漢方で網膜色素変性症の40代女性の視力が改善

今日の山形は暑い。
昨日のブログに書いた1週間の漢方でコロナ感染の40代男性は、熱・咳痰・呼吸苦しい・食欲不振・味覚異常などの症状が全て改善された。その影響で、今日早速感染者の多い大都市の以前から漢方を服用している方が、今後コロナに感染した後に服用するために至急漢方を送って欲しいと言われました。万が一の予備として大変いいと思います。

今日の良くなった患者さんの中で一番嬉しいことは、令和元年5月から服用している目の難病の網膜色素変性症の40代女性の視力が改善していることです。この女性は子どものときから近視。10数年前の検査で両目の視野が狭くなって視力も低下。30代のときに網膜色素変性症と白内障と診断されました。

漢方服用前の裸眼視力は両目共に0.02、矯正視力は右0.3、左0.4、身体者障がい者5級と認定されました。漢方を服用し、視野も視力も改善され日常生活を行うのが楽になった。
令和元年11月の検査で裸眼視力は両目共に0.1になり矯正視力は右0.7、左0.5。今日本人の話によると、コロナの影響で視力検査を1年していなが来月眼科へ行く予定だそうです。間違いなくさらに良くなっていると考えられます。

報道では都内の親子3人が全員コロナ感染し、自宅療養していた40代母親が亡くなったそうです。とても悲しいことです。今後このようなことがないことを切に願うばかりです。

1週間の漢方薬でコロナ感染の40代の男性の症状は全て改善、後遺症もない

今日福島はまた夏に戻った暑さです。

連休明けの福島店は予約した他にフリーの方も5、6人来客!忙しかった!

 難病の自己免疫性肝炎、Iga腎症、再生不良性貧血の方は皆検査結果が良くて喜んでいます。例えば令和1年12月からお母さんの紹介で漢方薬を服用している自己免疫性肝炎の20代の女性は5年前から肝機能異常でだんだん悪化したが肝臓を強める漢方で今回の肝機能検査の結果が良くなって、6月の検査で肝機能全部正常値まで改善しました。また多量の薬を服用して腎機能異常の87才の女性は漢方で今年5月のクレアチニンの1.08から7月13日の0.85(正常値は0.47~0.79)まで改善、お医者さんは驚いて、娘さんと本人は喜んでいます。80、90代の方でも漢方で腎臓を強める事が出来ます。

 8月11日のブログに書いた関東圏のコロナに感染した40代の男性に直接電話しました。
8月11日に書いた通り、8月2日から40度以上の高熱があり、次の日に検査でコロナ感染が判明した。市販の解熱剤を服用しても38度台の熱がつづいて、本人も奥さんも実家のお母さんも毎日電話をかけても保健所が対応してくれなくて、しかも8月7日から咳痰があり、下痢、食欲不振、味覚がないとの事。福島の実家のお母さんは10数年前に80代の母や息子さん本人も当薬局の漢方薬を服用した事を思い出して、8月11日に息子さんの為に来局した。免疫力を高め、肺臓を強める、コロナウルスを抑制する、解熱、咳痰を止めなどの漢方薬を2週間分、調合した。漢方薬を服用して2日後、熱が下ったと聞きましたが今日、本人に直接電話で、今の体調について聞きました。本人から漢方薬を服用して3日目から熱が36.5度前後の正常体温になり、その後、咳痰も軽くなり、今は一切症状ない、味覚も改善して、後遺症も一切ないと言われました。本人とご家族も漢方薬の効果に驚いています。実はお母さんのお母さんはガン転移で余命5、6ヶ月と言われたが漢方薬を服用して11年間元気で3年前に92才で亡くなりました。また息子さん本人も平成25年からガン手術後にすぐ漢方薬を1年間服用して、今はガンの再発、転移はありません。この家族に対して、当薬局の漢方は三連勝!嬉しいです!(8月11日のブログも読んで下さい!)

 コロナ感染者は増え続け、重症者も増えている。感染した方はぜひ早めに漢方薬の服用を強く、強く勧めます!

