漢方で妊娠成功した女性二人は共に妊娠順調!5月と10月出産予定です。

 今日の福島は風強い!そして寒いですが薬局前の牡丹は満開です!先週の16日には「もう満開した」とスタッフから写真で報告されました。ちなみに昨年は4月27日に満開(花は一つしかなかった!)、2011年は5月9日、2008年は4月28日に満開でした。
今日の牡丹

昨年4/27

 患者さんの事について、多量の薬を服用しても良くならない高齢者が多かったです。
例えば87才女性は血圧の薬だけで7種類を服用しても下がらずで、病院の薬を飲む前は180、飲んだ後は170です。心なしか元気もなくなっていました。
もう一人の十数年前から糖尿病の70代男性は、血圧、糖尿、痛風、利尿剤などの薬7種類を服用しても血糖値は200以上で、今年からは腎機能が著しく悪くなって今月の検査でクレアチニンは3.5になり「そろそろ透析」と言われたそうです。

 良くなった患者さんも沢山います。
今、漢方薬を減量している40代のうつ病、統合失調症と診断された女性は、毎日外出でき、毎日料理もできるようになりました。
一番嬉しいことは、30代後半の女性二人が共に漢方薬を服用して共に妊娠成功して、二人のお母さんによると妊娠は順調なことです。二人共に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで不妊治療の漢方薬を服用開始しました。
一人は5月中旬に出産する予定で(やはりお母さんのところに帰省して出産)、ご両親、弟さんも漢方薬を服用しています。
もう一人は10月に出産予定で、漢方薬を服用している家族は更に多くお母さん、妹さん、おばあちゃん、妹さんの子供、弟さんも服用しています。
 その他に60代の膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変どの3種類の難病で服用している女性は、漢方で様々な症状が改善しただけではなく、不妊治療を繰り返し失敗し流産経験もある娘さん二人が共に妊娠成功し、無事に子供さんが産まれています。この女性から、最近のお孫さん二人の写真を見せてくれ、長女の娘さんは4歳、次女の娘さんは2歳で二人共に7月が誕生日だそうなので、7月には5才と3才になります。
本当にとても可愛いです!

漢方薬で妊娠に成功した30代後半の女性は妊娠順調

昨日ブログに書いた昨年6月から漢方を服用して様々な症状が改善され国立大学に合格した少年が突然お母さんと漢方薬の受け取りと挨拶の為に来局されました。大変嬉しくて、大学での勉強を頑張って大学生活を楽しんで下さいと伝えました。実はこの少年は高校1年生の時からストレスや部活などで精神的な症状が出て勉強が出来なくなり心療内科で適応障害と統合失調症と診断されました。また多量の薬を服用しても良くならず、昨年大学受験は出来ませんでした。最初からずっとお母さんが代理で来局していたので、今日が本人と初対面でしたがとても優しい礼儀正しい少年でした。将来は良い青年になるはずだと思います。

 

今日の患者さんのことについてですが、不妊症と婦人科の病気の方が多かったです。内膜症の手術後再発した40代の女性、不妊治療がうまくいかず、2回流産した40代の女性、チョコレート脳腫の手術後再発して更に子宮内膜もあり、これから結婚、出産予定の30代後半の女性など。

 

昨年1月から漢方薬を服用している内膜症と不妊症の30代後半の女性は3月に妊娠が判明して、すぐに流産予防とつわり予防の漢方薬に変えました。今日、本人が元気に笑顔で来局されました。妊娠は順調で3ヶ月になります。つわりも改善されました。11月12日に出産する予定だそうです。無事の出産を祈ります。

 

 

約10年間、肺を強める漢方薬を服用の88才の間質性肺炎の男性は検査結果も症状も改善!

 今日は土日休みの明けにより、いつもの通り遠方の方やメール相談の方が多かったです。
大阪の肺臓と腎臓の病気の60代女性、名古屋の非結核性抗酸菌症の50代女性と精神的の疾患の20代息子さん、神奈川県の子宮筋腫と婦人科の腫瘍の40代女性、東京の慢性膵炎の40代女性、福島の浜通りの80代間質性肺炎の男性、会津地区の脳神経難病の50代女性などなど。

 メール相談の方も多かったです。
不妊症・流産の40代女性、白血病で抗がん剤治療を受けている70代女性、大腸がん手術後肝臓転移の70代男性、子宮筋腫・バセドウ病の40代女性など。その中の2人は仕事の後、すぐ来局しました。従って、今日の5時以後は忙しかったです。
 
