半年間の漢方で60代女性の4年前の湿疹・かゆみは完治

今日は、とても暑いです。来週から6月になり、真夏はまだなのに。

今日の患者さんのことについて、新患の方は全員兄弟やご夫婦の一人がよくなって家族に紹介。膝痛と腰痛がよくなった60代女性は、皮膚病と婦人科の病気の娘さんに紹介して来局。

また、4年前から湿疹・かゆみで皮膚科を転々としてもよくならない60代女性は、当薬局の漢方薬を服用してよくなった血液難病の方からの紹介です(話によると2人は親友だそうです)。昨年11月から漢方薬を服用している60代女性の湿疹・かゆみは完全によくなり、今日は手の震えと突発性難聴、めまい症等のご主人に紹介してご主人も漢方薬を服用します。ちなみに、このご夫婦はとても仲が良く年齢も同じ。職質した結果、2人は子供の頃に家が近く小・中・高校・大学まで同じだそうです。他県出身ですが、結婚した後に私のように仙台に永住しています。

 

ところで、朝一番に中国の友人からコロナウィルス関係の文章が届きました。大変興味深い。①何故同じヨーロッパなのに、イタリアのコロナウィルス感染者と死亡者はドイツより多いか?

イタリアの総人口は6043万人、感染死亡者は32,955人。ドイツの総人口は8,292万人。感染死亡者は8,498人。イタリアの死亡率はドイツの約4倍。平均高齢化率と平均寿命はだいたい同じなのに何故でしょう?原因は、イタリアは40%の高齢者は自分の子供家族と同居、20%は3世帯同居。しかし、ドイツの高齢者と子供の同居率は8%しかありません。

実は、今回の日本の感染対策は世界的に珍しく成功といえます。政府の対策の他に大きな要因は、日本人家庭は単独家族で親と子供は別々に住んでいます。また、子供と夫婦の別居率も高い。イタリア・イギリスのような夫婦間の抱擁やキスもほとんどないでしょう。

②何故医療レベルが低いインドの貧困村団地の死亡率が低いのか?

今回の全世界の感染者の死亡者、70歳以上は感染者の19%しか居ないのに、70歳以上の総死亡率は86.6%と高いです。やはり、死亡率は年齢と関係があり若い年齢層より持病と体力免疫力が弱い高齢者の死亡率が高い。インドの貧困団地の人口密度は、ニューヨークより30%高いのに何故死亡率は低いのでしょう?何故インドの貧困団地の死亡率が低いのでしょう?やはりインドの平均寿命と関係があります。インドの平均寿命は68歳。貧困団地村に住むインド人の平均寿命は更に低いはず。死亡率が高い70歳以上の高齢者のインド人はほとんど居ません。

何回かブログに書きましたが、コロナウィルスの流行は自然現象。隔離や治療の効果にも限界があります。これからも更に強いウィルス感染の流行もあり得ます。自分の免疫力・体力を高め未病予防が一番大事と思います。

漢方で85歳の男性の腎機能も改善

今日は一日外に行きませんでしたが、午後3時半位に来客の方を見送った時に外に出たらとても良い天気で風もあって気持ち良かったです(でも、昨日の蔵王の昼休みの時の方がずっと気持ち良かったです)。この方は今80代で、私が来日して1ヶ月後の時に知り合いになって、親しくしていただいています。今もとてもお元気で、老化予防の為に時々漢方薬を服用しています。そのときちょうど、昔大昔お母さんが心臓の病気で当薬局の漢方薬を服用した女性も来局。久しぶりで大変懐かしくて、お母さんの笑顔を思い出しました。来局の時、お母さんと一緒に写真を撮ったことを思い出しました。今回はご主人のために昨年10月から漢方薬を服用して、肝機能・腎機能異常が改善されました。

 

今日は新患の方が多い以外に、若い方ばかりです。手術後全身の痛みの30代の女性、高血圧・尿管結石・肥満の30代の男性、5年前から虫刺されの後慢性湿疹で悩んでいる50代の女性、1年半前から毎日排尿痛で泌尿器科と婦人科を転々としても良くならない50代の女性など。みなさん当薬局の漢方薬に期待してくださっています。例えば、手術後の痛みで悩んでいる女性は、入院中からの痛みが改善されなくて辛くて不眠・不安になって、いろいろ調べて当薬局に来ました。また、50代の排尿痛の女性は実は十数年前から股関節の痛みがあり、4~5年前から腰痛、3年前から耳鳴りがありました。これは、漢方の考え方から見ると腎臓と関係があり、今の排尿痛がなかなかよくならない原因も腎臓なので、漢方古典の『黄帝内経』の腎臓の機能を説明して、排尿痛の原因を100%納得されました。腎臓を強くする漢方薬を服用して、排尿痛を改善することが可能だと思います。

