3か月の漢方で60代男性の肩痛み9割改善・血圧・尿酸値も正常

今日の山形も暑いです。でもみなさん朝から予約通りに来店してくれました。

その中の娘さん2人は80代のお母さんの為に来店。良くなった患者さんはたくさんいます。皆さん喜んでいます。

例えば、6月始めから漢方を服用している60代男性は高血圧・痛風・十二指腸潰瘍・頻尿・数年前から右肩が痛くて右手は殆ど上がらなくて、漢方を服用したら徐々に改善され、今日の本人の話によると肩の痛みは9割改善されたそうです。7月の健康診断でいつも高い尿酸値も正常値まで改善され、さらに眼圧も20~18まで改善、夜のトイレが3回から0~1回まで改善、本人は漢方の効果に大変驚いて喜んでます。これからこの方の口から漢方の良さが広がればいいなと思います。

また87歳の女性の娘さんの話によると、8年前に乳癌手術をした後に漢方を服用。その後物忘れがひどく、病院で認知症と診断され、その時から認知症の漢方を7年間服用しています。今日娘さんの話によると〇〇大学病院の受診でお医者さんから「当時漢方の治療を選んだ事は正しかった、いい結果が出ています。これから診察しなくてもいい」と言われたそうです。当然、病院の認知症の薬は一切飲んでないです。この女性、今日まで癌の転移もなくとても元気です。また5月から瞼に2か所大きなイボと顔に小さなたくさんのイボができ、漢方で良くなりますかと聞かれたので、イボが小さくなる漢方があるとお話したら、ぜひ服用したいと3ヶ月服用しました。今日の娘さんの話によると、瞼の大きな2つのイボをはじめ全部小さくなって殆ど見えなくなったと言われました。娘さんから漢方は本当に不思議と言われました。

半年間の漢方で30代後半女性の妊娠成功!

今日は天気予報より福島は暑いです。昼休みにスタッフが温度計を使って外で測定したら39度でした。とにかく外はサウナと同じです。

 

暑さの中で、大学病院の治療を受けている皮膚病の新患の30代男性をはじめ、5年前から乳がん、3年後に肺転移、昨年には肝臓転移し、乳がん手術後ずっと抗がん剤治療やホルモン治療をしたのにどんどん広がり、今では「効く抗がん剤がない」と言われた60代女性(ご主人によると、とくかく食べて今の体重は80キロ以上。ご主人はとても痩せていて、体重を聞いたらなんと奥さんの半分41キロだそうです。今後、ご主人の栄養を取らないよう祈っています。実はご主人は数年前の私のがんの講演会を二回聞いたことがあったそうです。なぜもっと早く奥さんを連れてこなかったのか。。)、糖尿病、高血圧で多種多量の薬を服用して、腎機能が悪くなった70代男性(月曜日の「そろそろ透析」と言われた糖尿病の50代男性と同じ腎機能が悪くなった事について、毎回検査結果を主治医から異常かどうかの説明が一切なく、自分で調べてみたら分かったそうです。なぜ福島のお医者さんは皆に糖尿病の腎機能の検査結果を教えないのでしょうか。。。糖尿病の合併症の一つ、糖尿病腎症はわからないかなあ)。

 

今日の良くなった方も沢山います。

例えば7年前から摂食障害、不眠、動悸、息苦しい、幻覚、幻聴で統合失調症と診断された40代男性は4月からの漢方服用で様々な症状は改善、月に2,3日寝れない以外とても元気になり、体重も減り症状はなくなり家族や知り合いから「別人に変わったみたい」と言われたそうです。

今日一番嬉しい患者さんのことは、十数年前から当薬局の漢方を服用して様々な症状を改善させた60代女性の娘さん30代女性です。今年一月から漢方服用でストレス等を改善させ、今日は自然妊娠が判明し来年の2月に出産予定だそうです。今日から流産予防の漢方に変えたので無事な妊娠・出産を祈ります。ついでに、先月から漢方を服用している50代女性は昨日から自然に生理が来た喜びの連絡がありました。本人には自然に従って妊娠できるかもしれない話をしました。

 

写真の通り今日の福島の果樹園で桃を買った時、例年より早く誰も食べない・採らない・売らない、まるで私のために植えた梨の木の梨を試食してみると、「もう食べられる、美味しい」と判断したので、例年より一ヶ月ほど早く収穫しました。当然、果樹園の奥さんに感謝・感謝です。奥さんも興味深く「一個ちょうだい」と言われました(自分の木なのに。)。しかし昨年の9/10の写真と比べればわかる通り今年の梨は随分と少ないです。昨年、梨の木は疲れたのかなと思ったので今年は一休みで来年は沢山多くなるかなと思います。

