難病と腎臓病の方が多い!

 今日の福島店は難病と腎臓病の方が多かったです。
 新患の肺臓の難病の間質性肺炎の80代男性、新患の目の難病の網膜色素変性症の50代女性、令和2年1月から漢方薬を服用している多発性骨髄腫の50代男性と潰瘍性大腸炎の奥さん、平成22年9月から漢方薬を服用しているIga腎症の当時50代女性など。
 
 皆さんは漢方薬で検査結果と症状が改善しています。
 例えば多発性骨髄腫の50代男性は、9月の血液検査の異常項目は7月の7ケ所から4ケ所にまで改善しました。潰瘍性大腸炎の奥さんは実は一ヶ月間の漢方薬で下痢が著しく改善して漢方薬の効果に驚いています!
 もう一人の方は漢方薬で腎機能を改善させ、人工透析を避けることができて喜んでいます。この62才の女性は42才から高血圧、心臓肥大で薬を服用して44才の時に脳出血で入院治療、退院の時、腎不全と診断されました。今年1月の検査で腎機能のクレアチニンは4.85で「そろそろ透析」と言われました。3月10日から腎臓を強める漢方薬を服用して、6月に3.88、8月の3.9にまで改善させ安定しています。8月の福島は暑くて、腎機能にも悪影響していると考えられます。
これからは、さらに検査結果が良くなるハズです!

肺を強くする漢方で非結核性抗酸菌症の88歳の女性のCTは4年前と同じ、進行無し。

昨日の福島寒さから山形の暑さに変わった。冷房も入れましたが、サンダルに戻らなくて大失敗。患者さんの1人から昨日は暖房を入れたと言われました。

今日の患者さんについて。不妊症の40代女性、網膜色素変性症の30代女性、大腸がんステージ4・転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けながら漢方を服用している70代女性など。皆さん効果を感じて様々な症状が改善し、検査結果が良くなっています。例えば、令和元年12月から漢方を服用している網膜色素変性症の30代女性は視力がだんだん改善されています。漢方を服用する前の裸眼視力は0.5~0.6でしたが、今年7月の検査で0.7~0.9まで改善されました。
また令和2年5月から漢方を服用している大腸がん・リンパ転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性の血液検査結果は肝機能腎機能と正常になりました。様々な副作用も軽くなって、食欲不振や下痢も改善されとても元気です。病院の主治医から抗がん剤治療を1年以上続けて、こんなに元気な人はいないと言われました。

名古屋から一通の綺麗な手紙が届きました。何回もブログに書きましたが平成30年5月、当時86歳の時から非結核性抗酸菌症で咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸で悩んで肺を強くする漢方を服用しました。服用開始から4年以上経ちました。今日の本人の手紙には、今月始めに病院で1年振りにCT検査を受けたそうです。4年前のCTと比べても一切変わらない、咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸などの症状も改善されて、少し痰があるだけだそうです。
本人とも電話でお話をしました。とても元気でした。いつもの約束通りに本人が現役の美容師の間に、私の髪を切る事と顔のエステをお願いしました。この女性の相談カードを見たら9月10日がお誕生日でした。明日で満90歳。本当におめでとうございます。
100歳まで現役美容師を続けて日本一の長寿現役美容師になるように祈ります。
ご本人からは死ぬまで漢方を続けると言われました。当然、大丈夫だと思います。楽しみにしています。

漢方薬で60代男性の腎機能、50代女性の肝機能が改善!