 

当然、よくなった患者さんもたくさんいます。例えば今年1月に腰痛で歩けなくなった60代の女性は、半年間漢方薬を服用して腰痛は8割以上改善され、毎日50分~1時間の散歩が出来るようになりました。また、十数年前から○○大学病院の治療を受けても腎機能がだんだん低下していた80代の男性は、平成27年1月から当薬局の漢方薬を服用している娘さんの紹介で当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用して、今85歳になって自然に腎臓が老化しても、腎機能がだんだん改善され漢方薬を服用する5年前より検査結果がよくなっています。例えば、平成26年11月の検査のクレアチニンの数値は1.85、12月は2.29、漢方薬を服用する直前の平成27年1月15日には2.34で、だんだん数値が悪化していました。平成27年4月の漢方服用後にはクレアチニンが1.89まで改善され、平成28年4月には2.02、平成29年4月は1.96、平成30年3月は1.79、平成31年3月は2.04、最新の昨日の検査結果では2.06で安定して、5年前の2.34より良い結果です。ご本人も奥さんも娘さんもたいへん喜んでいます。もし漢方薬を服用していなければ、今透析している可能性が高いと考えられます。

 

今日の昼休は山の中

今日は新患の方が多いです。静岡の血液の難病、再生不良貧血と目の難病の黄斑変性症の80代女性、山形の大腸癌の手術後、転移・抗がん剤治療ができない70代女性など。80代女性の2つの病気が共に良くなることを祈ります。

山形の70代女性の娘さんは、4~5年前に生理不順・生理痛で1ヶ月の漢方を服用し、すっかり良くなったことがあり、今回お母さんの癌の漢方治療を一生懸命ネットで探し、当店を選びました。選んだことを大変うれしく、責任を感じます。漢方の他に食事療法も指導しました。特に毎日30分~1時間笑ってくださいと言いました。今回のお母さんの漢方代を娘さんがプレゼントするそうです。笑いながら今回だけと言っていましたが、とても親孝行の娘さんだと思います。同じく元気になって新しい癌の再発や転移がないことを祈ります。

 

今日の昼休は2時間とって山に行きました。写真の通り、とてもきれいな景色やつつじ。昼食20分、そのときの飲んだ水は樹氷の泉の湧水です。観光10分、さらに2ヶ月ぶりに日帰り温泉410円で20分入浴しました。とても気持ちがよくうれしかったです。泉の近くも1人、昼食も1人、温泉も3人だけ、どちらも3密にあたらない。ちなみに2ヶ月ぶりに体重を測ったら63.35㎏で変わりありませんでした。

【写真】

今日も60代男性の腎機能が改善!

今日の福島店はとても忙しかったです。昼寝も出来ず、眠くて怠いです。。。

 

患者さんについて、今日は4才から88才まで幅広かったです。

病名から言うと難病のALSの60代女性、うつ病の30代女性と50代男性、自閉症の20代男性、すい臓がんの手術後に肺に転移の50代女性、脳腫瘍の手術後の再発予防の50代男性、胃がん手術後の再発・転移予防の60代女性、不妊症・子宮筋腫・甲状腺亢進症の40代女性、肺気腫の70代男性などなど。

 

良くなって喜んでいる患者さんも沢山います。

例えば平成20年9月7に脳腫瘍を手術後に再発し、また手術をして抗がん剤や放射線治療をした後からずっと漢方薬を服用している当時40代男性は、今年3月の脳のMRI検査で再発は無く、少し手の指の痺れや動きにくい、少し便秘以外は何も症状が無く喜んでいます。今は一ヶ月分の漢方薬を3~4ヶ月かけて服用しています。

○○医科大学病院での検査で、検査結果が出た直ぐ後に電話をくれた60代男性は、腎臓の腫瘍を手術後から多量の薬を服用して腎機能がだんだん悪化していました。漢方服用前のクレアチニンは3以上でしたが、平成31年5月からの漢方服用で3台から今日は2台にまで改善され、最新の結果は4月の2.9から更に良くなって「今日は2.6だった!声が弾んでるべ?」と言って電話で大変喜んでいました。

