約1年間の肺を強くする漢方服用で咳・痰・血痰が改善!

今日は仙台で夕方にボランティア団体の評議員会議に参加の為、早目に仙台に帰るのでブログは短めにします。

 

患者さんのことについて、やはり難病やガンの方が多かったです。

骨髄異型性症候群の60代男性や、間質性肺炎の70代女性、肺がんの80代女性などなど。

 

土曜日の雨の中、お母さんの為に日帰りで来局した方と同じく、今日も親孝行の方がいました。お母さんは1年半前に肺がんと診断され90才近いので病院の抗がん剤治療を拒否し経過観察していましたが、最近は胸水があり息苦しい、咳や痰、血痰があるので、「少しでもお母さんの症状が軽くなったり一日でも長く生きてほしい」と願い当薬局に娘さんが来てくれました。やはり高齢のお母さんの為に自分で漢方薬を煎じてお母さんに届ける予定です。間違いなく内臓機能や胃腸機能を高める漢方薬を服用すれば食欲や咳や痰、息苦しさも軽くなると思います。

 

良くなった患者さんも沢山いましたが、その中の一人は、昨年3月から熱、風邪の後に熱があり咳や痰、血痰でなかなか良くならず(家系の中に肺の病気が多い)、「自分は小学校の時から肺が弱く、胸膜には影があり、今は話す仕事で毎日、咳や痰が出たり声が枯れたりで悩んでいます」と言って漢方薬の服用を開始しました。ちょうど一年前の5月末から肺を強くする漢方薬服用をしていましたが、今日の本人によると「咳や痰はほとんど無くなり、とても元気で冬には風邪もなく、今は食欲もあり元気に仕事をしている」と言われました。

 

実は肺の病気や症状だけではなく、アナウンサーをはじめ司会者や講話者など話す仕事で喉を駆使する方は当薬局の漢方服用で声枯れや喉痛などが改善しています。

何回もブログに書いていますが選挙前の政治家はこのような漢方薬を服用してほしいです。

間もなく夏の選挙があるそうで…誰か支持する政治家に勧めてほしいです、

 

漢方・難病・雨・枇杷

今日は一日雨。寒いといってもいいくらい涼しいです。朝、歩いて出勤して靴と靴下が濡れましたが、帰りは間違いなくまた濡れます。でも、入院中の多臓器不全の70代のお母さんの為に朝から出発して夕方の新幹線で関西に帰る女性と比べれば、全然楽だと思います。やはり一日も早くお母さんに漢方薬を飲ませたいです。

 

今日の患者さんも難病の方が多いです。入院中の非結核性抗酸菌症の70代の女性や、IgA腎症の20代の女性、骨髄異形成症候群の60代の男性、潰瘍性大腸炎の20代の女性、網膜前膜黄斑の50代の男性など。よくなった患者さんも沢山います。

例えば平成29年2月から漢方薬を服用している潰瘍性大腸炎で1日に下痢が6~8回で半分血便で腹痛もある20代の女性は、漢方薬を服用して昨年7月に下痢は1日3回まで改善され、血便も減って腹痛もなくなりました。また、昨年12月は1日2回普通の便が出て血便は完全になくなりました。その後は1ヶ月分の漢方薬を3~4ヶ月で服用して、今日ご本人の話によると今は腹痛・血便・下痢はありません。

また、糖尿病で腎機能が低下して前立腺癌手術後にさらに腎機能が低下した60代の男性は、2月6日の検査でクレアチニンは1.44でしたが、漢方薬を2月から服用して最新の6月6日の検査でクレアチニンは正常値の1.0まで改善され、eGFRは51.34から57.31にまで改善、血糖値も192から125まで改善されました(というのは、病院の糖尿病の薬は効果がないとしか考えられないでしょう)。

 

