3ヶ月の可愛い女の子を抱っこ。

今日も相談の方が多かったです。毎年冬に静岡の熱海に住んでいる70代の女性、東京の70代の男性と40代の娘さん親子、千葉の50代の女性など。静岡の熱海の女性は実は北海道に住んでいますが毎年冬は一時的に熱海に住んでいます。11月初めに熱海に来て2週間自分の部屋で自主的に隔離されていたようです。12月末に施設の中に二人のコロナ感染者が出て一応全員PCR検査を受けて全員陰性でした。しかし、水曜日に普段36.1度の体温が段々と上がり朝は36.5度、昼は36.8度、夕方には37.1度まで上がったそうです。施設から37.5度以上になったら連絡を下さいと言われていたので不安で困って当薬局に相談したそうです。私からコロナ感染の陰性陽性は別として早く肺を強くして肺炎を予防する漢方薬を服用したほうがいいと言ったところ、「早く送って下さい。明日届きますか?」と言われました。実はこの方は新型肝炎、慢性胃炎、肝機能腎機能異常で平成20年12月から当薬局の漢方薬を服用していて今は検査結果が良くてとても元気です。

ところで、今日元気な3ヶ月の女の子の赤ちゃんを抱っこしました。この赤ちゃんのお母さんは当薬局の漢方薬を服用して妊娠に成功した方です。この30代の女性は子宮内膜症、チョコレート膿腫、生理不順、生理痛、冷え、浮腫み、頭痛、腹痛、胃痛などの症状があり2019年6月から当薬局の婦人科の病気を改善し、妊娠しやすく全身の症状を改善する漢方薬を服用して様々な症状が改善されただけではなく漢方薬を服用する前の2019年4月の検査の際、卵巣チョコレート膿腫が5.4㎝だったのが10月の検査で2.9㎝まで小さくなり、その後、卵子の質を高め妊娠しやすい漢方に変えて昨年2月に妊娠成功しました。妊娠中も流産予防の漢方を服用して順調に過ごされて昨年10月に元気な2600gの女の子を出産しました。今日はご夫婦で赤ちゃんを連れて来局しました。花粉症や目の症状を改善する漢方薬と婦人科の病気を予防して第2子妊娠の為の漢方薬を服用することにしました。

最後に肥満の方や食生活が良くない方を説教する為に私の今日のお弁当を公開します。写真の通り今日の料理はもやし炒め(キノコ1種類、ニラと唐辛子、豚肉)、野菜炒め(ほうれん草、チンゲン菜、セロリ、キノコ)と主食(水餃子とムカゴとナツメ2つ)、フルーツは写真の通りリンゴ6分の1、ラフランス5分の1、グレープフルーツ8分の1をうまく組み合わせしました。とても美味しかったです。昨日の40代の新患の女性にも言ったのですが、出来るだけ毎日少量でたくさんの種類や違う物を食べ、1つの食品は根っこも皮も種も花も実も丸ごと食べる。出来るだけ今まで食べたことのない物や苦手な物を食べたり色や味が違う物を食べることが大切です。ちなみに長芋の種のムカゴの在庫はもう僅かです。来年の秋にまた県北の患者さんから一杯頂くことを楽しみにしています。

[写真]

 

漢方のウレイジンで受験生は元気になって集中力が高まった

今日は難病の方が多いです。潰瘍性大腸炎で毎日お腹が痛い60代の男性(先月から漢方薬を服用して便は少し改善されていますが、腹痛はまだ変化がないので漢方薬を煎じる時、2~3枚のショウガのスライスを入れるように話しました。来月は腹痛も多分軽くなると思います)や、難病の多系統萎縮症の60代の女性(平成28年10月当時50代の時から漢方薬を服用していますが、症状が進行して車いすから寝たきりになっています。ご本人だけではなく一生懸命看病をして4年間漢方薬を作ってくれているご主人と娘さんに大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。やはり、漢方薬の限界もあります。しかし、進行を遅らせたり様々な合併症に効果があるはずと思います)、もう一人の40代の女性は難病ではありませんが目の奥が痛くて開けられない、呼吸も苦しく大学病院の治療を受けてもなかなか良くならず、昨年10月から漢方薬を服用していますが、まだ効果は現れていません。ご本人は焦っていますが、私も当然焦っています。他に治療方法がないので、ご本人は頑張って漢方薬を続けるつもりです。早く症状が改善することを祈ります。

