漢方で抗がん剤治療受けている70代男性の肝機能・腎機能改善

今日も全国からの相談が多い。愛知の20代男性(この男性のお母さんとお兄さんは当店の漢方を服用して共に良くなった。例えば精神疾患が良くなりお兄さんは仕事復帰しました)

三重の40代男性、青森の80代女性など良くなった患者さんは多い。例えば40代ご夫婦は尿酸値・血圧・婦人科の疾病は共に検査結果が良くなった。30代の逆流性食道炎の男性の症状が改善。

今年5月に胆管癌と診断され、手術出来ない、8月から抗がん剤治療を受けている70代の男性は、副作用が強く肝機能・腎機能異常、貧血で当店の漢方を膠原病と突発性血小板減少症、紫斑病が完全に良くなった女性の紹介で10月1日から漢方を服用。今日、奥さんが10月27日の新しい血液検査結果を持って来ました。漢方服用前の9月14日の検査結果より肝機能・腎機能・貧血は改善されています。例えば、9月14日の検査結果、赤血球281万ヘモグロビン8.9・肝機能のALP2367・GOT39・GPT73・ガンマGTP1585・クレアチニン1.25・尿酸8.2から、10月27日の赤血球329万・ヘモグロビン10.2・肝機能のALP698・GOT24・GPT32・ガンマGTP697・クレアチニン1.22・尿酸5.7まで改善。

実はこの方のように漢方で肝機能・腎機能が良くなる。造血機能高めるだけでなく、体力・生命力・免疫力も高めて、その他の様々の抗がん剤の副作用も減少しました。同時に抗がん剤の治療効果も高めると考えられます。

9年間と8年間の漢方服用で50代の娘さんと80代のお母さんは共に元気

今日も全国からの患者さんの相談が多いです。山口県の血液の難病の10代男性、千葉の皮膚アレルギーの10代女性、北海道の精神疾患の40代男性など。

 

今日も家族共に漢方を服用している方が多い。40代のご夫婦、50代と80代の娘さんとお母さん、不妊症の30代のご夫婦(妊娠はまだ成功していませんが7月から漢方服用でご主人の不眠症は良くなっています。)

 

良くなった患者さんもたくさんいます。例えばH23年11月から漢方を服用している婦人科の病気・鬱など当時40代の女性は、手術一歩手前の婦人科の病気が良くなった後、当時70代のお母さんに漢方を勧めH24年11月から乳がん手術した後リンパ転移のお母さんも漢方を服用。その後8年間再発・転移もない。2人共に漢方を減量し服用を継続しています。今日50代の娘さんから、漢方のお陰で病気もなく90歳近い両親の面倒も見ることもできます、と言われました。転倒しやすい、日中も眠気が抜けない89歳のお父さんにも漢方を勧めたいと言われました。

四年半の漢方服用で40代女性の進行がん後の転移・再発はない!

今日の福島は寒いです。始めて暖房を入れました。暖房をつけるだけではなく、明日から服装もあつい服にしようと思います。

 

患者さんについて、当薬局の漢方を服用して家族や親せきが良くなって2~3人増え…等の方が多いです。例えばお母さん、妹さんが漢方を先に飲んで良くなった女性は今年3月から3歳の皮膚・咳、鼻、風邪ひきやすい息子さんが服用開始し、今日からは会社での婦人科がん検診の異常で不安になり、お母さんに言ったら「早く懐仁堂の漢方を」と言われた30代のこの女性も服用することにしました。

もう一つの家族は、昨年4月から20代の息子さんが服用、その後50代のお母さん、その後は長女、その後二女が服用し、80代のお母さんは「お孫さんの漢方を服用したら美味しいだけではなく、とても元気になった」ということで、自分専用のリウマチの漢方も服用開始しました。今日は1歳10ヶ月の皮膚、鼻アレルギー、風邪ひきやすい、咳長い自分のお孫さんも漢方を服用開始するので、なんと一家4世代の6人が漢方を服用してくれています。

