13年間漢方薬を服用しているパーキンソン病の60代の男性は元気で定年まで仕事が出来ました。

今朝どうしても心配で、今月の21日に妊娠に成功して24日から流産予防の漢方薬を服用している関東在住の30代女性に電話をしたら水曜日から少量の出血があり、木曜日、金曜日、そして今日も出血があったそうです。以前、妊娠に成功したら出来るだけ安静にして仕事を休んでくださいと話をしましたが、毎日忙しく今日も休みの予定のところを出勤したそうです。来週の水曜日に病院に検査に行く予定だそうですが、流産にならないように祈っています。今すぐ家に帰って横になって欲しいです。実は不妊症の女性はなかなか妊娠しにくいだけではなく大変流産しやすいのです。
従って当薬局の不妊症の女性達には妊娠に成功したら1日も早く流産予防の漢方薬を服用し、安定期に入ってからも可能なので出産まで漢方薬を継続して欲しいです。また、日常生活の中で一番流産を防ぐ方法は、例えば出来るだけトイレ、食事以外は毎日横になって安静になることです。漢方薬医学の考え方は気が弱くなると持ち上げる力が弱くなることです。どんなに胎児が小さくても地球の引力で下に落ちやすくなります。心配、心配・・・・・。

今日はお一人の患者さんについて書きます。平成16年パーキンソン病と診断され7種類の薬を服用しても手足の震え、体の硬直、歩行困難があった当時50代の男性は友人の紹介で平成19年12月から当薬局の腎臓と肝臓を強くし血流を良くする漢方薬の服用を開始しました。今日は約4ヶ月ぶりに元気に来局。この男性は漢方薬を服用して改善された症状や進行を止めた症状もあり、例えば手足の震え、体の硬直、歩行困難は13年経ってもほとんど進行がありません。本人は分からないかもしれませんが60歳定年まで毎日ハードで出張も多い仕事が出来たことが証拠の1つです。また定年した後も再雇用され今も元気に仕事をしています。今は年に3,4か月分の漢方薬を服用しています。本人はとても明るくユーモアがあり冗談好きです。今日のカウンセリングの最後にも「仕事の量は現役と同じなのに給料は現役の時の3分の1」と冗談を言われました。
ところで、久しぶりに昼食を披露します。写真の通り大変簡単で少量ですが、中身は豊富です。かぼちゃ、山芋、落花生1個(本当に今年最後の1個です)、むかご(数えていませんが沢山)、ほうれん草、昆布、豆腐、少し見えますが豚肉1枚、その下に見えないものもありますが、大根、白菜、チンゲン菜、ネギの12種類です。ちなみに朝食は豆乳、牛乳、納豆、パン、卵、トマト、キュウリ、セロリの他に落花生、黒ゴマ、クルミ、小魚、アーモンド13種類でした。従って、夕食は6種類を食べれば、一日30種類以上のものを食べる目標を達成できます!夕食は果物と食べたいものを優先にするかな、、、、、
写真の通り、数えられないほど沢山のむかごを「欲しい方どうぞ」と、友人から頂きました。でも、スタッフ5人中2人しか取らなくて、みんながあまり食べないことにビックリしました。長芋より栄養がいいのに・・・・。多すぎて私はしばらく食べきれないので少し友人にあげました。こんなにむかごが採れるので長芋も山のように採れるでしょう。こんなに沢山のむかごを全部埋めたら来年は更に何十倍何百倍の長芋とむかごが採れるれるでしょう。いずれにしても来年も友人から沢山のむかごを送ってくれることを楽しみにしています。

「写真」

 