昨年9/10の写真↓

今日8/5の写真↓

昨日は、どうしても時間がなくてブログが書けず、私のブログを楽しみにしている方に申し訳なかったです。

最後に月曜日は旧暦の6月14日で中国のネットニュース(写真)を見て二十一世紀の100年に6回しかない満月の日は旧暦の15日ではなく14日だそうで14日の満月を見たくて、すぐ車で東に行って海で満月を見ました。

実は前の日の13日は私の旧暦の5〇才の誕生日で、月を見ながら亡くなった父と健在の母に感謝の気持ちを込めて詩をつくりました。

意味:

毎月毎月の満月の日があり、今晩の満月は海から徐々に昇る。

毎夜毎夜、夜の夢を見る。昨日の夢の中で夜に故郷に帰った。

 

≪月月月圓圓月昇海上 夜夜夜夢夢夜回故郷》

 

腎臓を強くする漢方でIgA腎症の20代男性の腎機能が改善!

今日は仙台も福島も晴れでした。東北地方の梅雨明けみたいです。

8月といえば、もうすぐ夏祭りやお盆ですが…。

夏祭りといえば、コロナの影響で東北地方の夏祭りは殆どが中止のようです。そしてお盆といえば、皆さん帰省でしょう。しかし、政府の会見をみると、高齢者がいる家族はできるだけ帰省を控えてほしい呼びかけをしているようです。帰省といえば実家に帰るでしょう。しかし、実家に帰ると居るのは殆どが高齢者やじいちゃん、ばあちゃんでしょう…とても矛盾を感じます。

 

今日の患者さんについて、相変わらず九州~北海道までやはり難病の方が多かったです。

また、ご家族の中でお母さんが良くなったので眩暈・不安感・イライラ・吐き気のする20代の娘さんが漢方を服用すると直ぐに良くなったので、もう一人の20代の娘さんが今日から服用を開始しました。皆、試験や大学などでの研究等でストレスが溜まっているみたい。そして娘さん二人は大変勉強家だと思いました。

 

良くなった難病の一人は北海道のIgA腎症の20代男性です。

ずっと病院の薬を5種類服用していても腎機能はどんどん悪化していて、漢方服用前の昨年12月の検査でクレアチニンは2.43でした。最近は結婚したばかりで当然、子供が欲しいという思いで当薬局を選んでくれました。仕事で出張やコロナウイルスの影響によるストレスもあるかと思いますが、やは漢方薬の効果は表れています。今年5月の検査ではクレアチニン2.33にまで改善していました。しかし、その後は色々な原因で、服用が一日分を3日かけて服用したりしていると、先月7月末の検査ではクレアチニンが2.39にまで少し悪化していました。しかし、この数字は漢方服用前から8ヶ月経ってもクレアチニンの悪化は12月より悪くなっていない事を本人も喜んでいます。そして体重とストレスを減らして食事の管理をし、漢方をきちんと服用する努力の予定です。きっと良くなるでしょう。

 

ところで、新患の50代男性は、糖尿病と高血圧で5種類の病院からの薬を服用していましたが、半年前から主治医が「腎機能が悪いので、そろそろ透析」と言われたそうです。最新の7/29の検査結果を確認するとクレアチニン6.39で本当に直ぐに透析が必要です。しかし私にはとても理解できない、オカシイと思うことがあります。なぜ半年前に腎機能が悪くなったと初めて言われたのでしょうか。絶対に理解ができません。半年間でクレアチニンが6を超えるのはあり得ず、少なくとも3~5年前から徐々に悪くなっていたと思います。よって、この主治医は、もし患者さんが言ったことが事実ならば、無責任か信用できないと思います。まだ50代なので、是非とも腎機能を改善させて透析を避けることが出来るよう、祈ります!

 

最後に、今日の昼にネットニュースをみたら、安倍首相のマスクがアベノマスクではなく、一般のマスクに変わったみたいでした。アゴも見えなくなり、顔にとても似合っています。アベノマスクよりずっとカッコ良く見えました。

 

4カ月間の漢方服用で30代女性の子宮ポリープが無くなった!