 

良くなった患者さんの一人は、平成28年4月に大腸がんステージ3リンパ転移で手術後に抗がん剤治療を受けていましたが副作用が強く、肝機能や腎機能が異常、貧血など様々な副作用があり、平成28年5月から漢方服用(併用)している40代女性です。

肝機能や腎機能が良くなって抗がん剤の副作用も軽くなり、抗がん剤治療が終わった後もガン再発予防の漢方服用で平成30年1月のCT検査で再発・転移がありませんでした。その後は半年毎のCT検査も異常なく漢方薬を減量しCT検査も一年に一度になり、先週の一年ぶりの検査で再発・転移は一切ありませんでした。本人もとても喜んでいます。

ご存じの通りこの女性は進行がん・転移もあり、40代だし再発・転移は絶対にしやすいと考えられます。でも、この結果をみてやはり、癌手術後に再発・転移予防の漢方服用は一番理想的だったと思います。

今日は私の友人が福島店に来局すると、スタッフがピッタリとくっついて写真を撮っていました。素晴らしい思い出が出来た様で、今まで見たこともないほど終始ニコニコ笑顔でした。

漢方で妊娠した30代女性が元気な子を出産っ!

今日の福島はとても良い天気です。晴れて、暑くもない、寒くもない。

 

患者さんについて、久しぶりの方や遠い方(京都・新潟・千葉など)が多かったです。

一番印象深い事は、子供の事です。

IgA腎症の男児のお母さんから電話があり、数年前にIgA腎症と診断され病院の治療を拒否して当薬局の腎臓強化の漢方を服用開始しました。今日のお母さんによると一年以上、尿検査では尿蛋白がマイナスで病院からは「今後、通院検査をしなくてもよい」と言われたそうです。早産の三歳の弟さんのことを新たに相談されました。

また、今年三月から喘息、風邪ひきやすい、アレルギー性鼻炎、ゲリの3歳の男児は、漢方薬を服用し(おばあちゃんをはじめ、家族の中で他に三人が漢方服用しています)、6月まで漢方を続けて服用し全ての症状が改善されましたが、今は寒くなってきて、咳や鼻の症状が出てきたので、また服用再開しました(8月に誕生日で今は4歳になりました)。

 

一番嬉しい事は、昨年6月から婦人科の病気もあり不妊治療を繰り返し失敗した30代女性は漢方服用で、婦人科の内膜症、チョコレート濃腫など婦人科の病気が改善。昨年末に妊娠成功し、昨日の夕方に連絡があり10/6の0:34に元気な2639gの元気な女児を出産しました(可愛い可愛い写真も来ました)。逆子で帝王切開でしたが、産まれる直前まで漢方薬を服用していて、切開の痛みはありますが、元気で母乳もいっぱい出ているそうです。たぶん、今年の8月のブログに書いたと思いますが(逆子を漢方薬で治す処方でした)、効果なくとても残念で治りませんでした。。

また、以前のブログにも書いていますが、漢方服用している方で産まれた子は皆大きく3000g前後でしたが、この女性の子供は少し小さかった事が、もう一つの残念なことです。でも、東海地方で不妊治療を繰り返し失敗し、婦人科の病気もあり、昨年春に仙台に転勤して当薬局の漢方と出会いがあり元気な子供が産まれるという事は、間違いなく本人とご家族は大変喜んでいるでしょう。出産前、本人に「名前をつけるときは、ぜひ仙台で産まれた事を記念して名前をつけて下さい」と冗談交じりで言いましたが、何の名前にしたでしょう。。興味深いです。いずれにせよ、スクスクと元気に育つことを心から祈り祝います!