 漢方薬で症状や検査結果も良くなった方も多かったです。
例えば肺気腫と間質性肺炎の88歳男性は震災後、福島の浜通りの原発の地域から福島市内に避難して、病院の治療を受けていましたが肺臓の検査結果も悪くなり息切れ、咳痰などの症状も悪化していました。平成26年1月から肺臓を強める当薬局の漢方薬を服用すると、肺臓の検査結果も息切れなどの症状も改善。ちなみに今は1ケ月分の漢方薬を3、4ケ月かけて服用しています。以前のブログにも書いた通り、昨年3月には約十年ぶりに故郷に帰りました。今日の本人の話によると「先月の肺臓のCT検査結果は前回と変わらない、進行していない」と医師から言われたそうです。
今は少し息切れがありますが咳痰はなく、毎日2キロの散歩は出来ています。しかし、日中にも散歩の時は他に誰もいない!誰とも会わないそうです!寂しい!悲しい!健康に悪い!

他に癌の方も多かったり、スタッフが薬局の裏の木を切り過ぎたり等々いろいろとあったのですが、外が暗くなったので今日は終わります。

2ヶ月の漢方で20代の女性の腹痛、下痢、湿疹、生理不順を改善。

今日も寒いですね。急に暑くなったり寒くなったりするので体調が悪くなったりします。

例えば2月から漢方薬を服用している原発性胆汁性肝硬変の60代の女性は胃の逆流、頭痛、足がつる、足のむくみ、倦怠感が改善されましたが先月末から頻繁に眩暈が起きました。もともと瘦せ型、低血圧で気温と気圧の変化についていけなかったようです。

今年の若い方(小学生、中学生、高校生、大学生達)は進学、入学より大学の卒業や就職の報告が多いです。今日も一人、漢方薬を服用して様々な症状が改善され4月から就職した20代の女性から報告がありました。この女性のことは2月10日のブログに書いた通り小学生の時、プールに入れないほどの酷いイボで漢方薬を服用して完治しました。その後イボと皮膚炎の妹さんも漢方薬を服用して改善しました。この姉妹のことをすっかり忘れていましたが15,6年ぶりの2月10日にお母さんと長女が関東から来局されました。お母さんの話によると10数年前に仙台から関東に引っ越しされたそうです。妹さんは元気ですが今は長女が蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の湿疹、痒み、過敏性腸症候群の腹痛、下痢と婦人科の卵巣腫瘍、生理不順、生理痛の症状で悩んでいて10数年ぶりに漢方薬を服用することにしました。2ヶ月間体質改善の漢方薬を服用して著しく効果がありました。本人の話によると食欲が出て腹痛、下痢が改善されお腹の湿疹、痒み、蕁麻疹も軽くなりました。3月の大学卒業と4月の就職の疲れ、ストレスの影響がなければ湿疹、蕁麻疹は更に良くなるはずだと思います。中学生の時からずっと生理不順で時々ピルを服用しなければならず4年前に婦人科の検査で卵巣腫瘍と診断されました。2月10日に私は卵巣腫瘍は生理不順とピルの副作用の影響と考えられるので早めに生理不順を改善してピルを止めたほうが良い、そうしないと子宮内膜症、子宮筋腫にもなり将来妊娠にも影響すると言いまして2月からピルを止めたところ、なんと3月末に生理が自然に来ました。生理痛も随分軽くなったそうです。お母さんは喜んで「10年近くの生理不順の悩みはたった2ヶ月の漢方で解決されて本当に嬉しい」と言われました。本人に食事、運動、睡眠などの正しい生活習慣、特に女性に対しては1年中冷たい物は食べない、飲まないように「説教」しました。

「説教」と言えば先週一人のスタッフの息子さんが中学の卒業と高校への入学で私の所に挨拶に来ました。最低でも30分ぐらい説教しようと思いましたが仕事が忙しくて立ち話をしながら数分しか説教が出来なくてとても残念でした。少しの説教で効果があるかなと心配しましたがスタッフからもう一人のお子さんにも説教して欲しいと言われました。今度は患者さんの相談のように30分から1時間くらい予約した方がいいと思います。私の説教の基本は
①正しい生活習慣。女性に対しては冷たい物を食べない飲まないこと。
②夜の勉強より早く寝る。勉強の疲れや勉強したくない時は外で走る、運動する。
③勉強したくない、学校に行きたくない、やる気がない時はアフリカ、東南アジアの貧しい国に旅行に行く・・・。

説教の為に1枚写真を最後に載せます。先週中国で報道されたのですが一人の小学生の女の子は学校の後、帰宅しようとしたら迎えにくるお母さんが仕事で30分ぐらい遅れることになり、女の子は30分の待ち時間を利用して写真の通り街燈の光を利用して路上で宿題をしました。中国では珍しくはない光景ですが日本では考えられないでしょう。
今日のこのブログは「説教」の為に随分長くなり大変申し訳ありません。

