漢方で40代女性の手術前の癌が小さくなった

台風の影響で、できるだけブログは短くします。でも、台風はまだ来ていないので理由になりません。

まず、よくなった患者さんが沢山居ます。

6月から腎臓・肝臓を強める処方を服用している60代女性は、4~5年前から毎年の検査で腎機能のクレアチニン値は異常でしたが、9月13日の検査でクレアチニン値は昨年9月の0.75から0.69まで正常値になりました。総コレステロールとLDLコレステロールも改善し、昨年9月の総コレステロールは242から220までに改善(正常値は140~199)、LDLコレステロールは152から133(正常値は60~119)。

今年3月から漢方薬を服用している、4~5年前に舌痛症と診断されて毎日舌がヒリヒリ・ピリピリする50代女性は、今日の本人の話によると、舌のピリピリする痛みはもう忘れていてたまに症状を感じるそうです。本人の自己評価は7~8割改善されました。今日から漢方薬の量が減ります。

今年7月に卵巣腫瘍と診断され、9月に手術する予定との40代女性は、当薬局の漢方薬を服用している友人からの紹介で、体力免疫力を高めて手術前の癌を抑制する漢方薬を8月から服用。今日ご主人の話によると、9月末に手術は無事に終わり、手術後からすぐ話ができて食欲もすぐ戻って快復が早く、1週間で退院できました。特に驚いたことは、手術の時に7月検査の腫瘍の大きさより癌が小さくなっていました。手術前に癌治療は受けていないので、間違いなく漢方効果だと思います。本人と主治医は驚いています。

 

今日の新患の癌の一人は、6月に癌を診断されて11月末に手術予定です。間違いなく約5ヶ月で癌は進行して大きくなります。癌が成長しないまま手術を待っていることはあり得ません。また、少数の方は癌の初期に診断されますが、ほとんどの方が診断された時にもう既に進行している、或いは転移しています。治療を待っている間に更に進行し転移するでしょう。何度もブログに書きましたが、癌の手術や抗がん剤治療を待っている間に1日も早く体力免疫力を高め、内臓機能を高め、癌を抑制する漢方薬を服用することが一番理想です。

 

明日は史上最強クラスの台風が上陸するそうですが、誰かの魔法で台風の進路が右太平洋に曲がって、日本に上陸しないようお願いしたいです。もし誰も居なければ、今晩私が台風の進路に向かって祈ります。明日の台風が日本に上陸しない、少なくても仙台に上陸しなければ私の祈りの結果です。

漢方で40代女性の妊娠は順調!

まず今日の増税の影響について、昨日から一転、あまり影響は感じがなかったです。証拠は全国から様々な病気の相談の方が多かったからです。鹿児島、広島、愛媛、千葉、東京などなど。

増税により相談カードの書き方も変わりましたが(当薬局用)、すっかり忘れて以前の様に書いてしまっている事をスタッフに何度も注意されました。張り紙も貼ってくれたのに。。。

 

新患の一人は40代女性で3年前に脳腫瘍が発見され、定期的に検査(その時から漢方を服用すべき!)と言われ最初の2年間は大きくなっていませんでしたが昨年8月には大きくなっていて、今年6月には3年前の4倍の大きさになったので直ぐに手術をし(手術後すぐ漢方薬を服用したほうがいい!)成功しましたが徐々に視野が狭くなっていきました。今日の本人によると目の前の私の顔を見ると目の下から見えず、スマホの画面は1/5しか見えず、その後も悪化して家事も出来なくなったそうです。手術した主治医に言ったら「手術と関係ない、このような例は見たことない」と言われ不眠・不安・動悸・息苦しい・食欲不振・下痢で体重が10㎏痩せたそうです。友人の紹介で今日から当薬局の漢方を服用します。絶対に効果があると思います。その時、またブログに書きます。

 

