1週間の漢方薬の足湯で2,30年前からの酷い手足のしもやけが著しく改善

昼過ぎから仙台は吹雪です。雪は強くないですが風が強くて寒かったです。
患者さんの事についてですが超高齢者の方、長く当薬局の漢方薬を服用している方、家族数人、数代で漢方薬を服用している方も多かったです。平成14年9月から当時ご夫婦共に漢方薬を服用している88歳の女性は自分で車を運転して来局されました。6年前にご主人は肺炎で亡くなりましたが今本人は時々逆流性食道炎、関節痛、湿疹、便秘などの漢方薬を服用しています。お医者さんである弟さんの指導で病院の薬を一杯服用していますが、慢性心不全が悪化して昨年12月24日の血液検査で心不全のBNPは617.8から1月26日の2453と正常値の125以下より2倍上がり悪化しました。やはり当薬局の漢方薬に頼るしかないと仰っていました。もう一人の超高齢者の方は90歳の男性で平成16年12月から当時先に当薬局の漢方薬を服用していた奥さんと娘さんの勧めで動悸、不整脈、高血圧の漢方をずっと服用していました。数年前に奥さんが亡くなって漢方薬を中断しましたが1年前に帯状疱疹になり、また昨年春に浮腫みが酷く肺に水が溜まって慢性心不全と診断され病院の薬を一杯飲んでいますが、やはり良くならず1月4日の検査で慢性心不全のBNPは昨年12月7日の7675から1月4日の9670まで悪化しました。歩くのも大変で息切れ、動悸の症状があり来局されました。全て心臓、肺、腎臓を強くする漢方薬で慢性心不全を改善することを期待しています。
もう一人の超高齢者(実はこの方の相談カードに年齢の記入がなかったのですが私の推定では間違いなく80代以上だと思います。次回は確認しますね。)の女性は2、30年前から11月15日前後になると必ず手足にしもやけができた紫色になったり化膿したり痒くて痛くて家事や歩くのも大変だったそうです。今まで4軒の病院や最近では○○大学病院の口服用の薬や塗り薬でも良くなりませんでした。友人の紹介で1月23日から当薬局の漢方を煮出した液体で手足湯をしたところ「たった1週間でこんなに手足の紫色や腫れが良くなりました」と言いながら手を見せて喜んでいました。1月23日の時は両手足の写真を撮らなくて今日と比べられないですが本人の笑顔を見ると絶対良くなっているはずだと思います。毎年11月15日頃発症するので本人に毎年10月中旬から漢方薬を服用してください。くれぐれも忘れないで下さいと言いましたが、更に忘れない為にスタッフの一人に10月に入ったらこの方に電話を入れて下さいと言いました。でも8ヶ月後のことなのでスタッフも忘れるかもと心配していました。
その他に腎臓の難病の娘さんと50代のご夫婦や高齢のご両親と50代のご夫婦4人や最初平成14年から酷い皮膚病で漢方薬を服用している女性とお姉さんの子ども2人と最近癌で漢方薬を服用している80代のお父さんなど皆さん長く家族数人で漢方薬を服用している方などがいました。
最後に1枚写真を載せます。私とスタッフ二人は90歳の慢性心不全の男性を支えてタクシーに乗ったのですが、この男性を支えながら亡くなった父を思い出し、また2年会ってない母の事も思い出しました。2週間後の2月11日は中国の旧正月の大晦日でやはり帰りたい母と一緒に正月を過ごしたいと思いましたがコロナの影響でなかなか帰れません。一枚の写真では寂しいのでネットTVで勉強した中国の漢方講座の写真を載せます。漢字の意味は分からないかも知れませんが週末、ほんの少し楽しんで下さい。

[写真]

 

癌の患者さんが多い、骨髄異形成症候群の症例を思い出す、鼻づまりの漢方で聴力回復

 1月11日の祝日後の私の人身事故の無断欠勤に続いて、今週の月曜日・火曜日の臨時休業でブログも書かなかったので、またみなさんにご心配をおかけしました。大変申し訳ないと思います。水曜日と木曜日の福島・山形の方にも聞かれましたし、今日仙台の方からも私がコロナに感染して薬局を封鎖したと思った・・・と言われました。当然、私もスタッフ達もコロナに感染していませんし薬局も封鎖していません。でも、コロナに感染しないように臨時休業の対策をとりました。これから、少なくともブログにできるだけ私の行動と詳細を書くように心がけます。