写真1,2の通り、自宅前の公園の枇杷が熟してカラスが食べる前に昨日の夕方早く採りました。昼休みにスタッフ達に無理矢理1人1個ずつ食べさせたら、「おいしい!」というスタッフもいましたし、「すっぱい!」というスタッフもいました。やはり、同じ1本の木から採った枇杷でも味が随分違います。昼休みの時間を利用して枇杷を食べながら枇杷の水墨画を書きました。書きながら思い出しましたが、昨日山形から来局した友人からお土産をもらってサクランボかなと思ったら、山形の有名なお菓子でした。お菓子はとても美味しかったですが、サクランボが食べられなかったので枇杷の隣に食べたいサクランボを書きました(写真3)。ところで雨の中関西に帰る方は初めて仙台に来たそうで、仙台の名物の牛タンを食べたいと言っていましたが時間がなくて、食べられたかなあ。たぶん、牛タンを食べるより早く関西に着いて深夜までお母さんの漢方薬を煎じて、明日の朝イチで病院に早く届けたいかなと思います。親孝行の娘さんに感動しています。漢方でお母さんの肺臓・心臓・肝臓・腎臓を強くして元気で退院できるように祈ります。

 

【写真1】

【写真2】

【写真3】

 

最後に中国の有名画家が書いたサクランボと枇杷の水墨画の作品を掲載します(写真4、5)。鑑賞して下さい。

【写真4】

【写真5】

再生不良性貧血、誕生日、癌特集挨拶文

今日は薬局3店舗の研修会があり、山形には行っていません。昼に山形の560円ランチが食べられなくて残念でした。

 

患者さんのことについては省略しますが、一人の再生不良性貧血の80代女性とご主人が来局。今年1月に乳癌と診断され、2月に手術をして、その後抗がん剤治療をしたそうで、入退院や治療の影響で漢方薬を中断していました。先週の血液検査で、赤血球は276万、ヘモグロビン8.9、血小板8.3万で、実は平成22年7月に再生不良性貧血と診断され、11月から当薬局の漢方薬を服用しています。漢方薬を服用前の赤血球は260万台、ヘモグロビン8台から、平成23年4月19日検査で赤血球290万、ヘモグロビン9.5、平成24年4月は赤血球336万、ヘモグロビン10.8、血小板13.4万まで改善。その後はずっと赤血球300万以上、ヘモグロビン10以上、血小板13万以上を維持して、1ヶ月の漢方薬を3ヶ月で服用してきました。やはり、赤血球、白血球、血小板低下の原因は、漢方薬を中止しただけではなく、抗がん剤治療の副作用と考えられます。同席の医療従事者のご主人も同じ考え方です。

 

誕生日について、実は今日は6月13日で私の5●歳の誕生日です(言わなくても皆さんは多分●の数字は分かると思います)。研修会に合わせて皆から祝ってもらい、美味しい果物のケーキを皆で1個ずつ食べました。大変感謝しています!(でも、請求は私のところにきました・・・)。とても美味しくて、あっという間に食べ終わり、誰も写真を撮らなかったのが残念です。今日まで元気に生きてこられて親に感謝すると同時に、家族や友人、スタッフ、全国の私と縁がある方々に感謝します。

最後に、今日の誕生日に合わせて書いた癌の漢方予防と治療の特集の挨拶文を下に掲載します。誕生日の記念にしたいです。

 

 

がんの治療と予防で悩んでいる方へ

 

今、誰ががんになってもおかしくない時代です。手術、化学療法、放射線療法の三大治療法の他に近年、第四の治療法と言われた「免疫療法」は著しく発展しています。しかしノーベル生理医学賞を受賞者が発明した、がん免疫治療薬「オブジーボ」の臨床治療効果は30%しかないそうです。2018年の日本統合医療学会でのがんの免疫治療に関する発表によると、オブジーボを初め、体力、免疫力が高い患者さんは免疫療法の効果が高いです。

 

がんは新しい病気ではなく、三千年前の甲骨文の中に「瘤」という病気の記録があります。また、漢の時代の漢方古典「黄帝内経」に腫瘍の症状、分類、治療の記録があります。更に、六百年前の宋の時代には、癌(がん)の症状・漢方処方の記録が沢山あります。例えば、宋の時代の処方「十全大補湯」は、富山大学和漢医学研究所の研究で、がん細胞の抑制・免疫力を高める効果が証明されています。

