漢方の母乳で赤ちゃんの成長が早い!

今日は仙台も福島も雨でとても涼しいですが、急に気温が下がると体にも良くないかなと思います。昼に外に行ったら涼しすぎてクシャミ・鼻水が出ると、何も言う暇もなく当たり前の様にすぐスタッフが体温を測りに来ました(眉間にシワを寄せて)。結果は熱がなく36.5度で薬局に入る事を許可されました。

 

患者さんの事についていつもの通り、やはり全国からご相談の方は多かったです(静岡、新潟、東京、千葉、埼玉など)。難病や家族ぐるみの方も多く、同じ自己免疫性肝炎の50代女性と20代女性親子、難聴・髪抜け・朝疲れの50代男性と不眠の奥さんと食欲不振・不眠の息子さん一家三人。生理不順の40代女性と生活習慣病のご夫婦と目の病気の80代お母さんの一家3人などなど。

 

良くなった患者さんも何も沢山います。

例えば昨年12月から漢方服用の肝機能異常の50代女性は、漢方服用前の昨年11月の検査でガンマGTは116、GOT35、異常でしたが最新の8/5の検査ではGOT24(正常値の30以下になった)、ガンマGDPは72(正常値は50以下)で、もう少しで正常値になります。

 

ところで、婦人科の病気である内膜症とチョコレート濃腫があり当薬局の漢方を平成31年1月から服用し改善され、その後は妊娠の漢方服用で自然妊娠に成功。今年6月に約2900gの男児を出産した女性から電話があり、「出産後もずっと漢方を服用していて7月の婦人科の検査で内膜症とチョコレート濃腫は見えなくなるほど小さくなっていた」と言われました。また、完全母乳で質も良く、産まれてまだ三カ月未満なのに、なんと今日の男児の体重は7.2キロだそうです。体重だけではなく、身長も伸びが早いと言われました。やはり、漢方服用している妊娠中の方の子供さんの体重は大きく、出産後も漢方服用しているかたの母乳の量や質が良いことがまた証明されました。大変嬉しい事です。スクスクの成長を祈ります!

漢方で妊娠成功、間もなく出産、生まれた子が多かった

今日はとても暑かったです。本来は北に行って近くのところで昼に食事をしようと思ったら、スタッフの要望で逆方向の南の遠いところに行ったので、しばらく行っていない量り売りのレストランに行ったら閉店していました・・・。間違いなくコロナの影響だと思います。スタッフの要望は私の足を使って抽選で当たった商店街の3割増商品券の引換でした。帰りにいっぱい汗をかいて、1円の報酬ももらえませんでした・・・。

 

今日の患者さんのことについて、難病のパーキンソン病、IgA腎症、潰瘍性大腸炎などいろいろありますが、当薬局の漢方で妊娠成功して間もなく出産する方や、漢方薬を服用して生まれたお子さんとお母さんが来局された方などが多かったです。今日もまた不妊相談の専門になりました。

 

  • 昨日ブログに書きませんでしたが、30代半ばの女性は今年の7月から体質改善の漢方薬を服用して、今まで体外受精2回しましたが先月3回目の体外受精で成功して今妊娠5週目です。また、耳鳴り・腰痛・むくみも改善して大変喜んでいます。

 

  • また、不妊治療を繰り返し失敗して婦人科の病気もあり、漢方薬で妊娠成功した30代の女性は10月に出産する予定で今妊娠もとても順調ですが、逆子と言われて今日から逆子を直す漢方に変わりました(ちなみに、先月不眠症の東海地区に住んでいるお母さんに当薬局の漢方薬を勧めて服用しています。服用後不眠症が改善されたそうです)。

 

  • 10年ぶりに来局した親子は、実は今40代になったお母さんが平成20年から当薬局の不妊の漢方薬を服用して10歳の息子さんと6歳の娘さんが生まれました。今日は息子さんのリンパ腫を改善するために来局されました。息子さんに「あなたはお母さんのおなかの中にいたときから漢方薬を服用していたので、漢方薬が苦いとか飲めないと言わないでほしいです」と冗談を言いました。

 

  • もう一人の40代の女性は、今婦人科の病気で漢方薬を服用していますが、この女性も不妊治療を繰り返し失敗して、流産などの経験もあり平成19年から当薬局の漢方薬を服用して長男と次男が生まれました。この女性の長男はたしか11歳、次男は7歳かなあ。

 

来週の9月1日は当薬局の設立19年ですが、最初の漢方薬を服用して生まれたお子さんは何歳でしょう?間違いなく19歳未満のはずです。いつか漢方薬を飲んで生まれたお子さんたちが集まって何かイベントがあればいいなと思います。