 今日の福島は一日雨でしたが夕方、時おり雨が止みました。

 今日は難病と子供の病気が多かったです。
 間質性肺炎(50代男性と80代男性)、クローン病の10代男性、Iga腎症の40代女性、自己免疫性肝炎の50代女性などなど。
 子供の病気や様々な症状で、朝起きられない、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠等で悩んでいるか発達障害、起立性調節障害などと診断された15才、14才、10才、9才、7才の子供達がいました。

 良くなった方も多かったです。
 腎臓病で一つ腎臓摘出を手術した後、腎機能異常の60代男性は3年前から腎臓を強める漢方薬を服用して、漢方薬を服用前のクレアチニンの3台から今は2.2から2.5と安定しています。
また、自己免疫性肝炎の50代女性は、令和1年12月から肝臓を強める漢方薬を服用して肝機能を改善しています。例えば漢方薬を服用する前の令和1年11月の検査でr-GTは116(正常値は50以下)でしたが令和2年8月は72、今年の8月の検査は78で正常値まであと一歩です!
また3月から漢方薬を服用している14才の少年は12才の時からの腹痛、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、朝起きられない等の起立性調節障害の症状が8割改善されました。

実は今日は寒いほど涼しいです!今朝やっとサンダルから運動靴に変わりました!また、半袖の白衣から長袖の白衣に変わりました!今年のサンダル期間は記録的に長かったかな、、、、、(笑)

20年間の感謝の中国語作文 ①

今日は昨日ブログに書いた薬局20年間の歩み、特にいろんな病気の方との出会いを書いた中国の文章を載せます。もちろん中国語のままではなく日本語に翻訳します。

春夏秋冬一瞬間 懐仁堂済世二十年

20年前の今日9月1日、懐仁堂漢方薬局は仙台に誕生。20年間の歳月を積み重ねて懐仁堂は成人式を迎えました。20年前に懐仁堂の誕生は神様のような友人が守ってくれました。この友人は兄弟ではありませんが兄弟以上の友情があり、1991年からちょうど今日まで30年間北京から日本の私を助け支え漢方を教えてくれました。(当然感謝の気持ちがいっぱいです。)手紙<写真1>と感謝の記念品を贈りました。昨日届いたと連絡がありました。

また懐仁堂の成長は、私の中国にいる恩師の力が大きいです。懐仁堂が2歳半のとき漢方の恩師の先生が中国から来て、約2ヶ月間昼も夜も私に日本の患者さん特有の体質や病気の診断や漢方薬の処方など教えてくれました。<写真2>のように当時教えてくれたメモが残っています。もちろん大事に保管しています。

次に20年間「酸甜苦辡咸」たくさんの辛いこと、たくさんの失敗したこと、大変なことありました。しかしそれよりも嬉しいこと、幸せなことがたくさんありました。
例えば全国各地、南の沖縄から北の北見まで、みなさん遠方より飛行機、新幹線でわざわざ懐仁堂を訪ねて来てくれました。そして様々な病気や治療法がない疾患の方が、漢方を服用することで症状や検査結果がよくなっていることは一番の幸せ、一番嬉しいことです。

<写真1>

<写真2>

9歳の時から漢方を服用の20代の網膜色素変性症の女性は視力が0.8~09まで改善

今日は蒸し暑い。第2の夏が来たみたいです。

患者さんの事について。子どもさんで難病の方が多い。肉腫の10代の男の子、血小板減少症の10代の女の子、IgA腎症の10代の男の子など。

双子の60代の女性2人は、共に当店の漢方を服用しています。不安・不眠・胃腸が弱いや便秘など、やはり体質がとても似ています。

他に9歳の時から、歩くのが遅い、言葉を覚えない、発音が出来ない、聞こえなくて当店の漢方を約1年半服用して、会話ができるようになり、驚くほど聞こえるようになった現在20代女性(おじいさんの話によると、いつも家族で食事をしながらテレビを見ているのですが、ある日突然テレビを見ながら話が出来るようになりました。やはり、その日から聞こえるようになったのです)
16歳の時に網膜色素変性症と診断され、視野も段々と狭くなって、平成24年4月の検査で裸眼視力は左右共に0.06、矯正視力は右0.9左0.8。その後ずっと肝臓腎臓を強くする、血流を良くする漢方を服用して、今は裸眼視力が0.8~0.9まで安定しています。
7月の誕生日からみると、この女性はちょうど満24歳。当店の漢方を服用していたおじいさんのおかげでこの女性は漢方と縁があり、視力聴力も良くなりました。

