漢方で妊娠成功した30代女性2人は妊娠順調8ヶ月と5ヶ月

今日の山形は曇りですが、暑くなく寒くない。

お久しぶりにひどいアトピーの方がいます。50代の女性で2年前から悪化して、皮膚科の治療でも漢方治療でも一切良くならなくて、○○治療院から紹介されました。

また5~6年ぶり当店の漢方を服用する40代の女性は、舌の損傷した神経の修復手術をしましたが、味覚が戻らなくて痛くて当店の漢方を服用することになりました。この手術の費用は275万円かかったそうです。

よくなった患者さんも沢山います。今年6月から漢方服用の耳鳴り・頭痛・生理痛・生理不順・肝機能異常の30代女性は9月の検診で肝機能が良くなって、十数年前からの耳鳴りが完全に良くなり、また頭痛と生理痛も軽くなった。ご主人も奥さまの勧めで当店の漢方を服用。

網膜色素変性症の30代女性は十数年前から視野が狭く視力低下。ずっと眼科の治療を受けていますが悪化して、物を見るのがずれる、暗いところは見えないで昨年の12月から当店の漢方を服用して徐々に視力改善されました。今日、本人の話によると先月の眼科の検査で視力は以前の0.6から0.9まで改善されました。

また不妊症で今年の2月から漢方服用の30代女性は自然妊娠成功。今は妊娠8ヶ月。12月末に東北の実家で出産する予定です。また本人は出産直後もずっと漢方服用予定。無事の出産を祈ります。まだわからないかもしれませんが、男の子か女の子か聞くのを忘れました。

ただ今、妊娠成功した30代女性が来店。本人の話によると妊娠15週目。今まで流産・つわり予防の漢方を服用。妊娠順調で来年4月8日出産予定。同じく無事の出産を祈ります。

漢方で50代の女性の湿疹・耳鳴りなどが改善

今日の仙台は一日中雨で寒いです。大阪の40代の男性からも寒い、東京の60代の女性からも寒いと言われました。青森の80代のご夫婦からは仙台より更に寒いと言われました。

 

患者さんのことについて、雨の影響でキャンセルの方が多かったですが、突然来局の方も多いです。例えば、昨年11月から湿疹・かゆみで漢方薬を服用したことがある50代の男性は、今年1月まで漢方薬を服用して皮膚の症状が完全に改善され再発もなく約9か月ぶりに来局。コロナのテレワークの影響で体重が80kgまで増え、先月末から喘息の症状も出て呼吸器科の薬を服用していますが、なかなか良くならなくてまた当薬局に来ました。

 

久しぶりの患者さんのもう一人は、数十年前から逆流性食道炎で昼も夜も胃酸が逆流してもやもやして夜何回も目が覚めていろいろな病院・親戚の病院(親戚の中に4人お医者さんがいる)に行っても良くならなくて、平成29年の10月から当薬局の漢方薬を服用してすっかり改善されました。その後は漢方薬を減らして、今日久しぶりに来局。今年の3月から兄弟3人、親戚2人、近所の親しい方2人が相次いで亡くなったそうで、血圧も高くなってめまい・食欲不振などの症状が出ました。今日からまた漢方薬を服用します。

 

もう一人久しぶりに来局の50代の女性は、平成26年5月から顔の湿疹・かゆみで漢方薬を服用して平成27年7月に完全に改善されて漢方薬を中止しました。その2年後の平成29年9月に頭痛・耳鳴り・息切れ・動悸・不整脈・便秘などの症状が出てまた漢方薬を2か月間服用してまた改善されました。今日は3年ぶりにまた来局して、仕事が忙しくてストレスで1週間前からめまい・耳鳴り・動悸・息切れ・不眠などの症状が出て、病院ではなく当薬局に来ました。間違いなくまたよくなると思います。

 

ところで、十数年前からお母さんが時々当薬局の漢方薬を服用していた時、幼稚園の時と小学生の時に連れてきたことがあるお子さんは今大学生になって、久しぶりにお母さんと来局。身長がずいぶん伸びましたが顔は子供の時と変わりません。大変懐かしく親しいと感じました。この女性は中学生の時にアトピー性皮膚炎になってずっと症状は落ち着いていましたが、今年4月に大学生になって入学式も出来なくて、今日まで1回も大学に行ったことが無くてずっとオンライン授業で8月から全身の皮膚が悪化して、湿疹とかゆみで今日から当薬局の漢方薬を服用します。一番の原因は間違いなくストレスでしょう。

二カ月半の漢方薬で両手足の湿疹・痒みが3~4割改善!