 

ところで、写真の通り今日は仙台から、いつもと違う持参食事を持ってきました(皿ごと持ってくるので弁当とは言えません)。お皿には多種類の野菜、キノコ、肉の菜炒め、かぼちゃの他に山形産の枝豆、落花生、栗、宮城産の芋の他に月曜日に福島で採った小さい姫リンゴ(本当の名前は分かりませんが、私の試食でリンゴと同じ味だったので勝手に決めました)、昨日、山形で無料で収穫したザクロ、棗、サンザシ等もいっぱい食べました(実は誰も食べない物は野生の生ゴミになり多い!)。改めて写真を見ると…ゴミに見えますが、、、れっきとした私のランチのデザートです!

食べながら考えました…中国には甘いザクロが多いのに日本では酸っぱいザクロばかり。中国のサンザシは全て酸っぱいのに、日本のサンザシは全然酸っぱくありません。なぜ逆かな??

 

半年間の漢方薬で40代女性の子宮頸がん中度異形成から正常になった

結局昨日の仙台の夜は雨ではなく時々晴れて旧暦の8月15日の月を見ました。今日も晴れるみたいで、昨日に続き16日の満月も見たいです。実は、中国では16日の月の方が15日より丸いと言われています。

 

今日は大変忙しかったです。仙台店の予約の方の他に、千葉や東京の遠方の方や1年ぶり2年ぶりの方もいます。当薬局の漢方薬を服用して自然に妊娠して元気な息子さんが生まれた40代の女性は、1年ぶりに漢方薬を服用します。ずっと元気でしたが、最近仕事が変わって大変ストレスがあり、胃痛・胃もたれ・吐き気・胃酸の逆流などの症状があり、病院の薬を服用しても良くならずまた当薬局の漢方薬を服用します。

 

ところで、私の今日の胃の調子もあまりよくないので、ブログを短くします。最後に、よくなった患者さんの一人の方のことを書きます。お母さんもご兄弟も当薬局の漢方薬を服用している40代の女性は、結婚してお子さんも欲しいですが子宮頸がんの検査で数年前から軽度から中度異形成になって、今年3月から当薬局の免疫力を高めるがん予防の漢方薬を服用しています。6月の検査で、中度異形成から正常になりましたが、ご本人もお医者さんも半信半疑で、3か月後もう一度検査して正常だったら納得しますと言われました。今日ご本人からの連絡によると1週間前の細胞の検査で細胞は正常で、ご本人もお医者さんも納得しました。特にご本人はこれから妊娠を希望されているので、大変喜んでいます。これから子宮がんは半年に1回の検査をする予定です。漢方も継続して1日も早く妊娠することを祈ります。

漢方で肝臓を強め様々な精神的症状が改善

今日の山形は風があり少し涼しく感じます。

患者さんのことについて、家族で服用している方が多い。H23年から婦人科と鬱のことで娘さん漢方を服用し、婦人科の病気を改善、手術を避けました。その1年後に乳がんでリンパに転移のお母さんも漢方を服用開始。今親子共に予防のために漢方の服用を継続しています。もう1つの家族は、パーキンソン病のお父さんをはじめ、耳鳴りの娘さんと不安・不眠のご主人はR2年5月から漢方を服用しています。

 

やはり漢方医学の考え方は正しい。例えば睡眠障害・自律神経・精神的な症状は脳神経が原因ではなく肝臓と心臓が関係していると考えています。1人の40代男性は十数年前から幻聴・不安・不眠などで心療内科から統合失調症と診断。5種類の薬を服用しても良くならず相談へ来店。最初肝臓と関係があり強くすれば不安・不眠など統合失調症の症状が改善されると話しましたがなかなか理解されませんでした。今年8月の血液検査の結果を見たら、肝機能が異常でやっと漢方の考え方は正しいと理解されました。この男性は間違いなく漢方で肝機能も統合失調症の様々な症状も改善されると思います。

 

ところで今日も予定通り山形牛(山形豚)のお弁当を注文し昨日に続き仙台店の創立記念のお祝いをしました。(山形牛は間違いないのですが山形豚か確認していない)私の豚味噌漬けはとても美味しかったです。昨日と違いお腹は十分満たされました。

漢方で不妊症の37才の女性が妊娠成功!

