漢方で統合失調症の30代男性の症状は全部改善!

 今日は腎臓病と肺の難病の方が多かったです。
 IgA腎症の40代女性、慢性腎炎の60代女性、糖尿病腎症の60代男性、腎臓がん手術後の70代男性、非結核性抗酸菌症の50代女性、間質性肺炎の70代男性などなど。

 肺を強くする漢方で肺の難病の方の咳痰や息苦しさ、息切れなどの症状が改善した、と全員効果を感じていましたが、腎臓の病気の方の検査結果からみると2勝2敗でした。
 福島市内の二人の12月と1月の腎機能検査結果は良くなりましたが関東圏の二人は最近の検査結果は共に悪化していました。なぜかなと思いますが東京のコロナ感染拡大の長期間の影響で運動不足、不良食生活、ストレス増え等が原因かと考えられます。

 良くなった方の一人は、30代の統合失調症の男性です。
 今日から更に漢方薬を3分の1に減量しました。この男性は大学を卒業して就職後に不安、妄想、幻覚等の症状があり、心療内科で統合失調症と診断され、3種類の薬を服用しても、入院治療しても良くならず、平成30年11月から当薬局の漢方薬を服用開始しました。
 3ケ月後にはイライラ、不安、不眠の症状が良くなり、睡眠薬と安定剤を止めました。やがて診療内科の薬を1種類、一日1錠だけ服用。
 約半年後には妄想、幻聴の症状も改善して、漢方薬を三分の一減量して服用しています。
 今日のお母さんの話によると今、症状は一切なく、毎日元気で希望の国家資格を合格するために頑張って勉強しています。
 今日からさらに漢方薬を三分の一に減量しました。

漢方で4歳の男の子の腹痛は激減

昨日と同じ、今日は今年山形店での最後の仕事。同じく忙しかった。
同じく家族ぐるみで当店の漢方服用の方が多い。

中学生の時に当店の漢方を服用して良くなった、今大学生の兄弟2人の祖父も10月から当店の漢方服用。19年前にがん手術した後、転移で当店の漢方を4年間服用した当時30代の女性は、今再発転移は一切無く今日婦人科の病気の20代の娘さん2人と来店して漢方服用。
今年6月から漢方を服用、3ヶ月で毎日のめまいが100%改善された30代の女性の、朝起きられない2年前から学校遅刻、吐き気、胃痛、イライラ不安の症状の小学生の娘さんも今日から漢方を服用。
その他に30代の不妊症のご夫婦、パーキンソン病の60代男性と娘さん、糖尿病の60代の男性と目の病気の、肝機能異常、高血圧、腰痛、膝痛の奥さんなど。全国からの相談は多くないですが、みんな遠い。三重、鹿児島など。
1ヶ月の漢方服用で糖尿病が良くなった方や、3ヶ月の漢方で肝機能腎機能の検査結果が良くなった方の他に、当店の漢方を服用しているお母さんの勧めで、毎日5~6回お腹が痛い、咳、夜中も咳で目が覚める、小児科の薬を服用しても良くならない4歳の男の子は11月26日から漢方を服用。飲めるかどうか心配しました。今日のお母さんの話によるとおいしく飲めるだけでなく、なんと3日目から腹痛は減少、1日1回か2回、更に一週間後には腹痛がほとんど無くなり、更に咳も減りました。夜も熟睡できるようになりました。たいした病気ではないですが、もし数年この状態が続くと多分、朝起きられなくなり、学校を早退したり不登校になることは十分に考えられます。お母さんが早めに息子さんに漢方を決断したことは大変正しいです。
その他には、5歳の女の子、14歳の女の子などみんな漢方で様々な症状が改善され元気になりました。したがって、昨日ブログに書いた40代男性が漢方を全然飲めない事はとても残念です。子どもたちのように頑張ってもう一回漢方を服用して欲しいです。