IgA腎症の50代女性の腎機能更に改善

コロナウイルス感染について書きます。

昨日、政府から全国に「緊急事態宣言の解除」が発表されました。

全国民ほっとしている事と思います。良かったです。

日本のコロナウイルス感染対策は成功したと言えるでしょう。

これからも引き続き三密を守る事が大事です。

マスクをつけ、手洗いとうがいを忘れないようにしましょう。

 

アメリカのある調査で、ホームレスの感染者と死亡者数が意外に少ない事が分りました。

私はアメリカの医療状況から考えると、医療保険に入れないホームレスの感染者や死亡者がもっと多いのかと思っていましたが違いました。

 

最新の研究で身体の中のビタミンDの量が低いと、コロナウイルスの感染者は死亡率が高いことが分かりました。ホームレスはよく日光に当たります。身体の中のビタミンDの量が高いと考えられます。

従って、テレワークや外出が控えめな人のビタミンDの量は減り、健康に良くないと思います。是非、ベランダでもいいので毎日20~30分日を浴びて欲しいです。

 

アメリカ大統領が服用して推奨した抗マラリア薬は、WHOが臨床試験中止発表をしました。理由は新型コロナウイルスに感染した重症患者に投与して、死亡率が高くなったそうです。

 

今日の患者さんは、新患は少なかったのですが良くなった患者さんが多かったです。

四月から漢方を増やしているアトピー30代女性はまだ皮膚には効果が出ていませんが、頭痛や動悸、肩こりや足のつりの症状が改善されました。

 

難病の患者さんも数名います。目の難病の60代男性、再生不良性貧血の女性。

IgA腎症の50代女性は、平成26年から当店の腎臓を強くする薬を服用してクレアチニンが2.2から2.5に徐々に改善され、今は1.3から1.4の間で安定しています。

例えば、1月14日検査で1.32に、2月18日1.32、3月17日1.43、4月17日1.32、5月15日1.35です。

 

人間の老化と同じ腎臓も老化します。

ストレスや食べ物、病院の薬の服用も腎機能低下と考えると、この女性の腎機能は一切低下してない、強くなっていると思います。

今日の患者さんは家族ばかり

今日は暑くなりました。午後、また冷房を入れました。

昨日アベノマスクが二枚、薬局に届いた事に続き自宅にも二枚届きました。記念品にするか、一度使ってみるか、どこかに寄付するか…迷っています。

 

患者さんについて、とても忙しくて良くなった患者さんも沢山いますが…疲れて忘れています。

印象に残っているのは、来局者の中で8割以上がご家族でした。

例えば胃ガン手術後に漢方を服用している60代男性は目についての奥さんと。肝臓の難病の50代女性と娘さん二人、不眠、高血圧の60代女性と娘さん二人、60代お母さんと娘さんと息子さん、4月から潰瘍性大腸炎で服用している男性は、直ぐに下痢の効果を感じて今日は健康診断異常の奥さんと不妊症の娘さんが来局し漢方薬服用を開始しました、などなど。

やはり、ご家族の中で良くなった症状を目の当たりにして改善を実感してから服用を開始するという事は、効果があるということにつきると思います。

 

ところで以前から皮膚の難病の乾癬で漢方を服用していた40代男性は久しぶりに来局しました。4月から仕事が変わってストレスが大変多くて悪化しています。何のストレスかを聞いたら、誰が聞いても多すぎる水仕事でした。もっと減らしてもいいのに。。。

8年前から漢方薬を服用のパーキンソン病の女性は、すべての症状が改善され再発も無い

今日は昼過ぎに一時的に雨がやみましたが、午後また降って来ました。天気が悪いし、時間も無いし、広瀬川は結構増水して先週土曜日の昼休みに行った大きな石は水に浸かっているかも知れないので、今日は行きませんでした。

 

今日の患者さん達も名古屋から札幌まで様々な難病と癌の方が多いです。IgA腎症の40代の女性と50代の男性、多発性骨髄腫の50代の男性、潰瘍性大腸炎の50代の女性、パーキンソン病の40代の男性と70代の女性と80代の女性、非結核性抗酸菌症の50代の女性、肺癌手術後抗がん剤治療を受けて肺癌再発の60代の男性、膀胱癌2回手術後再発の60代の男性など。

 

よくなった方もたくさんいます。例えば昨年7月から高熱が続いて筋肉痛もあり病院の薬でなかなかよくならない60代の男性は、当薬局の漢方薬を服用している妹さん2人の紹介で昨年7月から漢方薬を服用しています。昨年11月までに熱は下がり、CRPも当時の12から0.03の正常値まで改善され漢方薬を中止しました。しかし、今年の5月に熱はありませんが検査でCRPが4まで上がって今日からまた漢方薬を服用します。

