肺を強める呼吸法

今日は週末で月末なので、通常はとても忙しいはずでした。午後2時から4時までの山形の講演会が中止になり暇かなと思いましたが、結局どんどん予約が入りました。結局、薬局に居る限り、暇がありません。

 

昨日と同じく外出を控えて、来局ではなく電話相談をして発送する方が多いです(今日だけでも10件近く、またスタッフからは今週は毎日発送が多いとのことです)。宮城県以外の方は少ないかなと思いましたが、記録を見たら結構多いです。熊本の80代男性、山口の50代女性、京都の70代女性、大阪の50代男性、京都の30代女性、青森の20代女性など。病気からいうと、色々です。不妊症、生理不順、卵巣嚢腫、先天的な心臓病、てんかん、肺癌、網膜色素変性症、甲状腺亢進症、乳癌、肝機能異常、パーキンソン病、緑内障など。

 

検査結果やさまざまな症状がよくなっている方の中に、2人の女性のことを書きます。お酒を飲まないのに20数年前からずっと肝機能異常で、検査をしても原因が分からない50代女性は、昨年1月から肝臓を強める漢方薬を服用しています。昨年9月の検査で、まだ正常値ではありませんが肝機能は改善され、今日、本人から「先月の検査で肝機能が更によくなった」と喜んでいました(今日は検査結果を持参されていません)。

また、頭痛・めまい・動悸・食欲不振・腹痛・生理痛の50代女性は、病院の薬を服用してもよくならず、昨年12月から当薬局の血流をよくする体質改善の漢方薬を服用し、今日は本人から「腹痛はまだありますが、めまい・頭痛・息切れ・動悸は改善されました。特に、毎日のめまいが無くなり仕事と生活がとても楽になり、漢方薬がこんなに効果があるとは!」と驚いていました。

 

ところで、昨日の肺を強める薬膳料理の他に、肺を強くする呼吸法もあります。ここで紹介しますので、是非皆さん取り入れて下さい。ご存知の通り、亡くなる方は元の病気があっても8割以上は最終的に肺炎で亡くなるので、漢方医学では『養命先養肺』『肺好百病消』(意味は、生命は肺を強くするのが先。肺がよければ沢山の病気が自然に消えます。)肺臓を強くするために日々維持することが大事です。

①肺を保護する。

寒さは肺にマイナス。従って、冬は一番肺が弱い季節です。毎日できるだけ冷たい水で顔を洗って、肺を寒さに慣らす。

②呼吸法で肺を強める。

(1)縮唇呼吸(鼻から空気を吸って、唇を口笛を吹くようにすぼめて空気を出す。)

(2)腹式呼吸

(3)屏気呼吸(一度空気を吸ってできるだけ長く息を止める。繰り返す。)

(4)伸展呼吸(腕を横に伸ばしてそのまま上げて、伸びをしながら空気を深く吸う。両手を合わせて前に伸ばして空気を出す。繰り返す。)

(5)胸部叩(両手の平で左右の肺を交互に叩く。繰り返す。)

 

今の時期だけではなく、今年だけではなく、是非皆さんこれから一年中できるだけ毎日、死ぬまで続けて下さい!(できないかも知れませんが・・・)

気軽に手に入る肺を強める食品

昨日政府が発表した、新型コロナウィルス感染予防のための小・中・高校休校の対策の影響で、明日の山形県上山市での市民講演会も中止との連絡があり、日本東洋医学学会からも、4月末までの学会・勉強会も全て中止との通知が届きました。今、日本全国に色んな影響が出ています。とても残念ですが、やむを得ないと思います。

患者さん達の中にも、外出を控えて来局ではなく漢方薬を送る希望者が増えました。また、子どもから高齢者まで、感染予防の漢方薬を服用したいとの希望者も増えています。やはり、自分の体力免疫力・肺機能を高めることが一番の予防になると思います。十分睡眠を取り、体を暖めて栄養が良い食事を摂ることが体力免疫力を高めることにつながります。

 