良くなった患者さんの中の一人は、なんといっても7年前から不妊治療を繰返し失敗し5年前からは漢方服用しながらずっと不妊治療も続けてた40代の女性についてです。なかなか成功しない中で1年前に私の提案で「暫く不妊治療を休んで漢方で体質改善をしましょう」という趣旨を受け入れてくれ一生懸命に漢方を服用し続けてくれました。一年ぶりの先月初めに受精卵を移植し見事に着床、妊娠成功。今日の病院の検査では妊娠6週目で赤ちゃんも大きくなっていると言われたそうです。もちろん、移植前から着床しやすい漢方服用で9月中旬の妊娠判明からは流産予防の漢方薬を服用しています。先週からは少し吐き気、便秘、食欲不振、立ちくらみ等の症状があるので今日からつわり減軽の漢方薬も入れました。以前、この女性から「時々ブログに載せていた妊娠成功した女性の事を読むと羨ましく思っていたので自分の時も書いてくれるかな」等と言われた事があり、、、そう考えるとこの女性と共に大変嬉しくて幸せな気分になります。無事な妊娠・出産を毎日祈っています!

 

ところで今日の日付を数字だけで書くと2019102で、後ろから見ても同じでしょう!!

縁起がいい日か面白いか何かが起こるか、、、(笑)

 

漢方で85才女性の腎機能も改善!

今日の福島は昼間まだ暑いです!明日はもう十月なのに、、、、。

明日と言えば、増税の影響かな?我々は増税するのに純利益1兆円のソフトバンクの法人税はゼロ!関西電力の幹部に3.2億円の核電力工事費を還流、、、、納得できないでしょう!

 

今日の患者さんの事について、まず全国から鹿児島、広島、愛知、大分、千葉、東京などが多かったです。従って発送の漢方薬も多く、宅急便屋さんが二人がかりで運んでいました。

病気について、肺がん・胸水・抗がん剤治療を受けている87才の女性、肺線維症の70代女性、全身乾癬の70代女性、高血圧・腎機能異常の85才女性、脳動脈瘤・心房細動の70代女性、認知症の90才男性、糸球体腎炎で腎機能異常の60代女性、肝機能異常・糖尿病の60代男性、子宮筋腫の30代女性、統合失調症の20代男性、不妊症の40代女性、非結核性抗酸菌症の80才女性などなど。

 

様々な症状や検査結果が良くなった患者さんも多かったです。

例えば30代の卵巣腫れ・腰痛の30代女性は、5ヶ月間の漢方服用で卵巣の腫れが良くなり10年前からのほぼ毎日の腰痛も良くなりました。

もう一人の85才女性は、50代から高血圧・難聴・不眠などで9種類の薬を服用し腎機能が徐々に低下、血圧も高くなりました。例えば漢方服用前の昨年7月はクレアチニン0.96、今年の3月はさらに悪化し1.24、今日の最新の7/11の検査は0.78との正常値にまで改善、漢方服用前の血圧で上150~160台、下は80~90台でしたが、今朝の来局前の血圧は下70上137にまで改善し本人と娘さんはとても感謝してくれました。

今までも沢山の改善症例がありますが、今日は確実に漢方で80代の腎機能、肝機能、肺機能、心臓の機能が改善するという証明がされました!

 

漢方で60代男性の腎機能のクレアチニン値も尿酸値も改善

今日の仙台は涼しい。でも、まだ私は半袖のままです。何故まだ半袖を続けるかを患者さんに説明しました。今年の夏はとても暑くて長くて、急に涼しくなっているため毛穴がまだきちんと閉じていません。毛穴がきちんと閉じると体内の熱が逃げないので、保温効果を高め冬の冷え性や風邪予防になると考えられます。従って、しばらく半袖生活を続けます。

 

今日の患者さんのことについて、難病と癌の患者さんが多いです。

関東のIgA腎症の40代女性をはじめ、9歳からネフローゼの60代男性、14歳からネフローゼの20代の大学生、乳癌と卵巣嚢腫を手術後に骨転移の60代女性、乳癌と腎臓ネフローゼの50代女性、卵巣癌を手術後にリンパ転移し抗がん剤治療をしている40代女性、食道癌を手術後に放射線・抗がん剤治療を受けて肺転移の60代男性など。

腎臓の病気の患者さんが多いです。ネフローゼ、IgA腎症の他に15年前から高尿酸症、腎臓血液、腎機能がだんだん異常の60代男性、三十数年前から高血圧・高尿酸・多発性腎嚢胞で病院の薬を5種類服用していますが十数年前から腎機能がだんだん低下している60代男性は、昨年5月から当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用し、腎機能のクレアチニン値だけではなく尿酸値も血圧も改善されています。例えば、漢方薬を服用前の4月検査ではクレアチニン値2.49、尿酸値7.8でしたが、最新の8月検査では、クレアチニン値2.26、尿酸5.6まで改善されています。

