量したので一日でも早く、少しでも良くなることを祈ります!

漢方で癌手術した後の女性の肝機能腫瘍マーカー正常値まで改善

今日の山形も涼しい、晴れ時々曇り。

患者さんについて。お久しぶりの患者さんが多い。生理不順・腰痛の30代女性は20代の時に約半年の漢方服用ですっかり良くなって今年7月から仕事が忙しくストレスが多く、また生理不順・不正出血があり婦人科の治療ではなく、今日5年ぶりに来店漢方服用します。

もう一人の京都の70代の男性は6年前当店の漢方を服用。腰痛・膝痛などで当店の漢方を1年服用して全部改善された。数ヶ月前から肩、手が上がらない程痛くて、整形外科の治療でなかなか良くならなくて、今日から6年ぶりに漢方を服用します。

平成30年11月から当店の漢方を服用している60代女性は難聴・高血圧・糖尿病・物忘れの70代のご主人を連れて来店。奥さんは癌手術した後、抗がん剤の治療を受けましたが、腫瘍マーカーがだんだん上がり、肝機能異常で当店の漢方を服用。今は肝機能・腫瘍マーカーの検査は全部正常になって、先月のCT検査でも癌の再発、転移一切無く漢方の効果を感じて大変喜んでいます。

奥さんの口コミで今日からご主人も漢方服用です。