今日は午後から怠く、疲れが取れない等ナツバデの症状を感じています。でも家族3人が漢方薬を服用している20代男性のお母さんから「夏の仕事現場は50℃ぐらいですが今日まで休みなく、元気で毎日仕事はできて、漢方薬のおかげです」と言われました。元気がないのに加えスタッフからは、追い打ちをかける様にある事を強要されたので…怠さが倍増しました。。

 

今日の新患はニキビの20代女性、不妊症の20代女性などの他に皆、漢方のおかげで症状などが良くなっています。

例えば9/2のブログに書いた病院の薬を服用してどんどん悪化したブドウ病みたいな症状の発作がある少年は、さらに症状が落ち着いているそうで、「今日も学校に行きました」とおばあちゃんから連絡がありました。

また、頭痛などにより不登校が続き、その後改善して見事進学校に進学した同級生の紹介で服用している頭痛、吐き気、眩暈、腹痛などで起立性調節障害と診断されたがなかなか良くならず学校を休んだり不登校したりしていた少女は、今年7/1からの漢方服用で今、眩暈、吐き気、頭痛などの症状が著しく改善して月曜から土曜まで授業を受けることができるようになったそうです。

その後、別の女子高生がお父さんの漢方薬を取りに来局すると、私を含めスタッフ達はこの子のファンになりました。スタッフ達は親目線で「可愛い、可愛い」を連呼し、私も素直そうな可愛らしいこの子のファンになりました。

一番嬉しいことは、お父さん、お母さん、お兄さんも当薬局の漢方を服用している37歳の女性は、平成30年から不妊治療をしていましたがなかなか妊娠できなくて昨年5月から婦人科の病気を改善させ妊娠しやすい漢方を服用開始し、今年6月に病院の不妊治療は再開して婦人科の病気も改善させると、良い卵子が採れ体外受精を行い、今日は本人から喜びの連絡があり病院で「妊娠成功」と診断され、今日から流産予防の漢方薬に変わりました。直ぐご両親に報告したそうで、間違いなく私よりご両親は大きい喜びだったと思います。本当に嬉しく思います。ちなみに、お父さんは福島の浜通りに住んでいて、友人や知り合いが多く、沢山の方に当薬局の漢方薬を紹介してくれました。お父さんに感謝すると同時に娘さんの無事な妊娠・出産を心から祈ります!

 

漢方の母乳で赤ちゃんの成長が早い!

今日は仙台も福島も雨でとても涼しいですが、急に気温が下がると体にも良くないかなと思います。昼に外に行ったら涼しすぎてクシャミ・鼻水が出ると、何も言う暇もなく当たり前の様にすぐスタッフが体温を測りに来ました(眉間にシワを寄せて)。結果は熱がなく36.5度で薬局に入る事を許可されました。

 

患者さんの事についていつもの通り、やはり全国からご相談の方は多かったです(静岡、新潟、東京、千葉、埼玉など)。難病や家族ぐるみの方も多く、同じ自己免疫性肝炎の50代女性と20代女性親子、難聴・髪抜け・朝疲れの50代男性と不眠の奥さんと食欲不振・不眠の息子さん一家三人。生理不順の40代女性と生活習慣病のご夫婦と目の病気の80代お母さんの一家3人などなど。

 

良くなった患者さんも何も沢山います。

例えば昨年12月から漢方服用の肝機能異常の50代女性は、漢方服用前の昨年11月の検査でガンマGTは116、GOT35、異常でしたが最新の8/5の検査ではGOT24(正常値の30以下になった)、ガンマGDPは72(正常値は50以下)で、もう少しで正常値になります。

 