また、平成26年から腎臓を強める漢方薬を服用している当時30代の女性は、久しぶりに電話で話しましたがとても元気で、腎機能の検査は正常で尿検査の蛋白・尿潜血も改善されていますがコレステロールが290で高く、ご本人から太っていないのになぜと聞かれましたが多分体質的なものと言ったら、確かに20代からコレステロールが高かったと言われました。今日からコレステロールを下げる漢方薬に変わりました。

 

その他にパーキンソン病の3名の中の一人は、先月から漢方薬を服用したばかりで効果はまだ分かりませんが、その他の方は著しい効果が現れています。例えば平成25年から漢方薬を服用している40代のパーキンソン病の男性は、約7年間経っても全身の症状は進行していないし、仕事に支障もなく頑張っています。もう一人の方は、平成24年当時60代の時から漢方薬を服用している女性です。今日久しぶりに来局し、今は血圧や逆流性食道炎・動脈硬化などの漢方薬1ヶ月分を3~4ヶ月かけて服用しています。この女性は、10年くらい前にパーキンソン病と診断されずっと病院の治療を受けて、多い時には7種類の病院の薬を服用していましたが症状がだんだん悪化して、手足・体・唇の震えの他に行動や動きが遅くなっていました。特に歩くのが大変遅く、なんとか散歩はできますがいつもご主人が時々待っていなければなりませんでした。漢方を服用して約半年後には体力も食欲も改善され、手足の震えも軽くなって病院の主治医が驚いて当薬局の漢方薬を服用していることをお医者さんに話しました。その後、時々病院の先生に漢方薬の処方内容を教えて病院の薬も徐々に減って、平成27年6月25日の病院の受診の時全ての症状が改善され、主治医から病院の治療はもう必要ないと言われて、その後は漢方薬だけ服用しています。今日のご本人の話によるとパーキンソン病の症状は一切無く、今75歳になっても毎日の散歩や日常生活を送ることができています。昨年12月の健診で動脈硬化があり、コレステロールが高く2種類の薬が処方され、それを服用したら右手のしびれが出て、便秘にもなり病院の薬を止めたら両方良くなりました。動脈硬化なども当薬局の漢方薬で改善したいと漢方薬を続けています。

 

ところで、写真の通り薬局に待ちに待ったアベノマスクが2枚届きました。スタッフは6人なのにどうすれば良いかな。じゃんけんにするか顔が一番小さいスタッフにあげるか迷っていますが、いずれにしても私には合わないので断念します。

【写真】アベノマスク

 

水曜日雨と寒さの中で白石のところで例年の通りアカシアの花を採りました。木曜日は山形の高速の入り口で山形産のアカシアも採りました。水曜日からほぼ毎日の朝食は半分アカシア料理です。小麦粉を混ぜて炒めたり、卵と混ぜて卵焼きを作ったりとても美味しかったです。おなじアカシアですが、なんとなく山形産の方が美味しいです。やはり、気候・土・水が違って山形の全ての果物や野菜は美味しいです。

【写真】

 

漢方で40代男性の潰瘍性大腸炎の下痢、40代女性のめまいが7割以上改善

今日は相変わらず寒い。このまま夏、秋がなく一気に冬に戻るかなと心配しています。でもあり得ないでしょう。天気予報によると、来週は一気に暑くなるようです。

 

患者さんのことについて一番印象深いのは、ご家族・親子・ご夫婦の方が多いこと。40代女性とご両親の3人、ご夫婦と息子さん・娘さんの4人、40代女性と4歳の息子さん親子等。皆、先ず一人が当薬局の漢方薬を服用してよくなった後に家族に広がりました。

もう一つ印象深いのは、よくなった方が多いです。例えば、3月7日から漢方薬を服用している脊柱管狭窄症で腰・足が痛い60代女性は、今日の本人の話によると痛みは完全になくなりました。また、今日の血液検査で肝機能もよくなっています。1月24日の検査でALT38、今日は26(正常値は7~23)。γGTは64から46(正常値は9~32)。あと2~3ヶ月漢方薬を服用すれば正常値になると思います。

婦人科の手術を受けて、妊娠はほぼ不可能と言われた40代女性は、当薬局の漢方薬を服用して元気な男の子が産まれました。また甲状腺異常でずっと病院治療を受けていますが、なかなかよくならず今年1月から漢方薬を服用して今月の検査で甲状腺は正常になりました。