がんの漢方治療と予防は「扶正袪邪」が基本で、「扶正」は体力・免疫力・胃腸機能・造血機能・内臓機能を高めることで、つまり自身の「抗がん力」を高めることです。「袪邪」は腫瘍やがん細胞を言う「邪物」を除きます。当薬局では体質やがんの種類、進行度や治療法に合わせて、漢方薬の服用で手術や化学治療前のがんの進行の抑制、抗がん剤の副作用の減軽と抗がん剤の効果の高める事が出来ます。また末期膵臓がんをはじめ、肺がんや肝臓がんなど余命をどんどん伸ばし、3年、5年以上元気で仕事もできる末期がん患者さんは多数くいます。この応用実績は2010年6月の「第61回日本東洋医学会学術総会」で発表し、高く評価されました。

がん治療と予防に「抗がん力」を高める漢方薬の併用を強く勧めます!

2019年6月13日 侯  殿 昌

漢方で心臓の難病である肥大型心筋症の60代女性の症状が改善!

今日の福島は涼しく、午前中は曇りでしたが午後は久しぶりに晴れました。

 

今日の一人、精神疾患と診断されて5種類の心療内科の薬を服用しても良くならない50代後半の男性のお父さんが代理で来局しました。やはり、息子さんの病気を心配し漢方でなんとか良くなって仕事復帰できるような気持ちが強いそうです。息子さんの年齢とお父さんの容姿を見ると「もう80才~90才の間かな」と思ったので年齢を聞いたら「86才」と言われ…偶然ですが、亡くなった父と同じ年齢だったので当然、父の事を思い出しました。もう早いもので亡くなってから6年が経ちます。

 

患者さんについて、やはり難病の患者さんが多かったです。

肥大型心筋症の60代女性、非結核性抗酸菌症の50代女性、骨髄異型性症候群の40代女性などなど。

 

良くなった患者さんも沢山いました。

ちょうど一年前の6/20からイライラ、不安感、不眠、頭痛、眩暈、耳鳴り、息切れ、動悸、食欲不振、吐き気、便秘、生理不順などの症状でずっと心療内科の治療を受け、多量の薬を服用していた(多い時は18種類)40代女性は、一年間の体質改善の漢方薬服用で天気が悪い時の頭痛、怠さ、便秘の他に全ての症状が改善され元気になり、喜んでいます。また、先月からは二種類の睡眠薬を半錠ずつ服用すると言ったら、今日は本人から「その日の夜から半錠にしてみたら、一錠ずつ飲むのと同じく眠れています」と言われました。これから更に減る予定です。

また、昨年6/20から漢方薬を服用している肥大型心筋症の60代女性は、昨年の夏から息切れや動悸などの症状が改善され、昨年のお盆には数年ぶりに高台のお墓参りに行くことが出来て、今年の4月には5年ぶりにお寺の手伝いを3日間できたそうで、また、5/24の心臓の検査では「心臓の大きさは変わらずで心臓の肥大が止まっている」と言われたそうです。本人はとても喜んでいます。

 

夕方、福島の○○新聞社の担当者が来局し、35年前から始まった〇〇カルチャー教室(毎年9月から開講で毎月一回、生活や暮らし、健康、文化などを学ぶ講座)にて8月の閉講式の健康講座の講師依頼の為に来ました。忘れましたが、持ってきた資料によると2011年5月から私が毎年、講座を行っていて通算今回で9回目になります。今まで漢方薬、漢方の歴史、様々な病気の漢方治療を話しました。リピーターも多いので今回は何を話そうか、これから考えますが迷っています。

5ヶ月間の漢方服用で緑内障の60代女性の視力が0.08から0.7にまで改善!

今日は仙台も福島も曇り時々雨で、とても涼しいです。

全国からの電話やメール相談が多く、やはり皆さん難病や症状で苦しみ、悩んでいます。

例えば近畿・関西圏のIgA腎症の30代女性や、東北北部の間質性肺炎の60代女性、関東圏の網膜色素変性症の60代男性、静岡県の骨髄異型性症候群の60代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山いました。

例えば心療内科の薬や胃腸薬など7種類を服用している吐気、食欲不振、不眠、眩暈、便秘などの症状で悩んでいた30代女性は今年1月から当薬局の体質改善の漢方薬服用で、4月に来局の時は「全身の症状が6割改善している」と言われ、今日二ヶ月ぶりに来局したら全身の症状は8割以上が改善され、漢方薬も一ヶ月分を2ヶ月かけて服用しています。

