漢方で少年のブドウ病みたいな症状が4割改善!

今日は朝一番で福島市の保健所の医療衛生課に行って業務を済ませた後、十何年ぶりに5階の健康増進コーナーに行って足つぼコース(小石が並んでいる)を10分位歩きたくて行ったら、何年か前に撤去したと言われ、とても残念でした。他に置いてあるウォーキングマシーン等よりずっと高齢者に効果があるのに…とても残念です。いつか時間があれば、市の担当者に復活することについて交渉に行きたいです。

 

患者さんについて、全国各地からの相談も多く、新患の他に本当に良くなった患者さんも多かったです。

まず地域と病名から言うと三重の50代の目の難病の男性、神奈川の潰瘍性大腸炎の50代女性、多発性骨髄腫の50代男性、不妊症の20代女性、東京の当薬局の漢方で第一子が生まれた40代女性(第二子希望)、皮膚病の40代女性、などなど。

 

良くなった患者さんが沢山いるので大変嬉しいです。

しかし19年前の9/2は薬局オープン二日目で当然良くなった患者さんはいないし、確か来局者はセロだったようで寂しい事を思い出しました。19年前の寂しさに比べれば、今は何十倍、何百倍も嬉しいです。

例えば今日の患者さんの一人の30代男性は、統合失調症と診断され多量の薬を服用し入退院を繰り返し平成25年から漢方薬のみを服用して今は大変仕事を頑張っています。今日の会社の社長であるお父さんの評価は90点でした。

また、十数年前から慢性腎不全で腎機能が徐々に悪化し平成30年3月26日から当薬局の漢方で良くなった方からの紹介で腎機能を強くする漢方を服用開始した70代男性は、当時3/5の検査でのクレアチニンは3.05で「透析を避けられない」と言われていましたが最新の今年7月の検査ではクレアチニンは2.6で「透析の心配はほとんどいらない」と喜んでいました。

膠原病・間質性肺炎・原発性胆汁性肝硬変・リウマチ・強皮症など沢山の病気を持っている60代女性は、平成29年から漢方服用で今は殆ど全身の症状がなく90代のお母さんの介護もでき、特に孫の面倒も見ることができるとして喜んでいます。娘さん2人の各子供は共に当薬局の漢方服用で妊娠成功しています。4歳と2歳の女の子二人ずつの動画を見せてくれ、とても可愛かったです。

また、難病の肥大性心筋症の当時50代女性は平成30年6月からの漢方服用で半年後には心臓の肥大が改善され、息切れ、息苦しい、階段を登れない程苦しい事が改善しました。昨年のお盆に引き続き今年も市外・県外の山道みたいな場所にある9か所のお墓参りにも行けたそうです。以前は絶対にできなかったそうです。

一番嬉しいことは、8/12から漢方薬を服用している11歳少年のことです。

8/12、8/19のブログに書いた通り、4歳の時からチック症で小児科で3年間治療をしても良くならず小学校1年生から〇〇医科大学での治療を受けていますがどんどん悪化し、一日24時間パニック・発作・飛び上がる・夜2時間しか眠れない・勉強ができない等の症状がありましたが、当薬局の漢方薬を飲んでいる親戚からの紹介で服用開始しました。8/19のブログの通り症状は徐々に軽くなり大きい発作は少なくなり朝まで眠れるようになったそうです。今日はお母さんとおばあちゃんも来局し、昨日の朝散歩して普通に学校に行け、昼休みも学校では30~40分遊べたそうで、お母さんによると症状は4割改善しています。しかし色々と頑張りすぎたせいか今日は症状が少し悪かったです。処方が変わった他に、お母さんに「元気な時でも少しブレーキをかけるように」と言いました。目標は3~4か月後にほとんどの症状が改善できるよう、期待しています。お母さんによると〇〇大学病院の心身医療課の主治医はとても漢方薬を理解しているそうで、大変嬉しかったです。お母さんに「この先生のところで治らない少年や少女を紹介してくださいと伝えてください」と半分冗談を言いました。

その他に5月から血便・下痢で病院の治療を受けても改善されない潰瘍性大腸炎の女性は驚くほど良くなって今では下痢も血便もないそうです。この女性に「機会があれば、もし間もなく前総理となる現総理を紹介してほしいです。治してあげて3期目の首相になってほしいです」と笑いながら伝えました。

 