昨日の大雨の被害は大きかったです!特に山形の川は氾濫したそうで、仙台に帰った時、山形県庁前の通りは川になり、車は「水上車」になったみたいでした。福島は携帯の警報が鳴り学生たちは早い下校をしたそうです。

 

今日も福島県内の方の他に全国からの相談が多かったです(静岡、横浜、東京、埼玉、千葉、山形、青森など)。

例えば、静岡の30代女性は平成31年1月からの漢方服用で子宮内膜症、卵巣チョコレート濃腫などを改善させ去年10月に自然妊娠に成功。その後も婦人科の病気の再発予防と流産予防の漢方服用で今年6月に2956gの元気な男児を出産しました。出産後の検査でチョコレート濃腫や内膜症はないですが甲状腺が大きくなり、また、子供の首のコブも改善させたくてお母さんが8割、子供2割の割合の漢方を今日まで続けて服用しています。

千葉の20代女性は、20代の時から漢方薬を服用、仙台から東京、千葉に転々しても結婚しても当薬局の漢方薬を時々服用しています、今は婦人科の病気で服用しています。

また山形の60代男性は、数年前に漢方薬を服用したことがあり、今年4月に肺がんと診断されましたがコロナの影響で東京の病院に治療に行けない事から4月から肺がん抑制、肺を強くする当薬局の漢方を服用しています。今日の本人の話によると相変わらず病院の検査や治療はないですが肺と全身の症状は一切ない、と本人から「漢方だけでガンを抑制できることを期待しています」と言われました。

 

良くなった患者さんも沢山います。

ガン手術後の60代女性は、7/20のCTと血液検査ではすべて正常で手術2年後の今もガンの再発や転移が一切ありません。また、自閉症の20代男性のお母さんによると、漢方服用して以来、症状はだんだん改善され、落ち着くようになり、尿漏れも減っています。特にこの一ヶ月間はドアを壊すことや近所に聞こえるまで叩くことは一回もない、など改善しています。

 

今日は潰瘍性大腸炎の難病以外、難病やガンの方は少なく、不妊症など婦人科の病気の方が多かったです。お父さん、お母さん、弟も漢方薬を服用している30代女性は不妊治療を繰り返し失敗し、今年3月の検査では子宮ポリープ(小さい子宮筋腫が7~8㎜数個あり病院手術を勧められましたが当薬局の漢方を選びました)がありました。今日の本人によると「7/22の子宮内視鏡の検査でポリープが無くなり全て正常」と言われたそうです。本人は大変喜ぶと同時に漢方の力を不思議に思っています。子宮が正常になり、特に本人のストレスや不安がなくなり今後の妊娠成功に大変プラスになると思います。当然、今日から妊娠しやすい漢方に変えて続けて服用します。

漢方の子は大きい!?

今日の福島は梅雨明けみたいで晴れ、暑い!夏本番の感じです。

 

患者さんについてご一家4人、3人、2人などが多かったです。

例えば平成10年から漢方薬を服用している当時80代のご夫婦はともに胃腸、腰痛、心臓病、がんなどの病気を乗り越えて、今90代になっても共に元気で、奥さんから「病院に行くと、主人の歩きや夜尿や言葉出ない等のことはもう無理といわれたが、漢方薬で夜間のトイレは一回減ったり、今日の食事は「美味しい」の短い言葉でも大変うれしい、懐仁堂に来るたびに希望がある」と言われました。

 

先週45才になり、また第2子が欲しくて3年ぶりに漢方薬を服用する関東圏の女性は今日、糖尿病、咳や痰のご主人も漢方薬を服用開始します。先週の不妊症のブログに漢方薬を服用して妊娠成功した女性の子供の出産の体重は3000g以上の子は多いと書きましたが、ちなみにこの女性の子の出産体重はなんと4200g。今日も漢方のおかげで元気な可愛い息子さんが生まれたと感謝されました。

今日も漢方で出産した女の子が元気!

今日は弁当ではなく高いランチなのでブログは短くします。(関係ないですが・・)

患者さんのことについて。パーキンソン病の60代男性、腎機能異常の60代男性、婦人科の病気がある40代女性、髄膜種の手術した40代女性、痛風・腰痛の40代男性など。

息子さんと娘さんが当店の漢方を服用し良くなり、その紹介で4月から腎機能・硬化性胆管炎・高血圧・痛風・糖尿の60代のお父さんが漢方を服用。今日お母さんの話によるとまだ病院の検査はないので分かりませんが、ひどい口臭が大変良くなったと言われました。

