漢方で第一子に続き第二子が欲しい30代後半の女性はまた漢方を服用

今日は新患の方が多い。リウマチの薬の副作用で肝機能、腎機能異常になった70代女性。糖尿病、高血圧、脂肪肝、花粉症の30代男性。20年前から鼻づまり、嗅覚異常の80代女性など。
ブログに書いた通り、最近は連日妊娠に成功した方が多い。やはり冬に一生懸命に漢方服用して春になって効果があらわれて、妊娠成功率を高めたと考えられます。
今日来店した30代女性は不妊治療を繰り返し、平成29年11月から漢方を服用し平成30年1月に妊娠成功。その後、流産予防の漢方を服用。妊娠後期になって高血圧、高血糖になりまた漢方服用。その後、平成30年9月に3035gの元気な女の子が産まれました。出産後なかなか母乳が出なくて、また漢方を服用して母乳が増えました。しばらく漢方を休んでいましたが、昨年7月に円形脱毛症になり、また漢方を服用。今日は半年ぶりの来店でした。円形脱毛症は完全に良くなりました。今、長女は2歳半になってとても元気で可愛くて、第二子が欲しくて今日からまた妊娠の漢方を服用。早めの妊娠の成功を祈ります。
ところで、この女性は氷の入った冷たい飲み物を持って来店されました。時々、していると思います。冷え性が酷くて足も冷えが酷いそうなので、足湯を毎日してくださいと言いながら、氷の入った飲み物を指さして「このように冷たい飲み物は止めてください」と言ったら、本人は笑いながら「やっぱり先生に言われてしまいました」…と、言われました。

漢方で妊娠成功した女性二人は共に妊娠順調!5月と10月出産予定です。

 今日の福島は風強い!そして寒いですが薬局前の牡丹は満開です!先週の16日には「もう満開した」とスタッフから写真で報告されました。ちなみに昨年は4月27日に満開(花は一つしかなかった!)、2011年は5月9日、2008年は4月28日に満開でした。
今日の牡丹

昨年4/27

 患者さんの事について、多量の薬を服用しても良くならない高齢者が多かったです。
例えば87才女性は血圧の薬だけで7種類を服用しても下がらずで、病院の薬を飲む前は180、飲んだ後は170です。心なしか元気もなくなっていました。
もう一人の十数年前から糖尿病の70代男性は、血圧、糖尿、痛風、利尿剤などの薬7種類を服用しても血糖値は200以上で、今年からは腎機能が著しく悪くなって今月の検査でクレアチニンは3.5になり「そろそろ透析」と言われたそうです。

 良くなった患者さんも沢山います。
今、漢方薬を減量している40代のうつ病、統合失調症と診断された女性は、毎日外出でき、毎日料理もできるようになりました。
一番嬉しいことは、30代後半の女性二人が共に漢方薬を服用して共に妊娠成功して、二人のお母さんによると妊娠は順調なことです。二人共に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで不妊治療の漢方薬を服用開始しました。
一人は5月中旬に出産する予定で(やはりお母さんのところに帰省して出産)、ご両親、弟さんも漢方薬を服用しています。
もう一人は10月に出産予定で、漢方薬を服用している家族は更に多くお母さん、妹さん、おばあちゃん、妹さんの子供、弟さんも服用しています。
 その他に60代の膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変どの3種類の難病で服用している女性は、漢方で様々な症状が改善しただけではなく、不妊治療を繰り返し失敗し流産経験もある娘さん二人が共に妊娠成功し、無事に子供さんが産まれています。この女性から、最近のお孫さん二人の写真を見せてくれ、長女の娘さんは4歳、次女の娘さんは2歳で二人共に7月が誕生日だそうなので、7月には5才と3才になります。
本当にとても可愛いです!

10ヶ月の漢方で40代近い女性は妊娠4ヶ月

今日は風が強い。

患者さんのことについて新患と不妊症の方が多い。40代の方は2人、流産の方もいます。

 

写真の通りいつも手作りのお菓子を持ってきてくれる60代半ばの女性は、今日はいつもより2倍、3倍も大きいアップルパイを持ってきてくれました。何故でしょう・・?と思ったら、昨年4月から漢方を服用している40代近い娘さんが、なんと自然妊娠成功。4ヶ月に入りました。先月からつわりがひどく漢方薬を調整したところ、つわりも随分軽くなったと言われました。10月に出産の予定なので、無事の妊娠と出産を祈ります。

 

この60代女性は本人だけでなく、娘さんの他に、高尿酸・腎機能低下のご主人も昨年7月から漢方を服用し、腎機能も良くなっています。例えば昨年6月の検査でクレアチニン2.02、尿酸9.5でしたが、腎機能を強くする漢方で、最新の4月12日の検査結果でクレアチニン1.73、尿酸8.1まで改善されました。また以前漢方服用していた肝機能異常の息子さんも肝機能が改善されています。