 

よくなった方もたくさんいます。奥さんが毎日酷い頭痛で、ご主人は乳がん手術後リンパ転移で平成29年から漢方薬を服用している70代のご夫婦は、ともに検査結果が良く、ご主人のガンの再発・転移もなく、奥さんの頭痛も天気が悪い日以外は一切なくなり喜んでいます。今は主に健康維持のために漢方薬を継続しています。

また、ちょうど1年前から不安・不眠・妄想で漢方薬を服用している30代の男性は、不安・妄想・不眠が改善されただけではなく、飼っている高齢の猫に最近漢方薬を少し飲ませたら、なんと元気になったと言われました。

 

白アリの巣から成長したキノコで中国厚生省が第一級漢方薬と認定したウレイジン(雷震子)について、12月19日のブログに詳しく書きました。その日からウレイジンを服用している受験生の女の子のお母さんから喜んで報告があり、いつも夕方になると勉強の疲れで元気がなく眠くなっていましたが、ウレイジンを服用して約1ヶ月で夕方も元気になって夜の勉強も集中できるようになってあまり疲れがみられなくなったと言われました。

ウレイジンの成分、効能について今日は書きません。興味がある方は12月19日のブログをご覧になってみてください。

初めて蔵王の樹氷をみた

今日は仙台も山形もいい天気であたたかいです。
患者さんのことについて、鬱病、パニック、不眠症の方が多かった。例えば半年前から不安・不眠・落ち込むなどで仕事を休んでいる20代女性は、当店の漢方で改善したいと来店。頭痛の80代男性も病院の鎮痛剤を服用しても良くならず、以前当店の漢方を服用したことがあり今日からまた漢方を服用します。

ところでとてもいい天気で朝早く山形蔵王へ行きました。往復1時間ロープウェイに乗り初めて蔵王の樹氷をみました。今年は雪が多くて写真の通りとても綺麗でした。

<写真>

9ヶ月間の方で潰瘍性大腸炎の60代男性の症状が9割改善!

 今日は大寒で、とても寒いですが良い天気でした。写真は撮っていませんが、福島中央郵便局の紅梅は蕾が大きくなっていて、そろそろ咲きそうです。来週、写真を撮ります!

 今日の患者さんについて、やはり難病や家族ぐるみの方が多かったです。
例えば脊髄空洞症の女性、頸椎後縦靭帯骨化症の70代男性、潰瘍性大腸炎の60代男性、パーキンソン病の80代女性、肥大型心筋症の60代女性などなど。
ご夫婦や親子の他に、60代の女性は娘さん2人、息子さん一人、二歳のお孫さん、80代のお母さんも漢方薬を服用し合わせて4代6人が服用してくれています。

 良くなった患者さんの一人は、60代の潰瘍性大腸炎の男性で、病院の治療を受けても毎日の下痢が7回以上、毎回血便でした。昨年4月から奥さんの勧めで当薬局の漢方を服用開始し、一ヶ月後には効果が出て下痢は3~4回にまで改善、血便も少なくなりました。今日の本人によると、昨年の末の大腸検査で潰瘍出血が無くなり、毎日一回(たまに3回の時もある)の排便がありますが、下痢や腹痛、血便は一切なくなりました。今は糖尿病と目の網膜炎の漢方に切り替えて服用を継続しています。もちろん、体質を考慮しながらです。