 

今日も大変忙しく、明日も予約がいっぱいなので、今晩は早く休みたいです。

6年間漢方薬を服用している40代の男性の症状は全て改善

昨日は夜11時くらいに一瞬雲がきれて自宅のベランダから満月が見えました。昼休みにスタッフ達と話したらみんな早く寝て見られなかったと言いました。今晩もまだ満月で雲がなくて見えるかな。中国で15日の月は16日に丸になるということわざがあります。

 

今日の患者さんのことについて、まず難病の患者さんが多いです。再生不良性貧血の80代の女性、間質性肺炎の60代の女性、非結核性抗酸菌症の70代の女性、膠原病と血管炎の50代の女性、網膜色素変性症の50代の男性、血小板減少性紫斑病の10代の女の子、パーキンソン病の40代の女性など。癌の患者さんも多いです。進行性子宮頸癌で手術後転移再発予防の60代の女性、胃癌手術後肝臓転移で抗がん剤治療を受けて効果が無い60代の男性、卵巣癌と診断され9月末に手術予定の40代の女性など。

 

よくなった患者さんも沢山います。痛風・水腎症で病院の治療を受けていますが腎機能が低下している60代の男性は、平成26年から腎臓を強くする漢方薬を服用しています。漢方薬を服用する前はだんだん腎機能が低下して、例えば平成24年10月のクレアチニンは1.21、平成25年4月は1.30、漢方薬を服用する直前はクレアチニンの数値がさらに上がって1.33でした。漢方薬を服用後、腎機能が徐々に改善されクレアチニンの数値も下がり、服用半年後の平成26年9月には1.08まで改善されました。その後は少し波がありますが、基本的に悪化していません。例えば昨年6月の検査ではクレアチニン1.05で、最新の今年9月の検査では1.09で安定しています(クレアチニンの正常値は1.0以下)。

 

また、平成25年10月から漢方薬を服用している当時40代でパーキンソン病と診断された男性は、病院の3種類の薬を服用して手の震えは良くなりましたが副作用で昼間の眠気・だるさ・手足の硬直・手の動きがにぶいなどの症状がありました。今日、ご本人の話によると漢方薬を服用して約6年間、病院の薬は1日10錠だったのが4錠にまで減って、今は2種類しか服用していません。全身の様々な症状も改善され、仕事に支障は一切なく元気で楽しく仕事をしているそうです。また、8月の健診の結果を見たらコレステロールと血糖値が少し高い以外全て正常でした。医者から体重を5kg減らすように言われたそうです。

 

ところで、今日一番遠くから来た患者さんは関東からお母さんと初めて仙台に来た10代の女の子です。8月24日のブログに書いた通り、3年前に旅行中に鼻血が出て4時間止まらなくて緊急入院して血液検査をしたら、血小板が少なく突発性血小板減少性紫斑病と診断されました。その後、2週間入院してストロイドの点滴を受けて血小板は二十数万まで上がりましたが、退院したらまた2~4万台まで下がりました。今年6月8日に血液検査をして血小板が2.7万で、また病院の入院治療ではなくすぐ当薬局に相談して漢方薬の服用を開始しました。8月24日のブログにも書いた通り驚くほど効果が出て、自分の力で血小板が9万まで上がりました。今日、3連休を利用してわざわざお母さんと来局しました。大変礼儀正しくてお行儀もよくて、会えてうれしかったです。十分睡眠時間を取るほかに、皮膚をみたら軽いアトピーがあり、皮膚をあまり洗わない事や雑穀や皮付きのものを食べる事を話しました(ただいま、思い出しましたが生の魚をできるだけ食べないようにというのを言い忘れました)。感動した嬉しいことは、写真の通り新幹線の中で私に手作りの籠を作って来てくれたことです。これから印鑑を入れるか、小物入れにするか使い道を考えます。いずれにしても大事に使いたいと思います。初めて仙台に来たので、美味しい牛タンをすすめましたし、時間があれば日本三景の松島に行ってくださいと言いました。5時にお母さんと新幹線で帰る予定だそうで、無事に新幹線に乗ったかなあ。無事に家に帰ったかな・・・。