実は、沢山の方から「肺を強める食べ物を教えて下さい」とのご希望があり、大変遅くなり申し訳ありませんが、今日最後に肺を強める食べ物を教えます。漢方医学の考え方は基本的に白いもの、穴があるものが肺に良いです。

例えば、白いキクラゲ、白い大根や蓮根、白い百合根、白い杏仁(杏仁豆腐)、白い和梨(今時期は手に入らないかも知れません・・・)、白い氷砂糖などは、全部『補肺』『潤肺』効果があります。

2~3種類以上(例えば、白キクラゲ、梨、氷砂糖)の食品を水に入れて20~30分煮出して、出来上がったデザートを毎日朝晩食べてみて下さい。

 

 

白キクラゲを水につけおく。

 

白キクラゲを30分煮て、その後に百合根(又は梨か蓮根)とナツメを入れて1時間煮る。

出来上がった後に氷砂糖を入れる。

できあがり。

食材の量と水の量は、人数に合わせてご自分で調整して下さい。

 

 

今日のブログは自粛して、患者さんのことを省略して短くします。

漢方で腎臓移植した後の腎機能低下も改善できる

今日の山形は、午前は雪、午後は晴れ。

 

患者さんのことについて、高齢者の方が多いです。

以前に乳がん手術した80代女性、肺炎のあと蕁麻疹になりなかなか良くならない80代女性、IgA腎症で移植した後また腎機能低下の70代男性など。

その男性は、H28年11月から当薬局の漢方を服用しています。服用前のクレアチニンは1.7~2.0でしたが、今は1.1~1.2で安定しています。例えば昨年の10月29日の検査でクレアチニン1.23、最新の2月18日の検査で1.21。今日からさらに漢方薬を半分に減らし継続します。

 

ところで、70代の女性患者さんが、先祖から残っていた手書きのノートを持って来て何が書いてあるか見て欲しいと言われました。写真の通り、先祖の産婆さんが、自分の先生の産婆さんから聞いた、婦人科の解剖・病気・治療・妊娠・胎児・新生児などのことについて書かれているノートでした。大変詳しく、字も素晴らしい。年代を調べたら113年前のノートでした。婦人科の病気・治療や不妊症の漢方処方があるかなと思い、一生懸命ノートを全部見ましたが、漢方と漢方薬の一文字もありませんでした。とても残念です。

 

<写真>

 

 

子供・40代女性・80代高齢者

今日の福島の天気は悪く、ほとんど雨で寒いです。

 

来局ではないですが、全国からメールや電話の方が多かったです。

県内各地はもちろん、三重の50代男性、滋賀の30代女性、広島の20代男性、神奈川の70代女性などなど。

 

高齢者や子供の方が多かったです。

5才の1月から服用している男児は「漢方薬は美味しい!」と言うだけではなく、一早く効果が表れ、食欲が出て睡眠も改善しています。

8歳の自閉症の子供も今日から漢方薬を飲みます。

不妊症の方も多かったです。

漢方で妊娠成功した40代女性は、今妊娠27週目でとても順調です。他の二人の40代女性はまだ一ヶ月位しか漢方を服用していないので著しい効果は無いですが、二人ともに大変オーバーしていた体重は共に3㎏減りました。これも妊娠成功に繋がると考えられます。

85歳の9種類薬を服用している女性の腎機能は改善され咳や痰が良くなりました。

また、平成23年から漢方薬を服用している(当時70代で悪性リンパ腫で抗がん剤治療を受け貧血になった)男性は、現在82才になって今月17日の検査で白血球は429万、ヘモグロビンは12.5でした。最初の漢方服用前の赤血球300万台、ヘモグロビン10以下から著しく改善しとても喜んでいます。

また、88才近い両足の違和感、歩くと痛い、膝に水が溜まった女性は昨年10月から漢方を服用していますが、本人に「今は7割改善された」と喜んで言われました。

 