漢方で未分化多形肉腫の少年は再発なし

今日の山形は雪が多かった。特に山道は真っ白。
患者さんのことについて、遠方の方が多い。広島、奈良、大阪、静岡、東京など。病名については鬱や頭痛、婦人科の病気、癌の他に難病の方が多い。網膜色素変性症、血小板減少性紫斑病、潰瘍性大腸炎、肥大型心筋症など。

良くなった方の1人は10代の少年。この少年は当店の漢方を服用して良くなった京都の方の紹介です。H29年6月、未分化多形肉腫の手術した後に再発しやすいと言われましたが抗がん剤の効果もなく、京都の友人の紹介でH29年9月から当店の煎じの漢方を服用以来3年半の今日まで再発・転移一切ありません。元気で学校生活を送っています。本人とご家族はとても喜んでいます。もちろん私も大変嬉しいです。京都経由で1回も会ったことのない大阪のこの少年と縁があることが大変嬉しくご縁があるのかなと思います。これからもこの少年の健康を守りたいです。

漢方で統合失調症の30代男性の症状は全部改善!

 今日は腎臓病と肺の難病の方が多かったです。
 IgA腎症の40代女性、慢性腎炎の60代女性、糖尿病腎症の60代男性、腎臓がん手術後の70代男性、非結核性抗酸菌症の50代女性、間質性肺炎の70代男性などなど。

 肺を強くする漢方で肺の難病の方の咳痰や息苦しさ、息切れなどの症状が改善した、と全員効果を感じていましたが、腎臓の病気の方の検査結果からみると2勝2敗でした。
 福島市内の二人の12月と1月の腎機能検査結果は良くなりましたが関東圏の二人は最近の検査結果は共に悪化していました。なぜかなと思いますが東京のコロナ感染拡大の長期間の影響で運動不足、不良食生活、ストレス増え等が原因かと考えられます。

 良くなった方の一人は、30代の統合失調症の男性です。
 今日から更に漢方薬を3分の1に減量しました。この男性は大学を卒業して就職後に不安、妄想、幻覚等の症状があり、心療内科で統合失調症と診断され、3種類の薬を服用しても、入院治療しても良くならず、平成30年11月から当薬局の漢方薬を服用開始しました。
 3ケ月後にはイライラ、不安、不眠の症状が良くなり、睡眠薬と安定剤を止めました。やがて診療内科の薬を1種類、一日1錠だけ服用。
 約半年後には妄想、幻聴の症状も改善して、漢方薬を三分の一減量して服用しています。
 今日のお母さんの話によると今、症状は一切なく、毎日元気で希望の国家資格を合格するために頑張って勉強しています。
 今日からさらに漢方薬を三分の一に減量しました。

内臓を強くする漢方で肝機能・喘息などが改善された方が多かった

まず、ご心配をおかけした目の内出血はどんどん良くなっています。スタッフから「こんなに早く良くるなんて、どんな漢方薬を服用したんですか?」と聞かれて、お血を改善して血流を良くする『田七人参』を1日2回飲んだと答えました。月曜日、福島に出勤したとき多分完全に内出血は無くなって、パンダの目から侯の目に戻っていると思います。

 

今日は暖かくて遠方の方は少ないですが、市内・県内・新患やフリーの方が多かったです。

病名からいうと網膜剥離の50代の男性、喘息の40代の男性、湿疹の30代の女性、慢性腎臓病の50代の女性、心筋梗塞・糖尿病・肝機能異常の50代の男性、アトピー性皮膚炎の40代の女性、肥大型心筋症の70代の女性、IgA腎症の40代の男性、不妊症の30代の女性、肝機能異常の70代の女性など。

一人の喘息の60代の女性は、20年前から喘息治療をずっと受けていて今は7種類の薬を服用していますが、だんだん症状が悪化して様々な副作用も出ています。もう一人のリウマチの50代の女性は、8年前から治療を受けていますが化学物質過敏症があり、副作用が強くて西洋の治療をやめて漢方薬を数年間服用しましたが効果が無く、当薬局に来局されました。