一番嬉しいことは昨日の40代女性2人が元気なお子さんを出産したことと同じように、不妊症で体外受精を繰り返した30代女性は、当店の漢方を服用し妊娠成功した友人の紹介でH29年11月から漢方を服用しH30年1月妊娠成功。その後流産予防の漢方を服用し、H30年9月に3035gの元気な赤ちゃんを出産。当初ほとんど母乳が出なくて母乳が出る漢方を服用しました。今日は1年数ヶ月ぶりに来店。娘さんはもう1歳10ヶ月で写真を見せてもらいました。とても可愛かったです!次のお子さんのためにまた今日から漢方を服用します。
ちなみに昨日の2人のお子さんも出産のとき3000g超えていて、やはり妊娠中に漢方を服用しているお子さんの体は大きく元気がいいと思います。

20代の女性とお母さんの4組が来局!

昨日の夜から仙台は凄い雨が降り、雨の音で午前3時に目が覚めました。福島のスタッフに聞いたら三人とも「雨の音で目は覚めなかった」と言われました。従って雨は仙台より激しくないのかなと思います。

今日の患者さんについて20代女性とお母さんの組み合わせが多かったです。
平成28年、皮膚病で良くなったお母さんは昨年10月にニキビがひどい20代の娘さんを連れて来局。今日は約半年ぶりに親子揃って来局してくれました。昨年、二カ月半の漢方服用で娘さんのニキビは6割改善、便秘や痒み、肩コリも改善、特に本人から「今年の花粉症はずいぶんと軽くなった。何故か」と聞かれました。鼻の病気や症状も皮膚と腸の粘膜は同じであり影響していると説明すると喜んで納得していました。
その他には生理不順、子宮筋腺症、不正出血の20代女性もお母さんと来局しました。

今日は非結核性抗酸菌症以外の60代女性以外、珍しく難病の患者さんは少なかったです。ブログはここまでにします。

写真の通り、山形店のスタッフが我々スタッフ全員に手作りのマスク収納ケースを作ってくれました。使いやすいし、見た目も良いし、大変ありがたいと同時に、これから量産して薬局で販売してもいいかなと思います。仕入れ金額や販売価格は明日、本人に聞きましょう!

三ヶ月間の漢方で60代男性の腎臓のクレアチニンが3.16から2.39にまで改善

今日は福島だけではなくほぼ全国が雨で涼しいですが、熊本をはじめ水害のある所は大変そうです。

今日の患者さんついて、やはり全国の方が多いです。
南の名古屋87歳女性をはじめ、東京や埼玉、北の青森八戸市まで…やはりみなさん難病や慢性疾患など病院だけではなかなか良くならない方ばかりです。
良くなった方は沢山います。
漢方で自然妊娠に成功した子宮内膜症やチョコレート脳腫などの女性は、出産後に漢方を服用して子宮内膜症やチョコレート脳腫だけではなく、皮下腫瘍も小さくなって喜んでいます。
また、咳や痰、血痰、息苦しい、風邪をひきやすい70代の非結核性抗酸菌症の女性は、昨年5月から漢方を服用し今では咳がほとんどなくなり、半年前からは血痰もなく、息切れや息苦しい症状も改善されました。
また、87歳の乳がんの女性は、手術や抗がん剤治療を拒否して当薬局の漢方治療を一年前から選び、がんが徐々に小さくなり先週の検査で病院からは「ほとんど見えなくなるまで小さくなった」と言われました。間もなく88歳になります。元気で傘寿を迎えることを祈ります!

ところで、珍しいですが私の目の前で涙が出やすい60代の男性がいます。
この男性は数年前に腎臓がんで腎臓を手術後に様々な治療で9種類の薬で腎機能が徐々に悪化。漢方服用前はクレアチニンが既に3以上になり、そろそろ透析と言われていました。悲しくて来局の時に私の前で泣いていました。今日はまた、私の前で泣いていました。今日の涙は喜びの涙です。今年の2月の検査でクレアチニン2.9から悪化し4月の検査で3.16になり腎臓を強くする漢方で見事に腎機能が改善し5/27の検査では2.6、最新の7/1の検査ではクレアチニン2.39にまで改善していました。また、私の提案で腎臓を強くする漢方を服用して、薬を減らしたいことを強く主治医に旨を伝えるように言いました。今は検査結果の通りに腎機能が良くなって先週から病院の薬は9種類から4種類にまで減りました。この男性と漢方を理解している主治医に手を合わせて「感謝」を言いたいです。