今日のブログが大変長くなり申し訳ないですが、最後に今日収穫した福島市内の公園と駅前の路上の花桃の桃の写真を載せます。暑かったせいか、昨年が実が多かったせいか…公園一角の桃はとても少なかったです。しかし写真の通り駅前の路上の桃はとても多く、収穫が遅すぎたせいか地面にたくさん落ちていました。今日収穫した全ての桃は多いだけではなく色付きも良く、甘くて香りも良く、スタッフからも好評だったので、これから毎週収穫する予定です。

ところで最後の写真の通り、駅前の146年の歴史があるデパートは営業終了していました。10年前から靴とパンツはここに買いに行っていたので、残念でなりません。

1ヶ月半の漢方薬で頑固な中耳炎の50代男性の聴力が回復

今日の仙台も暑い。33度だそうです。

患者さんのことについて、難病やさまざまな病気・症状の方が多いです。白斑の70代女性、今日の暑さでも下半身が氷のように冷える80代男性、5種類の糖尿病の薬を服用しても血糖値が下がらない40代男性(外国人なので日本の糖尿病の薬が合わないのかな?)、以前当薬局の漢方で婦人科の病気がよくなった50代女性は、10年ぶりに来局。当時は40代でした。他に、時々ご主人と喧嘩して、右腹が痛い30代女性など。

 

肝機能・腎機能・血小板など検査結果がよくなった方が沢山居ますが、一番嬉しい患者さんのことを書きます。十数年前から両耳の中耳炎を繰り返し、昨年末から今年2月まで左耳が化膿して2回切開手術をして3月にまた化膿してまた手術をしてもよくならなくて、多種類の薬を服用しても効果がなく、耳鳴り・聴力低下で特に左耳はほとんど聞こえません。実は彼は私の友人で、今年6月26日に私の勧めで腎臓を強めて血流をよくして炎症を抑える漢方薬を服用しました。1か月後7月31日来局の時、「聴力も耳鳴りも一切変わらない」と言われて、私はとても不安で動揺しました。友人なのに一切効果が無いとはどうしよう・・・ドキドキしながら処方を調整しました。今日本人から電話があり、お盆後から不思議と耳鳴りが軽くなり、聴力も徐々に回復。今、左耳は右と同じく聞こえるようになったそうです。最初から漢方に疑問があり、奥さんから「本当に?」「本当に聞こえるの?」と何度も聞かれたそうです。もちろん、本当です!

漢方で妊娠成功した44歳女性は妊娠9ヶ月

今日山形もまだまだ暑いです。昼に昨年秋にたくさん実を収穫した姫リンゴみたいな木の下を通ったら実が一つもなかったです。確か昨年冬に剪定をしていたのでそれが原因かな、、今年の秋の楽しみはなくなりました。

 

患者さんのことについて。1ヶ月の漢方服用で8月24日の腎機能検査のクレアチニンは2.09から1.94まで改善の70代男性がいます。(奥さんと息子さんは当薬局の漢方を服用し良くなっています)奥さんのすすめで7月から服用を始めました。

 

ところで不妊治療を繰り返しH30年5月から当薬局の漢方を服用している44歳の女性は、体質を改善し婦人科の病気も良くなりR2年3月妊娠8週目、自然妊娠成功。今妊娠9ヶ月です。とても元気な赤ちゃんですが逆子になり今日から逆子対策の漢方に変わります。でも同時に針灸をすすめます。1ヶ月後の無事の出産を祈ります!そのとき逆子が改善したかどうか、男の子か、女の子か、体重は何千グラムか報告します。

1年間の漢方薬で40代の潰瘍性大腸炎の男性の症状改善、検査も正常に

まだまだ残暑が厳しいですが、もうすでに季節は秋になって夜と朝晩は涼しくなってきています。したがって、腸の病気をはじめ秋の処方に変わる方が多いです。

 

今日はとても忙しいです。特に午後は30分ずつの予約の他にフリーの方やメール・電話相談の方もいるので疲れていますが、よくなった患者さんがたくさんいるのでとても嬉しいです。例えば皮膚の難病の尋常性乾癬の70代の女性は約2年間漢方薬を服用して皮膚の症状はほぼ改善され、子供の時からのアトピー性皮膚炎・15年前の貨幣状湿疹・2年前からの脂漏性皮膚炎で皮膚科でなかなか良くならない50代の娘さんも今日から漢方薬を服用します。