 今日の患者さんのことについて、癌の方が多いです。多発性骨髄腫の60代の男性(平成30年6月から漢方薬を服用、今再発転移はありません)、前立腺がん肺・骨転移の80代の男性(令和2年5月から漢方薬を服用、今再発転移はありません)、膀胱がん手術後再発してまた手術した後に漢方薬を服用している80代の男性(平成29年1月から漢方薬を服用して、今再発転移はありません)、子宮体がん手術後卵巣転移でまた手術した後に肺に転移した50代の女性(平成26年6月から漢方薬を服用して昨年12月のCT検査で癌はなくなり新しい再発転移はありません)、胆管がん手術できないと言われて腹水・黄疸・肝機能異常の70代の男性(昨年10月から漢方薬を服用して、今日奥さんから最新の検査結果を送ってくれて、黄疸と腹水は改善されて、食欲も出てさらに検査結果でも肝機能・腎機能・貧血・炎症反応が改善されています。ご家族も喜んでいます)

 ところで、午後仕事中に突然大阪にいる友人から連絡があり、彼の合同研究者の一人の○○医科大学の医学部の教授が、骨髄の難病の骨髄異形成症候群と診断され、治療について大変落ち込んでいると聞きました。ご自身はあまり効果が無くて副作用が強い化学療法しかないと思っているそうです。友人から薬局の患者さんの中にこのような症例があるかと聞かれて、すぐに3名の方を思い出して、急いで学会発表のような概要をまとめて友人に送りました。友人の返事は、一文字で「好!」(良し!の意味)でした。当然、この教授がもし当薬局の漢方薬を服用したら全力で処方を考えます。

 朝も6時から漢方の勉強をしました。今日勉強した内容は、風邪の後の様々な症状がある60代の女性が中国で有名な漢方医が処方した漢方煎じ薬を3日間服用して、なんと30年前のメニエール病を発症したときの完全に聞こえなくなった左耳の聴力が一瞬にしてボンっという音の後に聞こえるようになったそうです。では、なぜ風邪の漢方薬で聴力が回復したのかというと、漢方医学では耳・鼻・目は「五●」(●の漢字が日本語で出せないですが、穴の意味です)といって耳・鼻・目はすべてつながっていて、特に耳と鼻はさらに近くを通っていると考えられています。この症例の鼻づまりを改善する漢方薬で、奇跡のように聴力も戻りました。西洋医学では考えられないことでしょう。実は、この漢方医は問診の時、オンラインで問診していて患者さんが30年前に聴力を失ったことは知りませんでした。

3ヶ月間の漢方服用で20代男性の指湿疹が著しく改善

2回目のブログです!
このタイトルの通り、20代男性の指湿疹は皮膚科の治療で一時的に良くなっても日が経つとまた繰り返す、という状態でした。当薬局の漢方薬を服用しているお兄さんの紹介で始まり、今ではご両親も服用してくれています。
今日、写真を送ってきてくれたので、この改善ぶりにとても嬉しくなり、ブログに載せたくて至りました。

漢方を服用前

服用一ヶ月後

服用二ヶ月後

服用三ヶ月後(最新)

漢方で2回流産の40代女性の妊娠は順調

まず、昨日のブログの最初の3日間休み家から出ない事について訂正します。実は日曜日に仙台の市民センターで講座があり、すっかり忘れていました。この市民センターで2年前に1回漢方の講座を開催しました。今回は美術と水墨画好きの館長さんの計画でコロナ感染対策の厳しい時期に少人数、きちんと喚起、ソーシャルディスタンス、消毒など対策を取り水墨画講座を開催しました。今度の日曜日の2回目で終了です。

今日の患者さんについて。最高齢は86歳男性で車で元気に来店。平成29年11月から漢方を服用して、最初の皮膚病、湿伸と痒みが完全に良くなって、今は高血圧、糖尿病で合併症予防の為に漢方服用を継続しています。