ところで二月の残りは3日しかありません。そうすると、来週から今年度は最後の月の3月に入ります。色々と忙しくなってきました。

今日は昨日に続き一早く、福島の新聞社の月刊誌に載った3月号の私のエッセイ「漢方と現代病」14回目を載せます!時間のある時、読んでみて下さい。

漢方で47歳の女性は自然に排卵

やはり連休明けの影響で、全国からの患者さん多かったです。

愛知の40代女性と70代女性、奈良の20代女性とこれから沖縄へ行く20代男性など。奈良では新型肺炎の新しい患者さんはゼロだそうです。でもフランスに卒業旅行に行く予定で、肺を強め、免疫力を高める漢方を持っていく予定です。

 

良くなった患者さんもたくさんいます。IgA腎症の60代女性は検査結果のクレアチニンは先月と同じ変わらない1.32と安定しています。また副腎の病気で血圧の高い20代男性は、無事に大学を卒業、就職が決まりました。漢方を1日1回の服用で血圧は正常値になっています。今日はお祝いのためにお昼を一緒にしました。

 

ところで、2回流産したあと生理不順になった40代後半の女性は、当薬局の漢方を服用し生理が来ただけでなく、本人の記録によると、漢方服用2ヶ月で低温期から高温期になり、生理後11日目に検査薬で排卵が陽性になり、12日目に病院の超音波検査で排卵をきちんと確認されました。これから自然妊娠なることを祈っております。どんなことでも自然の方がいいですね。

 

最後に、山形の子育て情報誌(マーメイド)の取材を先月受け、記事が掲載されましたのでご一読ください。

漢方で血液の難病の再生不良性貧血の男性の検査結果がほぼ全て正常値に

忙しい1週間で只今疲れを感じています。幸い明日から私にとっては40日ぶりの2連休なので有難いです。明日は新しい天皇陛下の誕生日で、心よりお誕生日をお祝い致します。

 

今日の患者さんのことについて、血液関係の病気の患者さんが多いです。血小板減少性紫斑病、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血など。

平成26年から当時10代の頃に突発性血小板減少性紫斑病で当薬局の漢方薬を服用している男性は、当時の血小板の数値は数千~2万台まででなかなか最初の数年間は効果が出ませんでしたが、平成28年から血小板は5~6万まで上がって、平成29年には7~8万、平成29年の12月に13万台になり安定しています。例えば平成30年の1月は10.4万、平成31年3月は13.6万、12月は11.9万で安定して症状もありませんでした。今日の検査結果では4.7万に下がっていて、体調は変わらないとのことですが何か原因があるかなと思います。例えば、ストレスや睡眠不足、運動のし過ぎなど。話を聞いたら、最近は夜12時まで仕事をしたり2週間前に風邪薬を飲んだということなので、影響していると考えられます。間違いなくこれからまた数値が改善すると思います。

 

漢方を服用してずっと検査結果が正常値の血液の難病の方もいます。2012年に再生不良性貧血と診断され、病院の薬を服用して輸血を繰り返していましたが副作用も強く肝機能・腎機能の異常があった50代の男性は、平成26年から当薬局の漢方薬を服用して、平成28年の2月から血液検査の数値がほぼ正常値になりました。漢方薬を服用前の平成26年2月の検査で、白血球3,000、赤血球は254万、ヘモグロビン9.5、血小板は3.5万でしたが、平成28年2月の検査で白血球は3,600、赤血球395万、ヘモグロビン14.5、血小板9.4万で、その後ずっと正常値前後で安定しています。今日の2月14日の最新の検査では、白血球4,300、赤血球425万、ヘモグロビン14.8、血小板15.9万で赤血球の正常値427万には少し届きませんが、全て正常で肝機能・腎機能も正常値で喜んでいます。この方は友人や親戚の方に当薬局の漢方薬を紹介して頂き感謝すると同時に、みなさん様々な症状や検査結果が改善されてホッとして嬉しいです。

 