永遠の平和を祈ります

今日は連休明けなので忙しくて新患の方も多い。(不妊症の40代女性、コロナ感染予防の50代男性、目の難病の10代男性など)

 

良くなった患者さんもいます。例えばH26年から当店の漢方を服用しているIgA腎症の60代女性は、4月22日のクレアチニンの数値は1.41、5月24日は1.29、6月21日は1.19、最新の7月19日の検査では1.15まで改善しています。正常値まであと一歩です。

 

ところでお盆が過ぎ、みなさんお墓参りや戦争についての報道をテレビで観たと思いますが、やはり戦争がない時代、戦争経験のない世代は戦争の悲惨さを知りません。戦争は繰り返さない、日本の平和、中国の平和、世界の平和と日本と中国が戦争しないことを祈ります。

 

ところでお盆の間の一番のニュースは、アメリカがアフガニスタンとの戦争20年、そして撤退し、わずかの兵ながらタリバンが再び政権となりました。アメリカは莫大な資金、死者を出しましたが望んだ民主国家にできなかった。アフガニスタンだけでなくシリアもすべて戦争は終わってないことは残念です。アメリカ政府、アメリカ人は反省しているかな・・・

2日間の漢方で40代のコロナ感染者の高熱などの症状が改善!

台風の雨の影響で、30度以上の夏から20度以下の秋になって体調不良の方が多いです。私も何となく体がだるい感じです。既に夏休みやお盆休みに入った方が多いと思いますが、当薬局は明日の14日から16日までお盆休みです。実家が富山の40代の女性はもう2年実家に帰れないそうです。まだ東京や広島などの兄弟姉妹にも2年間会ってないと言われました。当然全てコロナの影響です。今日、全国や東京はどのくらいの感染者がでるかな?

水曜日のブログに書いた関東圏に住んでいる40代の男性ご夫婦とお子さん3人の一家5人はコロナに感染して、一番症状が重いご主人は1週間前から高熱、咳、痰、息苦しさの症状があるのに、入院治療を受けておらず、自宅療養をしています。本人も奥さんも福島の実家のお母さんも一生懸命、保健所や病院に電話を掛けても対応してくれませんでした。お母さんは当薬局を思い出して、水曜日に肺を強くする、免疫力を高める、食欲増進などの漢方薬を調合して、昨日から漢方薬を服用したそうです。今日、スタッフから本人に漢方薬を服用した後の変化を確認したら、本人から「漢方薬の効果を感じています。熱も下がって咳、痰、息苦しさの症状も軽くなっています。」と言われました。スタッフも電話の声はとても元気そうでした。と言っていました。

只今、ネットを見たら東京の感染者は5,773人で、昨日に続く宮城の感染者は、200人を超えて、ほぼ全国、感染者数が想定を超えて増えています。大変心配しています。特にお盆休みの後、更に増加するでしょう。ただ、2日間の漢方薬で40代の男性の感染者の症状が改善されているように、在宅療養者、入院治療者、重症者には漢方薬の服用を強く勧めます。今日、東京や大阪、千葉、埼玉などで漢方薬を服用している方に万が一、コロナに感染したら、すぐに連絡をして漢方薬を服用して下さい。と言いました。

最後に皆さま、良い夏休み、お盆休みをお過ごし下さい。

漢方で網膜色素変性症の30代女性の視力と視野が改善

今日は昨日より涼しい。お盆前の山形店も忙しいです。新患の方も多い。高血圧・不整脈の50代女性。高校生の時から血尿・慢性腎盂炎で腎機能低下の40代女性。大腸がんが肺と骨に転移の70代女性など。
良くなった患者さんも沢山います。平成29年11月から不妊症で漢方服用し妊娠成功。流産予防の漢方を服用して、平成30年に3035gの元気な女の子を出産。その後、母乳が足りない時や円形脱毛の時も時々漢方を服用して、今年4月から第二子が欲しくてまた漢方を服用しています。今日、病院で妊娠5週目と診断され、すぐに流産予防の漢方を服用します。
令和元年12月から漢方を服用している目の難病の網膜色素変性症の30代女性は、眼科の視力と視野検査で著しく改善されて喜んでいます。この女性は10数年前から視力低下と視野が狭くなって網膜色素変性症と診断されました。10年間眼科の治療を受けていますが、効果が無くて段々悪化しました。漢方を服用する前の裸眼視力は左右共に0.5~0.6でしたが、令和2年4月までに0.7に改善。今日の本人の話によると7月17日の眼科の検査では0.7~0.9まで改善され、視野もほぼ正常まで改善されました。昨日の福島の新患の網膜色素変性症の7歳の男の子も漢方を一生懸命服用すれば、必ず視力も良くなると思います。