また、奥さんが婦人科の病気が漢方薬で改善され、結婚してすぐご主人に漢方薬を進め1ヶ月漢方薬を服用してご主人の腰痛・足がつるなどが改善されています。これから肝機能も改善されると思います。

 

ちょうど1年前から潰瘍性大腸炎で漢方薬を服用している40代の男性は、入院治療を受けても良くならず、毎日夜だけでも10回の下痢や毎日の腹痛・血便がありましたが、今日ご本人の話によると、夜の便は0~1回で1ヶ月の半分は0回、腹痛も血便も一切ありません。先月の大腸の検査で炎症も出血も一切なく完治と言えると言われたそうです。そのほかに、血液検査で赤血球・ヘモグロビン・血小板もほぼ正常値になりました。例えば、漢方薬を服用する前の8月13日の検査で赤血球337万から最新の今年8月4日の432万(正常値は435~555万)、ヘモグロビン9.3から11.7(正常値は13.7~16.8)、血小板は44.1万から26万(15.8~34.8万)まで改善され、あとわずかで正常値になります。ご本人は大変喜んでいます。

 

また、腎臓の難病で病院の治療を受けていますが、腎機能がだんだん悪化して3年前から漢方薬を服用している60代の男性は、2017年8月の検査でクレアチニンが2.06で、その後すぐに当薬局の腎臓を強くする漢方薬を服用開始しました。昨年の8月の検査では、クレアチニン1.65まで改善され、今日持ってきた今年8月20日の検査では1.53までさらに改善されています。ご本人から「漢方のおかげで、腎機能がよくなって透析の心配がなくなりました」と言われました。ご存じの通り、腎臓だけではなく体全ての臓器・器官が加齢に従って老化・機能低下します。数字だけ見て3年前よりクレアチニンが0.5くらいしか改善されていないと思いますが。もし漢方薬を服用していなければ今のクレアチニンは3~4まで悪化している可能性も高いと考えられます。

 

まだまだよくなった方は沢山いますが、ブログがずいぶん長くなるので終わりにします。最後に、今日は仙台店の8月誕生日の該当者が3人いるので、みんなの希望通りに有名なお店のフルーツタルトでお祝いしました。みんな、はじめてこのタルトを食べて美味しいと言われました(写真の通り)。私は食べながら、ケーキのフルーツを食べるより生のままのフルーツの方が良いかな・・・このフルーツより福島の果樹園のだれも食べない梨の方が美味しい、はなももの実も美味しい、山形のナツメも美味しい・・・と思いました。また、食べながら思いましたが、当薬局のスタッフは8月生まれが多いみたい。福島店の2人はお盆前に祝って、先週山形店の2人も祝いました。ちなみに福島店の2人は大きいスイカを1個ずつ、山形店の2人は山形産の青い梅大福という和菓子でした。

【フルーツタルト】

一週間の漢方服用で昼夜の発作が著しく軽くなった少年

今日の福島は36度で大変暑いです(汗)でも明日は38度の予想みたいで(患者さん情報)、心の中では「36度以上の時は出社拒否しよう」と企んでいます(笑)でも、それを正直に言ったらスタッフA氏に絶対に文句&睨まれるのは確実で間違いなしです。。

 

今日の患者さんについて、やはり全国からの問い合わせや相談などが多かったです。特に多かったのは関東圏で、しかもIgA腎症の方は3名でした。

その内、新患は20代女性で他の2名は共に腎機能が良くなっていて、漢方の“腎機能を強くする力”を感じます。

例えば60代女性は2年前からの漢方服用で、6月の検査でクレアチニンは2.40でしたが今月の検査では2.30にまで改善しました。もし、2年前から漢方を服用していなければ今頃は透析だったかもしれません。

もう一人の30代女性も改善しています。6月の検査でクレアチニンは2.83でしたが、7/30の検査では2.38にまで改善していました。

 

今日一番嬉しかったことは、タイトルの通り(ぜひ8/12のブログを読んでください)、4歳からチックの症状があり、その後だんだん悪化し2年前から〇〇医科大学の治療を受けていましたが薬を服用していても悪化し、昼夜の激しい痙攣発作は起きていました。お母さんによると、1年前から親戚が当薬局の漢方を服用して良くなっていたので勧められていましたが、なかなか決断できずにいたそうです(偶然にも今日の昼に、その親戚は当薬局に来ていました)。昨日のブログの通り、1週間ぶりに会ってみると少年の色々な症状は軽くなり、病院からの薬も半分減らすと痙攣発作は著しく改善していました。ビデオを撮ったので前後を比べれば軽くなったのが分かりますが、プライバシーの観点から、ここに載せるのは控えます(顔を隠す技術もないので)。

