難病と腎臓病の方が多い!

 今日の福島店は難病と腎臓病の方が多かったです。
 新患の肺臓の難病の間質性肺炎の80代男性、新患の目の難病の網膜色素変性症の50代女性、令和2年1月から漢方薬を服用している多発性骨髄腫の50代男性と潰瘍性大腸炎の奥さん、平成22年9月から漢方薬を服用しているIga腎症の当時50代女性など。
 
 皆さんは漢方薬で検査結果と症状が改善しています。
 例えば多発性骨髄腫の50代男性は、9月の血液検査の異常項目は7月の7ケ所から4ケ所にまで改善しました。潰瘍性大腸炎の奥さんは実は一ヶ月間の漢方薬で下痢が著しく改善して漢方薬の効果に驚いています!
 もう一人の方は漢方薬で腎機能を改善させ、人工透析を避けることができて喜んでいます。この62才の女性は42才から高血圧、心臓肥大で薬を服用して44才の時に脳出血で入院治療、退院の時、腎不全と診断されました。今年1月の検査で腎機能のクレアチニンは4.85で「そろそろ透析」と言われました。3月10日から腎臓を強める漢方薬を服用して、6月に3.88、8月の3.9にまで改善させ安定しています。8月の福島は暑くて、腎機能にも悪影響していると考えられます。
これからは、さらに検査結果が良くなるハズです!

漢方薬で60代男性の腎機能、50代女性の肝機能が改善!

 今日の福島は一日雨でしたが夕方、時おり雨が止みました。

 今日は難病と子供の病気が多かったです。
 間質性肺炎(50代男性と80代男性)、クローン病の10代男性、Iga腎症の40代女性、自己免疫性肝炎の50代女性などなど。
 子供の病気や様々な症状で、朝起きられない、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠等で悩んでいるか発達障害、起立性調節障害などと診断された15才、14才、10才、9才、7才の子供達がいました。

 良くなった方も多かったです。
 腎臓病で一つ腎臓摘出を手術した後、腎機能異常の60代男性は3年前から腎臓を強める漢方薬を服用して、漢方薬を服用前のクレアチニンの3台から今は2.2から2.5と安定しています。
また、自己免疫性肝炎の50代女性は、令和1年12月から肝臓を強める漢方薬を服用して肝機能を改善しています。例えば漢方薬を服用する前の令和1年11月の検査でr-GTは116(正常値は50以下)でしたが令和2年8月は72、今年の8月の検査は78で正常値まであと一歩です!
また3月から漢方薬を服用している14才の少年は12才の時からの腹痛、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、朝起きられない等の起立性調節障害の症状が8割改善されました。

実は今日は寒いほど涼しいです!今朝やっとサンダルから運動靴に変わりました!また、半袖の白衣から長袖の白衣に変わりました!今年のサンダル期間は記録的に長かったかな、、、、、(笑)

血小板減少性紫斑病の30代の女性は5年前に漢方薬を中止でも血小板は正常!

今日は、遠方の方、お久しぶりの方、良くなった方が多くて昨日の20周年記念の中国語の作文②は、明日か来週に延期します。遠方の方は、長崎の腎機能肝機能異常、耳鳴りなどの50代の女性(お母さん、妹さん、弟さんは全員腎臓の病気を持っていて、お母さんは透析中、弟さんは透析した後30代の時、移植しました。この女性は平成30年から漢方薬を服用して、今、肝機能腎機能は全て正常です。)、京都の10代の学生や横浜の30代と50代の女性、東京の70代の男性、弘前の70代の女性など。

本当にお久しぶりの方がいます。20代の時、血液の難病の特発性血小板減少性紫斑病で平成25年6月から、平成28年2月まで当薬局の漢方薬を服用して、血小板が正常値になった後、海外へ行きました。本人は1回流産して、お母さんも5回流産したことがあり、平成28年に海外で流産予防の漢方薬を服用して、元気なお子さんが生まれました。今日は約5年ぶりに本人から連絡があり、平成30年、海外から帰国してお子さんは4歳になりました。今日の健康診断で胆のうポリープがあると言われて、様子を見ると言われましたが、家系の中に胆管がんの人がいるので、すぐ、懐仁堂の漢方を思い出したそうです。私も大変嬉しく、まず、今の血小板は正常ですかと聞いたら、今日の検査結果は出ていませんが、昨年の健診は18万の正常値だったと言われました。この女性は今日から、胆のうポリープだけではなく、イライラ、肩こり、疲れ、風邪を引きやすい、冷えなども改善する為に、また漢方薬を服用します。

