やっと「令和」を書きましたが下手です・・

今日はとても天気が良いです。

患者さんも多かったです。

出産した後、全身のアトピーが悪化した30代の女性は1月から当薬局の漢方薬を服用。

頭痛・めまい・不眠・生理痛の症状がある20代の女性は、平成30年4月から同じく当薬局の漢方薬を服用しどちらの方も良くなりました。

 

新患も多かったです。

15年前から不眠で精神安定剤を服用している70代の女性や、飛蚊症の60代の男性など。

 

今朝やっと新しい元号の「令和」を書きました。写真の通り、「令和」だけでなく出典の言葉8文字も書きました。

4月1日に官房長官が発表した「令和」よりも、昨日ブログで紹介した友人の「令和」より下手です。従っていつか落ち着いてゆっくりもう一度書きたいと思います。

 

漢方で小学生の女の子の湿疹の手がキレイに改善!

今日の福島店での患者さんについて…大変でした。

午前中と午後3時前に薬局は満杯になり、座るイスも足りなくなりました。県内各地の会津や二本松、いわき、郡山など遠くからの来局が多く、薬局に着くと殆どがすぐに皆さんトイレに行っていたので、必然的にトイレも足りなくなりました。。。

①今日の病気について、一番多い病気はパーキンソン病の患者さんでした。皆、数年前や十数年前から薬も服用していますが、症状はどんどん進行しています。一人の70代女性は、8年前から3種類の薬を服用していますが、それでも症状が進行して歩きにくくなり、昨日から自己判断で(ご主人にも言っていませんでしたが)病院の薬を全て止める決断をして当薬局に来てくれました。奥さんの話を聞いて、今日のご主人は驚いていましたが、奥さんの症状が一切変化なく、むしろ悪化しているので病院の薬を止める事はいいきっかけになり「将来寝たきりにならず、看病しなくても済むという希望がみれるようになった」と言ってくれました。

②子供の患者さんは春休みを利用して沢山の子供が来てくれました。7才の夜尿症や11才の手湿疹の女の子たち、などなど。

③契約書ではないですが誓約書みたいなものを二つ書きました。一つはギャンブル好き、肥満の(社長の)30代息子さんとの約束です。漢方薬により統合失調症が完治、仕事も復帰しましたがどんどん太っています。契約の内容は毎月2㎏痩せること。達成しないと罰金2万円。などです。もう一つは、アルコール依存症の60代男性。奥さんは大変ストレスになり、話しも聞かなくなったそうなので、代わりに5/1の新年号記念に合わせて、❶今はほぼ毎日のお酒は二日に一回に減らす。❷お酒の量は今までの一回150ccから100ccにまで減らす。です。実は今、本人は息子さんやお孫さんなどの監督の基で、けっこう以前より量が減って努力しています。

④良くなった患者さんの一人は、可愛い11才になったばかりの両手湿疹の女の子です。5歳の時に発症した両手湿疹、痒み、割れて出血する、特に冬が酷く、皮膚科の塗り薬でも良くならず、当薬局の漢方薬を服用していたおばあちゃんの勧めで平成29年8月から当薬局の苦い煎じ薬を服用して、昨年8月までの一年間、服用すると両手がキレイになりました。その後は漢方薬を中止して、今日また来局すると、左手はキレイで一切再発がないですが、右手は少しまた湿疹がでてきたので、また漢方薬の服用を開始しました。いつも冬に酷くなり悪化する季節の影響や肉が多い等の食生活、手を洗い過ぎも関係あるかな、と思います。2~3ヶ月間の服用でまたキレイになると思います!

⑤最後に写真の通り、薬局前の雪柳などが満開で牡丹の蕾もどんどん大きくなっています。そろそろ花見山の花は満開になり(今週は天気も悪いし忙しいし)、行きませんでしたが、来週月曜日の朝早くには行きたいです。 

 

 

 

また、日曜日に東京で会った書画家の友人から書いたという新年号の【令和】が写真で送られて来ました。皆さんも鑑賞して下さい!ちなみにその友人の名前の最後に“和”があるので、嬉しい気持ちで書いたでしょう。私も早く書きたいですが、まだ書いていません。早く書きたいです

 

漢方を服用の自閉症の男児が無事に飛行機に乗れて旅が出来ました!!