ご一家4人は当店の漢方を服用し、みなさんそれぞれ良くなっています。なかなかお孫さんが授からなくていたので、「やっと初孫が授かった、漢方のお陰で嬉しい」と言われました。

 

なるほど今日のアップルパイは特別大きい!また以前に野菜や果物の皮も食べた方がいいと話していたので、りんごの皮つきで作ったそうです。写真の通りたくさんのりんごが入っています。スタッフが「何個りんごを使ったのかな?!」と言っていました。みんなで美味しく頂きました。

ちなみに後の写真は私の持参した昼食です。当然アップルパイより美味しくないです・・

<写真>

10ヶ月の漢方で40歳近くの女性妊娠成功

今日は朝から結構寒い。手はずっと冷えてます。服を薄着かな、と思います。やはり春に服を脱ぐのは健康の面からみても遅い方がいいと思います。

患者さんの事について。全国の方が多かったが、新患の方や良くなった方も多いのですが、全部省略して妊娠成功した方の事だけ書きます。

今日、妊娠成功した40代近くの女性から喜んで妊娠成功のメールがありました。昨日の病院の検査で妊娠4週2日目で12月出産予定だそうです。この女性は令和元年12月27日から不妊症・生理不順・多のう胞卵巣・頭痛・冷え・膀胱炎などで漢方を服用開始。約3~4ヶ月後、生理順調になり様々な症状が改善され、卵子の質を高め子宮卵巣の機能を高める妊娠しやすい漢方に変えて、更に出来るだけ毎日足湯を取り入れるように教え今日の妊娠成功に繋がりました。今日の本人のメールの中で5年前から子どもが欲しくて、やっと妊娠に成功したと喜んで言われました。

今日から流産予防の漢方に変わりました。病院の先生からも1週間は安静と言われましたが、私からは1週間でなく出来るだけ数週間、出来るだけ2~3ヶ月流産予防の漢方を服用しながら、食事とトイレ以外は出来るだけ安静にしてベットで横になっていた方が良いと思います。

実は本人は学校の先生です。もし休みが取れないと毎日の授業は立ち授業でしょう。まさか座って授業も出来ない。横になって授業は出来ないでしょう。いずれにせよ無事の妊娠と出産を祈ります。

漢方で30代後半女性の妊娠成功

 

今日はブログを簡単にします。

ご家族4人(お父さん・お母さん・弟さん・本人)で漢方を服用しているお母さんの勧めで、昨年4月から漢方を服用している不妊症30代女性は、先程お母さんから連絡があり妊娠成功して、今つわりが酷くて至急漢方を服用したいとの事でした。

やはり春に妊娠の方が多い。先週妊娠成功の東京の50代方を含め無事の妊娠出産を祈ります。

今日の持参弁当はニラなので、車にニラのくさい匂いがいっぱい。お店にニラの匂いがしないように写真の通り、昼食は山形の川の側で食べました。とてもいい天気!とてもいい景色!

 

<写真>

漢方で50代の女性が自然妊娠したみたい

今日は久しぶりの方や、遠方の方が多かったです。久しぶりの方は、やはり以前漢方薬を服用して様々な症状が改善されましたが、最近また症状が出て半年ぶりや数年ぶりにまた漢方薬を服用する方が多いです。原因は、加齢の他にやはりコロナの影響で仕事を辞めたり、最近の気温の激しい変化によって不眠・めまい・頭痛・だるい・食欲不振・動悸などの症状が悪化した40代~50代の女性が多いです。例えば、1年半ぶりに来局した50代の女性は1年前に仕事を辞めて、更年期障害の症状の他に以前のめまい・頭痛・動悸などの症状が悪化しています。

 不妊症で漢方薬を服用している関東の50歳の女性から電話があり、嬉しい電話でした。昨日自分で検査して妊娠反応陽性が出たそうで、今日至急に流産予防の漢方薬を送りました。この女性は昨年の7月に当薬局の漢方薬を服用してよくなった親戚の紹介で、不妊の漢方薬を服用開始。ずっと子どもが欲しくてなかなかできなくて、不妊治療は受けていませんが2年前に自然妊娠しましたが流産しました。明日から流産予防の漢方薬を服用すると同時に、できるだけトイレと食事以外は横になって安静にするように教えました。2週間後に病院で妊娠の検査を受ける予定です。無事の妊娠を祈ります。もし2週間後に病院の検査で妊娠が確認されたら、2年前の46歳で漢方で自然妊娠・出産の女性の記録を超える例になり、また学会で発表出来れば嬉しいです。しかし、ご存知の通りコロナの影響で昨年の学会はすべて中止になり、今年も中止、来年も中止かもしれません。期待しているのに、寂しい、悲しい・・・。