 

【写真】女の子にいただいたカゴ

6年間続いた酷いめまい発作がなくなった

今日は随分涼しくなり、夏バテが少し残った方以外に今日来局の患者さんの中で、睡眠がよくなった方や皮膚がよくなった方が居ました。患者さんのことについて、遠方の方が多いです。熊本、三重、大阪、東京、青森など。病気については、癌、IgA腎症、間質性肺炎、多系統委縮症、脊髄小脳変性症などの難病の他、大きい病気ではありませんがなかなか治らなくて辛くて来局。例えば十数年前から味覚も臭覚もない60代女性は、数えられないくらいの耳鼻科に通っても一切よくなりならず、食事も全然美味しくない。また、50代男性は昨年1月から急に瞼、顔、手のむくみがあり、検査をしても異常がなく原因不明です。

多量の薬を服用している患者さんも多いです。例えば、十数年前から高血圧・高尿酸などで6種類の薬を服用している70代男性は、腎機能がだんだん異常になり、8月の検査でクレアチニン値は3を超え、主治医からは「そろそろ透析」と言われました。今日から漢方薬を服用します。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。2011年から突然めまいを発症し、吐き気もあり食事もできず5日間症状が続いた30代女性は、その後も時々軽いめまい発作。毎年秋に必ず5日~1週間続く酷いめまいの発作がありました。2016年8月から当薬局の漢方薬を服用し、めまいだけではなく生理痛・イライラ・不安・肩こり・下痢もよくなりました。漢方薬を服用前の2016年8月11日の1週間のめまい発作以来、今日まで発作はありませんでした。とても喜んでいます。

 

今日は旧暦の8月15日。中国の伝統的な「中秋節」で、日本のお盆と同じく皆時間に帰って家族団らんしながら月餅を食べて満月を鑑賞します。家に月餅がありますが、今日の仙台は結構曇りなので、多分明日の朝までに満月は見られないでしょう。

 

ブログはまだあまり長くないのでもう少し書きます。例の水曜日の夕方、福島から帰った時、予定通り飯坂の○○学習センターの前の花桃公園に桃を収穫に行きました。写真の通り、熟して落ちた桃が木の根元に沢山落ちていて、足元を見ながら桃を収穫しました。残念なことは、誰も居ない桃園に私が現れると、なんと蚊の大群が私の顔・首・腕・足に着陸して結構血を吸われたこと。最後の写真の通り、腕があちこち腫れました・・・。今もまだ痒いです。桃は美味しいですが、やはり犠牲がありました。蚊にとって桃より私の血が美味しいのでしょう。来年は防災服で武装します。

 

 

肥大型心筋症の60代女性が7ヶ所のお墓参りが出来た!

今日は台風の影響で仙台も福島も朝から大雨でした。ちょうど通勤時間に当たってしまい、朝から靴下や靴、ズボンの下半分が全て濡れました。従って今日一日、仕事はノー靴下、ノー靴で昼休みも大雨だったのでズボンの裾を膝までまくって行きました。靴とズボンが濡れた男女のサラリーマンを見た時、膝までまくっている自分は大変良かったと思いました。同じ格好で歩いている人は居ませんでしたけど。。。

 

患者さんについて、やはり雨の影響でキャンセルの方もいましたが、ほとんどの皆さんが予約通りに来局してくれ、幸い15時には完全に雨が止みました。

やはり難病とガンの患者さんが多く、血小板減少性紫斑病の30代女性、60代の肥大型心筋症の女性、パーキンソンの60代女性、肺がん手術後に再発・骨転移の70代男性、肺がん・胸水で手術ができず抗がん剤治療を受けて肝機能異常の80代女性、間質性肺炎の60代男性などなど。