最後に、山形店の漢方を服用している方々に、一年間の感謝と同時に来年のご健康と回復、幸福を祈ります。

漢方で不登校の少年は、朝起きられるようになった

今日の山形は晴れですが、先週降った雪が随分と積もっています。
患者さんの事について。難病の方が多いです。
パーキンソン病の70代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、アトピー性皮膚炎40代女性、再生不良性貧血の60代女性、網膜色素変性症の30代女性など。その他にも大腸がんの70代女性、肝臓がんの70代男性、非結核性抗酸菌症の50代の女性など。
良くなった患者さんの1人は、12月10日のブログに書いたイライラ・めまい・不眠・不安・疲れやすい・だるい・吐き気・腹痛・耳鳴り・朝起きられない・半年前から不登校になった少年は、昼に元気になる、食欲も増やす、夜に安眠の漢方を二週間服用しました。今日お母さんから喜んで連絡があり、朝はきちんと起きられるようになって吐き気・腹痛・めまい・不眠・不眠・耳鳴りなどの症状が随分と改善され生活習慣が正しくなったと言われました。実は12月10日お母さんと来店した時、朝起きられない、家から出ないだけでなく最近は足も痛く歩けなくなったと言われ、私はすぐにこの少年と外を歩く、散歩、ゆっくりゆっくり走るに10分くらい行きました。もちろん、途中でいっぱい説教しました(間違いなくお父さんとお母さんは感謝してくれるはずです)確かに最初はあまり歩けなかったが、でもすぐに歩けるようになり、走れるようになった。もちろん長く家から出ないと筋肉が弱くなる、歩けなくなると考えられます。この少年は私と縁があり、きっとこれから元気になる。学校に行けるようになる勉強できるようになると思っています。一日も早く元気で通学カバンを持って勉強できるように祈っています。
ところで、勉強は子どもたちの一番人生を変える唯一の道。中国の子どもたちは必死に勉強しています。《写真1》のように学校のキャンパスで自転車に乗って走ってもパソコンを開いて勉強しながら教室に向かいます。勉強に疲れたら仮眠してまた勉強…。
ちなみに中国のランドセルは最後の写真の通り日本のランドセルより簡単ですが、軽くていっぱい入ります。日本のランドセルは重い重い。

《写真1》

 

漢方薬で20代から90代まで多数の方が改善されました。

 今日は全国からの相談の方(名古屋の80代の女性、神奈川の60代のご夫婦、東京の40代のご夫婦など)も新患の相談の方も多かったです。症状が改善した患者さんも多く、とても嬉しいです。みんなさんの検査結果が改善し、安心して正月を迎えることが出来る喜びは痛いほど分かります。
 例えば最初、耳鳴り、高血圧、目の難病で当薬局の漢方薬を服用して改善した50代の女性は今年10月にパニック障害、妄想、不安、不眠、耳鳴り、動悸、腹痛、下痢などで朝起きられず3年前から心療内科の薬を服用しても、なかなか良くならず外出も出来ない20代の娘さんに漢方薬を服用させました。今日、本人に確認したら先月6日に改善しない腹痛、下痢、耳鳴りも1ヶ月の漢方薬の服用で改善しました。不安、不眠、耳鳴り、動悸の再発もないそうです。結局、10月前の症状は全部改善し外出も出来るようになりました。本人とお母さんは漢方薬の効果に驚いて喜んでいます。(昨日ブログに書きませんでしたが14歳の少年が吐き気、頭痛、めまい、腹痛で○○病院で治療していますが良くならず歩けなくなって外出もできなくなりました。もう半年不登校になっています。この少年もきっと良くなると思います。平成29年からずっと漢方薬を服用している80代のご夫婦の奥さんは、ご主人の11月19日の血液検査の結果をお持ちになり今年の8月の検査でクレアチニンが2.26から更に改善され1.16になりました。ちなみにこの男性は平成29年1月21日漢方薬を服用する前の平成28年12月日の検査ではクレアチニンは3.85でした。もし漢方薬を服用しなければ透析している可能性が高かったでしょう。ちなみにこの男性は来年4月に90歳になります。今まで高血圧、糖尿病、前立腺肥大、脳硬膜などで病院の薬11種類を服用しています。
 もう一人安心して正月を迎えることが出来る方は平成26年6月から漢方薬を服用している60代の女性です。この女性は平成26年2月に子宮体癌が卵巣、胃、リンパに転移して手術をして抗がん剤治療を受けましたが、5月に肺に転移と診断されました。抗がん剤の効果もなく副作用が強くて当漢方薬局の漢方薬を服用したところ、新しい転移、再発もなく先週の肺、胸をはじめとした全身のCT検査の検査も全部正常でした。1年後にまた検査する予定だそうです。初めてこの女性のご主人から漢方薬がこんなに効くなんて、5年間漢方薬を服用して良かったと言われました。
 その他の改善された方(例えば30代から糖尿病、高血圧の症状がある50代の男性は8月3日から心臓を強くする漢方薬を服用したところ、漢方薬を服用する前はクレアチニン6.39ですぐに透析と言われていましたが、最新の昨日の検査は5.03まで改善されました)は省略して体力を温存して明日もまた続けて頑張ります。(明日も予約した方が多く、青森から4名来局する予定です。)

5カ月の体質改善の漢方で高校生の頭痛、眩暈、吐き気、腹痛等を改善、学校復帰!

