漢方で40代男性の検診結果も全身の症状も改善

昨日の福島も暑くて、今日の山形も暑いです。やむなく今朝からサンダルに戻りました。やはりサンダルの方が気持ちいいです。最低9月までサンダルのままでいたいです。サンダルは気持ちいいだけでなく健康にもいい。早く脱げたり履けたり、靴下もいらない、なので洗濯もいらない、足の匂いの減少もできる。また私は時々裸足で歩くので便利、良いところがたくさんあります。

患者さんのことについて、潰瘍性大腸炎の40代男性、髄膜腫の術後に目が見えない、味覚異常の40代女性、鬱病の50代女性、10年前から不整脈、高血圧、夜寝られない50代女性など。

パニック障害、統合失調症など長期間で大量の薬を服用しても良くならない精神疾患の10代~50代までの方々が体質改善の漢方で改善し多くの方が社会復帰、仕事復帰、学校復帰出来ました。
今まで5、6種類の精神科の薬を服用し、たまに16種類の薬を服用している人がいますが、今日は20代の鬱病の男性から相談がありなんと24種類の精神科の薬を服用しているとのこと。当然良くならないはずです、私の経験の中で服用している薬の種類の最高記録です。

漢方で様々な症状が改善し、検査結果も良くなった方がたくさんいます。その中の一人は、当店の漢方を服用している方の紹介で昨年6月から漢方を服用している40代男性です。
この方は漢方服用前から肝機能異常、中性脂肪が高い、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍で、だるい、手と顔のむくみ、腰痛、げっぷ、目が疲れ、血便、下痢などの様々な症状がありました。今日本人は8月の健康診断の結果を持参し数値は全部正常、全身の症状も改善され喜んでいます。西洋医学の対処療法とは違う、体質改善の漢方は全身の様々な症状を改善することができます。

24種類の精神科の薬を服用している男性は、精神的な症状だけでなく間違いなく数え切れない全身の様々な症状があるはずです。従ってこの男性は体質改善の漢方を服用すれば精神的な症状だけでなく全身の様々な症状が改善できると思います。

漢方薬で60代男性の腎機能、50代女性の肝機能が改善!

 今日の福島は一日雨でしたが夕方、時おり雨が止みました。

 今日は難病と子供の病気が多かったです。
 間質性肺炎(50代男性と80代男性)、クローン病の10代男性、Iga腎症の40代女性、自己免疫性肝炎の50代女性などなど。
 子供の病気や様々な症状で、朝起きられない、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠等で悩んでいるか発達障害、起立性調節障害などと診断された15才、14才、10才、9才、7才の子供達がいました。

 良くなった方も多かったです。
 腎臓病で一つ腎臓摘出を手術した後、腎機能異常の60代男性は3年前から腎臓を強める漢方薬を服用して、漢方薬を服用前のクレアチニンの3台から今は2.2から2.5と安定しています。
また、自己免疫性肝炎の50代女性は、令和1年12月から肝臓を強める漢方薬を服用して肝機能を改善しています。例えば漢方薬を服用する前の令和1年11月の検査でr-GTは116(正常値は50以下)でしたが令和2年8月は72、今年の8月の検査は78で正常値まであと一歩です!
また3月から漢方薬を服用している14才の少年は12才の時からの腹痛、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、朝起きられない等の起立性調節障害の症状が8割改善されました。

実は今日は寒いほど涼しいです!今朝やっとサンダルから運動靴に変わりました!また、半袖の白衣から長袖の白衣に変わりました!今年のサンダル期間は記録的に長かったかな、、、、、(笑)

1週間の漢方薬でコロナ感染の40代の男性の症状は全て改善、後遺症もない

今日福島はまた夏に戻った暑さです。

連休明けの福島店は予約した他にフリーの方も5、6人来客!忙しかった!