良くなった方も多く、目の視力や血液検査で腎機能や造血機能の結果が良くなった方や半年ぶりの肺臓の検査で肺の影がほとんど無くなったと診断され結果が良くなった方など、良い症例が沢山いましたが、昨年の8/20のブログにも書いていますが、7年前に肥大型心筋症と診断されて、2年前には心臓弁膜症と診断され息切れ、動悸、不整脈、疲れやすい、風邪ひき易い、咳、耳鳴りなどの症状があり昨年6月から当薬局の心臓を強くする漢方薬を服用開始した60代女性は、一昨年のお盆には2ヶ所しかお墓参りが出来なかったのが、去年は8ヶ所お墓参りが出来て(たしか福島の他に二本松やいわき等があり、特に福島の一ヶ所のお墓は急な坂の高い長い階段を登れています。また、数年ぶりのヶ所なので草や雑草が多くて入れなかったので草刈りもしたそうです)、今日の話では今年も元気にお盆中に福島の他に二本松、いわき等7ヶ所を参れたそうで、本人はいつも喜んでいます。来週からは築130年の家のキッチンなどのリフォームをする予定だそうで「体力的にも全然大丈夫」と自信満々です。

、、、ところで、ただ今気付いたことは、昨年8ヶ所のお墓参りだったのに、今年は何故一ヶ所少ないのでしょう?お墓が無くなることはあり得ないし…次回の来局の時に確認します!7か8ヶ所よりは築130年の家に大変興味が深いです。立派な木造の家でしょう、大きい屋敷でしょう…。

 

最後に、また雨のせいで今日、桃・梨の収穫ができませんでした!家に梨の在庫は少しありますが、桃はゼロ!水曜日には大収穫したいです!

漢方で5歳の男の子の自閉症状が改善

今日はとても忙しかったです。新患さんが多く、話が多くて喉がカラカラです。病名からいうと、進行性肺癌の60代女性、乳癌を手術後に腫瘍マーカー値が上がっている70代女性、子宮筋腫の40代女性、流産で不眠症の20代女性、高尿酸・高血圧の60代男性、脳動脈瘤の60代女性、潰瘍性大腸炎と子宮筋腫の40代女性、2回手術してまた再発の扁桃周囲腫瘍の20代女性、子宮体癌を手術後に肺転移の50代女性、卵巣嚢腫・子宮筋腫の40代女性、肝臓癌再発の50代男性、耳鳴りの50代男性、再生不良性貧血の60代男性、脳部異形髄膜腫再発の60代女性、不妊症の30代女性、精子異常の40代男性、未分化多形肉腫を手術後の10代男の子など。

 

よくなった患者さんも沢山居ますので、簡単に書きます。

平成26年から漢方薬を服用している再生不良性貧血の60代男性は、病院の薬を全部止めてもほぼ正常値を維持しています。4月30日の検査で赤血球は4900、ヘモグロビン13.9、血小板15.4で正常値。赤血球は411万で少し低いだけです。

乳癌を手術後に腫瘍マーカー値が上がっている70代女性は、平成29年5月から当薬局の漢方薬を服用し、AMYは当時の332からどんどん下がり昨年8月の164まで改善。今日の最新の検査結果の121(正常値は132以下)まで改善されました。

 

何より嬉しいことは、子ども達がよくなったこと。特に最近のニュースの、虐待で大事な子供の命がなくなったことがとても悲しいです。タイトルの通り、自閉症で発達障害の疑いと言われて、寝付きが悪い・不安・落ち着かない・発作・物を投げる等の症状があり、色んな漢方薬やサプリメントを服用してもよくならず、4月から当薬局の漢方薬を服用している5歳の男の子は、さまざまな症状の改善がみられました。今までよくなった発達障害や自閉症の子どものように、中学生、高校生、大学生まで続けて漢方薬を飲んで欲しいです。間違いなく、漢方で集中力を高めて脳の働きが良くなると思います。

 

最後になりますが、今日もう一つ嬉しいことは、肺癌で手術ができない60代女性は、抗がん剤治療で癌は小さくなっていますが、抗がん剤治療は終了。今後は経過観察と言われ、不安で〇〇大学病院の先生に「漢方薬を服用しながら定期的に検査を受けたい」と話をしたら、先生から当薬局を勧められて紹介状を持って来局しました。これからは、患者さんだけではなくお医者さん達が漢方を理解し認め、漢方と西洋の統合治療を理解できるよう努力したいと思います。実は、〇〇大学病院の入院患者さんやお医者さん本人やお医者さんの家族も多数当薬局の漢方薬を服用したことがあります。

漢方で重症の肺炎の70代男性が5倍延命!

※昨夕はパソコンの体調不良によりブログインできなかったので、朝一番で昨日の分を載せます!

今日の福島は午前晴れ、午後雨…したがって午前暑い、午後涼しいです!

