漢方で肥大型心筋症の60代女性の検査がまた正常!

お久しぶりでした!

今日の福島店はチョーチョー忙しかったです(汗)

まず今日の患者さんについて、妊娠16週目の40代女性は少し出血がありましたが乗り越えて順調です!また、不眠症の60代女性は漢方服用前の睡眠時間は平均2~3時間から5時間にまで改善されました。また、脳腫瘍を2回手術した40代男性も先月11月のMRI検査で再発・転移・異常なしです。また20代女性のお母さんからは電話があり「10月から漢方服用をしている娘は生理痛が著しく改善され大変楽になった」と言われ、お母さんは今年3回の頻脈や発作で病院での点滴を受けていました。特に「12月初めの発作は1分間に170回の頻脈で10分間続いた」と大変怖くて是非、当薬局の漢方薬を服用したいと申し出がありました。

 

実は今日、もう一人の心臓の難病の60代女性も来局し、今までもブログに書いていますが昨年6月から肥大型心筋症と心臓弁膜症と診断され、動悸・息苦しい等の症状がありました。心臓を強くする当薬局の漢方を服用して昨年のお盆と今年のお盆は2回続いて数年ぶりの親類の高台のお墓参りと草刈りもでき、お墓がキレイになったそうです。今日は10月の心臓の検査結果、血液検査を持って来て、なんと心臓は普通の大きさになり弁膜症も改善され「普通の様に心臓が働いている」と診断されたそうで、本人は大変安心して喜んでボランティア活動をしているそうです。元気になってあまり疲れないでほしいですが。。。

 

学会参加についての報告ですが、写真のように桜島は毎日活動していました。従って、鹿児島市内ではアチコチに粉じんがありましたが、鹿児島はとても良い印象を受けました。スタッフから毎日「お土産はイモ焼酎」とリクエストがありましたが、今日、違うものを渡すと、とても不機嫌になりました。。。

 

 

今年の学会は初めて日中ガンのシンポジウムを設け、中国の上海、忠西結合医学会から3人の教授が参加に来日しました。やはり、先進的な西洋のガン治療と免疫力・体力を高める漢方薬の併用は一番効果的なガン治療法です。

最後に、私が今回発表した不妊治療について、大変反応が良かったです。知事や有名な方も居た中で、特に産婦人科の病院の先生方から質問が相次ぎ、流産予防の漢方法や男性の不妊の漢方治療法について質問が多くされました。ちなみに、ある先生の今までの経験で最高齢の自然妊娠の年齢は45才だそうです。従って、今回発表した46才11ヶ月10日の自然妊娠・出産の女性の例は記録的と言えます。

漢方で4つの難病の60代女性の症状も肝機能も改善!

今日は予約があまり多くなかったのですが、予約のない新患やフリーの患者さんがどんどん来局して大変忙しかったです。

まず地域から言うと、福島県内各地はもちろんのこと東北、三重県、神奈川県、新潟、東京、静岡などです。

病名は網膜色素変性症、膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変、肝生検をしても肝機能異常の親子、パーキンソン病、IgA腎症などなど。

 

良くなった患者さんは沢山いますが、一人の60代女性は、十数年前から相次いで4種類の難病と診断され(11年前は膠原病、その後は間質性肺炎、そして原発性胆汁性肝硬変、最近は硬皮症と診断)、関節の痛みや耳鳴り、冷え等で5種類の薬を服用していますが徐々に悪化し、やがて肝機能も異常になりました。そこで、当薬局の漢方を服用して共に不妊症で共に子供を元気に出産した娘さん二人の紹介で平成29年4月から漢方を服用開始すると、現在は症状が全部改善、最新の8月の血液検査を持参したので見てみると肝機能、腎機能、貧血は全て正常になりました。今は一ヶ月分の漢方を三ヶ月かけて服用しています。

一つの袋に入る様々な生薬の組合せによる体質改善の漢方薬で、数種類の難病も改善できるという良い例です。

従って全国の様々な難病で苦しんでいる方々に漢方薬を強くお勧めしたいです!助けたいです!