 まず福島店のスタッフの息子さんがお姉ちゃんに次いで〇〇小学校に合格!本当におめでとうございます!将来の夢は獣医だそうで素晴らしいです。ご存じの通り、動物は喋れないので人間の医者よりずっと難しいでしょう。でも、10年20年後AIを利用して動物の脳の働きや発音の意味がよめる時代になるかもしれません。いずれにせよ、将来楽しみにしています。

 患者さんについて、難病の方が多いです。
 IgA腎症の60代女性(そろそろ透析と言われましたが透析を避けたくて当薬局の漢方で腎機能を改善しています)、網膜色素変性症の30代女性、潰瘍性大腸炎の40代女性、急性脳症の10代男児、肥大型心筋症の60代女性などなど。

 良くなった患者さんも沢山いました。
 大きいカブを持ってきた60代女性は胃がんの手術をした半年後に再発し、また手術後の平成25年7月から当薬局の体力・免疫力を高め癌の再発・転移予防の漢方薬をずっと服用しています。今は手術後約8年経っていますが再発・転移は一切なく、検査は全て正常。今は一ヶ月分を二ヶ月かけて服用し、とても元気で時々の腰痛や逆流、目の疲れがありますが漢方薬の処方を変えて服用しています。今日の本人によると、目の疲れ以外の症状が改善し喜んでいます。「コロナの影響でなかなか外に行けず楽しくない」と言ったので私から「近くの山や自然に行ってください!」と言ったら、「近くの畑にも猪や猿、テン、熊が時々来て危ないので山にも行けない」と言いました。残念です!
 今年7月からイライラ・頭痛、めまい、吐き気、腹痛、下痢の十代の少女のお母さんが来局し、話によると「生理の時の痛みの他に頭痛など全ての症状が改善し、学校を休むことなく毎日楽しく通っています」と言われました。実はこの少女は、小学5年生の時から頭痛、中学に入った後は頭痛が悪化し、吐き気、眩暈、腹痛、下痢と便秘の繰り返しがあり病院で起立性調整障害と診断され2種類の薬を服用しても良くならず、時々学校を休んで不登校になりました。以前ブログに何回も書きましたが同じ症状で良くならず学校を時々休む状態から不登校になって、当薬局の漢方で改善して学校復帰した同級生の紹介で今年7月1日から当薬局の漢方を服用開始しました。今は部活の他に一生懸命勉強も頑張っています。将来、目指す大学に入れるよう祈ります!

 ところで部活といえば私から日本の中学・高校の部活を見るとやり過ぎで、監督や指導の先生も生徒も大変疲れて、怪我、トラブル、いじめなど問題が起きています。プロのスポーツ選手を目指す子以外、あまり意味はないかな、と思います。当然ほどほどの趣味、元気、体力の為には練習すれば、、、、、

体質改善の漢方で統合失調症の40代男性の様々な症状が改善

今日も精神疾患のご相談が多かった。
11年前、幻聴と不眠で統合失調症と診断され5種類の薬を服用して、毎日眠くて肝機能異常になった40代男性、5年前に仕事のストレスで落ち込む、不安や頭痛、吐き気などの症状でうつ病と診断され安定剤を服用した50代の女性はなかなか良くならなくて、10月に仕事を辞めて当店の漢方を服用しています。
今、二人ともに良くなっています。例えば今年5月から奥さんの勧めで当店の漢方を服用している統合失調症の40代男性は様々な症状が改善され、途中目が覚めなくなり7時間眠れるようになった。朝も起きられるようになった。仕事も頑張っています。
その他に、アトピー性皮膚炎の50代の女性、IgA腎症の40代と50代の女性、子宮内膜症の30代女性、B型肝炎の60代女性、ずっと不眠症の80代男性など、みんな漢方で症状と検査結果が良くなっています。

漢方で良くなった精神・脳神経疾患の方が多い!