1年3ヶ月の漢方薬で潰瘍性大腸炎の40代の男性の症状は全部改善

 今日は全国からの相談の方が多く、南は鹿児島の4歳のお子さんや北は青森の80代の女性など3人いました。病名についてはアトピー性皮膚炎、喘息、多発性骨髄腫、乳癌転移、尋常性乾癬、摂食障害、剥離性口唇炎、潰瘍性大腸炎、緑内障、甲状腺機能亢進症、腰痛、網膜色素変性症などでした。
 久しぶりの方が多く、例えば、平成27年に病院の検査は正常で、鎮痛剤を飲んでも良くならなかった50代の女性は当薬局の漢方薬で腰痛が改善され、今日また約6年ぶりに来局されました。一度退職されたそうですが、○○病院で仕事をしていて1日100人の採血をしているそうです。毎日、首、腕が痛く、今日から当薬局の漢方薬を服用することにしました。本人に伺ったところ6年、歳を取っても腰痛はないそうです。
 昨年8月から漢方薬を服用している潰瘍性大腸炎の40代の男性は、症状と検査結果は全部正常です。漢方薬を服用する前は3年間病院の治療を受けて、5種類の薬を服用してもなかなか下痢、血便は良くならなく、2回入院と治療を受けたことがあります。毎日昼、夜に10回以上の下痢、腹痛、時々血便がありましたが、漢方薬を服用したところ徐々に改善され、今年の2月に昼は3,4回、夜は4,5回まで下痢の回数は改善され、毎日の腹痛も食事の後だけに改善されました。血便もほとんど無くなりました。今年の8月22日の本人の話によると昼の排便は2,3回、夜0回まで改善されました。11月の大腸検査、血液検査で貧血は改善され、体重は60キロ(漢方薬を服用する前は55キロで瘦せすぎ)まで増え、大腸の検査結果でも炎症は一切ないといわれたそうです。もちろん、下痢、腹痛、血便の症状も一切ありません。今日からは漢方薬を3分の2に減量して服用することにしました。

半年間の漢方で改善された60代女性のめまい・動悸・耳鳴りは再発ない

今日はとても忙しく、やはり家族の方が多いです。
例えば、昨日のブログに書いた息子さん2人が良くなって昨日から非結核性抗酸菌症のお母さんは昨日から漢方服用。今日、更に帯状疱疹で痛みが改善されないお父さんも漢方を服用。これで一家4人全員が漢方服用しています。
腎機能の患者さんが多い。その他にパーキンソン病・血小板減少性紫斑病・アトピー性など。良くなった患者さんの60代女性は5年ぶりの来店。実はこの女性のご主人は一番最初に当店の漢方を服用。末期がんで亡くなりましたが、余命の半年より三倍以上延命できました。その後、孫さんも夜尿症で当店の漢方を服用して中学校の修学旅行もできました。
この女性はご主人が亡くなった後、不安・落ち込み・めまい・動悸・耳鳴りなどの症状があり平成29年9月から当店の漢方を服用して全ての症状が改善されました。今日、約5年振りに来店。めまい・動悸・耳鳴りは全て改善され夏から不眠になって、なかなか良くならなくて、また当店の漢方を服用。話によると孫さんは大変元気で、社会人として働いているそうです。当然、夜尿症の再発もないそうです。

約一年間の漢方で38才女性は妊娠成功!!

 今日は昨日より全国からの相談の方が多かったです。
 例えば広島の40代男性、愛知県の50代女性と20代の男性親子、栃木県の20代の男性と10代の弟さんなど。
病名から言うと、難病をはじめ色々です。
非結核性抗酸菌症、自己免疫性肝炎、うつ病、統合失調症、過敏性腸症候群、慢性膵炎、緑内障、胃がん手術後、高血圧、肝機能異常、等々です。