 

ところで、今朝は福島に来るバスの中で年賀状の文章を考え、夕方に文章が上手なスタッフに2~3ヶ所のお直しをしてもらってから印刷屋さんにお願いしました。まだ非公開ですが、今年の二つの事を書きました。一つ目は不妊治療を諦めた後に当薬局の漢方薬を服用し46才で自然妊娠に成功し47才直前に元気な3000g以上の子供が産まれた事と、二つ目は山形蔵王の山で落ちていた漢方薬の「桑寄生」の実を発見し食べた時、木に寄生する為の種に付いている長い、細い、白い、ネッパリ、丈夫な糸が私の喉に入ると、なかなか取れずに半日ほど寄生されたこと(詳細は10月19日のブログを読んでください!)等々。

楽しい年賀状になるかな、と思います!

3ヶ月間の漢方服用で20代男性の統合失調症(様)の幻覚・睡眠100%・幻聴30%改善!

今日の福島は風が強いですが温かくて春みたいです!

 

今日の患者さんについて、やはり全国、難病の方の相談は多かったです(県内外はもちろん愛知、大阪、静岡、千葉など)。病状は膠原病の70代女性、骨髄異型性症候群の60代男性、間質性肺炎の70代女性など。その他にうつ病の40代女性、統合失調症は30代男性、20代男性、40代女性3人で来局した方も含めると精神疾患の方は多かったです。

 

良くなった方も多かったです。

クーロン病の30代男性は下痢がさらに改善、9月の1日7~8回から今1日5~6回にまで改善し、体重も漢方薬を服用前の49㎏から今59㎏になりました。当然疲れ、怠さ、貧血も改善しています。

また、6年前の2013年から両手湿疹で痒い40代女性は約1年半の漢方服用で手がキレイになり湿疹や痒みが無くなりました。今日、手を見たら少しの乾燥と痒みがありますが湿疹はありません。

6年前から漢方を服用している30代の統合失調症の男性は入退院を繰返し多量の薬を服用しても良くならずにいましたが、自分の意志で漢方治療のみを選択しました。半年後には幻覚・幻聴が改善され1年後には仕事復帰し、今も一切症状がなく元気で仕事をしているのでご両親は大変喜んでいます。ただし問題は一つ、最近は肥満で体重90㎏を越えてなかなか痩せられず、婚活に影響しています。お母さんによると色々と候補の写真を見せているようですが「なかなか」と言われるそうで私から「顔が少し痩せて見えるように修正してみたら?」と提案しましたが…当日バレたらやばいかなぁ。いずれにせよ、結婚が決まれば私に招待状を出してくれるそうなので、祝いの日を楽しみにしています!

同じ統合失調症(様)と診断された20代男性は、心療内科の治療を受けたくない理由から今年8月から昼は元気になる(腎臓と肝臓を強く)・血流を良くする、夜は安眠・落ち着くといった別々の漢方を服用開始し、今日は初めて本人と電話で話をしてみると、とても元気になって仕事も復帰しました。本人によると、幻聴と睡眠は100%改善、頭痛は6~7割改善、幻聴は3割改善だそうで、お母さんも大変喜んでいました。肝機能異常と脂肪肝があり、漢方処方を変えて服用を継続しています。間違いなく、精神科の薬より体質改善の漢方の方が絶対に効果的で副作用もなく、結果として早い改善となると思います!

漢方を服用している患者さんからよく言われるのは「昨日との違いは分かり難いけれど、一ヶ月前との違いは分かる程に良い」ということです。

 

ところで今朝、薬局の入口からいつもの様に入って、仕事中に3~4回ほど薬局を出たり入ったりしていましたが…近くの机上の冊子の指示をしているのに…光っているのに…写真の通りの目の前にあった私よりも背が高くて横幅もあるクリスマスツリーに全く気付かずにいたのでスタッフに突っ込まれました。。。言われてから気付く、という…本当に目が悪いのか頭なのか…すぐに気付かずスタッフに申し訳なかったです。仕返しなのか?患者さんが居るのに「何で気付かないのー!?」「こだにデッカイのにー!」「今っ!?」等と、けちょんけちょんに貶されました。患者さんもお上品に笑っていました。。

目の漢方薬はずっと服用しているので目の問題でなく、頭の問題かなぁ。。。今夜から頭の漢方薬を追加します!

漢方で70代女性の腎機能と甲状腺が改善!