 

良くなった患者さんもたくさんいます。例えば慢性胃炎・逆流性食道炎の50代の男性は、昨年10月から胃腸・消化機能を高める漢方薬を服用して、ゲップ・胃のもたれ・胃酸の逆流の症状は著しく改善されました。

また、昨年5月から喘息で漢方薬を服用している40代の男性は、3カ月間漢方薬を服用して喘息の症状は7割改善され、今は季節の変わり目や風邪の時だけ漢方薬を服用しています。例えば、昨年8月29日に2週間分の漢方薬を服用、また昨年11月27日に2週間分を服用、今日また2週間分の漢方薬をお持ちになりました。

50代からずっと肝機能異常の70代の女性は、平成30年8月から漢方薬を服用して昨年2月の検査で肝機能は約20年ぶりに初めて改善されました。今日、ご本人がお持ちになった昨年12月の検査結果は肝機能が全て正常になって大変喜んでいます。

 

残念ですが、妊娠成功にはなりませんでしたが40代近い女性は、漢方薬を服用して子宮・卵巣機能と卵子の質が改善され、昨年とても良い質の卵子が採れたそうです。12月末に受精卵を移植して着床しましたが、育たなかったそうです。でも、間違いなく漢方の効果は現れていると思います。

ところで、コロナの感染者はどんどん増えています。緊急事態宣言をして一定の効果はあると思いますが、なかなか制圧できないと思います。なぜなら、例えば友人の○○大学の感染した一人の学生さんは、症状が出た後PCR検査を受けるまでなんと5日間待ったそうです。症状が出る前に実家や研究室にクラスターが発生している可能性は十分考えられます。彼のPCR結果が出て陽性と診断されるまでの間に、彼からの感染者、そのまた感染者が出て広がっている可能性は高いでしょう。朝、アメリカの時間に合わせてロサンゼルスとテネシーに住んでいる友人2人に電話したら、ロサンゼルスの2万5千人の人口の都市に住んでいる友人から感染者が1千人超えていると聞きました。またテネシーの友人の話では、彼の同じ大学の友人の60代の男性は、コロナに感染した看護師の奥さんから感染して昨日亡くなったそうで、今日は中国の友人たちが彼のためにオンライン葬儀をするそうです。15~6年前にテネシーに行ったとき、忘れてしまいましたがこの友人の友人と会ったかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