 今日のブログは短く書きます。
 今日の患者さんの方は半分近く精神・脳神経疾患の方でした。
 自閉症の6才男子、10代の発達障害の男子、自閉症の20代男子、統合失調症の40代女性、うつ病の30代の男性、統合失調症の40代男性2人など。
一人ひとりに合わせた漢方薬を服用して、皆は様々な症状を改善し、仕事や勉強、家事などができるようになって喜んでいます。
例えば、令和1年11月から漢方薬を服用している自閉症の20代男性は毎日、物を壊したり便やおしっこで床を汚すことは今、月に数回にまで減りました。
また、40代の統合失調症の女性は20代で診断され、多い時15種類の薬を飲んでも良くならず、昨年5月からの当薬局の漢方服用で幻覚、幻聴、妄想が改善し、お母さんによると行動力が出ました。字もキレイに書け、掃除や洗濯もできるようになったそうです。
 もう一人の統合失調症40代男性は、漢方を服用前は入退院を繰り返しの治療をしていましたが、多量の薬を服用しても良くなりませんでした。本人の強い希望で平成25年6月から当薬局の漢方を服用し(自分の意志で病院の薬を絶った)、約1年後には暴力、イライラ、落ち着かない、幻覚、幻聴も改善し仕事復帰できました。その後は漢方薬を減らして服用、今はずっと中性脂肪、脂肪肝、血圧改善の漢方を服用しています。今日の両親によると仕事も大変頑張って、冬のボーナスは社員の平均以上をもらったそうです。
 ところで、この男性とご両親とはもう7年以上、ほぼ毎月会っているので大変親しくなって、いつも冗談を言ったり笑ったりしています。「ちょっと太ったね?」と言ったら「時々、米沢牛を食べに行っていた」と言い、先週も行ったばかりだそうです。「何故、米沢牛ばかり?」と聞いたら、本人がハマッている風水的に「福島から西の方が良い」となり、やはり米沢牛になったそうです。「絶対に風水ではなく、米沢牛を食べたいからなのかな」と強く思ったので「更に、どちらの方向が風水的にはいい?」と聞いたら「北の方が良い」と言われ、お母さんから「北の仙台に行ったら牛タンばかり食べる」と言われました。やっぱり!風水ではなく食べたい物のところに行くのでしょう。ちなみに「私は十何年前に一回の米沢牛を食べに行きたい」と言ったら、「来年まで行かない方がよい」と言われました。。。

約一年間の漢方で38才女性は妊娠成功!!

 今日は昨日より全国からの相談の方が多かったです。
 例えば広島の40代男性、愛知県の50代女性と20代の男性親子、栃木県の20代の男性と10代の弟さんなど。
病名から言うと、難病をはじめ色々です。
非結核性抗酸菌症、自己免疫性肝炎、うつ病、統合失調症、過敏性腸症候群、慢性膵炎、緑内障、胃がん手術後、高血圧、肝機能異常、等々です。

 やはり家族の方も多かったです。
 80代女性と60代の息子さんご夫婦(最初は平成17年に息子さんが難聴やメニエール、腎臓病、胃がん等で服用を開始、平成20年3月には奥さんが白内障、緑内障などで漢方を服用開始し、平成25年からはお母さんが元気になる為の漢方を服用開始し今でも89才元気)、お母さんと息子さん2人(最初は令和元年8月に20代の長男の統合失調症の疑いの段階からの服用を開始し、他の精神疾患の症状を改善させ見事に仕事復帰、先月10月からは弟さんが皮膚疾患で両手の指や湿疹など痛くて治らない状態だったのが約一ヶ月間の漢方服用で「7割良くなった」とお母さんから言われ、今日からそのお母さんが肺疾患で漢方服用を開始します)、お母さんと娘さん2人、お父さんお母さんと息子さん娘さんの一家四人など。

 実はこの一家四人の中の38歳の娘さんが、平成26年の時に冷え性、生理痛、肩こり、帯状疱疹などで半年くらい漢方を服用したことがあり、その後結婚しなかなか妊娠できず、婦人科検査したら黄体ホルモンの低下、子宮ポリープを診断され昨年11月から婦人科の病気や症状を改善させ妊娠しやすい漢方に変えて、今年9月に妊娠成功。すぐに流産とつわり予防の漢方に切り替え、来週には妊娠5ヶ月の安定期に入ります。当然、漢方薬も継続しています。そうすると、この家系は実は5人の漢方服用になります。本人だけではなくご両親も大変喜び「漢方のおかげです。大変感謝します」と言われました。
 無事な妊娠と出産を祈ります!