また、8年前から緑内障と診断され、眼科の治療を受けていても視力がだんだん低下し視野が狭くなり、両目は飛蚊症もあり今年1月16日から腎臓や肝臓を強くして血流を良くする漢方薬を服用し続けました。今日最新の眼科の検査結果を聞くと(今月7日検査)、漢方服用直前の左右の視力0.08から右が0.7、左は0.1にまで改善され、また、飛蚊症も無くなり頭痛、肩こり、手足の痛みや痺れも改善されて喜んでいました。今月末には眼科の視野検査をする予定だそうで、たぶん視野も改善していると思います。

眼科では色んな病名がありますが、漢方医学では病名に関係なく、肝臓や腎臓を強くし血流を良くすることによって視力を高め、視野や飛蚊症、充血、ドライアイなどの症状も改善する、と考えます。このような漢方治療法で先週20代の先天性緑内障をはじめ遺伝性の目の病気や様々な目の難病の患者さんの視力や視野が改善する例は沢山あります。

眼科で治療を受けている、視力や視野などが悪化している時は是非、諦めないで漢方薬の併用をまずは勧めます。

 

昼休みに、久しぶりに〇〇気象台の敷地に視察に行きました。以前、桃を採りに行った事があり、職員とやり取りもあった印象がありましたが、今日は職員には誰も会えなく、桃の木が3本、杏1本、桑の実1本を確認しました。杏はまだ真緑ですが桃の実は大きくて色つきもよく美味しそうです。桑の木はとても太くて葉っぱも大きくて元気ですが、桑の実は少なかったです。でも、大きい完全に熟していない桑の実2個を採って食べたら最初は美味しかったですが、その後は少し舌が痺れました。何か口の中で反応した一瞬だったのかなぁ。午後になっても全然中毒の症状はないので、とりあえず安全を宣言します。来週はたぶん熟して紫色になると思うので、また視察に行く予定です。

昼休みに出掛けた時、携帯を薬局に忘れて行ったので桃や桑の実の写真を撮れなかったのが残念です。。。

漢方で潰瘍性大腸炎が改善された女性が3歳娘さんと来局

今日は朝からずっと雨ですが、雨の中遠い青森や岩手・茨城などから薬局の漢方薬を服用している家族や友人の紹介で来局された方が多かったです。また、千葉や広島からの問い合わせの方もいらっしゃいました。

 

今日は難病や大変な症状でお悩みの方が多かったです。癌手術後、癌になりやすい口腔白板症と診断された方や、今年の春に検診で15cm以上の子宮筋腫が見つかり手術と言われた30代の女性、毎日パソコンの仕事をしている先天性緑内障の20代の男性(左目の視力が0に近いと診断され眼圧も高いです)、病院の薬を服用しても血小板がどんどん減って今日の検査で血小板が2.8万だった血小板減少性紫斑病の10代の女の子など。

 

よくなった患者さんもたくさんいます。授業に参加出来ない・電車に乗れないなどの症状で悩んでいたパニック障害の20代の女性は、1年半ぶりにお母さんと来局。平成29年10月から心療内科の薬を止めて当薬局の体質改善の漢方薬を服用して、平成30年の新学期に毎日電車通学ができるようになって、今年無事に卒業して春に仙台に帰って就職しました。

 

一番嬉しいことは、来局した子ども達とのふれあいです。昼休みに雨のなか、県北の沿岸から40代のご夫婦と3歳の娘さんが来局。お母さんは30代の時、潰瘍性大腸炎で病院の薬を服用してもだんだん悪化して、腹痛・下痢・血便・食事ができないなどでうつ状態になって、平成26年から当薬局の漢方薬を服用開始しました。漢方を服用して潰瘍性大腸炎の症状がすべて改善され、その後結婚されお子さんが欲しくて妊娠しやすくなる漢方薬を服用して平成27年秋に自然妊娠され無事に元気な女の子が生まれました。今3歳になってとても可愛い女の子で、お父さんとお母さんの遺伝子をもらって背も標準より高いそうです。お子さんと会ったことがあるかなと思ったら、お母さんから今日が初めてでどうしても私と会わせたかったと言われました。また、お母さんから自分は体が弱いのに娘さんは手足の筋肉が強く、元気な子どもが生まれたのは漢方のおかげと言われました。元気なお子さんに会えて大変嬉しくて、遠くてもこの親子と縁があるかなと思います。これからも元気に成長することを祈ります。お母さんの話によると、雨の中遠く仙台に来たのは○○テレビの番組の収録だそうで、歌と踊りがとても好きなお子さんだそうです。歌と踊りについては漢方とたぶん関係ないかなと思います。肝心のテレビの放送日時を聞くのを忘れました・・・。見たいです!