まず写真の通り、昨日は仙台で吹雪の中、東京の〇〇大学の中国元首相の周恩来記念の桜を見に行きました。当薬局の漢方薬を服用している大学生と先輩の中国研究会の青年二人が案内してくれました。また、同じ八王子に住んでいる中国人の書画家である友人とは9年ぶりに会い、画について色々と話をしました。帰りの東京駅では大変混んでいて、なかなかチケットがとれず、仙台に着いたのは21時近くでした。

 

患者さんについて、二人について書きます。

一人は、55歳の膵臓がんの男性は、たぶん80代のお母さんと来局し、マスクをつけて髪が真っ白で痩せていて気力もなく、息子さんというより年寄りのご主人に見えました。この患者さんは、2017年春から腫瘍マーカーが高くなり、精密検査でも癌は見付からず、血糖値が上昇してどんどん痩せ、11月にまた検査をしたら膵臓がんステージ4のBで肝臓転移で手術が出来ないと言われ、12月から東京の癌の病院や奈良の〇〇大学病院、福島の○○大学病院の抗がん剤治療を1年以上続けましたが、今年の3月にまた腫瘍マーカ―が上がり、使える抗がん剤も無くなり、肺に転移、さらに間質性肺炎になって今では咳がひどくて食欲がなくなり、先週の火曜日からは抗がん剤を中止しました。お母さんは息子さんの病状を心配して一生懸命に治療法を考えて当薬局を見付けてくれました。今日から当薬局の漢方薬を服用するので少しでも食欲が出て元気になる事を祈ります!

今日も子供から少年少女の子が多かったです。5歳の男児、11歳の4月から中学生になる女の子、また、17才の女の子、18才男性と19才女性の姉弟など。皆、それぞれの症状や検査結果が良くなっていますが、一番嬉しいことは平成30年1月から当薬局の漢方を服用している4歳(今は5才)の自閉症の男児です。漢方を服用前は他局の漢方を含め、色んな治療を受けていましたが、夜は遅くまで眠れず保育所では昼寝をできず、泣いたり、物を噛んだり、壊したりしていました。漢方服用後には、それらが著しく改善され何回かブログに書きましたが、昼には20~30分の昼寝が出来る様になり、夜も早く眠れるようになり、物を噛まずにいます。先月は家族で飛行機に乗って日本の南国に旅行に行く予定で初めての飛行機に興奮や泣いたり、乗る時に怖くて拒否することが心配でしたが、今日はお母さんから喜びのメールがあり、漢方薬を持って無事に飛行機に乗って長距離を移動して南国に行けたそうです。初日の夜は興奮して、あまり眠れなかったそうですが、次の日からは普通に眠れるようになり、初めて楽しい旅をしたそうです。また1年間漢方薬を服用して、体重も増え、成長しました。これからずっと漢方薬を続ければ、自閉症の子から普通の勉強が出来る子になり、将来は立派な少年、青年になる事ができると思います!食事以外の栄養を摂るように、数年間~十数年間くらいは漢方薬の服用を継続してほしいです。

 

最後に、日本の全国民の皆さんと私のような外国人が皆、ドキドキ、ワクワク、ソワソワして待った新元号が今日、発表されました。写真のとおり、『令和』だそうで、由来は初めて中国の古典ではなく、日本の万葉集からとったそうで、政府の説明は素晴らしいと思いますが…見た瞬間は、なんとなく…「令」は「和」よりちょっと…気になります。和はとても意味が良いですが、もし、数年後、十年後、何十年、何百年後に万葉集からの由来が分からない時は、やはり「令和」というそれぞれの感じの意味からみるでしょう。そうすると、先ほど言ったように、「和」はとても良いですが、「令」は当然美しい、時節の意味はあるし、命令、指示の意味もあるし、、、、また「万葉集」の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、、、、」の「令月」は中国の「儀礼」、「後漢書」にあり、旧暦2月の意味。

先ほどコンビニでは地元新聞の号外をもらいました。本当に記念すべき、祝うべき日です!

今日、官房長官が手で持って発表した「令和」は誰が書いたかな?私も明日にでも書いて記念したいです!