1ヶ月半の漢方薬で頑固な中耳炎の50代男性の聴力が回復

今日の仙台も暑い。33度だそうです。

患者さんのことについて、難病やさまざまな病気・症状の方が多いです。白斑の70代女性、今日の暑さでも下半身が氷のように冷える80代男性、5種類の糖尿病の薬を服用しても血糖値が下がらない40代男性(外国人なので日本の糖尿病の薬が合わないのかな?)、以前当薬局の漢方で婦人科の病気がよくなった50代女性は、10年ぶりに来局。当時は40代でした。他に、時々ご主人と喧嘩して、右腹が痛い30代女性など。

 

肝機能・腎機能・血小板など検査結果がよくなった方が沢山居ますが、一番嬉しい患者さんのことを書きます。十数年前から両耳の中耳炎を繰り返し、昨年末から今年2月まで左耳が化膿して2回切開手術をして3月にまた化膿してまた手術をしてもよくならなくて、多種類の薬を服用しても効果がなく、耳鳴り・聴力低下で特に左耳はほとんど聞こえません。実は彼は私の友人で、今年6月26日に私の勧めで腎臓を強めて血流をよくして炎症を抑える漢方薬を服用しました。1か月後7月31日来局の時、「聴力も耳鳴りも一切変わらない」と言われて、私はとても不安で動揺しました。友人なのに一切効果が無いとはどうしよう・・・ドキドキしながら処方を調整しました。今日本人から電話があり、お盆後から不思議と耳鳴りが軽くなり、聴力も徐々に回復。今、左耳は右と同じく聞こえるようになったそうです。最初から漢方に疑問があり、奥さんから「本当に?」「本当に聞こえるの?」と何度も聞かれたそうです。もちろん、本当です!

昨日のブログに書いた、自然妊娠した女性の年齢を訂正します

昨日のブログに書いた不妊治療を繰り返した後、不妊治療を中止。当薬局に沢山の不妊の方を紹介し、ほぼ全員妊娠成功した方の紹介で平成29年漢方服用、昨日の病院の検査で妊娠7週目、心拍確認され妊娠成功と診断された女性は実は43歳ではなくて33歳と間違えました。ご本人とブログを読んでいる皆様に大変申し訳なく訂正致します。間違った原因は忙しい中、平成29年と平成19年と間違ったと思います。西暦、平成、時々間違ったところあります。

お詫びの気持ちとして、今日のブログは他の事を書かないようにします。この女性はこれから流産予防の漢方を服用します。無事の妊娠、出産を心より祈ります。

今日も漢方で43歳女性が自然妊娠に成功、7週目!

今日の福島は更に暑くなりました。車の温度計は35.5度。。。

 

他の患者さんのことは一切書かないで、不妊症についてだけを書きます。

本当に不妊治療専門になったみたいで、昨日の(流産二回、漢方で自然妊娠に成功したが逆子になって漢方で改善したい)9月出産予定の43歳女性に続く、今日も43歳の女性は自然妊娠成功で7週目です。実はこの女性は、2014年から不妊治療を繰り返し失敗し、3年前から不妊治療をやめて2017年6月から漢方薬を服用して、今回の成功に至りました。無事な出産を祈ります!

この報告により、スタッフからは「私ももう一人産んかなぁ(標準語で“産もうかなぁ”)。今の状態だと、今なら、今ならできっと思うんですよねぇ。んだって…」と長々と最近の説明をされました(聞いていないのに)。

 

ここまでではブログは短すぎなので、子供の病気についてもう少し書きます。

精神科の薬でなかなか良くならなかった二人が、共に漢方で症状が改善しています。

一人は20代の自閉症の子。今日のお母さんによると、漢方を服用して暴力や物を壊す、尿や便の汚れ等が大変改善され、落ち着いています。家だけの出来事ではなく、8月には二週間ほど一年ぶりの入院治療をしましたが、退院の時には看護師から「例年と違って今年の入院中は服を破ったり物を壊すことは一切なく、大変落ち着いていました」と言われたそうです。

また、三年前から統合失調症と診断された10代の少女は入院治療や薬の服用を2年かけても良くならず、先週から漢方薬を服用開始すると、幻覚や幻聴、手の震えなどの症状が改善してきています。

夕方に、10代の幻覚で解離性障害の疑いと診断された少女のお母さんからの相談があり、これから来局相談予定ですが間違いなく漢方で様々な症状が改善されると思います。

元々は皆、同じ立派な少年・少女。

生活の中で受験や部活、人間関係などのストレスが溜まり過ぎて様々な精神的な症状が現れただけ、と思います。従って、精神科の薬ではなかなか良くなりません。

ブログに何回か書いていますが、当薬局の漢方薬では心療内科のお医者さんのパニック障害の奥さんや心療内科の医師から当薬局に紹介された統合失調症やうつ病、起立性調節障害などの少年・少女なども改善されています。