 やはり家族の方も多かったです。
 80代女性と60代の息子さんご夫婦(最初は平成17年に息子さんが難聴やメニエール、腎臓病、胃がん等で服用を開始、平成20年3月には奥さんが白内障、緑内障などで漢方を服用開始し、平成25年からはお母さんが元気になる為の漢方を服用開始し今でも89才元気)、お母さんと息子さん2人(最初は令和元年8月に20代の長男の統合失調症の疑いの段階からの服用を開始し、他の精神疾患の症状を改善させ見事に仕事復帰、先月10月からは弟さんが皮膚疾患で両手の指や湿疹など痛くて治らない状態だったのが約一ヶ月間の漢方服用で「7割良くなった」とお母さんから言われ、今日からそのお母さんが肺疾患で漢方服用を開始します)、お母さんと娘さん2人、お父さんお母さんと息子さん娘さんの一家四人など。

 実はこの一家四人の中の38歳の娘さんが、平成26年の時に冷え性、生理痛、肩こり、帯状疱疹などで半年くらい漢方を服用したことがあり、その後結婚しなかなか妊娠できず、婦人科検査したら黄体ホルモンの低下、子宮ポリープを診断され昨年11月から婦人科の病気や症状を改善させ妊娠しやすい漢方に変えて、今年9月に妊娠成功。すぐに流産とつわり予防の漢方に切り替え、来週には妊娠5ヶ月の安定期に入ります。当然、漢方薬も継続しています。そうすると、この家系は実は5人の漢方服用になります。本人だけではなくご両親も大変喜び「漢方のおかげです。大変感謝します」と言われました。
 無事な妊娠と出産を祈ります!

10ヶ月の漢方で30代女性が自然妊娠

今日、連休明けも忙しかった。でも全国の方は少ない、東京と横浜の方だけ。

病名から言うと不妊症・腎臓病・湿疹・耳鳴り・白血病・アトピー性皮膚炎・肥大型心筋症・中耳炎など。

また、家族で当店の漢方服用している方が多い。80代のお母さんをはじめ、娘さん孫さんの2家族、お姉さんご夫婦と妹さん一家など。

漢方で改善された方の1人は、妊娠成功した30代女性です。この女性は今年1月から不妊症で漢方を服用して生理不順・生理痛・頭痛・冷え性・胃痛などの症状が改善されました。その後に卵管が閉塞していると診断され、卵管が通る漢方に変更しました。今日、本人から連絡があり、妊娠反応が陽性になり、これから病院で検査する予定だそうです。今日から流産予防の漢方に変わりまして、至急に関東圏に送ります。

無事の妊娠出産を祈ります。

約6年間の漢方薬を服用して腎機能改善されたが・・・

今日は晴れですが風が強くて寒いです。朝イチで写真の通り大失敗。両手にカバンなどの荷物が多すぎて、車のドアを開けた途端に昼食の皿が落ちて完全に割れました。ゴミとして捨てるともったいないので、肉2枚と山芋・サツマイモを洗って昼ごはんにしました。したがって、今日の昼食の量は普通の3分の1の量です。もう一つの袋に入ったザクロ・リンゴ・枝豆・むかごは無事でした。ザクロとむかごはまだまだ在庫がありますが、枝豆はもう最後です。

【割れた皿と昼食】

 

今日の患者さんのことについて、新患の方が多かったです。新患の方はやはり、ご家族や親せきが当薬局の漢方薬を服用してよくなった後に勧められる方が多いです。例えば、昨年12月にお兄さんが当薬局の漢方薬を服用して、今年の6月に一人の妹さんも当薬局の漢方薬を服用して、精神的な症状や婦人科の症状が改善されて、今日はもう一人の妹さんも漢方薬を服用します(この妹さんは5年間○○大学病院の治療を受けて症状が改善されても、また次の症状が出続けています)。

 