お母さんによると漢方服用前は夜も発作で眠れず、眠れても2時間位だったそうですが、今では朝までぐっすり眠れているし、昨日は一人でトレーニングに外に出かけたそうです(家の周りを散歩もしたそうです)。そして、以前は痙攣の為に食事やトイレが大変でしたが(体が斜めになるので等)、今は一人でトイレができるようになった、との事でした。先週の涙の母から、今日は笑顔の母になり、私も嬉しくなりました。それに、特に本人がすごく喜んでいて、薬局に入るなり「良くなったよ!」と素晴らしい笑顔でスタッフに報告している姿をみて、安心しました。帰る時も、私だけではなくスタッフ達全員に力強くタッチができ、これからも漢方を続けて服用すれば3~4ヶ月後には症状が更に改善していると思います。本当に良かったです、とても嬉しい気分です。

 

ところで、2年前に統合失調症と診断され入院治療をしても薬の強い副作用等で2週間だけ漢方薬を服用した10代の子供の父親から電話があり「1日も早く漢方を服用したい」と言われました。その後1年半経っても一切、症状は良くならず勉強、登校、外出も一切できない状態だそうです。漢方をきちんと続けて服用すれば、間違いなく改善され、また勉強ができると思います!

てんかんの大学生も認知症の高齢者も漢方で改善!

今日は連休前の最終日で暑くてとても忙しかったです。

朝一番、先日も行った果樹園で贈答用の桃と自家用の桃を買い、ついでに無料梨も収穫しました。果樹園の奥さんからは「先日もらった梨は美味しくなかった」と言われました。。

 

今日の患者さんについて、80代や多量の薬を服用している方、新患が多かったです。

80代の患者さんは、糖尿病で腎臓が悪化し加えて腰痛もある男性は11種類の薬を服用しています。また、70代の糖尿、高血圧、脳梗塞等の男性は15種類の薬を服用。多過ぎます。

新患としては、幼稚園時にチックと診断され、その後〇〇医科大学の小児科治療を受けるも二種類の強い薬で症状が悪化した、などなど。

 

良くなった方も多かったです。

何回もブログに書いている去年8/4に6年ぶりに来局した女学生は久しぶりに来局。5歳でてんかんと診断され、病院の治療で良くならず勉強もできずに小学校から中学校まで続けて漢方を服用してくれました。その後はてんかんの発作や症状もなく、脳波も正常になった為に漢方も中止しましたが、その後の高校や大学も合格し毎年の脳波の検査も正常です。去年8月には生理痛や生理不順で来局してくれました。今日は本人に聞くと生理に関する症状は良くなりましたが、今はコロナで大学に通えないのでストレスが溜まり、食欲不振やイライラ、不安感の症状を改善させコロナ予防もしたいと来局してくれました。

その他の患者さんも良くなっています。

5年経っても癌の再発・転移がない70代女性も喜んで家族全員で来てくれました。

今日の最後の患者さんは、5年前に脳腫瘍の手術後に認知症と診断された70代男性の奥さんが三カ月ぶりに来局しました。5月のブログに書いた通り、今も新聞や本、ノートの読み書きができ、今年は早めにお盆の提灯の飾りを自分で組み立てて作ったそうです。去年は説明書を見ながらでも組み立て方が分からなかった事に比べると「去年より良くなっている」と言われました。また、広い大学病院でも駐車場から診察室まで一人で歩いて行けたことに奥さんはとても喜んでいました。

 

写真の通り、今日は患者さんの友人(91歳で眼鏡をかけずに皮財布など何でも作れるプロフェッショナルだそうです)から当薬局の為に作ってくれたというステキな手作りマスクをいただきました。全てステキで手触りやフィット感も抜群です。何となく全て柄が華やかだったので男女の違いが分からず…スタッフに聞くと少し大きめが男性で残り二枚が女性用だそうです。連休明けに皆で使いたいと思います。

 

ところで11歳のチックからトゥレット症と診断され、勉強や食事の時も発作が起きる子が来局しました。昨夜は殆ど眠れなかったこの少年の映像は当然非公開ですが、見るたびに心が痛いです。何故にこんなにも酷いのか。治療中のいろんな薬の副作用と考えられますが、とっても良い少年です。発作中も辛くて汗いっぱい出ても私の話を聞いて、できるだけ笑顔で、泣いても最後はタッチをしました。漢方でこの少年の症状を改善させ、明るい人生に変えてあげたいです。ここで決意します!そして良くなった少年の姿を一日も早くみたいです!!