ところで、昨日ドキドキしながら観たいような観たくないような気持ちで6時から仙台放送のニュース番組を観ましたが、なかなか私関係の映像は出てきませんでした。待っている間に、突然オレオレ詐欺の中国人逮捕のニュースが流れて一瞬困りました。マズイ!私ではないのに!その後もなかなか私の映像は出なくて、社会ニュースの後にスポーツニュースが流れたのでもう放送されないのかなと思ったら6時30分ごろ私のインタビューが放送されました。観る勇気がなくて、3~4枚の写真だけ撮って記念にしました。その後友人達がニュースを観てメールをくれました。今日、スタッフ達に確認したら一人は録画したそうですが、それ以外はみんな観られなかったみたいです。またいつか漢方だけの私の話をしたいのでまた取材に来てほしいです。なお、残念なことは私の名字の「侯」が「候」になっていました・・・。私から説明していないので、結構みんな間違いやすいです。

怖くて今日のテレビを見たくない

今日は一日仕事をしながらドキドキ、ワクワク。原因は、先日の仙台放送の取材が今日の18時からのニュースで放送されるためです。実は今朝、仙台放送から連絡があり、特別な大きいニュースが入らなければ予定通り放送されると言われ、朝からドキドキ心配していました。今日は心配症、不安症。

 

患者さんのことについて、やはり全国から難病の方が多いです。大阪の40代と70代の女性親子や、神奈川の20代男性、埼玉の30代女性、青森の70代男性など。目の網膜色素変性症、血液難病の血小板減少性紫斑病、腎臓難病のIgA腎症、骨髄変性症の70代女性、その他に30代~50代の癌の患者さんが多いです。

よくなって喜んでいる患者さんも沢山居ます。例えば、5~6年前から味覚異常で舌の痛みとしびれ、鼻詰まり、痰が多くてなかなか取れない、低体温などの症状で悩んでいる60代女性は、昨年9月から当薬局の漢方薬を服用し、最初はなかなか効果を感じませんでしたが、今日は本人が笑顔で来局。舌の痛みとしびれが軽くなっただけではなく、正月後にすっかり痰は出なくなりました。喉の違和感も気持ちもよくなったと言われました。また、体温は35.5度以下から今35.8~36度まで上がりました。

また、抗がん剤治療を受けている50代女性は、抗がん剤の副作用で白血球・赤血球・ヘモグロビン・肝機能・腎機能異常を心配していましたが、昨年6月から当薬局の造血機能と肝機能を強める漢方薬を服用し、2月5日の検査では白血球・赤血球・ヘモグロビン・血小板・肝機能・腎機能は全部正常。漢方薬を服用前の赤血球・ヘモグロビン・肝機能異常が正常になり喜んでいます。

約4ヶ月間の腎臓を強くする漢方で60代女性の腎機能eGFRが50台→80台!!

今日の福島はとても忙しいです。忙しい中で中国発のウイルスが日本で広がっていることについて、日本の皆様に改めて心よりお詫びします。

 

患者さんについて、まず多量の薬を服用している方が多いです。

例えば50代女性は、脳と鼻の症状があり2年前から耳鼻科で8種類の薬を服用していますが、当然良くならないし様々な副作用も現れました、などなど。

 

今日も全国の患者さんが来局、相談ありました。

千葉からわざわざ来てくれた50代男性の間質性肺炎や北海道の30代女性、愛知の20代男性、三重の40代女性、茨木の20代男性などなど。

 

やはり難病の方が多いです。

網膜色素変性症の20代女性、IgA腎症の30代女性、非結核性抗酸菌症の40代女性、などなど。

その他には4才5才の自閉症や発達障害の方もいました。

 

良くなった患者さんも沢山いました。

例えば2年前から脳腫瘍を手術後に様々な認知症が出た70代男性の奥さんによると、今は歩けるようになったり、記憶も改善してきて掃除や仏壇の片付け、新聞読み、奥さんとの会話もできています。

昔から腎臓の病気があり流産したり婦人科の手術をしたり妊娠できなかった現在60代女性は、病院の治療を受けていましたが腎機能は徐々に低下し、昨年10月から当薬局の漢方服用で腎機能が良くなった方からの紹介で漢方を服用開始しました。今日は本人から喜びの電話があり漢方服用前の昨年7/13腎機能eGFR54%から今年2/17の検査では81.8%にまで改善し喜んで「漢方がこんなに効果があるとは思わなかった。これからは紹介してくれた友人の様に、周りにいる病院の治療で良くならない方に漢方を勧めます」と言ってくれました。大変有難いです。

昨日の取材された放送は、今週の金曜18時!