漢方で42才に出産した女性はまた妊娠する漢方薬を服用

 今日は仙台の桜が満開宣言!3月中の満開は統計開始以来の初めてで昨年より3日早いそうです!
 仙台の桜満開に合わせてではないですが、今朝は福島の花見山に行き花見をしました。桜、レンギョウ、桃、ボケ、菜の花、モクレンなど満開でちょうど見頃でした。今夜はキレイな写真を選んで中国に向かって発信したいです!来年春に沢山の中国人観光客が福島の花見山に来るように期待しています。
 …あ、、、歓迎されるかなぁ。。。。

 今日の患者さんについて、やはり様々な難病の方が多かったです。
 IgA腎症の40代女性、不妊症の40代後半女性、自閉症の20代男性、自己免疫性肝炎の80代女性、網膜色素変性症の50代女性などなど。

 実は40代後半の不妊症女性は、平成27年8月から不妊治療を繰り返し失敗し子宮筋腫、卵巣嚢腫を二回手術した後、当薬局の漢方を服用開始しました。平成28年2月に見事に体質改善の不妊の漢方治療だけで妊娠成功、その後は流産予防の漢方薬を出産まで服用し、妊娠後半には尿糖+、高血圧、浮腫み等があり、その都度漢方薬を調整して平成28年10月26日42才の時に4200gの元気な男の子を出産しました。
 その後は育児やストレスでどんどん体重が増え、第二子が欲しくてもなかなか妊娠できずに先月からまた漢方薬を服用再開しました。今は子宮・卵巣機能を高め、卵子の質も高める漢方薬を服用しています。早く妊娠成功を祈ります!

 綺麗な花見山(写真)に合わせて漢詩を考えました。スミマセンが最後の写真は私が2004年春に描いた春の山風景の水墨画です。鑑賞してください!

又訪花見山,依旧桃花源。
処処花色艶,家家春爛漫。

漢方を服用している20代後半の女性は妊娠順調

今日は新しい患者さんが多い。
2年前に帯状疱疹になって、ずっと痛みが残っている70代女性、不妊治療を繰り返している40代女性、不眠症の60代女性など。特に不妊症の方が多い。2週間後に移植の40代の女性、妊娠33週の20代後半の女性など。
20代後半の女性は自然妊娠した後、食欲不振・吐き気・胃痛・不眠・便秘・尿蛋白(+1)尿糖(+2)で友人の紹介で昨年の10月から漢方を服用。今日、本人の話によると、吐き気・胃痛・便秘は改善され、昨日の病院の検査で胎児の体重は2000gで普通より少し大きいと言われたそうです。出産予定日は5月7日です。「男の子ですか?女の子ですか?分かりますか?」と聞いたら「男の子」と言われました。また尿蛋白、尿糖の検査は共に(-)でした。今日は妊娠後半と出産後の回復、母乳が増える漢方に変わりました。無事の出産を祈ります。

ところで、写真1と2の通り福島の他人の庭の杏は満開。
昼に山形市内の公園のいつも杏が採れる、ブログに毎年登場する大きい杏の木を見に行ったら写真3の通り…がっかり…涙が出ます。なんと根っこから伐採されていました。何故、伐採されたのでしょう?大変理解出来ません。市の担当者に聞きたい。いずれにせよ、今年の秋に山形市第二公園の美味しくて大きい杏が収穫出来ない。食べられない…もう永遠に食べられない…悲しい。
しょうがなく、今年の秋に福島の杏のご主人に相談して杏を頂けるかな。

<写真1>

 

<写真2>

 

<写真3>

 

<写真4>

<写真5>

 

漢方で妊娠成功した40代と20代女性は共に妊娠順調

今日の山形は午後から雨です。
患者さんのことについて、
1、不妊の方多い、40代女性2人、30代女性1人
2、大家族の方が多い、11人ぐらいの親族。(同じ苗字9人+違う苗字2人) もう一つの家族は3人。(お母さん、娘さん、息子さんの奥さん)
3、たくさんの病院から薬をもらって服用しても良くならない高齢者は多い。
その一人の70代女性は、脳梗塞、脳出血、皮膚炎、白内障、腰痛などで内科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、眼科に通い15種類の薬を服用。また眼科から3種類の点眼薬もあります。