 

漢方薬で40代女性の転移癌が小さくなっています

今日は、一日雨でとても涼しいです。難病と癌の患者さんが多いです。

入院中の骨髄異形成症候群の60代女性は、風邪で高熱が出て抗生物質を変えても変えても効果がなく、入院しながら免疫力を高める漢方薬を服用。また、非結核性抗酸菌症の80代女性は、咳がひどくなりましたが経過観察だけで不安です。

その他、乳癌を手術後に肺転移の60代女性、胃癌で肝臓転移して手術後に抗がん剤治療を受けている60代男性、膀胱癌を手術後にリンパ転移の80代女性、卵巣癌を手術後に抗がん剤治療を受けて肺転移の70代女性、卵巣癌を手術後にリンパ転移の40代女性など。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。

やはり、癌の患者さんが多いです。例えば、2018年11月に余命を言われた80代の癌の患者さんは、入院しながら漢方薬を服用していましたが、退院できないかも知れないと心配していました。その後、無事に元気に退院するだけではなく、今1年半以上たっても元気に生活ができています。もちろん、ずっと漢方薬を服用しています。

また、40代の婦人科の癌の患者さんは、繰返し手術後に抗がん剤治療を受けてまたリンパ転移があり、昨年2月から当薬局の漢方を服用開始。今まで抗がん剤治療の効果がありませんでしたが、5月のペット検査の報告書で、リンパ転移の集積が消失していました。間違いなく、漢方効果と考えられます。本人はとても喜んでいます。

漢方で難病のIgA腎症やクローン病も改善!

今日の福島は午前中は晴れ、午後は曇り時々雨で雷が鳴っていました。

 

患者さんの事について難病の患者さんは多かったです。

IgA腎症の20代と60代の女性、クーロン病の30代男性、乾癬の30代男性、間質性肺炎の50代男性など。。

 

ガンの患者さんも多かったです。すい臓がん、肝臓転移の60代の男性、肺がん、手術できない、骨転移、抗がん剤治療を受けている50男性、類上皮肉腫の40代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山います。例えば平成22年9月から当時50代で腎臓を強める漢方薬を服用しているIgA腎症の60代女性は、漢方薬を服用する前に4種類の薬を服用していて、腎機能がどんどん悪化しましたが、腎機能のクレアチニン数値は3前後からだんだん改善、今は2前後((昨年10月2日1.90、今年2月5日1.82、4月9日1.93)まで改善して、今も安定しています。もし漢方薬を服用しない場合はもう透析している可能性は高かったと思います。

またクーロン病の30代男性は中学生の時から下痢で平成25年には大腸と小腸15㎝を切除する手術をしましたが、その後も毎日ゲリが10回以上続き、体重は55㎏から49㎏に激減、平成28年4月から漢方薬を服用開始して、今、腸の検査は正常で体重は62㎏、身長172㎝に対してちょうど良く、毎日仕事を頑張っている様です。

その他は省略します。

 

ガンの手術後、平成27年から漢方薬を服用している当時30代女性は、その後も再発・転移が一切ありません。最近結婚して、これからは妊活する予定なので、私からは妊活の漢方薬で応援します!

 

夕方に新患の一人の40代男性とお母さんが来局しました。

30代の時に仕事のストレスと人間関係でうつ病と診断され、心療内科の治療を受けても良くならず、その後はパニック障害や抑うつ、適応障害など次々と診断されました。笑顔で礼儀正しく、とても好印象の男性なので、何故いろんな病名を診断されたのか…皇后さまと同じくやはりストレスと環境でしょう。皇后さまのように立派な外交官、いろんな経験があり、いろんな事に対応できるのに適応障害という病名を診断されるということは、皮肉みたいです。

難病の患者さんは多い!