今日の福島は一日曇りで、私から見ると雨が降りそうかなと思っていましたが、スタッフは天気予報で降らない!と福島弁で断言しました(「降んねぇ」みたいな事を言いました)。

 

患者さんについて、全国からの方が少なかったです。水戸の血小板減少性紫斑病40代母(平成26年から漢方薬を服用、一年後血小板数は正常値になり、4年前から年に1~2ケ月分の漢方薬を服用してもずっと正常値です)と10代の子供さんアトピー性皮膚炎、と静岡の電磁波過敏症50代女性、広島の髄膜炎40代男性です。

 

久しぶりの患者さんの一人50代女性は病院の薬を飲みすぎでした。肝機能、腎機能が異常になって3種類の糖尿病の薬を服用しても血糖値206ヘモグロビンは9.1で、なんと7種類の薬を服用しています。今日から一生懸命に漢方薬を服用する決意だそうです。

 

良くなった患者さんの一人は、写真の通り両手足の湿疹・痒みがあり特に足が酷くて皮膚科を転々としても数年間の治療を受けても良くならず8月下旬から当薬局の漢方薬を服用開始しました。写真の通り見た目と症状の総合3~4改善し痒みも著しく減り夜は眠れるようになったそうです。さらに3~4か月後には足の皮膚が綺麗になると思います。その時またブログ載せます!

 

8/248/2410/5

10/5

実は昨日、写真撮影好きの友人と朝6時に出発して紅葉が見ごろの宮城県、岩手県と秋田県の三県から登れる栗駒山を登山し紅葉をみました。写真の通り本当に紅葉が素晴らしく、今までで一番良かったです。登りコースは岩手県の須川温泉から登って、降りたのは秋田の湯沢の登山口まで下りました。昼食も無しで7時間かかりましたが、私に疲れは全然なく、友人から「やはり朝食を20種以上食べる人間は俺と違う」と言われました。

目の難病「網膜色素変性症」の今の視力は0.7~0.8まで改善されています

秋になって夏の疲れ、夏バテの症状が出る方が多い。

1年振りの相談の30代女性はイライラ・不安・不眠・のぼせ等の症状があり、病院で自律神経失調症と診断されましたが、なかなか良くならなくて、また当店の漢方を服用します。

実はこの女性は昨年9月まで約10ヶ月間当店の漢方を服用して顔の湿疹・イボ・赤みはすっかり取れました。

昨年2月から逆流性食道炎、不安・だるい・疲れやすいなどの症状がある30代の男性は漢方を減量して最初の三分の一の量を継続服用して、仕事のストレス、疲れなどがあっても大変元気で仕事しています。

著しく改善された患者さんの一人は、9歳の時歩けない言葉が出ないで平成18年10月当時9歳の時から漢方を3ヶ月服用しましたが効果が出なくて中止しました。平成25年1月に難病の「網膜色素変性症」と診断され失明の可能性があると言われ当店の漢方を服用。その後、徐々に視力が改善され平成25年10月に家族と一緒に食事をしながらテレビを見ていた時に突然テレビの番組について話を始めたので、ご家族みんな聴力が改善されたとびっくりしました。その後ずっと視力が改善される漢方を服用しています。漢方を服用する前の平成25年1月の視力は0.06でしたが今は0.7~0.8まで改善され安定しています。9歳の時に祖父と来店したことがあり、今はもう20代になって会っても、もう分からない程大きく変わったかなと思います。いつもご両親が忙しく80代の祖父が漢方を取りに来ています。

ところで、もう採れないかもしれませんが山形店スタッフ2人と山形の「ひょう」(漢方名 馬歯莧)について議論しました。まず、同じ山形でも庄内と最上地区は食べない。効能ついて清熱解毒・利湿止痢の効果あり。胃腸炎・下痢・湿疹・皮膚・腫瘍に効果があります。スタッフの話によると昔は生で食べるだけでなく干して一年中食べていたそうです。私は干して食べたことがないので薬局の干した「ひょう」を食べてみようと思います。