今日の山形は、山も市内も吹雪。仙台は晴れなのに、まったく別世界のようです。

 

患者さんのことについて、新患の方や1、2ヶ月前から漢方を服用している人ばかりなので、正直言うと、胃腸が良くなった、便秘が良くなったぐらいでみんなまだ大きな変化や検査はまだしてない方が多いです。

 

30代と60代の腎臓の病気の他に、新患の不妊症の30代女性や生理不順・不妊症の40代女性など。みんな早く妊娠できるように祈ります。

 

ところで昨日、仙台の放送局の取材が薬局で18時から始まり、3~4分の番組なのに休憩もなくあっと言う間に19時半まで撮影されました。どのように編集されるか、編集担当の方に一任しかないです。放送は21日(金曜日)18時からのニュース番組、放送局は仙台です。楽しみにしています。仙台の方は見られますが、山形・福島・全国のみなさんは見られない。とても残念です。どうしても見たい方は、21日、18時前に仙台に集合しましょう!!

漢方で60代男性の腎機能が改善したが、漢方中断で悪化…

今日は仙台のテレビ局の取材があり、ドキドキしながら、、、夕方近くになると更に落ち着きません。。今までを遡ったり、いろんな話の内容があるみたいで…記憶を甦らせなければならないし(スタッフに「漢方飲んで」と言われました)、資料にも目を通さなければなりません。でも一番大変なことは、仙台薬局の私の部屋がゴミ屋敷みたいなので片付けしなければなりません。。季節に合わせて水墨画の画も飾った方が良いかな、とも思っています。

 

今日の患者さんについて、難病や遠い方が多いです。

京都や九州、関東の方などなど。難病はというと突発性血小板減少性紫斑病の60代男性、骨髄異型性症候群の60代女性、網膜色素変性症の70代女性などなど。

 

多量の薬を服用している方も沢山いました。

例えば、自律神経失調症の60代女性は、睡眠薬や精神安定剤など6種類を服用。また、脳卒中のあと脊柱管狭窄症になった80才男性は、なんと13種類を服用。当然皆さんは沢山服用しても良くなっていません。

良くなっていた患者さんの一人は60代男性で以前のブログにも書きましたが、腎臓の手術後に腎機能が著しく悪化し平成30年5月の検査でクレアチニンは3.05、eGFR17にまで悪化し「そろそろ透析」と言われました。すぐに当薬局に来てくれ5/14から漢方煎じ薬で腎臓強化し、その後は順調に腎機能が改善されました。例えば平成30年8/1の検査でクレアチニン2.59、eGFR21にまで改善。その後は更に改善し、平成31年11/13はクレアチニン2.31、eGFR23にまで改善しました。その後、前立腺の検査や腎生検、骨折などの入院があり暫く漢方薬を服用しないでいると、今年2/12の検査ではクレアチニン2.93、eGFR16にまで悪化しました。やはり、本人も主治医も「腎機能改善は漢方しかない。漢方の効果は著しい」と考え、また漢方服用を再開しました。もちろん、これからも漢方で腎機能は徐々に改善すると思います。

 

今日、初めて来局した患者さんの一人は、スタッフと握手をしていました。「貴女、解りやすいわねぇ。面白いわねぇ。いいわぁ。パワーちょうだい」と言って、一人のスタッフと握手をすると、奥にいたスタッフとも「はい、貴女とも握手」と言い、最後に私の所に来て「はい、先生からもパワーを」と言って握手を求められました。その場に居合わせた他の患者さんには「あんだ、もぅ治ったんでないの」と言われていました(笑)

たまに福島店では患者さんから「この薬局は気が良い」とか「良いエネルギーを感じる」と言われることがあります。…どおりでスタッフ達は毎日元気なのか。。。?

 

もう早目に仙台に帰ります。取材の準備です。。。落ち着きません。。。