婦人科で2回手術をして漢方薬を服用した40代の女性が出産したお子さんは元気です。

皆様お久しぶりです。10日の日に雪の坂道で転んで左目の下を打撲、内出血により12日から14日まで休んでいました。当時の状況を再現すると坂道を上がった所に氷があり足元が滑り、倒れそうになって左側の手すりを掴もうとしましたが間に合わず、ポールにぶつかってしまいました。お知らせもせずブログも更新できなく皆様に大変ご心配をお掛けしたことをお詫びいたします。写真の通り視力には一切影響がなく他のところも骨折がなく良かったなと思います。もし、1~2㎝上だったら丁度眼球の所で失明の可能性もあったかもしれません。また、いつもみんなから私の目が小さいと言われるのですが、もし目が大きかったら眼球に丁度当たって伊達政宗のように独眼竜になるところでした。そういう意味では小さい目で良かったと思います。今日からは通常通り出勤出来て大変嬉しいです。
患者さんのことについてですが、3日間の休んだことは大変影響が大きいです。福島店と山形店の患者さんは来週に変更して頂き、今日は電話、メール相談の方も多く全国各地からの相談も多かったです。一番遠い方は熊本県の80代のパーキンソン病の男性でした。他に愛知県の80代の乳がんの女性、兵庫県の40代のIga腎症の女性、神奈川県の多発性骨髄腫の50代の男性など難病の方も多かったです。潰瘍性大腸炎の50代の女性、網膜色素変性症の50代の男性、自己免疫性肝炎の40代の女性などもいました。他に癌や不妊症の女性も多かったです。
以前、当薬局の漢方薬を服用して出産され元気な息子さんと共に漢方薬を服用している40代の女性は実は婦人科の卵巣の腫瘍の手術をして妊娠はなかなか難しいと言われましたが2013年1月から約2年間漢方薬を服用して妊娠に成功、2015年7月に体重3400gの元気な息子さんが産まれました。その後、ご主人の転勤により引っ越されましたが昨年1月からまた本人の免疫力を高めがん再発予防、花粉症改善などの漢方薬を服用しています。5歳の息子さんも当薬局の漢方薬と縁があり咳、鼻水、風邪を引きやすいなどの症状を改善する漢方薬を嫌がることもなく服用しています。
ところで目の病気のご主人と離れて住んでいるアトピー性皮膚炎の20代の息子さんと目の病気と症状で服用している50代の女性から1年間息子さんが漢方薬を服用してもまだ良くならないと言われて他店舗のこの女性の息子さんの相談カードを見たら昨年7月から漢方薬を服用していませんでした。その事をこの女性に言ったら女性から今も漢方薬を服用しているし、しかも毎月漢方薬代を息子さんに送っていると言われました。息子さんの噓がばれたかもと思いました。今晩この女性から電話で息子さんは間違いなく叱られるでしょう。
最後に皆さんに心配を掛けないために怪我した写真を公開します。熊の目みたいでしょうか?パンダの目みたいでしょうか?どちらにしても間違いなく目が小さいです。
[写真]

 

安心!侯先生は生きている☆彡

※調査員の福島店スタッフよりブログを更新します。

 今週火曜日から、侯先生はどこの店舗にも出勤していません。
皆さんには知らせていなかったので(ブログを書いていないこともあり)、沢山の方々から心配の声やメールをいただきました。スタッフ達も詳細の詳細までは知りませんでした。
予約を移動してもらった患者さんをはじめ(侯先生をご指名)、即対応ができない方など大変失礼いたしました。。。

 実は生きています。いや、生きていました。
たった2日なのに「無事か?」「病気?」「計画的?」「事故?」等々、本当に沢山方々からの安否を問われましたが…12日~14日まで休み、15日(金)から復帰予定です!

 …なぜ急きょ休んだかというと、実は雪道で転んで左目の所を怪我してしまったそうで、「直ぐに手が出ず、、、」と言っていましたが、老いを感じた様です。
先ほどの情報によると「左目の所はまだ内出血があり、熊かパンダみたいですが視力に影響はない」と言っていました。ですから調子に乗って「写真をお願いします、載せましょう!」と言ってみたら、そこは少年の様に恥ずかしがって断られました(-_-;)

 従って、明日から侯先生がブログを更新するそうです。
それまで、しばしお待ちくださいませ。
よろしくお願いいたしますm(__)m

連休中のコロナ感染対策を万全に!

今日のブログは疲れたので休みます・・・。長い連休の後、あまりブログを書いていないのに、大変申し訳ないと思います。今日から3連休の方がいらっしゃいますが、連日コロナの感染者がどんどん増えていることをとても心配しています。やはりできるだけ外出しないで、人が多い所には行かないで欲しいです。もし、どうしても外に行きたいときは公園や山など自然の場所に行ってください。

ところで、昨日の夜中国の友人のお医者さんご夫婦に新年のあいさつでテレビ電話をしたら、やはり日本のコロナの感染拡大をとても気にして心配してくれました。ご存知の通り、今中国では1か所感染者が出たら町や市の全員がPCR検査を受けられるだけではなく、友人の話によると努めている病院ではスタッフ全員が週に2回無料でPCR検査を受けているそうです。日本ではなかなかできないかなあ・・・。できればいいなあ。