もし、漢方薬を服用していなかったら、既に透析しているかもしれません。と60代の男性は、40代から高血圧、高尿酸で病院の薬を服用していますが、7年前から腎機能異常で更に薬を服用しています。平成31年1月の検査でクレアチニンは3.5、eGFRは18.7で、そろそろ透析と言われて2月から腎臓を強くする漢方薬を服用しました。2ヶ月後、効果があらわれて、検査結果は良くなりました。最新の検査結果は、今年の1月8日のクレアチニン1.58、eGFR34.7から8月31日のクレアチニン1.36、eGFR31.7まで改善されました。間違いなく、人口透析を避けることが出来ました。本人は大変喜んでいます。主治医も漢方薬の効果に驚いているみたいです。

開業20周年 皆様に感謝!

20年前の本日9月1日、宮城県仙台市青葉区上杉に開業しました。
(2011年1月5日に現住所に移転)

 20年間あっという間でした!大変充実、幸せな20年間!
 スタッフをはじめ、知人・友人、関係者各位に心から感謝いたします!
(肉筆の感謝の手紙は月曜日の夜に二通増えて9通になりました。またスタッフ全員10名にも感謝の気持ちを表しました)
 そして特に全国各地から私と懐仁堂漢方薬局を信頼している皆様にも心から感謝いたします!
 懐仁堂漢方薬局の漢方治療を選んでいただき、本当にありがとうございます!
(今日も横浜のIga腎症の40代女性は8月26日の血液検査のクレアチニンが先月の2.67から2.39、尿素窒素は51から45まで改善。また静岡の40代女性は妊娠順調で8ヶ月になりました、、、皆、喜んでいます!)
 これからも宜しくお願い致します!

 一昨日の深夜に続き、昨日の夜も2時半まで20年間の思い出、患者さん達との出会い、良くなった子供たちの成長などを中国語の文章で書きました。
 今日の昼にWaChatに載せて、全世界に発信しました。WaChatで薬局のこと、仕事のことを書いた発信は初めての事です。
明日か明後日に日本語に訳して、ブログに載せる予定です!

漢方で40代の女性は妊娠成功!40代の潰瘍性大腸炎の男性は検査全て正常!

今日は昨日より涼しいです。難病の方が多いです。非結核性抗酸菌症の60代の女性、黄斑変性症の60代の女性、IgA腎症の20代の女性、再生不良性貧血の80代の女性、尋常性乾癬の40代の女性と60代の男性、潰瘍性大腸炎の40代の男性など。

よくなって喜んでいる方もたくさんいます。進行性すい臓がん肝臓転移の80代の女性は、当薬局の漢方薬を服用している息子さんの勧めで抗がん剤治療を受けながら、8月7日から漢方薬を服用しています。同じ抗がん剤治療を受けている他の患者さんと違って、ほとんど副作用は出ていませんし食欲もありとても元気です。

一番嬉しいことは、不妊治療を繰り返し失敗して婦人科の病気もある40代の女性は、令和1年12月から漢方薬を服用して、妊娠成功して今2ヶ月目になりました。少し出血があり、今日から流産予防と出血予防の漢方薬に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。

もう一人の喜んでいる方は、ずっと前から潰瘍性大腸炎の40代の男性で、入退院治療をしても腸全体に炎症があり、毎日腹痛と時々血便があり、昼も夜も10回の下痢で病院の5種類の薬を服用しても改善されなくて、当薬局の漢方薬を服用して腎機能が改善された親戚の紹介で令和1年8月から漢方薬を服用開始しました。服用して1か月後には夜の下痢は4~5回にまで改善され、血便と腹痛も減りました。令和2年の5月には1ヶ月の間に夜下痢が0回の日は月の半分にまでなりました。更に令和2年8月には夜の排便は0~1回になり、6月の大腸カメラの検査では出血・炎症も一切なく、体重も漢方薬を服用前の57kgから62kgまで増えました。今は昼夜とも下痢が0回で1日2~3回の普通の便で血便も腹痛も改善されました(ご本人の話によると、夏たまに冷たい物を食べた後に少し腹痛があるだけ)。さらに、写真のとおり病院の薬の副作用で検査結果の異常の項目が多かった(2020年2月4日の検査では18項目が異常(写真①))ですが、検査結果も改善され今年4月30日の検査結果のとおり1項目に少し異常があるだけ(写真②)で、ご本人は大変喜んでいます。今漢方薬は一番少ない量(最初の5分の1量)を服用しています。

【写真①】漢方服用前

【写真②】漢方服用後

1週間の漢方薬でコロナ感染の40代の男性の症状は全て改善、後遺症もない

今日福島はまた夏に戻った暑さです。

連休明けの福島店は予約した他にフリーの方も5、6人来客!忙しかった!