漢方で妊娠成功した44歳女性は妊娠9ヶ月

今日山形もまだまだ暑いです。昼に昨年秋にたくさん実を収穫した姫リンゴみたいな木の下を通ったら実が一つもなかったです。確か昨年冬に剪定をしていたのでそれが原因かな、、今年の秋の楽しみはなくなりました。

 

患者さんのことについて。1ヶ月の漢方服用で8月24日の腎機能検査のクレアチニンは2.09から1.94まで改善の70代男性がいます。(奥さんと息子さんは当薬局の漢方を服用し良くなっています)奥さんのすすめで7月から服用を始めました。

 

ところで不妊治療を繰り返しH30年5月から当薬局の漢方を服用している44歳の女性は、体質を改善し婦人科の病気も良くなりR2年3月妊娠8週目、自然妊娠成功。今妊娠9ヶ月です。とても元気な赤ちゃんですが逆子になり今日から逆子対策の漢方に変わります。でも同時に針灸をすすめます。1ヶ月後の無事の出産を祈ります!そのとき逆子が改善したかどうか、男の子か、女の子か、体重は何千グラムか報告します。

漢方で30代女性の生理不順が1年9ヶ月ぶりに来た

今日の福島の朝は涼しくなっています!しかし日中は暑く、薬局の中は午後の西日で大変暑くなります。。

 

全国からの相談の方は多く近畿地方30代の女性、中部地方の70代の女性、関西の30代の男性、北関東の40の女性、中国の40代男性など。

 

今日は新患の方も多かったです。眩暈・耳鳴りの40代女性、腰痛の40代の男性(妹一家3人は当薬局の漢方で良くなっているので勧めた)、両手足湿疹の70代女性、がん手術後に肝機能異常の60代女性(お孫さんや親戚など多数服用中)などなど。

 

良くなった患者もたくさんいますが(潰瘍性大腸炎の症状や肝機能、腎機能も良くなった30代男性などなど)、一人の女性について書きます。

生理不順、胃腸弱、湿疹等の30代女性は最初、全国の漢方薬局の漢方を色々と服用していて、効き目を感じない等により2019年5月から当薬局の漢方を服用開始しました。今では全身の症状や自律神経なども改善し、今日は喜びの報告があり2018年11月ぶりに生理がきたそうです。とても喜んでいます。

 

やはり、生理不順だけでなく婦人科の様々な病気で悩んでいる方は、女性ホルモン治療だけではなく全身の様々な症状も関係しています。婦人科のホルモン治療より、体質改善(身体を変える)の漢方薬を服用すれば病気の根本治療により結果は早く改善するでしょう。身体の様々な症状に合わせて生薬を組み合わせることが出来る漢方煎じ薬を強く勧めます!

1年間の漢方薬で40代の潰瘍性大腸炎の男性の症状改善、検査も正常に

まだまだ残暑が厳しいですが、もうすでに季節は秋になって夜と朝晩は涼しくなってきています。したがって、腸の病気をはじめ秋の処方に変わる方が多いです。

 

今日はとても忙しいです。特に午後は30分ずつの予約の他にフリーの方やメール・電話相談の方もいるので疲れていますが、よくなった患者さんがたくさんいるのでとても嬉しいです。例えば皮膚の難病の尋常性乾癬の70代の女性は約2年間漢方薬を服用して皮膚の症状はほぼ改善され、子供の時からのアトピー性皮膚炎・15年前の貨幣状湿疹・2年前からの脂漏性皮膚炎で皮膚科でなかなか良くならない50代の娘さんも今日から漢方薬を服用します。

また、奥さんが婦人科の病気が漢方薬で改善され、結婚してすぐご主人に漢方薬を進め1ヶ月漢方薬を服用してご主人の腰痛・足がつるなどが改善されています。これから肝機能も改善されると思います。

 

ちょうど1年前から潰瘍性大腸炎で漢方薬を服用している40代の男性は、入院治療を受けても良くならず、毎日夜だけでも10回の下痢や毎日の腹痛・血便がありましたが、今日ご本人の話によると、夜の便は0~1回で1ヶ月の半分は0回、腹痛も血便も一切ありません。先月の大腸の検査で炎症も出血も一切なく完治と言えると言われたそうです。そのほかに、血液検査で赤血球・ヘモグロビン・血小板もほぼ正常値になりました。例えば、漢方薬を服用する前の8月13日の検査で赤血球337万から最新の今年8月4日の432万(正常値は435~555万)、ヘモグロビン9.3から11.7(正常値は13.7~16.8)、血小板は44.1万から26万(15.8~34.8万)まで改善され、あとわずかで正常値になります。ご本人は大変喜んでいます。