漢方で30代女性は自然妊娠成功

今日のブログも昨日のように短くします。
がんの70代女性、高血圧・糖尿の50代男性、片頭痛の40代女性など。皆さん検査結果や症状が良くなって喜んでいます。
平成29年から高血圧・糖尿・脂肪肝・肥満の50代男性はずっと漢方服用。健康診断の結果正常になり、手の痺れやむくみや膀胱炎、トイレが近い等の症状も改善され喜んでいます。この方は同僚や友人など、今日まで十数人に当店の漢方を紹介してくれました。今日、お話を聞くと不妊症や難病の潰瘍性大腸炎など、皆さん良くなっていて喜んでいると言われました。
ところで、当店の漢方を服用している方のご紹介で昨年4月から漢方を服用している生理不順と不正出血・イライラ・不安・不眠・頭痛・動悸などの30代女性は、一生懸命に漢方を服用して全身の症状が5割改善され、今年の春にはほぼ全部改善されました。更に昨日の病院の検査で妊娠2ヶ月と診断されました。見事に自然妊娠成功。本当におめでとうございます。今日から流産とつわり予防の漢方に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。

漢方で網膜色素変性症の40代女性の視力が改善

今日の山形は暑い。
昨日のブログに書いた1週間の漢方でコロナ感染の40代男性は、熱・咳痰・呼吸苦しい・食欲不振・味覚異常などの症状が全て改善された。その影響で、今日早速感染者の多い大都市の以前から漢方を服用している方が、今後コロナに感染した後に服用するために至急漢方を送って欲しいと言われました。万が一の予備として大変いいと思います。

今日の良くなった患者さんの中で一番嬉しいことは、令和元年5月から服用している目の難病の網膜色素変性症の40代女性の視力が改善していることです。この女性は子どものときから近視。10数年前の検査で両目の視野が狭くなって視力も低下。30代のときに網膜色素変性症と白内障と診断されました。

漢方服用前の裸眼視力は両目共に0.02、矯正視力は右0.3、左0.4、身体者障がい者5級と認定されました。漢方を服用し、視野も視力も改善され日常生活を行うのが楽になった。
令和元年11月の検査で裸眼視力は両目共に0.1になり矯正視力は右0.7、左0.5。今日本人の話によると、コロナの影響で視力検査を1年していなが来月眼科へ行く予定だそうです。間違いなくさらに良くなっていると考えられます。

報道では都内の親子3人が全員コロナ感染し、自宅療養していた40代母親が亡くなったそうです。とても悲しいことです。今後このようなことがないことを切に願うばかりです。

1週間の漢方薬でコロナ感染の40代の男性の症状は全て改善、後遺症もない

今日福島はまた夏に戻った暑さです。

連休明けの福島店は予約した他にフリーの方も5、6人来客!忙しかった!

 難病の自己免疫性肝炎、Iga腎症、再生不良性貧血の方は皆検査結果が良くて喜んでいます。例えば令和1年12月からお母さんの紹介で漢方薬を服用している自己免疫性肝炎の20代の女性は5年前から肝機能異常でだんだん悪化したが肝臓を強める漢方で今回の肝機能検査の結果が良くなって、6月の検査で肝機能全部正常値まで改善しました。また多量の薬を服用して腎機能異常の87才の女性は漢方で今年5月のクレアチニンの1.08から7月13日の0.85(正常値は0.47~0.79)まで改善、お医者さんは驚いて、娘さんと本人は喜んでいます。80、90代の方でも漢方で腎臓を強める事が出来ます。

