漢方で妊娠成功して生まれたお子さん2人は中学生と小学生になった

今日はよくなった患者さんが多いです。癌手術後に再発と転移の60代の女性と80代の女性2人は、7年前と13年前から漢方薬を服用して最新の検査結果で2人共に再発転移はありません。

また、娘さんのすすめで漢方薬を服用している再生不良性貧血の80代の女性は、平成27年から造血機能を高める漢方薬を服用して2年後には検査結果が正常になって、現在漢方薬は3分の2減らして服用しています。例えば、漢方薬を服用する前の平成27年1月の検査で白血球は2000、赤血球217万、ヘモグロビン7.9、血小板4.1万でしたが、2019年3月の検査では白血球3300(正常値は3700以上)、赤血球373万(正常値は370万以上)、ヘモグロビン12.6(正常値は12以上)、血小板は11.5万(正常値は15万以上)、2020年1月の検査で白血球5000、赤血球372万、ヘモグロビン12.7、血小板15.5万、今日持ってきてくれた最新の今年1月の検査結果では白血球4200、赤血球383万、ヘモグロビン12.9、血小板15.2万で正常値前後でずっと安定しています。

不妊症の方も多いです。来週火曜日に詳しく書く予定ですが、山形の40代の漢方で妊娠成功した方が4月16日に出産されました。今日は12年ぶりに今は東海地方に住んでいる40代の女性から相談がありました。この女性は平成17年に不妊治療を繰り返しなかなかうまくいかず当薬局の漢方薬を服用して体外受精に成功しましたが流産しました。その後も続けて漢方薬を服用して平成20年1月に体外受精で妊娠され、すぐに流産予防の漢方薬を服用してその年の9月に元気な女の子が生まれました。その後、第2子が欲しくて平成22年4月に漢方で自然妊娠に成功して平成23年3月に元気な男の子が生まれました。その後は、仙台から離れて東北地方を転勤して、今年さらに東海に転勤になったそうです。今、お子さん二人はとても元気で、中学生と小学生だそうです。この女性は、3月の子宮頸がん検診で子宮筋腫と診断され、貧血・高血糖・視力低下・髪抜け・冷え・生理不順などの症状があり、12年ぶりにまた当薬局の漢方薬を服用します。元気なお子さん二人の報告と、また当薬局を信頼して漢方薬を服用することがとても嬉しく感謝します!漢方で子宮筋腫が小さくなって様々な症状が改善されると思います。

家族3~4人で漢方薬を服用の方が多い!

今日も不妊症の方はいましたが、まだ妊娠成功してない方や病院で子宮筋腫を手術して退院したばかり等、婦人科系が多かったです。

ご家族の数人が漢方薬を服用している方が多かったです。
祖父(80代、腎機能異常)と50代の娘さん(肝機能異常とアミラーゼ異常)とその娘さん(肝臓の病気)の一家、80代の女性(高血圧、腰痛)と60代の息子さん夫婦(息子さんは癌、脳出血、奥さんは緑内障、逆流性食道炎)の一家、70代の大腸がん手術後の男性と目の病気の奥さん、30代の皮膚病、肝機能異常の息子さん2人(2才の孫さんは手の湿疹が酷くて、漢方は飲めましたかと聞かれた)の一家、癌の70代女性と婦人科の病気の40代の娘さんと今日から生理痛がひどい20代の孫さんの一家などなど。その他に夫婦の方、姉妹の方もいます。
皆は家族の一人が漢方で検査結果や症状が改善しているのを家庭内で目の当たりにして口コミした方々です。

漢方で第一子に続き第二子が欲しい30代後半の女性はまた漢方を服用

今日は新患の方が多い。リウマチの薬の副作用で肝機能、腎機能異常になった70代女性。糖尿病、高血圧、脂肪肝、花粉症の30代男性。20年前から鼻づまり、嗅覚異常の80代女性など。
ブログに書いた通り、最近は連日妊娠に成功した方が多い。やはり冬に一生懸命に漢方服用して春になって効果があらわれて、妊娠成功率を高めたと考えられます。
今日来店した30代女性は不妊治療を繰り返し、平成29年11月から漢方を服用し平成30年1月に妊娠成功。その後、流産予防の漢方を服用。妊娠後期になって高血圧、高血糖になりまた漢方服用。その後、平成30年9月に3035gの元気な女の子が産まれました。出産後なかなか母乳が出なくて、また漢方を服用して母乳が増えました。しばらく漢方を休んでいましたが、昨年7月に円形脱毛症になり、また漢方を服用。今日は半年ぶりの来店でした。円形脱毛症は完全に良くなりました。今、長女は2歳半になってとても元気で可愛くて、第二子が欲しくて今日からまた妊娠の漢方を服用。早めの妊娠の成功を祈ります。
ところで、この女性は氷の入った冷たい飲み物を持って来店されました。時々、していると思います。冷え性が酷くて足も冷えが酷いそうなので、足湯を毎日してくださいと言いながら、氷の入った飲み物を指さして「このように冷たい飲み物は止めてください」と言ったら、本人は笑いながら「やっぱり先生に言われてしまいました」…と、言われました。