今日も全国の沢山の方々から相談がありました(高知、三重、広島、神奈川、東京、千葉、青森など)。

病気について、やはりガン、精神疾患、難病が多いです。

今年4月に肺がんと診断され、まだ治療をしていない70代男性、いじめを受けて中学生の時から心療内科の薬を服用して不眠・パニック障害・強迫性障害・発達障害などと診断され、20数年間の治療、今4種類の薬を服用しても良くならない40代女性、非結核性抗酸菌症の80代女性、間質性肺炎の60代男性、自閉症の5歳男の子など。

 

良くなった方も沢山います。

例えば、漢方薬で腎機能と甲状腺ホルモン共に良くなった7種類の薬を服用しているお医者さんの奥さんの70代女性は、半年間ぐらい漢方薬を中止すると腎機能と甲状腺ホルモンの結果が悪化したので、10月から心を入れ替えて漢方薬を再開し服用しています。今日は最新の11/11の検査結果を持ってくると、やはり腎機能も甲状腺ホルモンも改善していました。例えば今年2月から漢方薬を服用してクレアチニン1.09甲状腺ホルモンTSH33.9から5月の検査ではクレアチニン0.89同じくTSHは3.41にまで改善しましたが、その後半年漢方を服用しなかったら10月にはクレアチニン1.00、TSHは7.54にまで悪化しました。10/16から漢方薬を一ヶ月服用すると11月の検査結果はクレアチニン0.91、TSHは1.83にまで改善で共に良く、やはりお医者さんのご家族(ご主人や子供さん達)や主治医、本人も病院の薬を変えていなのに改善していること(漢方の効果)に驚いています。くれぐれも、これからは勝手に漢方薬を中断しないよう伝えました。

また、悪性リンパ腫の80代男性は、平成23年から手術、抗がん剤治療の後からずっと漢方薬を服用していますが、悪性リンパ腫の再発・転移もなく、貧血も改善されています。例えば7月の検査で赤血球は384万、ヘモグロビン11.9から、9/30検査では赤血球426万、ヘモグロビン13.3にまで改善し正常値まであと一歩です。

良くなった方はまだまだありますが省略します!

 

実は今日、一人の精神疾患の40代女性と縁がありました。

私の言ったことが全て当たっていたので大声で泣きましたが、私からお母さんに「泣いた方が良い。泣かせてください」と言い、その後は笑顔で私とタッチしたり握手して今日から心身一新で漢方薬を服用し料理を作ったり運動も努力すると約束しました。そして、このご両親には私が「38才に見える」「45才に見える」とそれぞれ言われました!もぉー、眠れない程うれしいです!!

一日も早く良くなり改善することを祈ります。

半年間の漢方服用で20年来の統合失調症の様々な症状が改善!

夕方まで気分が悪かったです!正確な時間は午後2時からで、正確な症状は妊娠2ヶ月位の悪阻と全く同じ…正確な原因は不明です!(昼に定食後の熱いコーヒに冷たい水を一口、飲んだのが原因かな?)午後4時過ぎでも改善していないので横になりたい、、、。スタッフからは「デリケードだなぃ」の一言で終わりでした。。。

 

今日の患者さんの事についてまず年齢は3ヶ月の赤ちゃんから89才の高齢者まで。

3ヶ月の赤ちゃんは実はまだ40代のお母さんのお腹の中に居ます。元気で昨日から12週目。勿論男の子か女の子かはまだ分かりません!お母さんは一所懸命に流産予防の漢方薬を服用しているので、無事な出産を期待し祈っています。

89才の方は女性で平成16年から半年間くらい漢方薬を服用して当時の病気と症状を完治させ、先月16日に15年ぶり来局しました。両足はふらついて違和感があり、歩く時に力が入らないので病院での検査をしたら正常でした。1ヶ月分の漢方薬を服用して今日、本人の話によると両足の症状は5割以上は改善した感じとの事です。

その他にIgA腎症の50代女性、膠原病の70代女性、肥大型心筋症の60代女性、統合失調症の30代の男性と40代女性、脳腫瘍手術後の70代男性などなど皆、漢方薬を服用して様々な症状を改善した方や検査結果、症状は良くなっています。

 