 

また、腎臓の難病で病院の治療を受けていますが、腎機能がだんだん悪化して3年前から漢方薬を服用している60代の男性は、2017年8月の検査でクレアチニンが2.06で、その後すぐに当薬局の腎臓を強くする漢方薬を服用開始しました。昨年の8月の検査では、クレアチニン1.65まで改善され、今日持ってきた今年8月20日の検査では1.53までさらに改善されています。ご本人から「漢方のおかげで、腎機能がよくなって透析の心配がなくなりました」と言われました。ご存じの通り、腎臓だけではなく体全ての臓器・器官が加齢に従って老化・機能低下します。数字だけ見て3年前よりクレアチニンが0.5くらいしか改善されていないと思いますが。もし漢方薬を服用していなければ今のクレアチニンは3~4まで悪化している可能性も高いと考えられます。

 

まだまだよくなった方は沢山いますが、ブログがずいぶん長くなるので終わりにします。最後に、今日は仙台店の8月誕生日の該当者が3人いるので、みんなの希望通りに有名なお店のフルーツタルトでお祝いしました。みんな、はじめてこのタルトを食べて美味しいと言われました(写真の通り)。私は食べながら、ケーキのフルーツを食べるより生のままのフルーツの方が良いかな・・・このフルーツより福島の果樹園のだれも食べない梨の方が美味しい、はなももの実も美味しい、山形のナツメも美味しい・・・と思いました。また、食べながら思いましたが、当薬局のスタッフは8月生まれが多いみたい。福島店の2人はお盆前に祝って、先週山形店の2人も祝いました。ちなみに福島店の2人は大きいスイカを1個ずつ、山形店の2人は山形産の青い梅大福という和菓子でした。

【フルーツタルト】

漢方で潰瘍性大腸炎の20代女性の症状が改善

今日は相変わらず全国的に暑い。来週から少し涼しくなるかなと思います。

今日の暑さの中、全国から相談がありました。岐阜、静岡、茨木、東京など。よくなった患者さんの一人は、6年前に潰瘍性大腸炎と診断され、病院の治療を受けましたが、1日に下痢6~8回、腹痛、毎回血便がありだんだん悪化。平成29年2月から当薬局の漢方薬を服用し、1年後の平成30年に下痢・腹痛が改善。毎日3回の軟便か普通便までに改善されました。出血もたまにあるだけ。その後は漢方薬を減量して今は全く症状がなく、毎日2~3回の便があります。今日から1ヶ月分の漢方薬を3ヶ月で飲むことになりました。

 

ところで、写真の通り冷蔵庫の片づけをしたら、なんとビワを見つけました。食べてみたら、少し水分が少なくなっていましたが相変わらず美味しかった。ビワがこんなに長く保存できることにビックリしました。

 

 

 

2年間の漢方服用で10代の少女の統合失調症の症状改善・再発もなし

今日の山形は今年一番の暑さですが何度か分かりません。何故なら車の温度計の表示は、朝山形に着いてから昼でも午後3時でも30.5℃のままです。

 

今朝は、昨日の8歳の男の子の症状の改善で興奮して3時に目が覚めました。

 

今日の患者さんについて。やはり精神疾患の子どもさんが多かった。昨日の1年半ぶり、また今日から漢方を服用する統合失調症の高校生の女の子は昨日のブログに書いたように、病院の治療でなかなか良くならず、妄想・不安・外出できない・登校できない。昨年4月に1ヶ月分の漢方しか服用しなかったが、今日から全ての症状が改善するまで漢方を服用する予定です。

もう一人は当時16歳、同じ統合失調症と診断され入院して多量の薬を服用しても良くならなくて、平成26年6月から平成28年5月まで約2年間漢方服用して全ての症状を改善されました。今日4年3ヶ月ぶりにお母さんが来店。今は大学生20歳になり、とても元気に勉強しているそうです。しかし、大都市での大学生活はコロナの影響でなかなか外出できない、友だちと会えない、実家に帰れないことで落ち込んで集中力がない、気力がないそうです。お母さんと相談して今日からまた当店の漢方を服用します。

体調が悪い時、当店の漢方を思い出して服用してもらうことは大変嬉しい。幻覚・幻聴・不安などの統合失調症の症状が一切ないことも大変嬉しいです。