一番嬉しい患者さんの頃は、昨年7月から漢方を服用している40代(当時30代)の女性。2回流産、子宮筋腫で不妊治療を繰り返し失敗したことがあり、漢方で不眠、不安、冷えなどの症状が改善されました。1月7日に自然妊娠に成功。すぐ流産予防の漢方に変わって、今日本人の話によると、毎週の婦人科の検査で出血や流産も無く、順調に8週目になりました。当然、これからまた油断出来ないですが、きちんと流産予防の漢方を服用すれば、絶対流産予防になると思います。順調な妊娠と無事の出産を祈ります。

ところで、昨年6月から漢方を服用している、両手が頑固な湿疹で痒みの60代男性は一生懸命漢方を服用しているのになかなか効果が表れない。大変申し訳なく思います。もう少し続けて今年4月から5月くらいに効果が出ると考えられます。やはり個人差があり、漢方の他にストレスなど関係あると思います。例えば、この男性に確認したら、あまり水分を取らない、トイレに行く回数も少ない、体重もオーバーしています。実は今日、わずか3ヶ月で指の湿疹炎症が著しく改善された例があります。福島店の症例です。今日のブログは珍しく2回載せます。

漢方で60代肝機能異常の方、30代の腎機能異常の方の検査結果が良くなった!

 24日の日曜日はもちろん、まず、25(月)26日(火)のブログは更新しなかったので、また私のことを心配されたが結構いましたが…実はコロナの感染の心配で当薬局は2日間臨時休業をしました。皆様にご心配をかけましたこと、お詫び申し上げます。

 今日は連休明けのように全国からメールと電話相談の方が多かったです。
広島の子供、静岡の漢方で元気な子供を出産した30代女性、大阪の50代男性、東京の60代女性、埼玉の20代の女性、札幌の30代男性など。
また、やはり難病と癌の方が多かったです。
IgA腎症、網膜色素変性症、潰瘍性大腸炎、甲状腺腫瘍、乳がん、すい臓がん、前立腺がん、胃がん、肺がんなどなど。

 本日、一番高齢の方は自転車で来局した89才の高血圧、頻尿、冷え症の男性でした。
また、冬かコロナの悪影響か半年~数年前より体重増の方が多かったです。
66㎏の60代の女性は69kg、60kgの70代の男性は68kg、80kgの60代の男性は83kg、63kgの50代の女性は66kgになりました。話によると食事もあまり食べてないし、運動もしてますし、、、云々…。。そうするとコロナのせいしかないかな!

 漢方で肝機能、腎機能、造血機能などの検査結果が良くなった方や様々な症状を改善された方が多かったです。
例えば、肝機能異常、脂肪肝の60代男性は昨年5月の検査でGOTは50、GPTは59で、昨年6月から肝臓を強める漢方薬を服用して、半年後の昨年12月18日の検査でGOT42、GPT45まで改善し、常値まであと少しです。
 昨年10月26日の検査でクレアチニン2.68のIGA腎症の30代男性は腎臓を強くする漢方で今年1月25日の検査でクレアチニンが2.25にまで改善されました。
また、耳鳴り・難聴の60代男性と動悸・不安感・不眠・眩暈の60代女性ご夫婦の様々の症状を改善されたや脳腫瘍を手術後に認知機能が低下で生活面で色んな事が出来なかった80代男性は、歩くのも散歩も旅行も家の家事も読書もできるようになりました。
 また、20代の自閉症の男性のお母さんによると、漢方で更に様々な症状が改善され、暴れる事、物を壊すこと、汚物で汚すことが最近ほとんど見られずお母さんのストレスが大変解消されたと言われました。

 日曜日から私にとって珍しい3連休でしたが、コロナ感染予防の為だし寒いし…で家から一切出ませんでした。何をしたか…写真の通り、水墨画を描いたり書を書いたり漢方の勉強をしました(写真1枚目は家にある2年生のシクラメンを描きました。ちなみにシクラメンの中国語の名前は「仙客来」で私の故郷の山東省青洲市の市の花です。写真2枚目の書は1942年に亡くなった中国で有名な画家・書道家・音楽家・劇作家で日本に留学したこともある有名なお坊さんの李叔同(僧名は弘一法師)が亡くなる数日前に書いた4文字の書(以前みたことがあり)の暗記していたものを書きました。最後の2枚写真は昨夜の10時まで勉強した漢方の筆で書いたノートで漢方薬の「大黄の効能」です)。