大変選択が正しく、タイミングがいい方がいました。

今日、初めて来局してくれた40代の女性は先月末の健診で乳がんの疑いと診断され(これから精密検査する予定ですがお母さんは60代でガンで亡くなったばかり)、また健診で肝機能と尿蛋白は異常で一早く漢方薬を服用したい判断してくれました。漢方薬を服用する他に食事療法や毎日「バカの様に笑う」ことも教えました。

 

ところで夕方になり、少し気分が良くなりました。2割くらいかな。。。従って良くなった患者さんの一人の事を書きます。

17才の時から幻聴、25才から心療内科で治療を受けはじめ、平成18年に統合失調症と診断され入退院を繰返し、一年前に福島市内の病院で15種類の薬を服用し幻覚・幻聴・パニック・息苦しい・不眠・手や体の震え・食欲不振など様々な症状があり今年5月末から当薬局の漢方を服用開始した40代女性は、8月の時からは幻覚・幻聴の症状が減り、妄想が無くなり、病院の薬も少しずつ減りました。今日のお母さんの話によると、手や体の震えは無くなり、食欲も出てきて顔の無表情も良くなってきました。私からも顔の表情が以前より明るくなって私との会話交流も出来る様になり、最初の来局時の手と体の震え、頭の動きは無くなっていました。お母さんによると、本人は花が大好きで家には本が沢山あり、家の前には畑がある様なので「春には娘と一緒に花を植えられればいいな」と言われました。これから約半年、漢方薬を服用して春になって更に良くなり、キレイな花を植えることは出来ると思います!

 

あー、帰りのバスの中では一番後ろの一列席を全て使って横になり寝たいっ!!!

再生不良性貧血の60代女性の検査結果は更によくなりました

今日は良い天気ですが寒いです。初めて薄いセーターを着ましたが、私の部屋の暖房はまだつけていません。

今日は癌と難病の患者さんが多いです。膀胱癌を手術後に2回再発しまた手術をした60代男性、卵巣癌を手術後に腸に転移しまた手術、またリンパ転移で抗がん剤治療を受けている40代女性、卵巣癌を手術後に腹膜転移、抗がん剤治療を受けてまた肺転移の70代女性など。難病の患者さんは、血小板減少性紫斑病の10代の女の子、再生不良性貧血の10代の女の子、再生不良性貧血の60代女性。

新患の一人の18歳の女の子は、12歳の時に再生不良性貧血と診断され、○○大学病院の半年間の免疫抑制治療を受けましたが効果がなく、副作用が強くてその後に輸血をしたり他の治療も受けましたが、一切効果がありませんでした。同じ再生不良性貧血で当薬局の漢方薬を服用してほぼ正常値に改善された方からの紹介で、今日から当薬局の漢方薬を服用します。

平成28年7月から当薬局の漢方薬を服用している60代女性も再生不良性貧血と診断され、だんだん白血球・赤血球は正常ですが血小板とヘモグロビンはだんだん減り、漢方薬を服用前の血小板数値は2万前後でした。最近の検査では、9万以上まで改善されています。例えば、8月9日の検査で血小板数値9.5万、11月7日の検査は9.7万で少しずつ改善されています。実はこの患者さんは、最初は漢方効果がなかなか出ませんでした。やはり個人差があり、生活習慣や他の病気があるかどうかも関係があります。

同じ病気でも子どもや若い方は間違いなく改善しやすいと考えられます。しかし、今日2人の女の子は、一人は毎日マラソンの練習、もう一人は毎日バレーボールの練習があり、間違いなく運動をし過ぎて疲れ過ぎは、血小板や白血球・赤血球に影響します。子ども達がどうしても好きで止められない場合は、できるだけ練習時間や回数を減らすしかないと思います。

 

ところで、昨日は予定通り山形から新幹線で東京へ行きました。収穫した野生の果物について、福島の郡山を超えてから食べ始め、なんとか写真の通りに大宮を通過時には3個しか残らなくて、結局東京に入る前に完食しました。しかし、種が多くて結構ゴミが残り、仙台には持ち帰らず東京駅ホームのゴミ箱に捨てました。山形市内の野生ゴミは、半分は私の中に入り、半分は東京の生ゴミになりました。そう考えると、東京都民に申し訳なく思っています。

 

漢方で4歳から発症(現在30代男性)のアトピー性皮膚炎の湿疹、痒みが改善!