漢方でアトピーの1歳10ヶ月の子どもと20代女性が著しく改善

今日は雨ではなく曇りですが、沢山の予約の患者さんとフリーの方が来局。フリーの70代ご夫婦は、予約なく突然遠方から来ました。6年前に共に一時的に漢方薬を服用しましたが中断して、奥さんは癌になり、ご主人は腎機能が悪化しました。

今日も難病と癌の患者さんが多いです。非結核性抗酸菌症の70代女性、IgA腎症の女性、膀胱癌を2回手術し再発の70代男性、乳癌で抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用している50代女性、乳癌を手術後に抗がん剤治療を受けている50代女性など。

皆、検査結果や症状が改善されています。例えば、平成24年から漢方薬を服用している膀胱癌を2回手術後に転移した60代男性は、今は再発・転移は一切ありません。平成24年から漢方薬を服用している乳癌を温存手術後に抗がん剤・放射線治療を受けている当時40代女性も、ずっと漢方薬を継続していて再発・転移はありません。

 

実家が仙台の20代のアトピー性皮膚炎の女性は、突然お母さんと来局。話によると1歳のころからアトピーで皮膚科の治療を受けたり漢方薬も服用しましたが、就職後に悪化。今は顔・首・腕がとても酷い状態です。若い女性なのでとても気にしてストレスになり、悪循環の状態です。なんとか当薬局の漢方で、綺麗な皮膚になることを祈ります。その時は、本人の許可をもらって写真をブログに載せたいと考えています。

1歳10ヶ月の男の子とお母さんが来局。お母さんは、酷いアトピーで平成25年から当薬局の漢方薬を服用してとてもよくなり、また漢方薬を服用して妊娠成功。平成30年11月に元気な男の子が生まれましたが、昨年7月に7ヶ月の時に酷いアトピーで当薬局の漢方薬を服用。お母さんのお腹に居る時、お母さんの飲んでいる漢方薬に慣れたか、苦い漢方薬も全然平気で早く皮膚がよくなりました。昨年10月に漢方薬を止めても今日の全身の皮膚を見たら、再発も一切無く夏もかゆみも一切ありませんでした。でもお母さんは、夏に転職して片道通勤だけで2時間かかるそうで、とても疲れてストレスがあり、皮膚が悪化。また漢方薬を服用します。

もう一人のアトピー性皮膚炎の20代女性は、6月から漢方薬を服用して、漢方薬を服用前の顔と首の赤みとかゆみは取れました。今日本人の顔をマスクを取って見せてもらいましたが、80%以上赤みと湿疹は改善されていて本人もとても喜んでいます。

 

ところで、9月5日の朝一の人間ドックの結果が届きました。ドキドキしながら開封してみたら、身長は175.4㎝。平成26年6月の175.8㎝より0.4㎝縮んでいます・・・(なんと6年ぶりの健診。)視力は、右0.3、左0.6(6年前は0.2と0.4。よくなったワケではなく、一時的に良いだけです。)これ以上は個人情報なので詳しく書きませんが、まず大きい病気や異常はないので皆さまご安心下さい。

約3ヶ月の漢方でひどいアトピー性皮膚炎の30代女性の皮膚は著しく改善

今日の仙台は朝から曇りや雨で梅雨に戻ったみたいでしたが、山のトンネルを通って山形側に入ったら晴れ、曇り、暑い、なんと最高気温は35℃だそうです。

患者さんの事について。遠い和歌山県、京都、静岡、神奈川など東京より南の方が多かった。

病気について。緑内障の50代女性、網膜色素変性症の40代男性、IgA腎症の40代女性など。良くなった患者さんの一人は子どもの頃からアトピー性皮膚炎で2年前出産した後に悪化して皮膚科の治療で良くならなくて更に悪化、特に腕と顔は真っ赤、化膿して痒くて当店の漢方を服用している方の紹介で今年7月7日から漢方服用を始めた。1か月後効果があらわれ、今日本人の皮膚の様子をみたら最初より6割以上改善されています。その時大変忙しく写真を撮るのを忘れました。来月来店の時に写真を撮って本人の許可があれば漢方服用前と良くなった皮膚の写真をブログに載せます。