今日から水墨画、書道と篆刻を出品した展示会が開催

今日は雨ですが、暖かいですね。今日は珍しく愛知県と千葉県の方以外は、全国からの相談は少なく新患の方が多かったです。また、不眠・不安・めまい・耳鳴り・難聴・肥満などの40~50代の方が多く、難病の方は少なかったです。新患の耳鳴りの50代の女性は病院を転々としても、多量の薬を服用しても良くならならず不眠になり、最近また心療内科の薬が増えて今は8種類の薬を服用しています。この方に当薬局の漢方薬を紹介されたのは、親戚の整形外科のお医者さんだそうです。
平成25年から漢方薬を服用しながら仕事をしているパーキンソン病の50代の女性は1年ぶりに来局されました。漢方薬を服用している間にパーキンソン病の手の震えの他にイライラ・不安・冷え・動悸・不整脈・肩こり・頭痛・不眠・疲れやすさ・倦怠感・食欲不振などの症状も改善されました。今は、病院の薬だけ服用しており、パーキンソン病の症状も全身の症状も悪化したそうで1年ぶりに漢方薬を服用することにしました。
うつ病や不眠症、腎機能異常、肝機能異常の方が漢方薬で症状や検査結果が改善した方が多かったのですが省略します。
最後に今日から仙台市内での展示会が始まりました。写真の通り水墨画だけではなく、書道と篆刻作品も出品しました。蔵王の雪景色の水墨画はなかなか上手く描けなかったのですが、書道の四文字はまあまあ良いかなと思います。篆刻の印鑑は来日20数年間の間にコツコツと彫ったものです。最新の令和の印鑑もあります。昼休みの間に会場に行ったら女性の友人と90歳のお母さん(友人の話によると89歳の誕生日をお祝いしたばかりだそうで今日から数えで90歳だそうです)が丁度会場にいました。私の作品の前で記念撮影をした後、友人のお母さんに私の作品はいかがですかと感想を伺ったら、「素晴らしい感激深い」と仰っていました。本当かお世辞かはさっぱりわかりません。時間がある方は25日まで是非、マスクを着用して消毒をして受付で体温を測って鑑賞してください。

第43回 医家芸術祭(仙台医師会主催)11月25日(水)まで(入場無料)
10時~18時(最終日は16時まで)
会場:せんだいメディアテーク5階ギャラリー
「写真」

 

 

 

三ヶ月間の漢方で連続痙攣・発作の少年は修学旅行も行けた!!

 昨日18日の福島店では癌や難病の患者さんが多かったですが、一番印象深いことは子供たちの事です。
 4歳の男児、7歳の男児、11歳の男児の事。
新患の7歳の脳疾患の子の他に、4歳、11歳の子も著しく良くなっています。
特に11歳の子は数年間、〇〇大学病院の治療を受けてもどんどん悪化し食事もトイレもできない、当然学校の勉強も困難、夜寝ているときも痙攣・発作があり長くても二時間しか眠れていなかったのが、当薬局の漢方を服用している親戚の勧めで8/12から漢方薬の服用を開始しました。8/12、8/19、9/2、9/23、10/12のブログに書いた通り(この子の漢方服用の変化の詳細を知りたい方は読んでみて下さい)、当然、著しく改善され、学校はほとんど毎日行けるようになり、今日は一カ月ぶりに本人がお母さんと来局しました。一か月ぶりの様子を見ると、まずとても元気になって色々と話すようになり、ビデオも撮りましたがたまに軽い痙攣・発作が起きますが大きい発作は一切ありません。
 お母さんによると、たまに疲れて休みますが今はほとんど毎日朝8時登校して最後の3時まで学校に通い、11/5の学校での運動会で3キロのマラソンを完走、11/12~11/13には修学旅行も一切の問題なく参加できました(5年生の時は一切参加できず悔しかったと言われました)。本人に「どこに行きましたか」と聞いたら、楽しくて嬉しくて話が止まりませんでした。松島の遊覧船に乗ったり、水族館を見学したり、ホテルの料理が美味しかったり、ソーセージが長かったり、両親や兄弟のお土産を買ったり…。「おばあちゃんへのお土産は何?」と聞いたら笑いながら「忘れた」と言いました(お母さんの変わりに時々漢方薬を取りに来る時もあるし一緒に来ています)。
 来年は中学生になるので、更に良くなり、先週の月曜日のブログに書いた小学校6年生から漢方を服用し中学も3年服用、進学高校に入っても3年間服用、国立大学に入学しても4年間漢方薬を服用、そして先日は国家公務員に合格でき来年三月に卒業する発達障害と診断された男子のように、この子も高校、大学に進学できるよう期待しています!楽しみにしています!祈っています!