3ヶ月の可愛い女の子を抱っこ。

今日も相談の方が多かったです。毎年冬に静岡の熱海に住んでいる70代の女性、東京の70代の男性と40代の娘さん親子、千葉の50代の女性など。静岡の熱海の女性は実は北海道に住んでいますが毎年冬は一時的に熱海に住んでいます。11月初めに熱海に来て2週間自分の部屋で自主的に隔離されていたようです。12月末に施設の中に二人のコロナ感染者が出て一応全員PCR検査を受けて全員陰性でした。しかし、水曜日に普段36.1度の体温が段々と上がり朝は36.5度、昼は36.8度、夕方には37.1度まで上がったそうです。施設から37.5度以上になったら連絡を下さいと言われていたので不安で困って当薬局に相談したそうです。私からコロナ感染の陰性陽性は別として早く肺を強くして肺炎を予防する漢方薬を服用したほうがいいと言ったところ、「早く送って下さい。明日届きますか?」と言われました。実はこの方は新型肝炎、慢性胃炎、肝機能腎機能異常で平成20年12月から当薬局の漢方薬を服用していて今は検査結果が良くてとても元気です。

ところで、今日元気な3ヶ月の女の子の赤ちゃんを抱っこしました。この赤ちゃんのお母さんは当薬局の漢方薬を服用して妊娠に成功した方です。この30代の女性は子宮内膜症、チョコレート膿腫、生理不順、生理痛、冷え、浮腫み、頭痛、腹痛、胃痛などの症状があり2019年6月から当薬局の婦人科の病気を改善し、妊娠しやすく全身の症状を改善する漢方薬を服用して様々な症状が改善されただけではなく漢方薬を服用する前の2019年4月の検査の際、卵巣チョコレート膿腫が5.4㎝だったのが10月の検査で2.9㎝まで小さくなり、その後、卵子の質を高め妊娠しやすい漢方に変えて昨年2月に妊娠成功しました。妊娠中も流産予防の漢方を服用して順調に過ごされて昨年10月に元気な2600gの女の子を出産しました。今日はご夫婦で赤ちゃんを連れて来局しました。花粉症や目の症状を改善する漢方薬と婦人科の病気を予防して第2子妊娠の為の漢方薬を服用することにしました。

最後に肥満の方や食生活が良くない方を説教する為に私の今日のお弁当を公開します。写真の通り今日の料理はもやし炒め(キノコ1種類、ニラと唐辛子、豚肉)、野菜炒め(ほうれん草、チンゲン菜、セロリ、キノコ)と主食(水餃子とムカゴとナツメ2つ)、フルーツは写真の通りリンゴ6分の1、ラフランス5分の1、グレープフルーツ8分の1をうまく組み合わせしました。とても美味しかったです。昨日の40代の新患の女性にも言ったのですが、出来るだけ毎日少量でたくさんの種類や違う物を食べ、1つの食品は根っこも皮も種も花も実も丸ごと食べる。出来るだけ今まで食べたことのない物や苦手な物を食べたり色や味が違う物を食べることが大切です。ちなみに長芋の種のムカゴの在庫はもう僅かです。来年の秋にまた県北の患者さんから一杯頂くことを楽しみにしています。

[写真]

 

漢方のウレイジンで受験生は元気になって集中力が高まった

今日は難病の方が多いです。潰瘍性大腸炎で毎日お腹が痛い60代の男性(先月から漢方薬を服用して便は少し改善されていますが、腹痛はまだ変化がないので漢方薬を煎じる時、2~3枚のショウガのスライスを入れるように話しました。来月は腹痛も多分軽くなると思います)や、難病の多系統萎縮症の60代の女性(平成28年10月当時50代の時から漢方薬を服用していますが、症状が進行して車いすから寝たきりになっています。ご本人だけではなく一生懸命看病をして4年間漢方薬を作ってくれているご主人と娘さんに大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。やはり、漢方薬の限界もあります。しかし、進行を遅らせたり様々な合併症に効果があるはずと思います)、もう一人の40代の女性は難病ではありませんが目の奥が痛くて開けられない、呼吸も苦しく大学病院の治療を受けてもなかなか良くならず、昨年10月から漢方薬を服用していますが、まだ効果は現れていません。ご本人は焦っていますが、私も当然焦っています。他に治療方法がないので、ご本人は頑張って漢方薬を続けるつもりです。早く症状が改善することを祈ります。

 