漢方で妊娠成功した女性二人は共に妊娠順調!5月と10月出産予定です。

 今日の福島は風強い!そして寒いですが薬局前の牡丹は満開です!先週の16日には「もう満開した」とスタッフから写真で報告されました。ちなみに昨年は4月27日に満開(花は一つしかなかった!)、2011年は5月9日、2008年は4月28日に満開でした。
今日の牡丹

昨年4/27

 患者さんの事について、多量の薬を服用しても良くならない高齢者が多かったです。
例えば87才女性は血圧の薬だけで7種類を服用しても下がらずで、病院の薬を飲む前は180、飲んだ後は170です。心なしか元気もなくなっていました。
もう一人の十数年前から糖尿病の70代男性は、血圧、糖尿、痛風、利尿剤などの薬7種類を服用しても血糖値は200以上で、今年からは腎機能が著しく悪くなって今月の検査でクレアチニンは3.5になり「そろそろ透析」と言われたそうです。

 良くなった患者さんも沢山います。
今、漢方薬を減量している40代のうつ病、統合失調症と診断された女性は、毎日外出でき、毎日料理もできるようになりました。
一番嬉しいことは、30代後半の女性二人が共に漢方薬を服用して共に妊娠成功して、二人のお母さんによると妊娠は順調なことです。二人共に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで不妊治療の漢方薬を服用開始しました。
一人は5月中旬に出産する予定で(やはりお母さんのところに帰省して出産)、ご両親、弟さんも漢方薬を服用しています。
もう一人は10月に出産予定で、漢方薬を服用している家族は更に多くお母さん、妹さん、おばあちゃん、妹さんの子供、弟さんも服用しています。
 その他に60代の膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変どの3種類の難病で服用している女性は、漢方で様々な症状が改善しただけではなく、不妊治療を繰り返し失敗し流産経験もある娘さん二人が共に妊娠成功し、無事に子供さんが産まれています。この女性から、最近のお孫さん二人の写真を見せてくれ、長女の娘さんは4歳、次女の娘さんは2歳で二人共に7月が誕生日だそうなので、7月には5才と3才になります。
本当にとても可愛いです!

漢方薬で妊娠に成功した30代後半の女性は妊娠順調

昨日ブログに書いた昨年6月から漢方を服用して様々な症状が改善され国立大学に合格した少年が突然お母さんと漢方薬の受け取りと挨拶の為に来局されました。大変嬉しくて、大学での勉強を頑張って大学生活を楽しんで下さいと伝えました。実はこの少年は高校1年生の時からストレスや部活などで精神的な症状が出て勉強が出来なくなり心療内科で適応障害と統合失調症と診断されました。また多量の薬を服用しても良くならず、昨年大学受験は出来ませんでした。最初からずっとお母さんが代理で来局していたので、今日が本人と初対面でしたがとても優しい礼儀正しい少年でした。将来は良い青年になるはずだと思います。

 

今日の患者さんのことについてですが、不妊症と婦人科の病気の方が多かったです。内膜症の手術後再発した40代の女性、不妊治療がうまくいかず、2回流産した40代の女性、チョコレート脳腫の手術後再発して更に子宮内膜もあり、これから結婚、出産予定の30代後半の女性など。

 

昨年1月から漢方薬を服用している内膜症と不妊症の30代後半の女性は3月に妊娠が判明して、すぐに流産予防とつわり予防の漢方薬に変えました。今日、本人が元気に笑顔で来局されました。妊娠は順調で3ヶ月になります。つわりも改善されました。11月12日に出産する予定だそうです。無事の出産を祈ります。

 

 

漢方で様々な症状が改善され、国立大学に合格

今日はとても風が強くて寒いです。患者さんのことについて、まず全国からの方が多いです。愛知県の腰痛の40代の男性(当薬局の漢方薬を服用してよくなった友人の紹介)、神奈川県の婦人科の病気の40代の女性、青森のガンの60代の男性など。

 