今日悲しい連絡があり、平成27年1月から腎機能異常で当薬局の漢方薬を服用して腎機能の検査で改善された80代後半の方が今月初めに心臓の手術をした後肺炎になって亡くなりました。約6年間漢方薬を服用して最初の漢方薬を服用する前の平成27年1月のクレアチニンは2.34でしたが、今年10月にご本人が来局されたときのクレアチニンは2.25で安定してご本人にこのまま絶対透析の心配は無いと言ったことが最後の会話でした。検査の結果がよくなった時の嬉しそうな笑顔が忘れられません。もし、腎臓を強くする漢方薬を服用していなかったら、高齢のこともあり腎機能はさらに低下して数年前に透析している可能性もあると思います。肺炎になった後、すぐに肺を強くする漢方薬を服用しましたが改善されなくてとても残念です。高齢者の方のほとんどが肺炎で亡くなることを実感しています。肺の病気が無くても、肺を強くする漢方薬を服用することは肺炎・風邪・インフルエンザ・コロナウィルス感染予防になると考えられます。最後に心よりご冥福をお祈り致します。

 

数日前のブログにも書きましたが、マスクをつけることはとても良いことです。コロナ感染予防だけではなく肺機能の低下、風邪・インフルエンザ・咳・痰など肺疾患の予防効果もあります。皆さんも街の中やテレビでユニークなマスクを沢山見かけるでしょう。これから、マスク文化・マスク芸術まで発展するかもしれません。下記の中国・韓国・ヨーロッパのマスクを鑑賞してください。

【面白いマスク】

 

 

今日から水墨画、書道と篆刻を出品した展示会が開催

今日は雨ですが、暖かいですね。今日は珍しく愛知県と千葉県の方以外は、全国からの相談は少なく新患の方が多かったです。また、不眠・不安・めまい・耳鳴り・難聴・肥満などの40~50代の方が多く、難病の方は少なかったです。新患の耳鳴りの50代の女性は病院を転々としても、多量の薬を服用しても良くならならず不眠になり、最近また心療内科の薬が増えて今は8種類の薬を服用しています。この方に当薬局の漢方薬を紹介されたのは、親戚の整形外科のお医者さんだそうです。
平成25年から漢方薬を服用しながら仕事をしているパーキンソン病の50代の女性は1年ぶりに来局されました。漢方薬を服用している間にパーキンソン病の手の震えの他にイライラ・不安・冷え・動悸・不整脈・肩こり・頭痛・不眠・疲れやすさ・倦怠感・食欲不振などの症状も改善されました。今は、病院の薬だけ服用しており、パーキンソン病の症状も全身の症状も悪化したそうで1年ぶりに漢方薬を服用することにしました。
うつ病や不眠症、腎機能異常、肝機能異常の方が漢方薬で症状や検査結果が改善した方が多かったのですが省略します。
最後に今日から仙台市内での展示会が始まりました。写真の通り水墨画だけではなく、書道と篆刻作品も出品しました。蔵王の雪景色の水墨画はなかなか上手く描けなかったのですが、書道の四文字はまあまあ良いかなと思います。篆刻の印鑑は来日20数年間の間にコツコツと彫ったものです。最新の令和の印鑑もあります。昼休みの間に会場に行ったら女性の友人と90歳のお母さん(友人の話によると89歳の誕生日をお祝いしたばかりだそうで今日から数えで90歳だそうです)が丁度会場にいました。私の作品の前で記念撮影をした後、友人のお母さんに私の作品はいかがですかと感想を伺ったら、「素晴らしい感激深い」と仰っていました。本当かお世辞かはさっぱりわかりません。時間がある方は25日まで是非、マスクを着用して消毒をして受付で体温を測って鑑賞してください。

第43回 医家芸術祭(仙台医師会主催)11月25日(水)まで(入場無料)
10時~18時(最終日は16時まで)
会場:せんだいメディアテーク5階ギャラリー
「写真」

 

 

 

漢方で自然妊娠した30代女性は来月出産予定

今日の山形は晴れ、暑いほどあたたかい。
全国から難病の方の相談が多い。山口県の突発性血小板減少紫斑病の20代男性、神奈川県のIgA腎症の40代女性、埼玉県の骨髄腫の80代男性、山形県の骨髄異形成症候群の60代女性、山形県の髄膜腫の40代女性など。

今年7月から漢方を服用している30代後半の不妊症の女性はまだ成功していませんが、今年2月から漢方を服用している30代前半の女性は4月に自然妊娠成功、その後流産やつわり予防の漢方を服用し妊娠順調。12月末に出産予定です。今日本人の話によると、赤ちゃんは2000gだそうで、あと1ヶ月で出産を考えると多分3000g超えると思います。赤ちゃんの体重が3000g以上まで成長し無事の出産を祈ります。

三ヶ月間の漢方で連続痙攣・発作の少年は修学旅行も行けた!!

