悲しい。入院していた少年が昨日亡くなりました・・・

 今朝は車で早めに家を出たのに、50分遅れて福島店に到着したため、11時前予約の4名の患者さんにとても迷惑をかけてしまいました・・・遅れた理由は、東北自動車道の村田インター付近で大きい事故があったためです(写真の通り)。高速入口の職員の話によると、朝7時位に交通事故で火災があり、消化だけで3~4時間かかったそうです。一度宮城インターから入ろうとしましたが、事故のためにすぐ降ろされました。しかし、一般道も渋滞でやっと村田インターから高速に入ることができました。高速の出入り口に沢山の報道カメラマンが居たので、今日の東北地方のトップニュースになると思います。

 朝、遅れるとの電話を福島店に入れた時、スタッフから悲しい報告がありました。2月19日から入院しながら漢方薬を服用していた17歳の少年が昨日亡くなりました。毎日ブログに書いていますが、白血病で移植後1年半ずっと入院していて、肝臓・腎臓・肺臓・造血機能・胃腸機能・免疫機能など多臓器不全でした。
 月曜日に雨の中、入院先の○○大学病院を訪問して主治医と会いました。漢方の効能や生薬成分などの手紙を書いて今日中に出してこれから本格的な漢方薬服用を始めるところでした。とても悲しいです。まだ17歳でご家族の話によると勉強がとても好きで、とても良い高校に入ったと聞きました。1月の肺気腫・肺に穴ができる前、または骨髄移植後に多量の免疫抑制剤と同時に内臓を強めて副作用を軽くする漢方薬を併用していれば・・・。残念です。悲しくて悲しくて、ご冥福を祈るしかありません。

 今日は新患、難病の患者さんが多いですが省略します。

今日はサラダ復活!でもミニサラダ。でも嬉しい!

 昨日の雨で福島から帰った後ほとんど靴が濡れて、今日新しい靴にしました。今日は晴れてとても天気が良かったです。昼にまた500円の山形のランチのお店に行って、また店員さんたちの素晴らしい挨拶を復習しました。新しい挨拶の言葉も発見しました。というのは、料理を出すとき料理を持っている店員さんが・・・大変申し訳ありません!忘れてしまったので来週また復習します。ちなみに今日のランチはミニ丼の他にお蕎麦もついて、ボリューム復活しています!

【写真】今日の500円ランチ

ところで患者さんのことについて、今日は新患の患者さんが多いです。2年前から顔が赤くなって酒さと診断されて、3ヶ所の皮膚科の治療を受けて2年近く漢方薬を服用しても良くならない40代の女性や、パーキンソン病の80代の男性や狭心症の70代の女性、蓄膿症の海外から仙台に帰った60代の女性など(1ヶ月後に海外に帰る予定なので、在住のヨーロッパでも結構漢方薬は盛んと言われて、次回は住んでいるところで漢方薬を処方されるかもしれませんと言われました。ついでに鼻のマッサージを教えて、「生のネギを沢山食べて下さい」と言ったら、ネギは小さくてかたくて食べられないと言われたので、それを鼻に入れて下さいと言ったら、大笑いされました)。

無題

 今日の福島は昨日の暖かさから一転、寒くて昼からずっと雨です。
 昨日の夜に遅く、いっぱい食べたせいでいつもの腸の調子が悪いだけではなく、上の胃の部分も苦しんでいます。従って、今日のブログは無題にして、短くします。。

 患者さんについて
 ①高血圧、痛風、肥満、不妊症、不眠症以外、難病やがんの患者さんはいませんでした。
 ②会津地方から来てくれた3年前から不眠の学生の男性は、3年間の○○大学病院の漢方煎じ薬を服用しても改善せず大学を二年間休学しています。ちなみに、寝付きは悪く3~4時間かかるそうです。また途中でほとんど1~2回は目が覚めるそうです。復学のメドがつかず大変焦っています。
 ③雨の中、患者さんの予約を調整して入院している少年のご家族の要請で〇〇大学病院を訪問し主治医と会い、漢方治療と漢方の効果について説明しました。

 花について
 ただいま6時前の患者さんを待っている間に、写真の通り薬局前の梅、山茱萸と牡丹を鑑賞しました。山茱萸の蕾や牡丹の芽も昨日一日の暖かさで随分と大きくなっています。先週の一個満開の紅梅は更に満開の花が増えて只今午後5時で5個が満開しています!