 難病の自己免疫性肝炎、Iga腎症、再生不良性貧血の方は皆検査結果が良くて喜んでいます。例えば令和1年12月からお母さんの紹介で漢方薬を服用している自己免疫性肝炎の20代の女性は5年前から肝機能異常でだんだん悪化したが肝臓を強める漢方で今回の肝機能検査の結果が良くなって、6月の検査で肝機能全部正常値まで改善しました。また多量の薬を服用して腎機能異常の87才の女性は漢方で今年5月のクレアチニンの1.08から7月13日の0.85(正常値は0.47~0.79)まで改善、お医者さんは驚いて、娘さんと本人は喜んでいます。80、90代の方でも漢方で腎臓を強める事が出来ます。

 8月11日のブログに書いた関東圏のコロナに感染した40代の男性に直接電話しました。
8月11日に書いた通り、8月2日から40度以上の高熱があり、次の日に検査でコロナ感染が判明した。市販の解熱剤を服用しても38度台の熱がつづいて、本人も奥さんも実家のお母さんも毎日電話をかけても保健所が対応してくれなくて、しかも8月7日から咳痰があり、下痢、食欲不振、味覚がないとの事。福島の実家のお母さんは10数年前に80代の母や息子さん本人も当薬局の漢方薬を服用した事を思い出して、8月11日に息子さんの為に来局した。免疫力を高め、肺臓を強める、コロナウルスを抑制する、解熱、咳痰を止めなどの漢方薬を2週間分、調合した。漢方薬を服用して2日後、熱が下ったと聞きましたが今日、本人に直接電話で、今の体調について聞きました。本人から漢方薬を服用して3日目から熱が36.5度前後の正常体温になり、その後、咳痰も軽くなり、今は一切症状ない、味覚も改善して、後遺症も一切ないと言われました。本人とご家族も漢方薬の効果に驚いています。実はお母さんのお母さんはガン転移で余命5、6ヶ月と言われたが漢方薬を服用して11年間元気で3年前に92才で亡くなりました。また息子さん本人も平成25年からガン手術後にすぐ漢方薬を1年間服用して、今はガンの再発、転移はありません。この家族に対して、当薬局の漢方は三連勝!嬉しいです!(8月11日のブログも読んで下さい!)

 コロナ感染者は増え続け、重症者も増えている。感染した方はぜひ早めに漢方薬の服用を強く、強く勧めます!

20代~40代の鬱やパニック障害など精神疾患の方が多い

今日は精神疾患の方が多い。6年前に鬱と診断され2種類の薬を服用している40代男性は、平成30年から漢方を服用し様々な症状が改善されました。お母さんの話によると、元気に仕事をしているそうです。今は1ヶ月分の漢方を2~3ヶ月で服用しています。

平成26年に不安・不眠・瞼の痙攣でずっと〇〇大学病院で治療を受けていますがなかなか良くならず、同年10月から当店の漢方を約半年間服用。すっかり良くなった60代女性は、先月顔面麻痺で狭心症もあり、また当店の漢方を服用します。

この60代女性が近所の20代女性を紹介されました。20代女性は2ヶ月前から仕事のストレス、残業が多く帰宅時間が遅い、胃痛、吐き気、不安、イライラ、動悸、息苦しい、突然泣く、運転怖い、出勤の朝の吐き気などの症状があり、内科の薬を服用しても良くならずお母さんと一緒に来店。
6月末から休職していますが、身体を強くし全身の様々な症状が改善する漢方を服用すれば、これから先、職場復帰できることでしょう。

その他に東京在住で6月から休職している20代男性や、20年前から鬱と診断されずっと病院の薬を服用している40代女性など。

20代から漢方薬を服用の30代の女性は精神的な症状と婦人科の病気が改善、元気な子供さんも出産

昨日オリンピックの開幕式を、最初から最後まで鑑賞しました。一言でいうと大変素晴らしかったです!感動しました!!最初はよく分からなかったショーが多かったですが、朝テレビで紹介しているのを見て分かってさらに感動して素晴らしいと思いました。やむを得ず1年延期して、やむを得ず無観客となりましたが、逆に無観客で静かで、テレビで鑑賞した方が解説のない現場より分かりやすくて良かったかなと思います。これから、時々競技を見て応援します。最後の閉幕まで大成功となることを祈ります。