[写真]

10ヶ月の漢方で40歳近くの女性妊娠成功

今日は朝から結構寒い。手はずっと冷えてます。服を薄着かな、と思います。やはり春に服を脱ぐのは健康の面からみても遅い方がいいと思います。

患者さんの事について。全国の方が多かったが、新患の方や良くなった方も多いのですが、全部省略して妊娠成功した方の事だけ書きます。

今日、妊娠成功した40代近くの女性から喜んで妊娠成功のメールがありました。昨日の病院の検査で妊娠4週2日目で12月出産予定だそうです。この女性は令和元年12月27日から不妊症・生理不順・多のう胞卵巣・頭痛・冷え・膀胱炎などで漢方を服用開始。約3~4ヶ月後、生理順調になり様々な症状が改善され、卵子の質を高め子宮卵巣の機能を高める妊娠しやすい漢方に変えて、更に出来るだけ毎日足湯を取り入れるように教え今日の妊娠成功に繋がりました。今日の本人のメールの中で5年前から子どもが欲しくて、やっと妊娠に成功したと喜んで言われました。

今日から流産予防の漢方に変わりました。病院の先生からも1週間は安静と言われましたが、私からは1週間でなく出来るだけ数週間、出来るだけ2~3ヶ月流産予防の漢方を服用しながら、食事とトイレ以外は出来るだけ安静にしてベットで横になっていた方が良いと思います。

実は本人は学校の先生です。もし休みが取れないと毎日の授業は立ち授業でしょう。まさか座って授業も出来ない。横になって授業は出来ないでしょう。いずれにせよ無事の妊娠と出産を祈ります。

10年間漢方薬を服用の80代の男性はがんの再発・転移はない!

今朝6時仙台から出発して、約20年ぶり福島の三春滝桜を見に行きました。20年前の時は、近くに行きましたが今、遠くからしか見られないです。満開、とてもキレイです!さすが日本三大桜!千歳以上!

患者さんの事について、本当に久しぶりの方や長く漢方薬を服用している方が多い!例えば平成21年に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで生理不順、生理痛、頭痛、吐き気、便秘、腹痛、にきびなど、当時17才の女性は半年間の漢方薬を服用して、全ての症状が改善した。東京で仕事をして、忙しくて夜が遅く、また生理不順、生理痛、頭痛、胃痛で、病院の鎮痛剤と胃腸薬では効果がなく、今日から12年ぶりまた漢方薬を服用します。

新患の方も多い!白内障手術後に緑内障で左目はほとんど見えない70代の男性、重症筋無力症の60代の女性、卵巣がん手術後再発転移の60代の女性、網膜色素変性症の40代女性など。

平成23年5月から悪性リンパ腫の種手術後に再発して抗がん剤治療をうけて、副作用が強く親戚の紹介で当薬局の漢方薬を服用している当時73才、今83才の男性は4ケ月(7年前から年に3、4ケ月分の漢方薬を服用しています)ぶり、また軽トラックを運転して元気で来局。以前のブログにも書いたことがあるが以前の貧血、肝機能腎機能異常は3月の検査で全部正常、もちろんがんの再発と転移もない、畑の野菜の栽培も楽しくやっています。今日は珍しく、軽トラックの助席に奥さんが乗っています!

<写真>

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方で90代近くの女性の認知症と骨密度が改善

今日はいい天気ですが黄砂が飛んでいるようです。黄砂は間違いなく中国大陸から飛んできていると思います。もし中国の黄砂だったら国民のみなさまに大変申し訳ない気持ちです。

 

患者さんのことについて、先日から漢方を服用しているひどいアトピー性皮膚炎の30代女性は、まだ効果が出ていない。

令和元年11月から漢方を服用している不妊治療を繰り返し失敗している40代後半の女性はまだ妊娠成功していません。とても残念です。しかし生理不順でしたが生理順調になり、生理の量も多くなり、体重も6~7㎏減りました。一日も早く妊娠できることを祈ります。

 

昨日のブログに書いた子どもや若い方の様々な難病が改善され、人生、運命が変わった。実は80代、90代の方で西洋医学では不可能な病気、例えば心臓・腎臓・肝臓・肺臓などの病気や症状が改善され喜んでいる人も多くいます。

 