ところで偶然でこの方に当店の漢方を紹介でした女性も予約無し来店。2人ばったり会いました。漢方で良くなっていることで紹介者が喜んでいます。

紹介者は実は不妊症や難病など様々な病気で悩んでいる方に当店の漢方を紹介してくれました。この方に感謝感謝です。

漢方で30代女性の生理不順が1年9ヶ月ぶりに来た

今日の福島の朝は涼しくなっています!しかし日中は暑く、薬局の中は午後の西日で大変暑くなります。。

 

全国からの相談の方は多く近畿地方30代の女性、中部地方の70代の女性、関西の30代の男性、北関東の40の女性、中国の40代男性など。

 

今日は新患の方も多かったです。眩暈・耳鳴りの40代女性、腰痛の40代の男性(妹一家3人は当薬局の漢方で良くなっているので勧めた)、両手足湿疹の70代女性、がん手術後に肝機能異常の60代女性(お孫さんや親戚など多数服用中)などなど。

 

良くなった患者もたくさんいますが(潰瘍性大腸炎の症状や肝機能、腎機能も良くなった30代男性などなど)、一人の女性について書きます。

生理不順、胃腸弱、湿疹等の30代女性は最初、全国の漢方薬局の漢方を色々と服用していて、効き目を感じない等により2019年5月から当薬局の漢方を服用開始しました。今では全身の症状や自律神経なども改善し、今日は喜びの報告があり2018年11月ぶりに生理がきたそうです。とても喜んでいます。

 

やはり、生理不順だけでなく婦人科の様々な病気で悩んでいる方は、女性ホルモン治療だけではなく全身の様々な症状も関係しています。婦人科のホルモン治療より、体質改善(身体を変える)の漢方薬を服用すれば病気の根本治療により結果は早く改善するでしょう。身体の様々な症状に合わせて生薬を組み合わせることが出来る漢方煎じ薬を強く勧めます!

1年間の漢方薬で40代の潰瘍性大腸炎の男性の症状改善、検査も正常に

まだまだ残暑が厳しいですが、もうすでに季節は秋になって夜と朝晩は涼しくなってきています。したがって、腸の病気をはじめ秋の処方に変わる方が多いです。

 

今日はとても忙しいです。特に午後は30分ずつの予約の他にフリーの方やメール・電話相談の方もいるので疲れていますが、よくなった患者さんがたくさんいるのでとても嬉しいです。例えば皮膚の難病の尋常性乾癬の70代の女性は約2年間漢方薬を服用して皮膚の症状はほぼ改善され、子供の時からのアトピー性皮膚炎・15年前の貨幣状湿疹・2年前からの脂漏性皮膚炎で皮膚科でなかなか良くならない50代の娘さんも今日から漢方薬を服用します。

また、奥さんが婦人科の病気が漢方薬で改善され、結婚してすぐご主人に漢方薬を進め1ヶ月漢方薬を服用してご主人の腰痛・足がつるなどが改善されています。これから肝機能も改善されると思います。

 

ちょうど1年前から潰瘍性大腸炎で漢方薬を服用している40代の男性は、入院治療を受けても良くならず、毎日夜だけでも10回の下痢や毎日の腹痛・血便がありましたが、今日ご本人の話によると、夜の便は0~1回で1ヶ月の半分は0回、腹痛も血便も一切ありません。先月の大腸の検査で炎症も出血も一切なく完治と言えると言われたそうです。そのほかに、血液検査で赤血球・ヘモグロビン・血小板もほぼ正常値になりました。例えば、漢方薬を服用する前の8月13日の検査で赤血球337万から最新の今年8月4日の432万(正常値は435~555万)、ヘモグロビン9.3から11.7(正常値は13.7~16.8)、血小板は44.1万から26万(15.8~34.8万)まで改善され、あとわずかで正常値になります。ご本人は大変喜んでいます。

 