昨日夜9時半から今朝5時半まで8時間の熟睡をしたので疲れが大分とれ、元気になりました。

今日の福島は晴れていて、朝から暑い!やはり、もう夏です!

 

患者さんのことについて

  1. 全国からメール相談の方が多いです。10代の喉の病気の男性(将来は話す仕事で手術ではなく、当薬局の漢方を選びました)や生理不順、生理痛の30代女性(卵巣の病気もある)、不妊症の30代女性や脊柱管狭窄症で長く歩けない90代男性など
  2. 難病の患者さんも多い。10数年前から3ケ所の皮膚科の治療を受けても良くならない白斑の60代男性、尋常性乾癬の40代男性(以前から当薬局の漢方を服用して、数年前にほぼ完治しましたが今年1月から転職で単身赴任になり、仕事のストレスや親の病気で再発)、仕事や運転など生活に影響している目の難病の黄斑前膜の50代女性、血液難病の特発性血小板減少性紫斑病の50代女性、IgA腎症の20代女性など

 

他にも書きたいことがありましたが…ブログを短くします。今日も早く8時間寝たいです。

 

最後に。。

今朝、高速バスで福島に来る途中にバスの中から脇見をしたら白いアカシアの花が咲いていたのを見つけたので、昼休みに薬局近くの小学校へアカシアを見に行ったら…高い場所で手が届かないだけではなく、既に採る時期が過ぎていて…多くが落ちていました。とても残念です。これからの時期は山形や宮城の山にアカシアを採りに行きたいと思います!

 

 

漢方で精神的な(下痢などの)症状が改善し大学合格を果たした10代男の子!

まず、先週末の土曜日には中国から来日していた友人達を見送り、その後はアメリカにいた友人たちが来日し仙台に来てくれたので日曜日には5~6人を相手に大変充実した忙しい土日を過ごしました。

 

今日は疲れが無く、朝から福島店での仕事でしたが大変忙しかったです。

なぜならば、約5年前にアレルギー反応が出てしまう当時小学生の子が約一年間の当薬局の漢方服用でアレルギー症状等が改善した今は中学生の女の子が、どうしても他県から来て新たな症状などを相談したいというので、今日しか会えるチャンスがないことを優先に考え、午後2時過ぎには福島店を出て仙台店に向かいました。よって今日のブログは短くします。

 

今日は新患の他に良くなった患者さんも沢山いました。

例えば約3年前にフグの料理中に指を怪我し、外科や皮膚科に行ってもなかなか良くならなかった40代の料理人男性は、漢方薬を一生懸命に服用して改善しています。今日診たら、完治までもう一息というところです。どうしても%で表現するならば…98%以上は良くなったと思います。

また、約3ヶ月前から当薬局の漢方薬を服用している関西圏の70代女性は、目の難病である網膜色素変性症ですが最近は徐々に症状が改善し、視力は変わりませんが眩しいのがやわらいで、楽になったと喜んでいます。加えて、例えば駅などの階段もユックリですが、手すりももたずに登れるようになったと言っています。これからは視力も徐々に良くなっていくと思います!

また、タイトルについてですが、去年の8月から当薬局の漢方を服用している男の子について、大変嬉しくなりました。それは、高校を卒業して一年間の浪人生活の中で、精神的からくる症状のゲリなどが改善し、勉強にも集中することができ見事に東京の大学にこの春合格できたそうです。今日はお母さんが来局し、大変遅くなりましたが祝いの言葉を伝えました。この患者さんは先日の10連休に帰省し、東京に上京すると、また少しずつ以前の様な精神的な症状が出てきたそうです。その時に、まだ残っていた当薬局の漢方薬を服用すると良くなったので、また続けて漢方薬を購入してくれました。やはり新しい環境や一人での生活、通学など様々なストレスがあるのだと思います。お母さんも「お守り代わりに持たせてあげます」と言っていました。素晴らしいお母さんです。