明日から4連休。たぶん私はこの休み中もこの少年が頭から離れないでしょう。絶対に良くしたいです!

 

皆さんも良い休みを過ごしてください。コロナ感染が心配ですが、ぜひストレス解消のために山、川、自然に行ってください。

 

 

半年間の漢方で30代後半女性の妊娠成功!

今日は天気予報より福島は暑いです。昼休みにスタッフが温度計を使って外で測定したら39度でした。とにかく外はサウナと同じです。

 

暑さの中で、大学病院の治療を受けている皮膚病の新患の30代男性をはじめ、5年前から乳がん、3年後に肺転移、昨年には肝臓転移し、乳がん手術後ずっと抗がん剤治療やホルモン治療をしたのにどんどん広がり、今では「効く抗がん剤がない」と言われた60代女性(ご主人によると、とくかく食べて今の体重は80キロ以上。ご主人はとても痩せていて、体重を聞いたらなんと奥さんの半分41キロだそうです。今後、ご主人の栄養を取らないよう祈っています。実はご主人は数年前の私のがんの講演会を二回聞いたことがあったそうです。なぜもっと早く奥さんを連れてこなかったのか。。)、糖尿病、高血圧で多種多量の薬を服用して、腎機能が悪くなった70代男性(月曜日の「そろそろ透析」と言われた糖尿病の50代男性と同じ腎機能が悪くなった事について、毎回検査結果を主治医から異常かどうかの説明が一切なく、自分で調べてみたら分かったそうです。なぜ福島のお医者さんは皆に糖尿病の腎機能の検査結果を教えないのでしょうか。。。糖尿病の合併症の一つ、糖尿病腎症はわからないかなあ)。

 

今日の良くなった方も沢山います。

例えば7年前から摂食障害、不眠、動悸、息苦しい、幻覚、幻聴で統合失調症と診断された40代男性は4月からの漢方服用で様々な症状は改善、月に2,3日寝れない以外とても元気になり、体重も減り症状はなくなり家族や知り合いから「別人に変わったみたい」と言われたそうです。

今日一番嬉しい患者さんのことは、十数年前から当薬局の漢方を服用して様々な症状を改善させた60代女性の娘さん30代女性です。今年一月から漢方服用でストレス等を改善させ、今日は自然妊娠が判明し来年の2月に出産予定だそうです。今日から流産予防の漢方に変えたので無事な妊娠・出産を祈ります。ついでに、先月から漢方を服用している50代女性は昨日から自然に生理が来た喜びの連絡がありました。本人には自然に従って妊娠できるかもしれない話をしました。

 

写真の通り今日の福島の果樹園で桃を買った時、例年より早く誰も食べない・採らない・売らない、まるで私のために植えた梨の木の梨を試食してみると、「もう食べられる、美味しい」と判断したので、例年より一ヶ月ほど早く収穫しました。当然、果樹園の奥さんに感謝・感謝です。奥さんも興味深く「一個ちょうだい」と言われました(自分の木なのに。)。しかし昨年の9/10の写真と比べればわかる通り今年の梨は随分と少ないです。昨年、梨の木は疲れたのかなと思ったので今年は一休みで来年は沢山多くなるかなと思います。

昨年9/10の写真↓

今日8/5の写真↓

昨日は、どうしても時間がなくてブログが書けず、私のブログを楽しみにしている方に申し訳なかったです。

最後に月曜日は旧暦の6月14日で中国のネットニュース(写真)を見て二十一世紀の100年に6回しかない満月の日は旧暦の15日ではなく14日だそうで14日の満月を見たくて、すぐ車で東に行って海で満月を見ました。

実は前の日の13日は私の旧暦の5〇才の誕生日で、月を見ながら亡くなった父と健在の母に感謝の気持ちを込めて詩をつくりました。

意味:

毎月毎月の満月の日があり、今晩の満月は海から徐々に昇る。

毎夜毎夜、夜の夢を見る。昨日の夢の中で夜に故郷に帰った。

 

≪月月月圓圓月昇海上 夜夜夜夢夢夜回故郷》

 

腎臓を強くする漢方でIgA腎症の20代男性の腎機能が改善!