うつやパニック障害の若い方が漢方で改善されています

 ただいま、1994年のカレンダーを調べたら94年3月3日は木曜日で、仙台の地について2日目でしたが、確か週末に同じ東北大学の国際交流会館に住んでいる医学部の先輩から古い自転車1台をもらって一緒に一番町商店街に行きました。買い物は全然しなかったと思います。日曜日には一緒にまた松島に行きました。まさか自転車では行けないので、どの位の距離かも分からなくて知り合いの仙台のお医者さんから1枚のタクシー券をもらって、数人の留学生と一緒に乗り合わせて行きました。しかし、1枚のタクシー券では足りなくて松島に着いた後すぐに日本の習慣に従って割り勘にしました。帰りは当然電車で帰って来ました。また、結構寒かったことを覚えています。その時から松島を好きになって時々行って、たくさんの松島の水墨画を書きました(写真)。ただいま、松島出身のスタッフから松島の絵がとても良いと言われて、今まで毎回展示会の時には松島の絵を必ず出展しているし、中国から友人や家族が来たら必ず松島に案内しているので、スタッフに「ぜひ松島町の観光大使に推薦して下さい!町長さんとつながりはありますか?」と聞いたら、「ないです!」とハッキリ言われました。松島の絵だけでは淋しいので、山茶花と蘭の絵も一緒に載せます。松島の絵は2001年、山茶花の絵は2004年の作品です。

【写真】

 ところで、今日は春らしくて天気が良くて新患の患者さんも多いし、沢山の患者さんが来局されたので、喉が結構疲れています。しかし、よくなった患者さんが多くて精神的にとても気持ちが良い状態です。たとえば、腰痛が治らない70代の女性は漢方薬を服用してずいぶん痛みが軽くなり生活が楽になったことや、全身湿疹・赤みとくに帯状疱疹の後に赤い痕が残った60代の男性もかゆみと赤みはずいぶん軽くなっています。また、毎日夜おしっこに2~3回起きる男性は、1月から漢方薬を服用して2月に夜のトイレが0回だったのは15日、1~2回が15日間まで改善されています。

 特に嬉しいことは、やはりうつやパニック障害などで悩んでいる若い方が改善されていることです。例えば、東京にいる不眠・めまいなどの症状がある20代の大学生の女性はお母さんの勧めで昨年10月から当薬局の漢方薬を服用して、今不眠不安などの症状が改善され一人で電車に乗って通学できるようになりました。また、同級生の前で発表することもできました。以前は時々電車に乗って気分が悪くなったり、倒れて通学できなくなったり、人まで発表する時にパニックの発作が起きて救急車で運ばれたこともありました。
 もう一人の4年前から漢方薬を服用している不安・過食・拒食・生理不順の20代の女性も、不眠・不安が改善され生理も順調になり、過食と拒食もなくなり仕事にも復帰して、今は季節の変わり目だけ漢方薬を服用しています。例えば、昨年8月に1ヶ月分の漢方薬を処方、11月にまた1ヶ月分の漢方を処方、今日は3か月ぶりにまた来局しました。