 8月11日のブログに書いた関東圏のコロナに感染した40代の男性に直接電話しました。
8月11日に書いた通り、8月2日から40度以上の高熱があり、次の日に検査でコロナ感染が判明した。市販の解熱剤を服用しても38度台の熱がつづいて、本人も奥さんも実家のお母さんも毎日電話をかけても保健所が対応してくれなくて、しかも8月7日から咳痰があり、下痢、食欲不振、味覚がないとの事。福島の実家のお母さんは10数年前に80代の母や息子さん本人も当薬局の漢方薬を服用した事を思い出して、8月11日に息子さんの為に来局した。免疫力を高め、肺臓を強める、コロナウルスを抑制する、解熱、咳痰を止めなどの漢方薬を2週間分、調合した。漢方薬を服用して2日後、熱が下ったと聞きましたが今日、本人に直接電話で、今の体調について聞きました。本人から漢方薬を服用して3日目から熱が36.5度前後の正常体温になり、その後、咳痰も軽くなり、今は一切症状ない、味覚も改善して、後遺症も一切ないと言われました。本人とご家族も漢方薬の効果に驚いています。実はお母さんのお母さんはガン転移で余命5、6ヶ月と言われたが漢方薬を服用して11年間元気で3年前に92才で亡くなりました。また息子さん本人も平成25年からガン手術後にすぐ漢方薬を1年間服用して、今はガンの再発、転移はありません。この家族に対して、当薬局の漢方は三連勝!嬉しいです!(8月11日のブログも読んで下さい!)

 コロナ感染者は増え続け、重症者も増えている。感染した方はぜひ早めに漢方薬の服用を強く、強く勧めます!

漢方で70代男性の手の痺れは8割改善 ・10代の女子大学生のアトピー性皮膚炎は9割改善

連休明け、オリンピックも終わりコロナ感染者は増加を続け、入院治療出来ない在宅療養者も増え、重症者も増え…悲しいさみしい気持ちです。

患者さんの事について。連休明けいつも通り全国からのメール相談の方が多い。
2回手術した後また子宮筋腫再発の女性や、流産不妊症の40代女性、7月に大腸がんと診断され、これから精密検査・手術を待つ70代女性など。

山形店の患者さんはみんな良くなって喜んでいます。
昨年12月から漢方服用の頸椎の異常で30年前から左腕の痺れ・上がらない70代男性は、2月の時は2~3割の改善だったが、今日の本人の話によると、今は日常生活に殆ど支障が無く8割以上改善されたと言われました。
まだ中学生の頃からアトピー性皮膚炎が悪化して、昨年末からの大学受験で更に悪化して3月から漢方を服用している女子大学生は6月の来店の時に、本人の皮膚の状態と漢方服用する前の写真を比べてみると、7割良くなっていました。今日のお母さんの話によると、今は更に良くなって湿疹と痒みが殆ど無くなりました。100%良くなったと言えなくても、9割以上良くなったと思います。

ちなみに、この2人は共に当店の漢方を服用している60代女性の紹介です。
この方には本当に感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

漢方で産まれた子は1歳と3歳、みんな元気!

今日の山形は暑くて(37℃)忙しくてブログを短くします。
不妊症の方が多い、また妊娠成功、出産の方も多い。
平成29年11月から不妊症の漢方を服用している30代後半の女性は、漢方で第一子を妊娠成功、出産。今年3才になり、第二子希望でまた漢方の服用を開始。7月28日妊娠陽性の診断をされました。今日から流産予防の漢方を服用します。第一子は女の子で出産時3035gありました。

もう1人の30代女性は平成30年10月に潰瘍性大腸炎と不妊症で漢方を服用。半年間で潰瘍性大腸炎の症状は改善、その後不妊症の漢方を服用し妊娠成功。昨年7月末に元気な4080gの男の子を出産。

今日この女性のお母さんと80代のおばあちゃんが来店。(お母さんのお母さん)このおばあちゃんは、3年前に帯状疱疹になってから今もずっと痛みがあり鎮痛剤を何種類服用しても良くならない。最後に漢方で改善したいと思っています。
「ひ孫さんはかわいいですか?」と聞いたら「とてもかわいい、とても元気、普通の子より大きい」と言われました。やはり漢方で産まれたお子さんは大きいかなと思います。