今日は仙台も福島も晴れでした。東北地方の梅雨明けみたいです。

8月といえば、もうすぐ夏祭りやお盆ですが…。

夏祭りといえば、コロナの影響で東北地方の夏祭りは殆どが中止のようです。そしてお盆といえば、皆さん帰省でしょう。しかし、政府の会見をみると、高齢者がいる家族はできるだけ帰省を控えてほしい呼びかけをしているようです。帰省といえば実家に帰るでしょう。しかし、実家に帰ると居るのは殆どが高齢者やじいちゃん、ばあちゃんでしょう…とても矛盾を感じます。

 

今日の患者さんについて、相変わらず九州~北海道までやはり難病の方が多かったです。

また、ご家族の中でお母さんが良くなったので眩暈・不安感・イライラ・吐き気のする20代の娘さんが漢方を服用すると直ぐに良くなったので、もう一人の20代の娘さんが今日から服用を開始しました。皆、試験や大学などでの研究等でストレスが溜まっているみたい。そして娘さん二人は大変勉強家だと思いました。

 

良くなった難病の一人は北海道のIgA腎症の20代男性です。

ずっと病院の薬を5種類服用していても腎機能はどんどん悪化していて、漢方服用前の昨年12月の検査でクレアチニンは2.43でした。最近は結婚したばかりで当然、子供が欲しいという思いで当薬局を選んでくれました。仕事で出張やコロナウイルスの影響によるストレスもあるかと思いますが、やは漢方薬の効果は表れています。今年5月の検査ではクレアチニン2.33にまで改善していました。しかし、その後は色々な原因で、服用が一日分を3日かけて服用したりしていると、先月7月末の検査ではクレアチニンが2.39にまで少し悪化していました。しかし、この数字は漢方服用前から8ヶ月経ってもクレアチニンの悪化は12月より悪くなっていない事を本人も喜んでいます。そして体重とストレスを減らして食事の管理をし、漢方をきちんと服用する努力の予定です。きっと良くなるでしょう。

 

ところで、新患の50代男性は、糖尿病と高血圧で5種類の病院からの薬を服用していましたが、半年前から主治医が「腎機能が悪いので、そろそろ透析」と言われたそうです。最新の7/29の検査結果を確認するとクレアチニン6.39で本当に直ぐに透析が必要です。しかし私にはとても理解できない、オカシイと思うことがあります。なぜ半年前に腎機能が悪くなったと初めて言われたのでしょうか。絶対に理解ができません。半年間でクレアチニンが6を超えるのはあり得ず、少なくとも3~5年前から徐々に悪くなっていたと思います。よって、この主治医は、もし患者さんが言ったことが事実ならば、無責任か信用できないと思います。まだ50代なので、是非とも腎機能を改善させて透析を避けることが出来るよう、祈ります!

 

最後に、今日の昼にネットニュースをみたら、安倍首相のマスクがアベノマスクではなく、一般のマスクに変わったみたいでした。アゴも見えなくなり、顔にとても似合っています。アベノマスクよりずっとカッコ良く見えました。

 

漢方でIgA腎症、腎硬化症3人の腎機能改善

今日は連休前で忙しい!今日からのGO・Toドラベルは何となく強盗トラブル(ネット上で国会での答弁で安倍首相のマネ)。。忙しくて疲れているスタッフ達に動画を見せて癒しました。

 

今日の患者さんについて、やはり全国から難病の方が多く、南の奈良から北の秋田までです。

病気について、IgA腎症、潰瘍性大腸炎、間質性肺炎、肥大型心筋症などなど。

 

昨日まで連続で不妊症の漢方服用で成功した例は沢山ありましたが、今日も30代40代の不妊症が二人います。なんとなく懐仁堂は不妊治療専門になっているみたい!?でも、今日は違います。例えば今日は、IgA腎症二人、腎硬化症一人、糖尿病腎症一人だったら、今日は腎臓専門になるかなぁ。