今日良くなった患者さんの1人は、H24年11月から当店の漢方を服用し精神的、婦人科の病気が良くなった娘さんの勧めで、漢方を服用している今年6月に満90歳になる女性です。この女性は最初乳がんの手術の後にリンパに転移。それから漢方をずっと服用し、癌の再発・転移は全くありません。その後湿疹や関節痛などの漢方を服用しまた良くなり、5年前から認知症と骨粗しょう症の漢方を今日まで服用しています。認知症と診断されたとき病院から薬を処方されましたが、本人と娘さんの意思で病院の薬ではなく当店の漢方を選びました。

今お医者さんからは「認知症はほとんど進行していない」と言われ、日常生活も全部できます。漢方の効果に驚いています。

また漢方を服用する前の骨密度は、2016年10月18日は0.350(ℊ/㎠)から2020年11月26日は0.375(ℊ/㎠)と改善。90歳近くになりましたが骨密度は高くなり骨も丈夫になったでしょう。

 

ところで先週ブログにふきのとうの料理を載せたら、たくさんの方から問い合わせがあり、欲しいという方もいました。岩手に住む1人は「効能をみて少しずつ食べる努力をしているが、苦みと香が苦手」ということです。岩手ではふきのとうのことを「ばっけ」と言うそうです。どんな意味でしょう・・

 

実は日曜日もふきのとうを大量に収穫し、昨夜も今朝もまた大量のふきのうとを食べました。10時半に山形店のトイレを利用したら何と便器が真っ黄色になりました。こんなにきれいな黄色は初めて見ました。ふきのうとうの食べ過ぎを反省しています。

 

なんとなく日本と中国のふきのうとうは違うと思って検索したら、写真の通り中国のふきのうとうとは違います。中国は先に花が咲くようです。きっとふきのとうもいろんな種類があるのでしょうね。

<写真>

漢方薬で50代の女性の副腎腫瘍と40代の女性の子宮筋腫は小さくなった。

今日はとても良い天気ですが、宮城、仙台のコロナ感染者は連日100人を超えて全国一位だそうです。コロナ感染による隔離や外出の控えにより子供から大人まで健康に悪影響が出ています。

 

例えば昨年1月から漢方薬を服用していて不安、不眠、妄想、幻聴などの症状がある30代の男性のお母さんの話によると昨年漢方を服用して様々な症状が改善され外出も出来るようになり大変良かったが昨年11月から飼っている猫の病死や毎日コロナのニュースなどにより不安が悪化して携帯やパソコンも触らなくなり、繰り返し消毒や手洗いするなど神経質になったそうです。また研修生として来日した30代の中国人の女性は1月末に来日、すぐ仙台駅近くのホテルで2週間隔離、電車の音による不安、不眠、動悸、眩暈などの症状が出てずっと大量の病院の薬を服用しても良くならず、友人の紹介で当薬局に来局されました。

 

今日は新患の方が多かったです。胃痛、頭痛、生理痛、動悸、耳鳴り、だるさ、寝汗で内科の4種類の薬と心療内科の3種類の薬を服用しても良くならない20代の女性(以前お母さんは漢方薬を服用したことがありお母さんの勧めで来局、お母さんの話によると毎日残業が2,3時間忙しい時は11,12時まで残業をすることもあるそうです。)や子宮筋腫などの婦人科の病気の40代の女性など。

 

良くなった患者さんもいっぱいいます。例えばお父様とお母さんが当薬局の漢方薬を服用している40代の女性は漢方薬を服用する前、副腎の腫瘍が段々大きくなりましたが(令和元年2月の検査で1.6㎝、2020年1月2.6㎝)昨年2月から腫瘍が小さくなる漢方薬を服用して今日2月27日の検査結果をお持ちになり、なんと1.8㎝まで小さくなりました。当然喜んでいました。もう一人の40代の女性は子宮筋腫、高血圧で5年ぶりに来局されました。以前漢方薬を服用している記録を見たら平成28年2月に子宮筋腫が10㎝と5㎝で1年間漢方薬を服用して5センチと2㎝まで小さくなりました。その後漢方薬を中止して3月2日の検査で子宮筋腫はまた大きくなり8㎝と3㎝になりました。3,4年前から高血圧と肥満で今日からまた漢方薬を服用することにしました。もちろん、また漢方薬で子宮筋腫を小さくすることが出来ると思います。

 

写真の通り薬局の裏に丁度10年前に植えたレンギョウが今満開です。とても綺麗な黄色をしています。生け花が好きなスタッフ二人から2,3本の枝が欲しいと言われてやむを得なく切ってあげました。ちなみに昨年の満開の写真は3月28日であまり変わらない・・・また昨年の仙台の桜の満開は4月3日、今年は4月1日の予定で同じくあまり変わらないです。最後の写真は木曜日山形の高速出口付近でふきのとうを発見して収穫、今日の朝食にしました。とても美味しかったです。旬の山菜でこの季節しか食べられないのでこの季節に出来るだけいっぱい採って食べて下さい。以前のブログにも書きましたがふきのとうは漢方でよく使う漢方薬で款冬花といいます。「潤肺下気」と「止咳化痰」の効果があります。

 

[レンギョウ/昨年]

 

 

[レンギョウ/今年]

 

[ふきのとう]

 

40代女性は漢方で妊娠順調、3ケ月!