月曜日は連休だったので今日は大変忙しかったです(汗)

  1. 全国からのメール、電話の相談は多く鹿児島、山口、三重、大阪、静岡、東京、新潟など。
  2. 若い方も多かったです、4才、5才、14才、18才、19才。
  3. 病名はバセドウ病、非結核性抗酸菌症、アトピー性皮膚炎、複合型痙性対麻痺(遺伝性)、統合失調症、肺がん、末端肥大型手足指、痛風、腎炎、喘息、うつ病などなど。
  4. 40代の女性は妊娠順調で、11週目です。
  5. 今日は特にアトピー性皮膚炎の方が多く、4歳から18才、20代、30代。漢方薬を服用している4才の女の子は9月から苦い漢方薬を服用しています。今日のお父さんから送られてきた写真を見ると皮膚の湿疹と傷は無くなり、キレイになっていました。また3月から漢方薬を服用している18才の男子や昨年6月から漢方薬を服用している20代の男性も湿疹、痒みが著しく改善しています。皆から「数年間、十数年間の皮膚科の皮膚に塗る薬より体の中から改善の漢方薬の効果の方が良いと感じる」と言われます。ところで12月に行われる鹿児島市での学会の演題発表の採用の知らせが届きました!今回の演題は不妊症の漢方治療で47才近い自然妊娠の例をはじめ、30代の腎臓病の例と婦人科の病気を2回手術後の40代の例を発表する予定です。発表により、全国の不妊症の方に漢方治療が広がれば嬉しいし、同時に初めての鹿児島旅行を出来ることも嬉しい(楽しみ)です!

4歳の時に難病で漢方薬を服用した少女が短期海外留学

今日は天気予報の「晴れ」と違い、風が強くて曇りです。今日から11月に入り、今年の残りもあと2ヶ月。例年より早い感じがします。歳をとったせいかな。仕事以外に今月一番やらなければならないことは、11月22日から仙台医家芸術祭の出品作品を15日前に完成させなければなりません。12月は更に忙しく、もちろん一番忙しいのは年賀状の作成です。まだ決断していませんが、昼休みに「来年から年賀状を出さないことにしよう」と考え始めました。

 

今日の患者さんのことについて、やはり全国から難病・癌をはじめ、さまざまな患者さんからの電話・メール相談や来局が多いです。三重からの癌の50代女性と非結核性抗酸菌症の40代女性、東京からの繊維筋痛症の50代女性とパニック障害の30代女性、静岡からの統合失調症の20代女性、埼玉からのパニック障害の30代女性など。

 

一番嬉しいことは、4歳の時に重症筋無力症と診断された少女のことです。当時、○○こども病院の治療を受けていましたが痙攣発作があったり熱が出たりし、副作用で将来白内障になることが心配で、平成20年11月から当薬局の漢方薬を服用しました。服用開始後3ヶ月で効果が出て上瞼の枝垂れが改善され、半年後の検査の抗体も正常値になりました。その後は漢方薬量を減量していましたが、東日本大震災の時に恐怖・不安・ストレスで瞼の枝垂れの症状が出たため、また一生懸命漢方薬を服用しました。その後、症状も改善されて検査も正常。無事に中学校を卒業し、4月から高校生になりました。もちろん元気で病気は完治したと言えます。

多分、全国でも少なくない少年少女が、この病気で病院治療を受けてもよくならずに悩んでいると思い、2009年第35回日本小児東洋医学会で治癒症例として発表しました。

 

先日お母さんから喜んでメールが届きました。写真の通り、短期海外留学に行ったそうです。笑顔をみると、とても嬉しいです。確か3月23日に高校合格の挨拶にお母さんと来局された時、私と後ろ姿の写真を撮ってブログに載せました。今日は正面からの笑顔の写真ですが、本人は恥ずかしいそうなので写真を修正しています。これからずっと元気に笑顔で、希望大学合格を祈ります。

 

 

40代の女性は妊娠10週目で順調!

今日は全国的にとてもいい天気です!秋高気爽!