糖尿病腎症の50代男性は先月から漢方薬服用したばかリで、検査もしてないので効果は不明ですが他の3人は共に検査結果は良くなり、腎機能は改善しています。例えばIgA腎症の50代と60代の女性二人は共に病院の治療で腎機能だんだん悪化して、クレアチニン3以上でしたが数年前から腎臓を強く漢方薬を服用して、今共にクレアチニンは2から2.2で安定しています。その中の一人は2007年にIgA腎症と診断され、4種類の薬を服用。平成22年から漢方薬を服用して腎機能が改善しました。数年前からは一ヶ月分の漢方薬を3ケ月間かけて服用しても腎機能は良くなっています。例えば前回の半年前の昨年10月の検査でクレアチニン2.24から6月の2.0まで改善。また腎硬化症の50代男性は30代から腎硬化症で腎機能がだんだん悪化、昨年5/25の検査でクレアチニン3.56にまで悪化し「そろそろ透析」と言われましたが、私の友人なので私と相談をして昨年の6月末から腎臓を強くする漢方服用でその後は徐々に腎機能が改善しています。例えば漢方服用一ヶ月後の昨年7月の検査でクレアチニンは3.24にまで改善、今年の1/25の検査では2.99にまで改善、さらに最新の6/27の検査では2.92にまで改善しています。

これから三人は続けて腎臓を強くする漢方を服用すれば共に人工透析は避けることが出来ると思います。

 

今日は大変なことがありました。

福島の方なのに青森弁より言葉が分かりにくく、会話の話の5割以上は聞き取れませんでした。私の耳が悪いのか、日本語が悪いのか…本当に頭が真っ白になりました。ちなみに、この方は50代男性で糖尿病と心臓病があり、身長160センチなのに体重88キロ。これは、言葉の発音の原因かなぁ。。。でも慣れているスタッフは一度も聞き返さずに会話をしていました。

 

明日から連休なので、最後にストレスや皆さんの疲れ解消のために、“唐詩全集”(日本にあるかな?逆に日本になくても皆さんは漢詩や詩が好きでしょう)からAIでの分析結果を紹介します。

  • 詩が多いトップの詩人は一位、白楽天は3075首、杜甫は1371首、李白1178首、…。
  • 詩によく使う言葉で一位は月、二位は名月、三位は青山、春風、琵琶、長弦、万里、年…。
  • 当然ですが、寿命が長い詩人は詩の数も多いです。白楽天は李白より長寿で74歳の寿命で詩も多いです。ちなみに、中国歴史の中で一番多いの数の詩人は清の時代の乾隆皇帝(1711年生~1799没)で、なんと89歳まで42250首をつくりました。しかし、唐の時代の2700人の詩人は300年の間に作った詩の総数は48900首しかありません。

2週間の漢方服用で、50代の男性の排尿困難が5割改善

今日の仙台はやっと晴れ間が見えましたが、蒸し暑いです。午後は山形で会議があり、仕事は12時までにしました。そろそろ出発なので、ブログは短くします。

患者さんのことについて、15年前に当薬局の漢方薬を服用して耳鳴りと突発性難聴が完治した50代の女性は、逆流性食道炎・更年期障害・肝機能異常で病院の薬を服用してもなかなか良くならなくてまた当薬局の漢方薬を服用します。

また、14年前に当薬局の漢方薬を服用した女性の娘さんが両手の湿疹・かゆみ・皮膚割れで皮膚科でなかなか良くならなく当薬局に来ました。確か小学生前の時にお母さんが連れて来局した印象があります。

 

よくなった方も沢山いますが、一人の方だけ紹介します。平成19年から胃腸の症状や肝機能・肺機能を高める漢方薬を時々服用している50代の男性は、6月初めに急におしっこが一切でなくなり、救急で○○大学病院に入院しました。治療を受けても1時間に1100ccのおしっこしかでなくて、夜に23回目が覚めてトイレに行く、また3日に1回導尿しなければならず大変苦しくて、当薬局の漢方薬を思い出して627日から腎臓を強くする漢方薬を服用しました。今日ご本人に2週間の変化を確認したら、2週間の間で導尿はゼロ回、夜のトイレは朝4時に1回かゼロにまで改善されました。1回の排尿の量も200ccくらいまでに増え、服用前の昼1時間に1回排尿から、今は12時間に1回になりました。ご本人の総合的な評価は5割改善と言われました。今日からまた2週間分を継続服用する予定です。2週間後はさらに改善されると思います。

 

最後に週末を楽しむために、朝に臨書しました。明の時代の著名な書道家『文徴明』(14701559)の90歳の亡くなる前の最後の作品を臨書しました。やはり、もし皆さん臨書したら最後の写真5枚の本物を臨書してみてください。あるいは週末に書の鑑賞を楽しんでください。

【朝の臨書】

 

文徴明の書】