 連休明けの今日は大変忙しかったです。朝一番の心療内科の治療を受けている20代の新患の女性は、連休を利用して他県からお母さんの実家の仙台に帰ってきて、当薬局の漢方薬を服用しているお母さんのお父さん(この女性からみるとおじいちゃん)の勧めで今日から体力・免疫力を高め、胃腸機能を高め、生理不順・生理痛・婦人科の病気を改善する漢方薬を服用します。心療内科ではうつ病やADHDなどと診断され、2年前から多量の薬を服用していますがなかなか良くならず、不安・不眠・食欲不振・生理不順・生理痛などたくさんの症状で苦しんでいます。
たまたま同じ時間に同じく連休を利用して仙台に帰ってきて来局していた30代の女性は、20代の時に不安・不眠・頭痛・めまい・立ちくらみ・胸が苦しい・動悸・耳鳴りなどでパニック障害と診断され、4年間心療内科の薬を服用してもよくならず、平成26年から実家のお母さんの紹介で当薬局の漢方薬を服用開始しました。その後様々な症状が改善され、無事に結婚・妊娠しても漢方薬を服用しました。今は育児の疲れやストレス解消と婦人科の病気の改善のために時々漢方薬を服用しています。ありがたいことに、この30代の女性から新患の20代の女性に漢方を服用する前の治療を含め、今までの元気になった経験を話してくれました。また、5分でも外に出かけることや朝起きたらカーテンと窓を開けることなど、生の経験を教えてくれました。本当に感謝しています。ちなみに、二人ともに漢方を飲み始める年齢が全く一緒です。30代の女性の元気な可愛い3歳の娘さんは抱っこしませんでした。おばあちゃんは1年半ぶりにお孫さんに会って抱っこしていますし、私は抱っこしたくてももう「反抗期」で絶対拒否されるはずです・・・。

漢方で妊娠成功した38歳の女性は妊娠順調6ヶ月になりました

ジャム用のイチゴはまだ店に置いてあったので5パック買いました。やはり美味しくて美味しくて、ずっと食べていたいです。

患者さんの事について。全国からの患者さんが多い。長崎の50代女性(平成30年12月~漢方を服用。お母さんと兄弟二人ともに腎機能異常でもう2人は透析しています。本人も腎機能異常です。漢方で透析を避けたいです)大阪の10代の男性(平成29年9月、肉腫手術した後ずっと再発予防の漢方を服用しています。)愛知の40代女性(令和元年8月~非結核性抗酸菌症で漢方を服用しています)東京の20代の発達障害の疑いの女性(私からみると絶対に発達障害ではない。元々、優秀な高校生大学生でした。いろんなストレスや人間関係、不規則な生活や引きこもりの影響で様々な症状が出ただけだと思います。二週間前から漢方を服用したばかりで、当然まだ症状は改善されていない)など。

平成29年3月~漢方を服用しているIgA腎症の60代女性は腎臓が強くなる漢方服用。5月の検査で更に腎機能が良くなった(4月22日クレアチニン1.41→5月24日の1.29まで改善されました)
また、ご両親と弟さんが漢方を服用、肝機能腎機能と様々な症状が良くなり、令和2年4月に甲状腺機能低下症、蕁麻疹、生理不順や不妊の30代後半の娘さんに漢方を紹介、3~4ヶ月後、生理不順や生理痛、蕁麻疹が良くなって、昨年12月に妊娠成功。すぐにつわり改善と流産予防の漢方を服用。今日のお母さんの話によると、妊娠は順調で病院の検査結果も正常。時々休みながら仕事もしています。出産は10月末の予定です。無事の出産を祈ります。

実は、今日は私の悲しい日です。
8年前の今日、父が亡くなったのです。
あっという間の8年…本当に早いかな、と思います。

漢方で7才の男の子の尿便失禁が完治!