 昨日18日の福島店では癌や難病の患者さんが多かったですが、一番印象深いことは子供たちの事です。
 4歳の男児、7歳の男児、11歳の男児の事。
新患の7歳の脳疾患の子の他に、4歳、11歳の子も著しく良くなっています。
特に11歳の子は数年間、〇〇大学病院の治療を受けてもどんどん悪化し食事もトイレもできない、当然学校の勉強も困難、夜寝ているときも痙攣・発作があり長くても二時間しか眠れていなかったのが、当薬局の漢方を服用している親戚の勧めで8/12から漢方薬の服用を開始しました。8/12、8/19、9/2、9/23、10/12のブログに書いた通り(この子の漢方服用の変化の詳細を知りたい方は読んでみて下さい)、当然、著しく改善され、学校はほとんど毎日行けるようになり、今日は一カ月ぶりに本人がお母さんと来局しました。一か月ぶりの様子を見ると、まずとても元気になって色々と話すようになり、ビデオも撮りましたがたまに軽い痙攣・発作が起きますが大きい発作は一切ありません。
 お母さんによると、たまに疲れて休みますが今はほとんど毎日朝8時登校して最後の3時まで学校に通い、11/5の学校での運動会で3キロのマラソンを完走、11/12~11/13には修学旅行も一切の問題なく参加できました(5年生の時は一切参加できず悔しかったと言われました)。本人に「どこに行きましたか」と聞いたら、楽しくて嬉しくて話が止まりませんでした。松島の遊覧船に乗ったり、水族館を見学したり、ホテルの料理が美味しかったり、ソーセージが長かったり、両親や兄弟のお土産を買ったり…。「おばあちゃんへのお土産は何?」と聞いたら笑いながら「忘れた」と言いました(お母さんの変わりに時々漢方薬を取りに来る時もあるし一緒に来ています)。
 来年は中学生になるので、更に良くなり、先週の月曜日のブログに書いた小学校6年生から漢方を服用し中学も3年服用、進学高校に入っても3年間服用、国立大学に入学しても4年間漢方薬を服用、そして先日は国家公務員に合格でき来年三月に卒業する発達障害と診断された男子のように、この子も高校、大学に進学できるよう期待しています!楽しみにしています!祈っています!

漢方で潰瘍性大腸炎の30代の女性は無事に出産

今日の山形は暖かい。相変わらず全国から難病の相談が多かった。突発性血小板減少性紫斑病の10代の女の子、骨髄異形成症候群の50代の男性、潰瘍性大腸炎の30代と40代の女性など。

 

実は30代と40代の潰瘍性大腸炎の女性は共に当店の漢方を服用し下痢・腹痛・血便が改善。その後妊娠しやすい漢方で共に自然妊娠成功、出産しました。

 

例えばH30年10月から血便・下痢・腹痛の潰瘍性大腸炎の30代女性は、1ヶ月後から血便が減り、昨年1月に毎日の血便から月に2~3回の血便に改善。昨年11月に全ての症状が9割改善され妊娠しやすい漢方に変え、今年1月に自然妊娠成功。その後、流産とつわり予防の漢方を服用し今年8月末元気な4000gの男の子を出産。今日本人の話によると潰瘍性大腸炎の症状は一切ないそうです。再発予防と育児の疲れ・ストレスを軽減する漢方を服用していります。