 ずっとブログに書きたかったがいつも忘れる!もうニュースではないが絶対書く必要があると思うので今日のブログの最後に書きます。

 患者さんについて全国の方が多かったです(北から順にすると北海道の間質性肺炎の70代女性、千葉の特発性血小板減少性紫斑病の10代小学生、静岡の不妊症の40代女性など)。
 間質性肺炎の方も多かったです(70代女性、80代男性、60代男性)などなど。

 良くなった方もたくさんいます。
 肝機能が良くなった70代女性や腎機能が良くなった90代男性などですが、何より漢方で自然に妊娠成功した40代の女性は、先日の病院で胎児の心拍が確認され妊娠3ヶ月になりました。つわりもなく、妊娠順調です。
 この女性は実は、腫瘍の病気の肉腫で手術後の平成27年11月からずっと漢方薬を服用していて、今まで再発や転移がなかっただけではなく、結婚後には子供が欲しくて妊娠しやすい漢方も考慮すると見事に自然妊娠に成功!間もなく42才になるこの女性を思うと、どんなに嬉しい事でしょう!40才を過ぎても漢方で自然妊娠ができる可能性は病院の不妊治療よりずっと高いハズです。順調な妊娠と無事な出産を祈ります!もちろん、出産まで流産予防、高血圧、尿糖、尿潜血、尿たんぱく等の予防の漢方薬を服用続ける予定です。

 ところで、ブログの最初に書いた通り皆さん、2~3週間前のニュースを見ましたか?
 写真の通り、3/13ある学校の給食で皿うどんを揚げ過ぎて硬く(3分のところを10分揚げた)、なんと1~6年生の6人の小学生と一人の教員の歯が欠けたそうです。調理師が揚げる時間が長かったとお詫びしました。
 これはこれで調理の責任ですが、私からみると今までブログにも書いたことがありますが、子供から大人まで皆、いろんな食べ物を熟しすぎ、柔らかすぎで食べている方が多いです。硬い皮や根っこ、骨を抜き過ぎ取り過ぎだと思います。私の歯は今、石か鉄以外の硬い食べ物を食べることができます。当然虫歯もないし、痛みもなく、歯の治療もしていないので半年に一回の歯のクリーニングにしか行っていません。
 硬いものを食べる習慣をつけると歯が丈夫になるだけではなく、脳神経に振動して脳の血流を良くする、脳細胞を刺激する、子供の勉強も集中力が高まるだけではなく高齢者の認知症予防、脳動脈、脳梗塞予防にも効果があると考えられます。
 従って皆さん、少しずつ練習して徐々に硬いものを食べましょう!

漢方で妊娠成功した40代と20代女性は共に妊娠順調

今日の山形は午後から雨です。
患者さんのことについて、
1、不妊の方多い、40代女性2人、30代女性1人
2、大家族の方が多い、11人ぐらいの親族。(同じ苗字9人+違う苗字2人) もう一つの家族は3人。(お母さん、娘さん、息子さんの奥さん)
3、たくさんの病院から薬をもらって服用しても良くならない高齢者は多い。
その一人の70代女性は、脳梗塞、脳出血、皮膚炎、白内障、腰痛などで内科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、眼科に通い15種類の薬を服用。また眼科から3種類の点眼薬もあります。

一番嬉しいことは、漢方で共に妊娠成功した40代と20代女性は妊娠順調です。妊娠成功した40代、20代女性2人の共に妊娠順調であることと無事の出産を祈ります。
40代女性は6年前に流産、2年後に2回目の流産、その後不妊治療しまた流産しました。昨年7月から当店の漢方を服用。今年1月に自然妊娠成功し流産予防の漢方に変わり今順調です。また、今日20代女性のお母さんが来店し聞いたところ、5月に出産予定とのこと。この20代女性は漢方を服用している両親の勧めで、昨年1月から漢方を服用開始。昨年9月に自然妊娠成功しています。
お母さんから「次女もこれから漢方を服用させたい」と言われましたが、忙しくて何の病気か症状か聞けませんでした。