新患の皮膚難病の20代の女性と3ヶ月の漢方で円形脱毛と生理不順を改善した20代の女性。

昨日、ブログに書いた4年前から漢方薬を服用している非結核性抗酸菌症の女性は、88歳ではなく、昨日は89歳でしたが、今日は誕生日なので90歳になりました。写真の通り、普通より丁寧に、お祝いの手紙とプレゼントと漢方薬を送りました。なぜ、普通より丁寧に書いたかというと、実はこの女性は、いつも綺麗な手書きの手紙を送ってくれるからです。もう一つは、90歳の誕生日の日でも現役で、美容師の仕事をしているからです。今日、誕生日のお祝いの電話をしたら、笑いながら「はい、はい有難う。今、仕事中」と言って電話が切れました。将来は日本一、長寿の現役の美容師になる可能性が高いと思います。

今日、一番大変な患者さんの一人は、皮膚難病の20代の女性です。中学生、高校生の時、仙台で皮膚科の病院や大学病院の皮膚科で治療しても良くならず、その後、進学、仕事で東京へ行き、東京の沢山の皮膚科(例えば、日本大学付属病院、虎の門病院、仙川皮膚科、希望ヶ丘すずらん皮膚科、東新宿前皮膚科、余丁町皮膚科、東京女子医大皮膚科など)で治療を受けても良くなりませんでした。両腕の肩から手首まで長い傷のような湿疹の写真を送ってくれて、大変酷い皮膚病かなと思います。皮膚科で治らないですが、体質改善の漢方で、半年か1年掛かるかもしれませんが、きっと皮膚は綺麗になると思います。その時、良くなる前と良くなった後の両方の写真をブログに載せます。(もちろん本人の了解を得て載せます。)

良くなった患者さんは沢山いますが、一番嬉しかったことは、ちょうど3ヶ月前の7月9日から漢方薬を服用している、友人の20代の娘さんのことです。高校生の時から、円形脱毛があり、大学の受験で更に、悪化して皮膚科の治療を受けていますが、なかなか良くならず、お父さんの勧めで漢方薬を服用しました。今日、本人は喜んで来局しました。まだ、短いですが、円形脱毛の所に産毛が生えてきたそうです。しかも、2年前から生理不順でピルを服用しても、3ヶ月に1回しか来なかった生理が、先月からは、ピルを服用しなくても来るようになったそうです。

実は、今日、皮膚難病の20代の女性も生理不順(3、4ヶ月生理がない)や不正出血があります。漢方で皮膚病だけではなく、生理も順調になるはずです。

[写真]

膠原病と間質性肺炎で漢方薬を服用の60代女性と漢方で産まれた孫さん2人の3人写真を見せてくれた!

 今日の福島では、ほとんどの皆さんが漢方で症状や検査結果が良くなって喜んでいます。
 例えば昨年8月から漢方薬を服用の網膜色素変性症の30代女性、7年前から漢方薬を服用中の腎機能異常の70代男性、平成29年から漢方薬を服用している間質性肺炎の60代女性などなどです。

 5才の時から漢方薬を服用していた事のある今は大学4年生の女子大生は、久しぶりに来局しました。
 お母さんが私のブログに書いていた漢方薬の服用でコロナが著しく改善された治療をみてご両親との家族3人、「万が一コロナに感染したらすぐに服用できる漢方を用意してほしい」と言われて、お母さんの変わりに来てくれました。来年は大学卒業予定で、今は就活中だそうです。この女子大学生は、実は5歳の時に私と漢方薬とに縁があり、時々意識が無くなって病院ではてんかんと診断され、お母さんの勧めで病院の薬を服用しながら中学生まで漢方薬を服用し続けました。
 小学生の時、病院の薬の副作用で授業中ボーとしたり時々学校を休まなければなりませんでしたが、私の勧めでてんかん薬を徐々に減らしながら、中学生までには漢方薬だけを服用し続け、その後の中学校からは発作もなく、毎年の脳波の検査も正常で、なんと漢方薬を一切服用しないで高校生、大学生になりました。
 今はとても元気で、背もお母さんを越えました。5,6歳の小学生の時の姿は今でもハッキリ覚えています(スタッフも「可愛い」を連呼していました。今日は「美しい」を連呼していました)。たしかお父さんは背があまり高くなく、もしかしたらお父さんより背が高いかもしれません…。