婦人科の病気と不妊症の方が多いです。子宮頸がんの疑いで子宮筋腫もある不妊症の40代の女性、子宮筋腫・不妊症の30代の女性、以前当薬局の漢方薬を服用してリウマチ・不眠症・全身むくみ・頭痛が改善された30代前半の女性は、これから結婚され妊娠も希望していますが3月に子宮頸がん軽度異形成と診断され、また当薬局の漢方薬を服用します。

 

肝機能・腎機能を強める漢方薬を服用して最近の検査結果で肝機能や腎機能・様々な症状が改善された方が多いです。例えば、平成27年7月から腎機能異常で漢方薬を服用している今80代の男性は、漢方薬を服用する前は腎機能がどんどん低下して貧血もあり、クレアチニンは1.4~1.5くらいでしたが、4月13日の検査でクレアチニンは0.88(正常値は0.65~1.09)で正常値で、貧血も改善され昨年8月のヘモグロビン11.6から4月13日の検査では12.5まで改善されました。

 

一番嬉しいことは、高校の時から精神不安定で学校を休んだり転校したり、妄想の症状が出たりして、2019年高校3年生の時に適応障害と統合失調症と診断された10代の少年の事です。この少年は心療内科の治療を受けて多量の薬を服用してもなかなか改善されず勉強も出来なくて、受験も出来なくて昨年の6月からお母さんの勧めで当薬局の漢方薬を服用しています。1か月後の7月にお母さんの話によると、元気になり顔色も良くなって、病院の薬も減りました。10月には勉強も出来るようになってさらに元気になり、病院の薬もさらに減って1種類になりました。今日、お母さんから喜んで電話があり、国立大学に合格して入学したと言われて、ご本人の希望でしばらく漢方薬を続ける予定です。本当におめでとうございます!また漢方で一人の少年の人生が変わったでしょう。もし、昨年の6月以降も心療内科の薬だけ服用していたら、勉強も受験もできなかったかもしれません。

 

今までいろいろな少年少女の症例からいうと、もともとうつ病やパニック障害や統合失調症などの病気はないと思います。人間関係・ストレス・薬の副作用などで症状が悪化したり、ひどい妄想・幻聴・幻覚などの症状が出たり、薬が増えれば増えるほどさらに新しい症状が出て悪化して悪循環になっています。例えば、数年前のブログに一人の大学3年生の女子大学生の事を書きました。授業中にパニック発作が起きてその後電車に乗れなくなって、ある大学病院の心療内科に行ったらパニック障害と診断され、2~3ヶ月治療を受けてもなかなか良くならなくて、また別の大学病院に行って社会不安症と診断され、また1~2ヶ月治療を受けて一切良くならず、また別の大学病院に行ってうつと診断され、結局1年間9か所の東京の大学病院を回って7つの病名を診断されてもよくなりませんでした。最後に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの勧めで漢方薬を服用してさまざまな精神的な症状が改善され、通学と授業もできるようになって1年半の休学後学校に復帰して、無事に卒業して就職もしました。就職した後も時々漢方薬を服用しています。したがって、中学生・高校生・大学生の精神疾患や精神的な症状で悩んでいる方は、ぜひ元気になる体質改善の漢方薬の併用を進めます。少年少女の人生・未来を変えることができると思います。

私も強くコロナ感染予防と治療に「清肺排毒湯」を勧めます

今日も新患の方が多い。みんな当店の漢方を服用している人の紹介です。
前立腺がんの50代の男性と80代の男性、生理不順の20代女性など。
やはりみなさん当店の漢方を服用して良くなり、自信を持って家族、親戚、友人に勧めています。

今日はブログ短くします。

写真の通り、先日の学会があり知り合いから1通のメールが来ました。東京の病院の先生は、積極的にコロナ感染の患者さんに、中国で著しく効果がとれた漢方のコロナ治療薬を、日本で広く臨床に使いやはり大変効果がありました。このお医者さんは今の第4波の感染を始め、なかなか日本がコロナ感染の抑制ができない、ワクチン接種も進んでいない現状を憂慮し、21日に東京で記者会見を開催する予定です。

私も何回もブログに書きましが、いち早くコロナ予防と治療に「清肺排毒湯」を始め、肺を強くする漢方をみなさまに服用して欲しいと思います。

<写真>

漢方で8才の子供の週に2,3回の大小便失禁が改善!