ところで、婦人科の病気である内膜症とチョコレート濃腫があり当薬局の漢方を平成31年1月から服用し改善され、その後は妊娠の漢方服用で自然妊娠に成功。今年6月に約2900gの男児を出産した女性から電話があり、「出産後もずっと漢方を服用していて7月の婦人科の検査で内膜症とチョコレート濃腫は見えなくなるほど小さくなっていた」と言われました。また、完全母乳で質も良く、産まれてまだ三カ月未満なのに、なんと今日の男児の体重は7.2キロだそうです。体重だけではなく、身長も伸びが早いと言われました。やはり、漢方服用している妊娠中の方の子供さんの体重は大きく、出産後も漢方服用しているかたの母乳の量や質が良いことがまた証明されました。大変嬉しい事です。スクスクの成長を祈ります!

漢方で30代女性の生理不順が1年9ヶ月ぶりに来た

今日の福島の朝は涼しくなっています!しかし日中は暑く、薬局の中は午後の西日で大変暑くなります。。

 

全国からの相談の方は多く近畿地方30代の女性、中部地方の70代の女性、関西の30代の男性、北関東の40の女性、中国の40代男性など。

 

今日は新患の方も多かったです。眩暈・耳鳴りの40代女性、腰痛の40代の男性(妹一家3人は当薬局の漢方で良くなっているので勧めた)、両手足湿疹の70代女性、がん手術後に肝機能異常の60代女性(お孫さんや親戚など多数服用中)などなど。

 

良くなった患者もたくさんいますが(潰瘍性大腸炎の症状や肝機能、腎機能も良くなった30代男性などなど)、一人の女性について書きます。

生理不順、胃腸弱、湿疹等の30代女性は最初、全国の漢方薬局の漢方を色々と服用していて、効き目を感じない等により2019年5月から当薬局の漢方を服用開始しました。今では全身の症状や自律神経なども改善し、今日は喜びの報告があり2018年11月ぶりに生理がきたそうです。とても喜んでいます。

 

やはり、生理不順だけでなく婦人科の様々な病気で悩んでいる方は、女性ホルモン治療だけではなく全身の様々な症状も関係しています。婦人科のホルモン治療より、体質改善(身体を変える)の漢方薬を服用すれば病気の根本治療により結果は早く改善するでしょう。身体の様々な症状に合わせて生薬を組み合わせることが出来る漢方煎じ薬を強く勧めます!

漢方で膵臓異常の40代女性も肝機能異常の40代女性も正常値まで改善

今日は連休の真ん中ですが山形店へ出勤です。山形は想像以上に暑かった。体感温度では36か37度ぐらいかなと思います。

 

患者さんのことについて。やはり連休と関係なく全国から問い合わせが多いです。京都の目の難病の70代女性と10代のお孫さんをはじめ、大阪の40代女性、北海道の70代女性など。

 

うれしい患者さんのこともあります。1月から漢方を服用している30代の不妊症の女性は、自分で妊娠の陽性を確認し今週末に産婦人科に検査に行く予定です。また妊娠はまだですが不妊治療を繰り返している30代後半の女性は、先月いい卵子が採れ受精も成功これから移植の予定です。他に今週出産予定の30代女性もいます。無事の出産を祈ります。

 

また家系の中に膵臓癌の方が多い40代の女性は、H28年から膵臓のアミラーゼ値がだんだん高くなり膵臓炎と診断。今年2月の検査でアミラーゼ値は173、当店の膵臓を強くする漢方を服用し、今日7月の最新の検査結果では122の正常値(正常値は44~132)まで改善され大変喜んでいます。

 

他にも肝機能異常の40代女性は、4月から肝臓を強くする漢方を服用。昨年6月26日の検査でALT33から正常値の14まで改善。また血糖値124から103まで、HbA1Cは6.8から5.6まで改善。体重も63から60キロまで減りました。大変喜んでいます。

 

最後にネットで今日の山形の最高気温を調べたら36.7度でした(13時現在)ちなみに福島は34.4度、仙台は34.2度。全国の最高気温は群馬県伊勢崎市で40.1度だそうです。