人間は腎臓の陽が大事です

今日の仙台は、風があり涼しいです。でも忙しくて、外には行けませんでした。
患者さんのことについて、新患さん、難病の方、全国からの方が多いです。
例えば、北海道の間質性肺炎の70代女性、神奈川の血小板減少性紫斑病の20代男性、IgA腎症の50代男性、潰瘍性大腸炎の40代男性、肥大性心筋症の50代女性など。

病気ではありませんが、すい臓の酵素のアミラーゼ異常の3人(その中に数年前から漢方薬を服用して今は正常値になった一人の他に、80代の女性と50代の娘さんは二人共に先日の検査でアミラーゼは共に異常。)、不眠症の方や肥満、むくみ、癌の再発・転移の方も居ます。

新患の一人の女性は、東京の専門の漢方薬局で半年間高い漢方薬を服用しましたが、効果を感じずに当薬局へ来局。

2年間で4キロ太り、耳鳴り、腰痛、倦怠感、生理痛等の症状もあり、

「漢方医学からみると、一番の原因は腎臓が弱いことと血流が悪いこと」と説明をすると、本人は納得しました。

写真の通り、腎臓が弱くなると(腎臓の陽が弱い、陰が弱いの2つあります。)、体力免疫力の低下、トイレが近い或いは遠い、

むくみやすい、耳鳴り、聴力低下、腰痛等の症状が出ます。

この女性の自分の症状にピッタリなので、本人は納得しました。漢方効果にも期待しています。

 

 

下の写真の通り、今朝はビワを取りませんが桑の実と野生の紫蘇を食べました。

おいしくて朝食にしました。

実は、桑の木の種類や場所により大きさも違うし味も違います。

今日の写真の大きな桑の木の実は、全然おいしくない・・・何故なら周りに大きい木が沢山あり、日が当たらないからです。

命がある全てのもの、動物、植物、人間も、太陽の陽が必要です。

 

 

 

 

漢方で自然妊娠、出産した子供さん2人の写真を見ました

今日の患者さんはやはりご家族やご夫婦で漢方を服用している方が多かったです。

今日の山形は曇り、夕方から雨が降るそうで割と涼しいです。

60代の顔の湿疹・痒みのある漢方を服用している女性は、娘さんが不妊症で、ご主人は脳出血で漢方を服用したことがあります。

 

また、お母さんは腰痛、お父さん糖尿病、息子さん不眠、息子さんのお嫁さんは内膜症と不妊症、生理痛。お姉さんは婦人科の病気で当店の漢方を服用していました。

 

他に、腎臓と肝臓機能障害の30代の男性は三重に引越ししても当店の漢方を服用して正常値を維持しているだけでなく、今日から奥様も漢方を服用されることになりました。

 

今日とても嬉しかった事は、当店の漢方を服用して自然妊娠した子どもさんの写真を見た事です。1人の女の子は3歳でお母さんが不妊治療をくり返し、その副作用で内膜症と卵巣が腫れました。35歳の時から漢方を服用していましたが、私の提案で半年~一年不妊治療を中止して漢方だけを服用することにしました。平成28年3月から漢方だけを服用し見事に平成28年9月に自然妊娠に成功。平成29年5月に2898gの元気な女の子が産まれました。現在3歳になりお父さんから写真を見せてもらうと、とても可愛いきれいな女の子で、将来はモデルか女優さんかと期待しています。

この女の子のお父さんお母さんからは3人以上の不妊症の人をご紹介して頂き、みんな妊娠に成功して出産されています。

 

もう1人の子どもさんの写真は1歳5ヵ月の男の子の写真です。お母さんは不妊症治療、1度の流産を経験し40歳近くから漢方を服用し、見事に自然妊娠に成功しました。流産予防の漢方も処方しましたが、妊娠2ヵ月の時に出血があり、すぐに漢方調節し無事に元気な男の子が産まれました。

祖母の話ではとても活発で、お父さんお母さんともに長身なので間違いなく背が高くなるはずです。

この2人のお子さんとは生後3~4ヶ月の頃に抱っこした事があります。また会って抱っこしてみたいです。

 

今日は昨日に引き続き山形店の1ヶ月遅れの創立記念日のお祝いのランチ会でした。

今日は無農薬野菜を使った自然食品12種類のおかずの初夏弁当でした。全部手作りでとても美味しかったです。とてもお腹いっぱいになり腹12分目になりました。来年は子ども用弁当のサイズか少年用の大きさにしようと思っています。

ちなみに写真のようにお弁当のデザインも綺麗で、持参弁当の弁当箱にしようと思いましたが結局捨てました。もったいないかなぁ・・・

<写真>