 

患者さんの事について良くなった方が多かったです。

①昨年5月から漢方薬を服用している60代男性は、腎臓ガン手術の後、9種類の薬を服用していましたが、だんだん腎機能が低下。昨年5月8日の検査でクレアチニン3.05まで悪化し、5月14日から腎臓を強める漢方薬を服用開始しました。その後の検査で腎機能は徐々に改善して今は安定しています。例えば6月のクレアチニンは2.50、7月は2.58、8月は2.36。

②平成21年から全身の乾癬で服用している当時60代女性は、約一年間の漢方服用でほぼ完治し、その後は年毎に漢方薬を減らし、今は2~3ヶ月をかけて一ヶ月分を服用しています。今日の本人によると、夏に少し痒い以外は、以前の全身の顔、腰、お尻、両足、首の乾癬が完全に良くなり、今年の夏には左足にだけ小さい数カ所の乾癬があるだけです。

③睡眠薬を6~7年間ほど服用しても改善されず(睡眠時間は2時間しか眠れず)、目覚めると全く眠れない60代女性は、平成25年から漢方服用し、今は毎日4~5時間は眠れるようになりました。10日分の漢方薬を一ヶ月かけて服用しています。

 

ところで今朝、一通の訃報メールが届きました。

以前、何回もブログに書いていると思いますが今年2月から重症の肺炎で入院して余命一ヶ月と言われていた70代男性は、入院しながら肺を強くし免疫力を高め炎症を沈める漢方を服用し、元気になり食欲も出て、検査結果も良くなった等のメールを報告してくれていましたが、残念なことに先月末に亡くなりました。メールによると、眠る様に亡くなったそうで、ご遺族から「宣告余命一ヶ月から5ヶ月間を生きながらえ、感謝します」とあり、、、心よりご冥福をお祈ります。

 

今日の昼に食事の後、桃と梨を収穫に行きました。

持参している袋がなかったので、いつも行くスーパーの入口にある傘を入れるビニール袋を一枚いただいて、いっぱい桃を収穫し半分はスタッフ達に食後のデザートとしてあげました。珍しく三人とも「美味しい」と言ってくれましたが、薬局に写真の格好で帰えると、スタッフの一人が呆れて椅子に座りながら背もたれに仰け反り「そのカッコ!」とガッカリしていました。。。

梨の収穫について、明確に言えば枝が高くて全く手が届かないので…地面に落ちている梨を拾いました。硬くてスッパかったのでスタッフ達にはあげませんでした。一気に二つ食べたら、スッパくて胃が焼けた感じがします。でも美味しかったです!

 

4ヶ月の漢方でリウマチ性多発筋痛症の痛みと貧血が改善

今日も難病の患者さんが多いです。多発性硬化症の50代女性、IgA腎症の10代男の子、急性膵炎の60代男性、リウマチ性多発筋痛症の60代男性、肺がん手術後、間質性  性肺炎になった50代男性など。

 

みんな検査結果、良くなっています。例えば、10年前食道癌の手術後、抗がん剤治療を受けて、3年前に急性膵炎になり肝・腎機能異常・貧血の60代男性は、H29年11月から当薬局の漢方を服用し、R1年8月8日の血液・CT検査でCT結果正常、癌の転移、再発なし。肝・腎機能正常になってRBCは5月23日の346万から377万、Hbは10.6~11.7まで改善され、もう少しで正常値になります。本人も奥さんもとても喜んでいます。

 

今年3月、鎮痛剤、ステロイド、高血圧など多量の薬を服用しても、痛みなどの症状が改善されない、血液検査で炎症反応と貧血はどんどん悪化している60代男性は、今年の3月から漢方を服用し、半年ぶりの血液検査で3月13日の検査のCRP 0.26(H)から8月28日の0.17まで、RBC352万から376万、Hb11.3~13.1まで改善しました。また、腰痛・足首の痛み・耳鳴りも改善しました。本人は病院の6種類の薬より、漢方薬の効果を感じています、と言われました。

 

ところで、昼に、山形市内の桃、棗を観察に行きました。品種によって違いますが、山形の桃はまだ緑、硬い。また写真の通り、市内2ヶ所、3本の棗の実はまたまた小さい!途中、昨日の福島のように梨の木は発見できなかった!残念です!

<写真>