 

患者さんの事について、やはり全国からの電話、メール相談が多かったです(山口、三重、愛知、東京、茨木、兵庫、広島など)。病種はガンや間質性肺炎、IgA腎症、不眠症、うつ病、統合失調症、線維筋痛症、不妊症など。

 

患者さん達の嬉しい事は多かったです。

不妊治療を繰り替えし失敗していた女性は当薬局の漢方薬で自然妊娠成功、直ぐ流産予防の漢方薬を服用して47才近くで今年4月に元気な3000g以上の女の子を出産しています。今日の電話によると、間もなく7ヶ月になる娘さんはもう8㎏以上、とても元気だそうです。この女性は出産後もずっと漢方薬を服用しています。

また、不妊治療を失敗していた40代女性は今日も来局してくれ、今は妊娠順調で10週目です。この女性にも当薬局の体質を改善する漢方服用で妊娠に成功し、勿論、妊娠が判明した日からは流産予防の漢方薬を服用しています。今日は少しつわりの症状があり、漢方処方は変わりました。実はこの女性は不妊治療を連続失敗していたので、私の提案で1年間不妊治療を休んで一生懸命に腎臓を強め、子宮・卵巣の機能を高め、卵子の質を高める漢方薬を服用して、9月に妊娠成功しました。基本的に流産の心配は無いと思います。来年5月頃には母子共に無事に元気な、可愛い子供さんが産まれる事を祈ります!

 

漢方で80代男性の腎機能が改善!

今日はとてもよい天気です!

患者さんの事についてまず全国からのメールや電話が多く(大阪、石川、東京、千葉、岩手など)、やはり様々な難病の方が多いです(IgA腎症、非結核性抗酸菌症、再生不良性貧血、間質性肺炎など)。

 

病院から「治療法はない」と言われ検査結果や症状がどんどん悪化している方々は内臓などを強める、体質を改善する漢方薬で検査結果と症状は良くなり、喜んでいる方は沢山います。

例えばブログにも書いたことはありますが、6年前から肺気腫、間質性肺炎で当薬局の漢方薬を服用している男性は今月末に満87才になり、たまに息切れがありますが毎日の散歩や車の運転も出来ます(見た目も若いです)。先月には半年ぶりに肺のCT検査をすると「6年前の肺の影の大きさと全く変わらない」との事で免許更新もでき、本人は笑いながら「次回の更新は90才で、その時は返上しようと考えています」と言いました。8/5のブログにも書きましたが、震災後の原発の避難区域から福島市内に避難し、住んでいた町の中心部の自宅地は娘に譲っていましたが、(娘さんの新築が今月完成し来月渡される予定です)本人は「福島市内での賃貸契約が来年3月までなのでその後に実家に戻る予定」だそうで私から「冬より桜満開の時に帰った方がいいでしょ」と言いましたが本人に笑顔はなく「帰っても寂しい、悲しい」と言いました。今回の台風の被害では帰省すると道が不通により、行くまでと行ってからも大変だったそうです。

高齢でも漢方で内臓を強くすることが出来ます。

中学生のお孫さんは当薬局の漢方を服用して様々な症状(頭痛や吐き気で起きれず学校を休みがちだった)が改善し学校復帰できた子のお母さんの勧めで昨年12月から漢方薬を服用している80代の男性は、10/23の検査で腎機能は更に良くなっていました。この男性は50代から高血圧、60代から糖尿病、様々な薬を服用していますが腎機能が徐々に低下し主治医から「いずれ将来は透析」と言われていましたが、漢方を服用する前のクレアチニンはだんだん上がっていました。しかし当薬局の漢方薬を服用するようになってからは徐々に改善されています。例えば漢方服用前はクレアチニンが2以上でしたが今年5月には1.28、10/23の検査では1.11にまで改善し、本人も娘さんも喜んでいます。西洋医学で出来ない事は漢方でできるので高齢だからと言って諦めないでほしいです。

 

夕方の電話中に小学生の時からてんかん等で漢方薬を服用していて、中学校では症状も検査結果も良くなった女の子は今年の夏に約7年ぶりに一人で来局して今、女子大生になっています(8/7から生理不順などでまた漢方薬を服用再開してくれました)。8/7に久しぶりに会って話した時に「駅で会った時には声を書けます!」と言ったのに、その後は全然会えていなかったので今日、話そうと思ったら「体調はいいです、元気です」と言い残してさっさと帰ってしまいました。色々と話したかったのに…で仙台店からの電話を早く終わらせたのに…私と話をしたくなかったのかな、と妄想し気にしています(涙)