 一番嬉しいことは、平成15年に頭痛・冷え・生理不順・めまい・耳鳴り・貧血などで当薬局の漢方薬を約半年服用してよくなった女性は、結婚した後に自然妊娠に成功しましたが、流産して平成22年3月から当薬局の流産予防の漢方薬を服用して自然妊娠に成功して無事に出産しました。今日は、6年ぶりに娘さんを連れて来局。6年前にお母さんとおばあちゃんと来局した時はベビーカーで、抱っこしたら結構泣かれてしまいましたが、今はとても大人になって4月に小学校に入学するそうです。お母さんの話によるとピアノも絵も好きだそうです。また、私に一つのお菓子をくれました。

 昨日もせんべいくらいの大きさの一つのお菓子を食べました。スタッフの話によると水曜日に知り合いのお医者さんが薬局まで持って来てくれて、スタッフに丁寧に悪い物ではありませんと説明があったと伝言されました。スタッフ達にひと口ずつあげようと思いましたが、みんなから「いいです!」とハッキリ断られました。メーカーも書いていないし、賞味期限も書いてありませんでしたが、結構おいしかったです。

感謝、感謝、感謝の24年

 今日のブログは、一身上のことも気候のことも患者さんのことも全部省略して感謝一色にします。

 本当に仙台の皆さまに感謝いたします。24年前の今日、東京に1泊した後に杜の都仙台に到着しました。24年間あっという間で、苦労もしましたが幸せもいっぱい。沢山の友人が出来、沢山の患者さんから信頼頂き、仙台店の一代目、二代目、三代目・・・現代目のスタッフ達(一番長いスタッフの一人は、丸14年。)と一緒に楽しく仕事が出来ることも大変感謝しています。

 感謝の気持ちとして、午後にスタッフ達に「お菓子とか果物か何かを買いに行って来ます!」と言ったら、「いい」「いらない」とハッキリ断られました・・・。代わりに、1万○○円を記帳されました。前回のスタッフ誕生日の記帳を含めて「もういいでしょう」と言ったら、「もう1回分必要」と言われました。(3回分を貯めて1回外食の予定だそうです。)

 高校生の時に故郷を離れたことから計算すると、仙台に居る年数は長いです。仙台は第二の故郷ではなく、第一の故郷と言えるでしょう。仙台が大好きです!仙台の皆様も大好きです!仙台の皆様に感謝、感謝。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

2ヶ月半の漢方でIgA腎症の女性の腎機能が改善

 今日の仙台も山形も激しい春の雨と風。朝山形に行ったとき片手で傘を支えられない程雨と風が強くて、夕方仙台に帰って来たときは倒れるほど風が強かったです。例の来日24周年について、正確に言えば1994年3月1日に日本に入国、当時中国と仙台は直行便がなくて、成田空港に着いて東京で1泊して3月2日に仙台に着きました。したがって、今日は成田空港に出迎えに来てくれた当時私の留学の窓口の日中医学協会の関係者に感謝します。明日は、改めて仙台の皆さんに感謝します。

 今日、山形の患者さんは腎臓の病気関係の患者さんが多いです。腎臓癌手術後抗がん剤治療を受けている70代の男性(お母さんもお兄さんもお姉さんも腎臓癌か腎臓の病気があります)や、糖尿病・高血圧・肥満の肝機能と腎機能低下の60代の男性、IgA腎症の40代の女性など。
 IgA腎症の40代の女性は昨年12月から漢方薬を服用して、効果が検査結果に現れています。ご本人は腎機能のクレアチニンと尿酸が異常に高いこと、尿蛋白・潜血+2~3で腎臓の難病も分かって、なかなか良い治療法がないし将来透析の可能性が高いことも分かって、大変落ち込んで、お父さんとわざわざ関東から当薬局に来ました。当薬局の漢方薬を約3ヶ月服用して漢方を服用する前のクレアチニン1.01、尿酸6.2から、服用後の2月27日のクレアチニン0.86(正常値は0.3~0.8)、尿酸値は5.7(正常値3~5.5)まで改善され、もう少しで正常値になります。※正常値は検査機関と検査方法によって若干異なります。