一番嬉しいことは、漢方で共に妊娠成功した40代と20代女性は妊娠順調です。妊娠成功した40代、20代女性2人の共に妊娠順調であることと無事の出産を祈ります。
40代女性は6年前に流産、2年後に2回目の流産、その後不妊治療しまた流産しました。昨年7月から当店の漢方を服用。今年1月に自然妊娠成功し流産予防の漢方に変わり今順調です。また、今日20代女性のお母さんが来店し聞いたところ、5月に出産予定とのこと。この20代女性は漢方を服用している両親の勧めで、昨年1月から漢方を服用開始。昨年9月に自然妊娠成功しています。
お母さんから「次女もこれから漢方を服用させたい」と言われましたが、忙しくて何の病気か症状か聞けませんでした。

一家4人漢方薬を服用している30代後半の女性が妊娠に成功。

今日は1日雨でした。10年前の3月11日の地震の後の雪を思い出します。

 

今日は患者さんのことを一杯書きます。偶然ですが目の病気の方が多かったです。緑内障と白内障の60代の男性(平成28年7月から漢方薬を服用して眼圧も下がり耳鳴り、夜間頻尿、視力も改善されています。平成31年7月に交通事故に遭い、3ヶ月間漢方薬を中断しましたが、これからまたずっと漢方薬を服用する予定です。)や緑内障の50代の女性(2月6日から漢方薬を服用してまだ効果が感じられていません。)や新患の網膜静脈閉塞症の50代の男性、黄斑変性症の70代の女性などがいらっしゃいました。雨の中、遠くから来局された方や電話相談の方も多かったです。青森の50代の男性、大阪の60代の女性、埼玉の80代の男性、昨年から漢方薬を服用している当時は沖縄在住していた30代の男性(今は仙台の実家に戻っています。)例えば、当薬局の漢方薬を服用して妊娠された岩手の方の紹介で不妊治療を繰り返し行っていた30代半ばのご夫婦が共に来局されて漢方薬を服用することにしました。4月に1回50万円の不妊治療が入っていますが、私の強い説得で半年ぐらいそれを延ばすことにしました。この半年の間に自然妊娠出来るように一生懸命漢方薬を服用する予定です。ご主人は精子の質と量に問題があり改善しないとなかなか不妊治療はうまくいかないかもしれません。当然ですが精子の質と量を改善する薬はありません。

 

症状が改善した患者さんは一杯います。多動症、不眠の5歳のお子さんから胃癌の手術後肺へ転移した85歳の男性まで10人位みんな検査結果や症状が改善されています。例えば、肺癌の手術後また再発した40代の女性は平成27年から漢方薬を服用して3月11日のCT検査で新しい再発転移は無く、再発した癌も縮小していました。ずっと元気に仕事をしています。また婦人科の腫瘍の手術を2回した後、妊娠出産は難しいと言われて平成25年1月から漢方薬を服用した当時38歳の女性で自然妊娠に成功し元気な息子さんが生まれ現在は40代の女性は息子さんと来局されました。毎年春に親子共に花粉症改善の漢方薬を服用しています。もちろん婦人科の腫瘍の再発や悪化も無いです。

 

漢方薬を服用して妊娠された方がいます。当薬局の漢方薬を服用して血液の難病が検査結果で全部正常になっている60代の男性(何回もブログに書きました。ご家族、親戚、友人、知り合いなど数十人を紹介して下さいました。)の紹介でまず、60代のお父さんとお母さんが漢方薬を服用して、その後不妊の30代後半の息子さん夫婦が漢方薬を服用し奥様は妊娠されて病院で妊娠5週目と診断されました。今日から流産とつわり予防の漢方薬を服用することにしました。この女性は3年前から不妊治療を受けていましたがタイミング療法5回と昨年2月に3回目の体外受精に失敗した後漢方薬を服用して冷え性、不眠、肩こり、内膜症などが改善され今年2月中旬の4回目の体外受精に成功しました。(不妊治療のクリニックの医師から漢方薬を服用して成功率が高まったと言われたそうです。)無事の妊娠出産を祈ります。ちなみに出産予定日は11月12日だそうで私は11月11日に生まれる確率が高いと冗談を言いました。

 

今は進学、大学合格発表の時期ですが漢方薬を服用して受験合格したお子さんの報告はまだないですがお母さんと共に6歳のときから漢方薬を服用している女の子の大学卒業の報告がありました。今も漢方薬を服用しているお母さんから卒業の報告だけではなく、わざわざ私の名前を書いて下さった娘さんの卒業作品集も頂きました。娘さんは○○工芸美術大学の洋画美術科で写真①の通り素晴らしい卒業作品「まんてん福よろず屛風」(1700㎝×3200㎝)とその他の写真は作品集の中から沢山の作品から私が好きな3枚の作品を選びました。みんなプロの画家の作品に負けず劣らず素晴らしいです。この女性からこれから侯先生の展示会がある時是非連絡してください。娘が出展したいと言われました。大変期待して楽しみにしています。

[写真①」

[写真②」

 

[写真③]

 

[写真④]