 今日は午後から福島店の冷房をはじめて入れました。涼しくて、気持ちはいい!

 患者さんの事について7才~89才(来月は90才になる)で幅が大きいですが、10代~20代の方は頭痛や腹痛、夜尿症、尿失禁、食欲不振、朝起きられない、不登校、引きこもり等が多かったです。

 漢方薬を服用しているお母さんの紹介で令和1年11月から漢方薬を服用している自閉症の20代男性は、服や家具の壊す、大小便の汚れが無くなり、ご両親は大変喜んでいます。
 同じ症状を漢方で改善させた同級生の紹介で昨年2月から漢方薬を服用している15才の女の子は、吐き気・腹痛・頭痛・眩暈・下痢などの症状が著しく改善しています。
 昨年11月から漢方薬を服用している7才の男の子も、悩んでいた尿失禁を改善させました。
この子は早産で急性脳症になり、痙攣や落ち着かない、発達が遅い等の他に一番大変なことは幼稚園や学校で尿だけではなく便を失禁していました。お母さんの勧めで漢方薬を服用開始すると今は元気になって落ち着く様になり、以前の漢方服用前の毎日尿便失禁から、今年の3月には週に2~3回にまで改善。今日のお母さんによると「4月から尿便の失禁は今日までゼロ回」と言われました。これからずっとゼロ回の可能性は十分にありますが、子供なので疲れる時やストレス、緊張の時などは少し失禁の可能性はあると思います。もう少し頑張って服用を続けてほしいです。本人が良くなってお母さんやおばあちゃんが喜んでいるだけではなく、お母さんとおばあちゃんも当薬局の漢方薬を服用してくれています。
 やはり皆、検査結果や症状が良くなっていて、例えば今年4月から膝痛、膝腫れの70代のおばあちゃんが漢方薬を服用開始し、今日の娘さんの話によると膝の腫れはまだありますが、膝痛が良くなり階段の昇降ができるようになりました。

漢方で16歳の少年少女の頭痛、めまい、不安、不眠、腹痛などの症状が改善。

今日は昨日の雨の日から一転、晴れでとてもいい天気なのでブログを長く書きます。

患者さんの事についてですがやはり家族、親戚の数人で漢方薬を服用している方が多いです。例えば平成26年から潰瘍性大腸炎で漢方薬を服用して下痢や血便が改善され、その後不妊症の漢方薬を服用して妊娠成功、出産した今40歳の女性のアトピー性皮膚炎、鼻水、咳、痰の5歳のお子さんも今日から漢方薬を服用することにしました。平成19年不妊症で漢方薬を服用して二人のお子さんが産まれた今40代の女性は、健康診断で乳腺のしこり、内膜症、肝嚢胞、黄斑変性の異常の結果が出て改善する為のがん予防の漢方薬を時々服用していますが他県の実家のお父さんとお母さん、おばあさんも癌などの病気で当薬局の漢方薬を服用しています。息子さんは何歳ですかと訊いたら8歳と11歳でとても仲良しだそうです。(たった今来局された平成31年3月から不妊症で漢方薬を服用している20代の女性は今妊娠3ヶ月、来年の1月に出産する予定で妊娠順調だそうです。本人に頑張って1月1日に合わせて出産して下さいと冗談を言いました。)その他にIga腎症の30代の娘さんをはじめ、肝機能腎機能異常、網膜色素変性症のお父さんと喘息のお母さん一家三人は漢方薬を服用しています。娘さんは20代の平成22年から漢方薬を服用して今腎機能、尿検査全て正常です。