 平成29年4月から膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変で漢方薬を服用している60代女性は、4カ月ぶりに来局しました。
 先週、病院の特定疾患の血液検査をしましたが、結果は来月でるそうで、本人は「リウマチで両手の指関節の腫れ、たまに痛い以外は一切症状がなくとても元気」と言われました。実はこの女性は、自分で漢方薬を服用して良くなり、不妊治療を繰り返し失敗していた娘さん2人(長女は流産したこともあり)に当薬局の漢方を勧めてくれ、共に妊娠成功、共に元気な女の子が産まれました。本人が真ん中、左右に孫二人が顔をピッタリくっつけている3人の写真を私とスタッフ達にも見せてくれました。3人共に素敵な笑顔で、孫さん2人がとても可愛かったです。本人から何回も「漢方のお陰で可愛い孫二人です」と言われました。その後、長女のご主人や次女のご主人のお父さん、本人の弟さんも漢方を服用してくれました。

 昨日、写真の通り丸1日、丁寧に筆ペンで7人の方に手紙を書きました。
 中国語2つ、日本語5つで、内容は薬局開業20周年感謝の気持ちです。ご存じの通り9月1日は薬局開設20周年を迎えますが、コロナの影響で記念のイベントもできない、集まって記念のお酒飲みもできないので、変わりに手紙とプレゼントを贈る予定です。7人の中の5人は、創業時のメンバーです。彼らの努力・協力・支援がなければ懐仁堂漢方薬局は開設できなかったかもしれません。
 彼らに心から感謝、感激、感恩!ずっと忘れない!忘れてはいけない!

漢方で30代女性は自然妊娠成功

今日のブログも昨日のように短くします。
がんの70代女性、高血圧・糖尿の50代男性、片頭痛の40代女性など。皆さん検査結果や症状が良くなって喜んでいます。
平成29年から高血圧・糖尿・脂肪肝・肥満の50代男性はずっと漢方服用。健康診断の結果正常になり、手の痺れやむくみや膀胱炎、トイレが近い等の症状も改善され喜んでいます。この方は同僚や友人など、今日まで十数人に当店の漢方を紹介してくれました。今日、お話を聞くと不妊症や難病の潰瘍性大腸炎など、皆さん良くなっていて喜んでいると言われました。
ところで、当店の漢方を服用している方のご紹介で昨年4月から漢方を服用している生理不順と不正出血・イライラ・不安・不眠・頭痛・動悸などの30代女性は、一生懸命に漢方を服用して全身の症状が5割改善され、今年の春にはほぼ全部改善されました。更に昨日の病院の検査で妊娠2ヶ月と診断されました。見事に自然妊娠成功。本当におめでとうございます。今日から流産とつわり予防の漢方に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。

漢方で70代男性の手の痺れは8割改善 ・10代の女子大学生のアトピー性皮膚炎は9割改善

連休明け、オリンピックも終わりコロナ感染者は増加を続け、入院治療出来ない在宅療養者も増え、重症者も増え…悲しいさみしい気持ちです。

患者さんの事について。連休明けいつも通り全国からのメール相談の方が多い。
2回手術した後また子宮筋腫再発の女性や、流産不妊症の40代女性、7月に大腸がんと診断され、これから精密検査・手術を待つ70代女性など。

山形店の患者さんはみんな良くなって喜んでいます。
昨年12月から漢方服用の頸椎の異常で30年前から左腕の痺れ・上がらない70代男性は、2月の時は2~3割の改善だったが、今日の本人の話によると、今は日常生活に殆ど支障が無く8割以上改善されたと言われました。
まだ中学生の頃からアトピー性皮膚炎が悪化して、昨年末からの大学受験で更に悪化して3月から漢方を服用している女子大学生は6月の来店の時に、本人の皮膚の状態と漢方服用する前の写真を比べてみると、7割良くなっていました。今日のお母さんの話によると、今は更に良くなって湿疹と痒みが殆ど無くなりました。100%良くなったと言えなくても、9割以上良くなったと思います。

ちなみに、この2人は共に当店の漢方を服用している60代女性の紹介です。
この方には本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

漢方で産まれた子は1歳と3歳、みんな元気!