また、当薬局の漢方薬を服用して腎機能が改善された親戚からの紹介で昨年8月から漢方薬を服用している潰瘍性大腸炎の40代男性は、著しく下痢が改善。漢方薬を服用前は夜に腹痛があり10回位下痢だったのは、2月の時に4~5回まで改善されました。今日の話によると、今は夜の下痢の回数は1~2回。0回の日はひと月半分までになりました。

1年半前にひどいめまいが起きて、頭痛もあり体がふわふわ、家事もできない40代女性は、内科・耳鼻科・眼科・心療内科・婦人科を転々として薬も色々服用し、よくならないだけではなく逆に悪化。昨年10月28日から当薬局の漢方薬を服用し、めまい・頭痛・ふわふわなどの症状は改善され、元気になりました。今日の本人の話によると、めまいは7割改善されました。しかし、朝7時に目が覚めてすぐは体がだるく1~2時間後にやっと起きると言われ、優しいご主人を見ると「ご主人はいつも早く起きて料理も作り、奥さんが起きるのを待っているでしょう?」と聞いたら、笑いながら「そうです。」と答えました。ご主人のように早く寝て、朝はご主人と一緒に起きるよう説教をしました。

 

ところで、なかなか咳がよくならなかった40代男性の咳も1週間の漢方薬で約7割改善しました。今日の総合評価は、皆7割以上改善されています。嬉しいです。

8人家族の生活が懐かしくなりました。

今日の山形は雨が降っていませんが、曇りでとても涼しいです。

 

朝一番に来局があったのが当薬局の漢方を服用している娘さんのご紹介で、手足の震えの症状がある60代のお父さんと、腕と腰の痛みがある40代のご主人でした。

 

不妊症の30代と40代の女性2人も来局されました。

昨日のブログに書いた47歳直前に自然妊娠出産された方の様に、一日も早く妊娠出来るように祈ります。

 

今日1番大変な患者さんは5~6年前に腎不全と診断されてから、ずっと病院の治療を受けていますが、どんどん腎機能も悪化していて7種類の薬を服用しているそうです。

 

ところで、ある患者さんのご家族は8人家族3世帯同居生活だそうです。

毎日にぎやかに暮らしていると聞いて、私の家族の事を思い出しました。

私は高校生まで祖父母、父母、姉と弟2人の8人家族で生活していました。

患者さんの話を聞いてその当時の事を思い出し、とても懐かしくなりました。

漢方で自然妊娠で産まれた子が1ヶ月になりました

今日は雨。昨日より寒くて、ブログも昨日より短くします。患者さんのことについて、ご夫婦・親子・兄弟・姉妹の方が多いです。

例えば、うつ病・自律神経失調症・耳鳴り・難聴・不安・不眠の70代女性は、15年前から5種類の診療内科の薬を服用してもよくならず、昨年6月から当薬局の漢方薬を服用しています。3ヶ月間で難聴と耳鳴り以外の不安・不眠・頭痛・めまい等の症状は改善され、昨年10月に黄斑変性症で手術をしても効果が無い、視力低下・物を見るとぶれる妹さんも紹介で漢方薬を服用しています。今日は2人で来局。お姉さんは心療内科からの睡眠薬だけで、元気に生活ができています。妹さんも漢方薬で視力が改善。漢方薬を服用前の視力0.1~0.2が、最新の3月の検査で0.5~0.6まで改善されています。物を見るとぶれることも改善され、新聞・テレビを毎日見るようになり、楽しく生活ができています。

 

ところで、以前ブログに書いたことがありますが、44歳の時に不妊治療をあきらめて漢方薬だけを服用し、46歳の時に自然妊娠に成功。昨年4月の47歳になる直前に元気な3,700g以上の女の子が産まれた女性から電話がありました。今は1歳1ヶ月になり、歩くだけではなく走るようになったそうで、「パパ、ママ、じじ、はい」など短い単語を話すようになりました。この女性は、妊娠中の流産予防・つわり予防のため出産直前まで漢方薬を服用し、出産後の体力回復・母乳が増える漢方薬も服用しました。今、腰痛があり母乳が減っていることから、今日からまた漢方薬を服用します。私から「子どもの成長と免疫力を高めるため、もう少し母乳が増える漢方を服用した方が良い」と言ったら、笑いながら「今は歯が出てきて、母乳の時に噛まれて結構痛い」と言われました。親子共にもっと元気になるよう成長を祈ります。