涼しくて秋の収穫に行きました。写真1・2・3通り今回初めて一番小さい桃の木を発見。木が高いし、他人の庭にあるし、道路脇に落ちていた桃だけ拾いました。とても美味しかったです。今までの野生の桃の中で1番小さく1番熟していて1番美味しかったかな。種もいっぱい拾えて、これから漢方の桃仁として食べる予定です。また乾燥させて来年の為にどこかに植えたいです。

また、写真4・5・6・7の通り、別の砂利駐車場脇に野生のニラを発見!!先週は手で収穫しました。試食したら、とても香りが良く美味しかったので、今日はカッターを持って大収穫しました。計りで計ったら1.3㎏でした。その中の300gは山形市民にあげました。これからまた仙台の友人にもあげたいと思います。きっとみんな美味しいと言うでしょう。
両方の産地については、これからの為に非公開とします。

<写真1・2・3>

 

 

 

<写真4・5・6・7・>

 

 

 

 

 

 

 

コロナ感染一家5人、てんかん発作の2才の子供と漢方の縁

 今日の福島は涼しいですが忙しくて、外の風と空気は吸えませんでした。

 関東圏の40代の男性一家5人はコロナに感染して、一週間も治療を受けてない、自宅療養中との事で実家の福島のお母さんが来局しました。実はお母さんの話によると7、8年前に息子さんもお母さんのお母さんも当薬局の漢方薬を服用していて、以前の病気は完治しています。例えば以前の資料を見たら、この女性のお母さんはがん手術後、多臓器に転移して、抗がん剤治療しても効果がなく、余命5,6ヶ月と言われて、平成20年1月に当時81才から漢方薬を服用しました。その後ずっと元気で平成26年6月まで漢方薬を服用。3年前に92才で亡くなったそうです。娘さんから「漢方のおかげです」と感謝されました。

 生後10ヶ月から高熱の後にてんかん発作でずっと○○大学病院の治療を受けていて、薬の副作用が強くて苦しんでいる2才の男の子は、今日お母さんと来局しました。お母さんは平成27年から腎臓と膀胱の病気でずっと当薬局の漢方薬を服用しています。この子の妊娠中も服用しました。これから漢方薬で息子さんのてんかん発作と発達遅れを改善したいです。親子は漢方と縁があり、きっと症状が改善され、立派な少年、青年になると思います!
 
 今日は19時を過ぎても終わらないので疲れまして…ブログを短くします!

漢方で70代男性の手の痺れは8割改善 ・10代の女子大学生のアトピー性皮膚炎は9割改善

連休明け、オリンピックも終わりコロナ感染者は増加を続け、入院治療出来ない在宅療養者も増え、重症者も増え…悲しいさみしい気持ちです。

患者さんの事について。連休明けいつも通り全国からのメール相談の方が多い。
2回手術した後また子宮筋腫再発の女性や、流産不妊症の40代女性、7月に大腸がんと診断され、これから精密検査・手術を待つ70代女性など。

山形店の患者さんはみんな良くなって喜んでいます。
昨年12月から漢方服用の頸椎の異常で30年前から左腕の痺れ・上がらない70代男性は、2月の時は2~3割の改善だったが、今日の本人の話によると、今は日常生活に殆ど支障が無く8割以上改善されたと言われました。
まだ中学生の頃からアトピー性皮膚炎が悪化して、昨年末からの大学受験で更に悪化して3月から漢方を服用している女子大学生は6月の来店の時に、本人の皮膚の状態と漢方服用する前の写真を比べてみると、7割良くなっていました。今日のお母さんの話によると、今は更に良くなって湿疹と痒みが殆ど無くなりました。100%良くなったと言えなくても、9割以上良くなったと思います。

ちなみに、この2人は共に当店の漢方を服用している60代女性の紹介です。
この方には本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

1年間の漢方薬服用で20代女性のひどいニキビは8割改善、生理痛は100%改善

 今日は立秋の日。やっと涼しくなると思いますが、残暑も厳しいかな。今日の立秋の時間は15時53分48秒で、朝は窓から昨日の同じ朝の時間と違う涼しい風を感じました。スタッフも、午後2時30分くらいに涼しい風を感じたそうです。