今日の山形は暑くて(37℃)忙しくてブログを短くします。
不妊症の方が多い、また妊娠成功、出産の方も多い。
平成29年11月から不妊症の漢方を服用している30代後半の女性は、漢方で第一子を妊娠成功、出産。今年3才になり、第二子希望でまた漢方の服用を開始。7月28日妊娠陽性の診断をされました。今日から流産予防の漢方を服用します。第一子は女の子で出産時3035gありました。

もう1人の30代女性は平成30年10月に潰瘍性大腸炎と不妊症で漢方を服用。半年間で潰瘍性大腸炎の症状は改善、その後不妊症の漢方を服用し妊娠成功。昨年7月末に元気な4080gの男の子を出産。

今日この女性のお母さんと80代のおばあちゃんが来店。(お母さんのお母さん)このおばあちゃんは、3年前に帯状疱疹になってから今もずっと痛みがあり鎮痛剤を何種類服用しても良くならない。最後に漢方で改善したいと思っています。
「ひ孫さんはかわいいですか?」と聞いたら「とてもかわいい、とても元気、普通の子より大きい」と言われました。やはり漢方で産まれたお子さんは大きいかなと思います。

2週間の漢方で40代の女性のめまい、吐き気、下痢などの症状は100%改善!

最近ずっと、オリンピックのニュースばかりで、コロナの感染状況をあまり注目していませんでしたが、昨日、ニュースを見たら東京都の感染者は3,800人を超えて、今日は4,000人を超えるかなと心配しています。今の政府と東京都の対策ではもう無理かなと思います。そんなに緊急事態宣言をしても外出する人、外食する人は、著しくは減らないし、どんなに予防接種を呼び掛けても、特に若者たちをはじめ、なかなか受けたくない人が一杯います。朝一、情報豊富なスタッフから報道で今、医療関係者は漢方薬の麻黄から動悸がする成分を除いて、コロナの治療薬として使用する研究をしているらしいと教えられましたが、随分遅いかなと思います。伝統的な肺を強くして肺の感染症を治療する漢方薬や中国の新型コロナ感染の漢方の治療経験を活かして、早く臨床治療に応用すれば、入院治療が必要な重症者が著しく減ると思います。もちろん、肺を強くする漢方を服用すれば、感染しても早く回復することが出来て、後遺症を改善することも出来ます。政府と政治家たちは今より早く、効果的な予防、治療対策をとって欲しいです。

今日の患者さんのことについて、良くなった方が沢山います。例えば、漢方で子宮筋腫が小さくなった方や手術後、腫瘍マーカーが高くなり、3ヶ月間、漢方を服用して腫瘍マーカーが正常値になった方や肝機能の検査結果が正常になった方など沢山います。

平成28年不妊症、流産で漢方薬を服用して、残念ながら妊娠に成功されなかった40代の女性は、7月16日に約3年ぶりに来局しました。7月初めからめまい、吐き気、食欲不振、胃痛、倦怠感、不眠、下痢などの症状があり、病院の薬や市販の薬を良くならず、また当薬局の漢方を服用しました。今日の本人の話によると、午後に少し疲れの症状がある以外、めまい、吐き気、胃痛、不眠、下痢などの症状が全部改善されました。いつも一緒に来局する愛妻家のご主人も喜んで「漢方薬がこんなに効果があるとはビックリしました。」と言われました。私から「漢方薬の効果が3割、7割はご主人の愛の力です。」と冗談を言いました。もちろん、ご夫婦は大笑いでした。

漢方で30代後半の女性が出産した女児は2960g!元気!

 台風の影響で仙台は昨夜から大雨が続き、今朝も強かったのですが…高速道の通行止めはありませんでした。福島は台風の大きな影響はなく、今朝から晴れで暑い!夕方、少し雨がバラつく程度でした。