イライラ、不眠、不安、動悸、めまい、頭痛、耳鳴り、息苦しさなど精神的な症状で悩んでいる方が多いです。10代の少年少女から30代40代の方や50代の方もいます。今日から初めて漢方薬を服用する方を除いてみんな様々な症状が改善されています。例えば平成23年当時16歳で社会不安症、パニック障害と診断され○○病院の治療でも良くならず当時当薬局の漢方薬を1ヶ月服用したことがあり、結局10年経っても良くならなくて今年4月から当薬局の漢方薬を服用している女性は今日のお母さんと本人の話によると4月末から8年間服用した病院の3種類の薬を全部止めました。今不眠、過食が改善され週2,3回外出、散歩出来るようになりました。また当薬局の漢方薬を服用しているおじいさん、おばあさんの紹介で今年3月から漢方薬を服用している頭痛、めまい、立ちくらみ、イライラ、不安、不眠、だるさ、吐き気、腹痛、朝起きられない16歳の少年は5月22日の来局の際全部の症状が8割改善され週2,3回登校出来るようになりました。今日のお母さんの話によると5月は大変体調が良くて元気で今週も3日間登校しましたが2,3日前に体調が悪くなり、だるい、朝起きられないと言われました。漢方薬をまだ1ヶ月しか服用していないし元気な時色々活動しずぎて波が出ることもありうるし、これからまた波が出ると考えられますが間違いなく波がなくなってどんどん元気になると思います。

今日は少年少女達、少年少女達の親御さんや先ほど平成16年からご夫婦が漢方薬を服用している50代の女性にも下記の様な写真を見せました。中国の子ども達は将来の夢を持って現状を変えるためにみんな必死に勉強しています。50代の女性は写真を見ながら笑って日本の子ども達は幸せ過ぎると言われました。私もいつも日本人の子ども達に同じことを言っています。ちなみにこの女性の娘さんは浪人生で来年の受験に頑張って勉強しています。この女性の話によると今毎日勉強が楽しいと言われて以前朝時間になって何回呼んでも起きられない、今は時間になる前に自分できちんと起きられるようになったそうです。やはり困難や失敗は若者に対して大変良いことです。

[写真]

 

ところでもう一枚の写真の通り昨日のテレビにAKBの柏木由紀さんは難病の脊髄空洞症だそうで当薬局では10代の少女をはじめ完全に良くなった症例がありもし誰か柏木さんとお知り合いだったら是非漢方治療を勧めて下さい。お願いします。

漢方でコロナ感染者の後遺症改善

今日はいろんな病気で悩んでいる方が多い。
胆管がんで手術出来ない抗がん剤治療を受けている70代男性、逆流性食道炎と不安症の30代男性、そろそろ透析と言われた腎不全の40代女性、みんな検査結果や症状が改善されています。
例えば平成29年11月から漢方を服用している糖尿病高血圧・三叉神経痛・全身の湿疹・前立腺肥大・糖尿病網膜症で多量の薬を服用しても改善されない当時82歳の男性は3~4ヶ月で三叉神経痛・全身湿疹が改善され、糖尿病合併症の腎機能異常・高血圧・網膜症が改善されました。今日最新(2月15日)の血液と眼科の検査結果は、血糖値143・ヘモグロビンHbAIC7.2・PSA0.25(正常)・血圧(上が108下が61)・肝機能腎機能正常。眼科の検査では糖尿病網膜症(-)眼底動脈硬化(-)本人もお医者さんも漢方の効果に著しく喜んでいます。

先月から漢方を服用しているコロナ感染した後、後遺症で悩んでいる40代女性は、嗅覚・味覚の改善がみられています。この女性は昨年10月にコロナに感染して20日間入院とステロイド治療を受けましたが退院した後、味覚嗅覚異常・脱毛・足の浮腫み・便秘・足のむくみ・便秘・肝機能腎機能異常で治療薬が無く苦しんでいるところ、当時漢方薬を服用して良くなった同僚の紹介で約1ヶ月漢方服用。今日、本人の話によると、完全ではないが、匂いや料理の味など味覚嗅覚が改善されています。口内炎、むくみ、便秘も改善されました。血液検査していないので肝機能腎機能の改善はまだ分からないです。数ヶ月後検査すれば改善されていると思います。

ところで山形と仙台のコロナ感染者は急激に増加。大変心配しています。山形のスタッフの話によると、殆どが飲食店や施設のクラスター発生だそうです。

漢方で20代男性の自閉症の尿汚れ、服を破る等の行為が9割改善!