 今日は朝から大変忙しくて、もうお盆と夏休みの感じ。いろんな患者さんが検査結果や症状がよくなっていますが、疲れてブログを短くするために一人の方の事だけを書きます。高校生の時からひどい顔のニキビ・生理痛で悩んでいた20代の女性は、皮膚科やいろいろな漢方薬を5~6年間服用しても良くならなくて、昨年の8月から当薬局の漢方煎じ薬を服用開始しました。1ヶ月で効果を感じ、ニキビと赤みは減少し、今日はちょうど漢方薬を1年間服用してお母さんと一緒に来局されました。1年前の写真を見る前に、ご本人とお母さんに「自己判断で何割良くなっていますか?」と聞いたら、お母さんから顔のニキビは8割以上良くなったと言われ、ご本人からは生理痛も一切なくなって100%改善されたと言われました。その後、1年前の漢方を服用する前の写真を親子に確認してもらったら、やはり間違いなく8割以上改善され、今は数個の小さい赤いニキビがある以外、1年前の大きなニキビは全部無くなりました。今日は漢方薬を減量して、ご本人のニキビの跡を取りたいという希望に合わせて処方を調整しました。ニキビの跡は取れないと皮膚科から言われましたが、ご本人は漢方薬にとても期待しています。ご本人とお母さんは口をそろえて「5~6年間いろんな皮膚科でいろんな漢方薬も服用して一切良くならなくて、早く懐仁堂の漢方薬を服用すればよかった」と感激してくれました。

13年前の北海道から静岡、埼玉まで、10年前の長崎から鹿児島、福岡、大阪まで当薬局の漢方薬の「感染」を広げている。

 今日は大変な患者さんが多かったです。20代で遺伝性腎臓難病のファンコニ症候群でずっと○○大学の治療を受けて、今年から著しく腎機能が悪化した40代の女性(お父さんもお兄さんも同じ病気です。)、10代の網膜色素変性症の女の子、肥大型心筋症の10代の男の子など。

 間もなく88歳の女性は、埼玉にいる交通事故の後、後遺症で悩んでいる60代の息子さんの為に代理で来局されました。なぜ、当薬局の漢方治療を選んだのかと聞いたら北海道の○○さんの静岡の友人の紹介だそうです。この女性は静岡の友人と元々同僚で、友人から○○さんと私との出会い、○○さんの漢方治療の経験などの話を全部聞いたそうです。ちょっと、私と○○さんとの出会いを書きますと、今70代の○○さんは若い時、手術でC型肝炎になり、その後腎炎になり、肝機能腎機能異常、肝硬変で色んな病気の治療を受けましたが、なかなか良くならず、平成20年12月から今日までずっと、当薬局の漢方薬を服用しています。今、肝機能腎機能は、正常でとてもお元気です。平成23年3月11日の大震災の日、北海道から東京にいて新幹線で来る予定でしたが、東京で足止めされて東京に泊まりました。その次の年の夏に、私が北海道に行った時に、札幌で初めて会いました。この方は北海道の色んな病気で悩んでいる方に、当薬局の漢方薬を紹介してくれました。
 
 また、午後に平成23年から漢方薬を服用している長崎の60代の女性から連絡がありました。この女性は住職の奥さんで、沢山の方と会う機会があり、自分の妹さんや妹さんのお子さんの他にも、北海道の方のように長崎だけではなく、鹿児島や福岡、大阪の沢山の親戚や知人や友人に当薬局の漢方薬を紹介してくれました。本人に「色んな方を紹介して下さって有難うございます。」と言ったら本人から、「色んな難病の方や病気が治らない方に紹介して、みんな良くなり、感謝されて嬉しいです。」と言われました。

20代~40代の鬱やパニック障害など精神疾患の方が多い

今日は精神疾患の方が多い。6年前に鬱と診断され2種類の薬を服用している40代男性は、平成30年から漢方を服用し様々な症状が改善されました。お母さんの話によると、元気に仕事をしているそうです。今は1ヶ月分の漢方を2~3ヶ月で服用しています。

平成26年に不安・不眠・瞼の痙攣でずっと〇〇大学病院で治療を受けていますがなかなか良くならず、同年10月から当店の漢方を約半年間服用。すっかり良くなった60代女性は、先月顔面麻痺で狭心症もあり、また当店の漢方を服用します。

この60代女性が近所の20代女性を紹介されました。20代女性は2ヶ月前から仕事のストレス、残業が多く帰宅時間が遅い、胃痛、吐き気、不安、イライラ、動悸、息苦しい、突然泣く、運転怖い、出勤の朝の吐き気などの症状があり、内科の薬を服用しても良くならずお母さんと一緒に来店。
6月末から休職していますが、身体を強くし全身の様々な症状が改善する漢方を服用すれば、これから先、職場復帰できることでしょう。

その他に東京在住で6月から休職している20代男性や、20年前から鬱と診断されずっと病院の薬を服用している40代女性など。