 今日の福島店は眼科になりました!
60代~80代の目の病気(白内障、緑内障、黄斑変性症、網膜剥離など)の新患の男女は6名でした。その中には共に目の病気のご夫婦もいます。

 良くなった方も沢山います。
血液検査で肝機能、腎機能、貧血などが良くなったり、自覚症状が改善したり、、、。
例えば、昨年2月から漢方薬を服用している間質性肺炎と不整脈の50代男性は、二ヶ月間ほど漢方薬を服用すると効果を感じ、呼吸は楽になり、夜の咳き込みで目を覚める事もなくなり、駅の階段の息苦しさも改善しました。今日の本人の話によると今ほとんど自覚症状はなくなり元気で仕事をしています。

 タイトルの通り、漢方薬で8才の子の大小便失禁が改善されています!
授業中や運動中、緊張の時などにより週に2~3回ほど失禁で悩んでいましたが、当薬局の漢方薬を今年3月9日から服用開始すると直ぐに改善傾向がみられ、4月からは完全に良くなり、今日までで失禁はゼロ回です!
 お母さんも喜んでいて、効果に驚き、ご自身の実家の母が膝痛で何件もの病院での治療を受けても良くならないことから今日、実家のお母さんに漢方薬を送りました。

10ヶ月の漢方で40代近い女性は妊娠4ヶ月

今日は風が強い。

患者さんのことについて新患と不妊症の方が多い。40代の方は2人、流産の方もいます。

 

写真の通りいつも手作りのお菓子を持ってきてくれる60代半ばの女性は、今日はいつもより2倍、3倍も大きいアップルパイを持ってきてくれました。何故でしょう・・?と思ったら、昨年4月から漢方を服用している40代近い娘さんが、なんと自然妊娠成功。4ヶ月に入りました。先月からつわりがひどく漢方薬を調整したところ、つわりも随分軽くなったと言われました。10月に出産の予定なので、無事の妊娠と出産を祈ります。

 

この60代女性は本人だけでなく、娘さんの他に、高尿酸・腎機能低下のご主人も昨年7月から漢方を服用し、腎機能も良くなっています。例えば昨年6月の検査でクレアチニン2.02、尿酸9.5でしたが、腎機能を強くする漢方で、最新の4月12日の検査結果でクレアチニン1.73、尿酸8.1まで改善されました。また以前漢方服用していた肝機能異常の息子さんも肝機能が改善されています。

ご一家4人は当店の漢方を服用し、みなさんそれぞれ良くなっています。なかなかお孫さんが授からなくていたので、「やっと初孫が授かった、漢方のお陰で嬉しい」と言われました。

 

なるほど今日のアップルパイは特別大きい!また以前に野菜や果物の皮も食べた方がいいと話していたので、りんごの皮つきで作ったそうです。写真の通りたくさんのりんごが入っています。スタッフが「何個りんごを使ったのかな?!」と言っていました。みんなで美味しく頂きました。

ちなみに後の写真は私の持参した昼食です。当然アップルパイより美味しくないです・・

<写真>

約10年間、肺を強める漢方薬を服用の88才の間質性肺炎の男性は検査結果も症状も改善!

 今日は土日休みの明けにより、いつもの通り遠方の方やメール相談の方が多かったです。
大阪の肺臓と腎臓の病気の60代女性、名古屋の非結核性抗酸菌症の50代女性と精神的の疾患の20代息子さん、神奈川県の子宮筋腫と婦人科の腫瘍の40代女性、東京の慢性膵炎の40代女性、福島の浜通りの80代間質性肺炎の男性、会津地区の脳神経難病の50代女性などなど。

 メール相談の方も多かったです。
不妊症・流産の40代女性、白血病で抗がん剤治療を受けている70代女性、大腸がん手術後肝臓転移の70代男性、子宮筋腫・バセドウ病の40代女性など。その中の2人は仕事の後、すぐ来局しました。従って、今日の5時以後は忙しかったです。
 
 漢方薬で症状や検査結果も良くなった方も多かったです。
例えば肺気腫と間質性肺炎の88歳男性は震災後、福島の浜通りの原発の地域から福島市内に避難して、病院の治療を受けていましたが肺臓の検査結果も悪くなり息切れ、咳痰などの症状も悪化していました。平成26年1月から肺臓を強める当薬局の漢方薬を服用すると、肺臓の検査結果も息切れなどの症状も改善。ちなみに今は1ケ月分の漢方薬を3、4ケ月かけて服用しています。以前のブログにも書いた通り、昨年3月には約十年ぶりに故郷に帰りました。今日の本人の話によると「先月の肺臓のCT検査結果は前回と変わらない、進行していない」と医師から言われたそうです。
今は少し息切れがありますが咳痰はなく、毎日2キロの散歩は出来ています。しかし、日中にも散歩の時は他に誰もいない!誰とも会わないそうです!寂しい!悲しい!健康に悪い!

他に癌の方も多かったり、スタッフが薬局の裏の木を切り過ぎたり等々いろいろとあったのですが、外が暗くなったので今日は終わります。