よくなった方もたくさんいます。奥さんが毎日酷い頭痛で、ご主人は乳がん手術後リンパ転移で平成29年から漢方薬を服用している70代のご夫婦は、ともに検査結果が良く、ご主人のガンの再発・転移もなく、奥さんの頭痛も天気が悪い日以外は一切なくなり喜んでいます。今は主に健康維持のために漢方薬を継続しています。

また、ちょうど1年前から不安・不眠・妄想で漢方薬を服用している30代の男性は、不安・妄想・不眠が改善されただけではなく、飼っている高齢の猫に最近漢方薬を少し飲ませたら、なんと元気になったと言われました。

 

白アリの巣から成長したキノコで中国厚生省が第一級漢方薬と認定したウレイジン(雷震子)について、12月19日のブログに詳しく書きました。その日からウレイジンを服用している受験生の女の子のお母さんから喜んで報告があり、いつも夕方になると勉強の疲れで元気がなく眠くなっていましたが、ウレイジンを服用して約1ヶ月で夕方も元気になって夜の勉強も集中できるようになってあまり疲れがみられなくなったと言われました。

ウレイジンの成分、効能について今日は書きません。興味がある方は12月19日のブログをご覧になってみてください。

初めて蔵王の樹氷をみた

今日は仙台も山形もいい天気であたたかいです。
患者さんのことについて、鬱病、パニック、不眠症の方が多かった。例えば半年前から不安・不眠・落ち込むなどで仕事を休んでいる20代女性は、当店の漢方で改善したいと来店。頭痛の80代男性も病院の鎮痛剤を服用しても良くならず、以前当店の漢方を服用したことがあり今日からまた漢方を服用します。

ところでとてもいい天気で朝早く山形蔵王へ行きました。往復1時間ロープウェイに乗り初めて蔵王の樹氷をみました。今年は雪が多くて写真の通りとても綺麗でした。

<写真>

9ヶ月間の方で潰瘍性大腸炎の60代男性の症状が9割改善!

 今日は大寒で、とても寒いですが良い天気でした。写真は撮っていませんが、福島中央郵便局の紅梅は蕾が大きくなっていて、そろそろ咲きそうです。来週、写真を撮ります!

 今日の患者さんについて、やはり難病や家族ぐるみの方が多かったです。
例えば脊髄空洞症の女性、頸椎後縦靭帯骨化症の70代男性、潰瘍性大腸炎の60代男性、パーキンソン病の80代女性、肥大型心筋症の60代女性などなど。
ご夫婦や親子の他に、60代の女性は娘さん2人、息子さん一人、二歳のお孫さん、80代のお母さんも漢方薬を服用し合わせて4代6人が服用してくれています。

 良くなった患者さんの一人は、60代の潰瘍性大腸炎の男性で、病院の治療を受けても毎日の下痢が7回以上、毎回血便でした。昨年4月から奥さんの勧めで当薬局の漢方を服用開始し、一ヶ月後には効果が出て下痢は3~4回にまで改善、血便も少なくなりました。今日の本人によると、昨年の末の大腸検査で潰瘍出血が無くなり、毎日一回(たまに3回の時もある)の排便がありますが、下痢や腹痛、血便は一切なくなりました。今は糖尿病と目の網膜炎の漢方に切り替えて服用を継続しています。もちろん、体質を考慮しながらです。

漢方で未分化多形肉腫の少年は再発なし

今日の山形は雪が多かった。特に山道は真っ白。
患者さんのことについて、遠方の方が多い。広島、奈良、大阪、静岡、東京など。病名については鬱や頭痛、婦人科の病気、癌の他に難病の方が多い。網膜色素変性症、血小板減少性紫斑病、潰瘍性大腸炎、肥大型心筋症など。

良くなった方の1人は10代の少年。この少年は当店の漢方を服用して良くなった京都の方の紹介です。H29年6月、未分化多形肉腫の手術した後に再発しやすいと言われましたが抗がん剤の効果もなく、京都の友人の紹介でH29年9月から当店の煎じの漢方を服用以来3年半の今日まで再発・転移一切ありません。元気で学校生活を送っています。本人とご家族はとても喜んでいます。もちろん私も大変嬉しいです。京都経由で1回も会ったことのない大阪のこの少年と縁があることが大変嬉しくご縁があるのかなと思います。これからもこの少年の健康を守りたいです。