 今日の福島はとても暖かく、風も春を感じました。
 まず午前中のトップニュースでは7万4000円の超高級料理を接待された山田○○は辞職したそうです。70万5000円の給料返上、辞職、自業自得です!優秀な官僚なのに、、、、。

 患者さんの事について、まず漢方で先週、自然妊娠成功した静岡の40代女性から連絡があり、先週からつわりと流産予防の漢方服用で今は妊娠順調だそうです。
土曜日には福島の20代後半の不妊症の女性が不妊治療の病院からの紹介で一日も早く漢方薬を服用したくて仙台店まで来てくれました。
 実は不妊治療を繰り返し失敗、生理痛、生理不順、チョコレート膿腫、子宮内膜症など、なかなか良い卵子が採れない患者さんに不妊治療の病院でも大変悩んでいます。この女性が通っている不妊治療の病院からは時々、沢山のなかなか成功していない、特に40代前後の患者さんを紹介してくれます。結果として皆、不妊治療の成功率が高まりました。例えば昨年、当薬局の漢方服用で妊娠成功し、無事に出産した42才女性は、卵子の質を高める漢方で大変良い卵子を採ることができ、着床をしやすくして妊娠成功・出産に至りました。

 今日、良くなった患者さんの一人は当薬局の漢方を服用しているお母さんの勧めで令和1年11月から漢方を服用している息子さんです。
 3才で自閉症と診断され5歳から多量の薬を服用し、19歳から急に話もできなくなり、毎日数回の尿漏れ、物を壊す、頭を壁にぶつける等の症状・行為がある現在20代男性は、大変良くなって様々な症状が改善されました。今日のお母さんによると、今は月に1回か2回の尿漏れ・汚れがあり今年1月12日からは洋服や物を壊す行動は一切なかったそうです。「夜も寝むれる様になり、きちんと食事もでき、とても安心できる様になったので、日中仕事をしている私たち両親は安心して過ごせる」と言われました。
 当薬局では自閉症をはじめ、発達障害やてんかん等、脳神経、精神疾患の10代から20代の方は副作用のない発達に良い漢方薬を服用して様々な症状が改善され、勉強ができるようになり進級・進学・大学入学・国家公務員合格などの子供たちが沢山います。親御さんからは「漢方で人生が変わった」とよく言われ、その度に大変嬉しい気持ちでいっぱいになります。一人でも多く知的・発達に異常がある子供には漢方治療が広がればいいな、と心底思います。

 ところで土曜日のブログに書いた通り昨日、款を彫ってない印に款文を彫りました。写真の通りの款文は「良薬人生皆苦也 当時未刻款 今問弟子柴田町 太田良喜知在 二00二年七月十九日 為懐仁堂開業一周年刻之 ・・・・・」(意味は良薬も人生も苦く苦しく この印に当時款を彫ってなかった 今元弟子の柴田町の太田さんに聞いて、2002年7月19日に懐仁堂開業1周年記念の為に彫ったとメモがあると教えられた・・・・・)の74文字で、一文字の大きさは0.2~0.4cmです。
ちなみに土曜日の質問の印文は「只知苦味」(構図は昔の古銭の形で四文字の口を共有した。意味はただ苦い味だけ分ければ、、漢方薬は苦い、苦い漢方薬は必ず良い効果がでます。人生の苦労、困難の後は必ず成功、幸せが来る)