 患者さんの事について、良くなった方が多かったです。
 今日、婦人科での検査で「3㎝の子宮筋腫の大きさは変わらず、もう一つの1㎝の筋腫は見えなくなった」と50代女性から喜びの連絡があり、漢方薬を1ケ月半服用での結果です。
 また、5才の時から漢方薬を服用していた大学生の20代女性は最近、雷が多くて不安があり、久しぶりにまた漢方薬を服用します。この女性は5才からてんかんで中学生まで漢方薬をしっかり服用、その後てんかん発作がなくなり脳波検査も正常になり、無事に高校、大学へ進学しました。2年前の夏休みに3ケ月間の漢方薬を服用して生理不順、生理痛、頭痛が改善され、来年は大学卒業で今元気に就活中です。
 もう一つの嬉しい事は、30代後半の女性から「5月25日に2960gの元気な女の子が産まれました」と報告がありました。この女性は不妊治療を繰り返し失敗して、当薬局の漢方薬を服用しているご両親の勧めて平成30年6月から不妊治療の漢方薬を服用し、昨年9月に妊娠成功、妊娠中も流産予防とつわり改善の漢方薬を服用しました。今はご両親の他に、弟さんも漢方薬を服用しています。また、お父さんは「病気や症状を治しちゃった方が、金かかんなくていいべー」と言って、沢山の親戚や友人に当薬局の漢方を紹介してくれます。ご一家に感謝、感謝!

3ケ月間の漢方で39才女性の頭痛・腰痛・浮腫み・倦怠感が9割改善

 今日の福島はもう夏本番!毎日暑い!みんな汗だく!
 土曜日のブログに書いた最低年齢の3才の心臓病の子供さんは、3才から漢方薬を服用しているのではなく10ヶ月の時から漢方薬を服用しています。文章が分かりにくくて、福島店のスタッフから「3才より更に小さい、福島の最低年齢は今日でいうと1才から漢方薬を服用してますよ!ほらっ!」と福島弁で口を尖らせて言われました。勿論、他には0歳児もいます。

 患者さんの事について、漢方薬で様々な症状、病気、検査結果が良くなった方は多いです。
 手術した後も肩痛・肘痛・腰痛・膝痛の70代女性は昨年11月から漢方薬を服用して、今は痛みの9割が改善されました。
 血圧・血糖・尿酸の6種類の薬を服用している腎機能異常の70代男性は、昨年8月から腎臓を強める漢方薬を服用して腎機能が更に良くなり、クレアチニンは6月3日の2.39から7月8日の2.29に改善しました。
 出産後体調不良の39才女性とは長く立ち話しました。
一つ目の内容は4月から漢方薬を服用して、昨年6月の出産後からずっと頭痛・怠い・浮腫み・腰痛・貧血・風邪を引きやすい・生理不順の症状は、生理前後に少し頭痛がる以外、全部改善されたと喜んで色々話をしました。
二つ目は当薬局の漢方薬を服用している医者や薬剤師、看護師などの医療従事者が多い話です。
例えば●●大学病院の心療内科の医者のパニック障害の奥さんがご主人の勧めで当薬局の漢方薬を服用して改善された事など。この39才女性は実に妊娠中も体調不良で貧血、つわり酷い、イライラなどの症状があり、薬剤師ですが主治医に何回言っても「良くなる薬はない」と言われていました。「次回の妊娠の時、ぜひ漢方薬を服用してください!つわりや貧血等の改善だけではなく、赤ちゃんの体重も大きい、肌や肉も強い、元気ですよ」と言いました!

漢方で30代の女性の子宮筋腫は4.5cmから3.5cmまで小さくなった

今日は急に雨が降ったりやんだり、天気が不安定です。ひとりの20代の精神疾患の男性
から、風の日は病院に行かないと言われました。なぜなら、外で風に当たると頭痛・腹痛が起きるそうです。私から、「人間は自然の一部分なので自然の中で生きなくてはならない。漢方で体力・胃腸機能などを高めると同時に、短時間でも少しでも風や雨・太陽に当たった方が良い」と言いました。頑張って自然と触れ合ってくれるかなと心配しています。

今日の患者さんのことについて
① 目の難病で漢方を服用して視力も検査結果もよくなった50代の男性は、奥さんと突然来局。以前痔で時々出血があり、最近なかなか良くならなくて月曜日に病院で直腸がんと診断されました。お父さんとお母さんの兄弟も大腸がんで、やはり癌になるリスクが高いと思います。病院からまず抗がん剤と放射線治療を受けてその後手術をすると言われましたが、私からまず至急に大腸がん専門の病院で一度セカンドオピニオンを受けた方が良い、まず出来るだけ早く手術することが理想と言いました。まず今日から病院の治療が決まるまで、漢方薬で癌を抑制すると同時に奥さんに食事療法を教えました。漢方と縁があるので、絶対他の癌の患者さんより良い治療結果が出ると思います。