また、腎臓の難病で病院の治療を受けていますが、腎機能がだんだん悪化して3年前から漢方薬を服用している60代の男性は、2017年8月の検査でクレアチニンが2.06で、その後すぐに当薬局の腎臓を強くする漢方薬を服用開始しました。昨年の8月の検査では、クレアチニン1.65まで改善され、今日持ってきた今年8月20日の検査では1.53までさらに改善されています。ご本人から「漢方のおかげで、腎機能がよくなって透析の心配がなくなりました」と言われました。ご存じの通り、腎臓だけではなく体全ての臓器・器官が加齢に従って老化・機能低下します。数字だけ見て3年前よりクレアチニンが0.5くらいしか改善されていないと思いますが。もし漢方薬を服用していなければ今のクレアチニンは3~4まで悪化している可能性も高いと考えられます。

 

まだまだよくなった方は沢山いますが、ブログがずいぶん長くなるので終わりにします。最後に、今日は仙台店の8月誕生日の該当者が3人いるので、みんなの希望通りに有名なお店のフルーツタルトでお祝いしました。みんな、はじめてこのタルトを食べて美味しいと言われました(写真の通り)。私は食べながら、ケーキのフルーツを食べるより生のままのフルーツの方が良いかな・・・このフルーツより福島の果樹園のだれも食べない梨の方が美味しい、はなももの実も美味しい、山形のナツメも美味しい・・・と思いました。また、食べながら思いましたが、当薬局のスタッフは8月生まれが多いみたい。福島店の2人はお盆前に祝って、先週山形店の2人も祝いました。ちなみに福島店の2人は大きいスイカを1個ずつ、山形店の2人は山形産の青い梅大福という和菓子でした。

【フルーツタルト】

4カ月の漢方服用で30代女性の酷いアトピー性皮膚炎5割改善、生理も順調

 

今日の山形は晴れで相変わらず暑かった。

患者さんの事について。昨日に続いて全国から難病の方が多かった。今日は皮膚病の患者さんが多かったのですが、皆さん良くなっていました。

昨年9月から漢方を服用している、両足に酷い湿疹・痒みの女性は完全に良くなり足が綺麗になりました(以前のブログに写真を載せてあります)今は目の病気の漢方を服用していますが、今年の夏も足の湿疹・痒み一切無かったそうです。

また、子どもの頃からアトピー性皮膚炎でずっと治療を受けている30代女性はなかなか良くならず、今年3月に皮膚科の治療を中止して4月から当店の漢方を服用しています。皮膚は5割改善されただけでなく、6月から生理が順調になり以前の周期45日前後から30日前後に、また血の色も綺麗になり以前時々あった不正出血も7月から無くなったそうです。その他に頭痛・肩こり・動悸・足をつるなどの全身の症状も改善されました。これから子どもが欲しくて、今日はそれに合わせて漢方も変わりました。

ところで、連休前の12日のブログにも書いたチック症で精神科の薬を服用し、全身の痙攣のような症状が止まらなくて苦しんでいる少年を連休中も心配していました。昨日連絡が取れなくていましたが、今日お母さんから連絡があり症状が軽くなっていると聞いて、とても嬉しくホッとしています。明日、本人とお母さんが来局の予定です。明日、ブログに書きます。

1ヶ月の漢方で両足の皮膚の割れは改善

今日は「立秋」の日ですが、相変わらず暑いです。でも、漢方医学からみると、漢方薬の処方や飲食は、もう秋として養生しなければなりません。

 

今日はとても忙しいです。まだまだ仕事が終わらないので、ブログは短くします。沢山の新患さんやよくなった方が居ますが、一人の改善された方のことを書きます。

 

10代の女性は、幼稚園の時から両手足の皮膚が割れ、痛みとかゆみがあり、皮膚科の塗り薬をずっと使っていますが効果がなく、今年4月に中止しました。自然のままではなかなかよくならず、当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで7月初めから苦い漢方薬を服用開始。今日、お母さんから娘さんの1ヶ月間漢方薬を服用後の写真が届きました。写真の通り、本人もビックリするほど綺麗になりました。もちろん、今漢方薬を止めるとまた繰り返して再発の可能性があるため、漢方薬はこのまま続けます。

正直にいうと、私もこんなに効果が早く出たことに驚いています。やはり、10代半ばで若くて回復が早いかなと思います。

 

【服用前】

 

 

 

【服用後】