② 婦人科の病気の方が多いです。卵巣嚢腫・子宮内膜症の30代の女性、子宮筋腫手術後再発の40代の女性、子宮筋腫の30代の女性など。漢方薬を服用したばかりでまだ検査していないので、筋腫や卵巣嚢腫が小さくなっているか分かりませんが、昨年7月から漢方薬を服用している30代の子宮筋腫の女性は、今年6月末の検査で筋腫が4.5cmから3.5cmまで小さくなっていました。もう一つの5cmの筋腫の大きさは変わりませんが、私から「試合と同じで2試合のうち1試合は勝って、もう1試合は引き分けでしょう」と冗談を言いました。今日は漢方薬を見直して、秋の検査で2試合全勝できるように2つの筋腫が両方とも小さくなると良いと思います。

他の患者さんのことは省略して、最後に私個人の事を書きます。一つ目は木曜日のNHKの「ためしてガッテン」の番組を皆さん観ましたか?逆運動の効果が効率的なので、ぜひ皆さん立つより座る、階段を上るより降りる、前に歩くより後ろ向きに歩く・・・してみて下さい。確か、後ろ向きに歩くことは番組では紹介していませんが、私の『発明』です。番組を観ながら考えて、子どもの時よく友だちと逆歩きの速さを競走したことを思いましました。絶対、逆運動と同じで効果が高いと思います。今日、早速朝に2つの信号の間の歩道でオレンジ色の点字ブロックに合わせて200歩逆歩きしました。とても体も気持ちも良くて、バランス感覚や脳神経に刺激になるかなと感じましたが、途中で一人の年配の男性に白い目で見られました・・・。当然、私は無視しました。

最後に写真1の通り、スタッフの庭のアンズがたくさん採れたので、いただきました。山形の市立公園のアンズの木が切られてしまって食べられなくて、あの美味しさを感じることが出来ませんでしたが、今年もアンズを食べることが出来てまあまあ美味しくて嬉しかったです。最後2の写真の一番下の黄色い果物は買ったウリで韓国産ですが、私の故郷の名物の果物『銀瓜(ギンウリ)』(写真3)とほぼ同じ味でとても美味しかったです。上から2番目の物は、福島の公園の梅かアンズか、その下はスタッフの庭のアンズです。

もう少し書きます。実は、私はアンズには詳しいです。子どもの時におじいちゃんが庭に5~6本の大きなアンズの木を植えていて、種類も味も大きさも違いすっぱいものもあるし甘いものもありました。種は漢方薬ですが、当然甘いものもあるし、苦いものもあります。アンズの実だけではなく種も結構食べました。山形のアンズは甘いアンズで、今日の写真のスタッフの庭のアンズはすっぱいアンズで、福島のはすっぱくて小さいアンズ(かな?)です。やはり、すっぱいアンズは梅に近いと思います。

【写真1】スタッフの庭のアンズ

【写真2】くだものいろいろ


【写真3】ギンウリ

一家4人漢方服用の家族は10月に初孫

今日もご家族全員、親子、ご夫婦など共に漢方を服用している方が多いです。
例えばH23年から最初は婦人科の手術をしなければならない婦人科の病気を漢方で改善した当時40歳の女性は、お母さんに紹介。そのお母さんは、癌の手術後に転移がありH24年から漢方服用。今日まで親子共に漢方を続けています。

また昨年、皮膚病で漢方を服用した30代女性は本人が良くなった後、痔で悩んでいるご主人に紹介し今日からご主人も漢方服用します。

他に令和元年12月から頭痛・めまいで漢方を服用している60代女性はすっかり良くなって、その後令和2年7月に30代の肝機能異常と自閉症の息子さん、60代の痛風と腎機能異常のご主人、令和2年4月に甲状腺の病気と不妊の30代後半の娘さんに紹介し見事に今年1月に妊娠成功。10月に出産予定。
今日お母さんの話によると今妊娠6ヶ月で順調、時々漢方を服用しています。私が「もう6ヶ月なので男の子か、女の子か分かりましたか?」と聞いたら「一応女の子みたいです。」と言われたので、産まれたら男の子になる場合もありますと笑いながらいいました。
何より無事のご出産を祈ります。