 難病の自己免疫性肝炎、Iga腎症、再生不良性貧血の方は皆検査結果が良くて喜んでいます。例えば令和1年12月からお母さんの紹介で漢方薬を服用している自己免疫性肝炎の20代の女性は5年前から肝機能異常でだんだん悪化したが肝臓を強める漢方で今回の肝機能検査の結果が良くなって、6月の検査で肝機能全部正常値まで改善しました。また多量の薬を服用して腎機能異常の87才の女性は漢方で今年5月のクレアチニンの1.08から7月13日の0.85(正常値は0.47~0.79)まで改善、お医者さんは驚いて、娘さんと本人は喜んでいます。80、90代の方でも漢方で腎臓を強める事が出来ます。

 8月11日のブログに書いた関東圏のコロナに感染した40代の男性に直接電話しました。
8月11日に書いた通り、8月2日から40度以上の高熱があり、次の日に検査でコロナ感染が判明した。市販の解熱剤を服用しても38度台の熱がつづいて、本人も奥さんも実家のお母さんも毎日電話をかけても保健所が対応してくれなくて、しかも8月7日から咳痰があり、下痢、食欲不振、味覚がないとの事。福島の実家のお母さんは10数年前に80代の母や息子さん本人も当薬局の漢方薬を服用した事を思い出して、8月11日に息子さんの為に来局した。免疫力を高め、肺臓を強める、コロナウルスを抑制する、解熱、咳痰を止めなどの漢方薬を2週間分、調合した。漢方薬を服用して2日後、熱が下ったと聞きましたが今日、本人に直接電話で、今の体調について聞きました。本人から漢方薬を服用して3日目から熱が36.5度前後の正常体温になり、その後、咳痰も軽くなり、今は一切症状ない、味覚も改善して、後遺症も一切ないと言われました。本人とご家族も漢方薬の効果に驚いています。実はお母さんのお母さんはガン転移で余命5、6ヶ月と言われたが漢方薬を服用して11年間元気で3年前に92才で亡くなりました。また息子さん本人も平成25年からガン手術後にすぐ漢方薬を1年間服用して、今はガンの再発、転移はありません。この家族に対して、当薬局の漢方は三連勝!嬉しいです!(8月11日のブログも読んで下さい!)

 コロナ感染者は増え続け、重症者も増えている。感染した方はぜひ早めに漢方薬の服用を強く、強く勧めます!

永遠の平和を祈ります

今日は連休明けなので忙しくて新患の方も多い。(不妊症の40代女性、コロナ感染予防の50代男性、目の難病の10代男性など)

 

良くなった患者さんもいます。例えばH26年から当店の漢方を服用しているIgA腎症の60代女性は、4月22日のクレアチニンの数値は1.41、5月24日は1.29、6月21日は1.19、最新の7月19日の検査では1.15まで改善しています。正常値まであと一歩です。

 

ところでお盆が過ぎ、みなさんお墓参りや戦争についての報道をテレビで観たと思いますが、やはり戦争がない時代、戦争経験のない世代は戦争の悲惨さを知りません。戦争は繰り返さない、日本の平和、中国の平和、世界の平和と日本と中国が戦争しないことを祈ります。

 

ところでお盆の間の一番のニュースは、アメリカがアフガニスタンとの戦争20年、そして撤退し、わずかの兵ながらタリバンが再び政権となりました。アメリカは莫大な資金、死者を出しましたが望んだ民主国家にできなかった。アフガニスタンだけでなくシリアもすべて戦争は終わってないことは残念です。アメリカ政府、アメリカ人は反省しているかな・・・

漢方で少年少女の病気を治して勉強出来るようになった

台風の影響で山形は午前中ずっと雨が降り涼しかったのですが、午後から晴れて一気に暑くなりました。
山形店の長い連休(5連休)で今日はとても忙しかった。
大腸がんステージ4で手術した後、抗がん剤を受けましたが効果が無く中止し令和2年5月から漢方を服用の女性。今、血液の検査結果がとても良く全身の症状も無く、たまに下痢するだけです。一昨日76歳になって、温泉で誕生日を祝えたそうで、喜んでいます。
昨日のブログに書いた様々な難病の子どもたちは漢方服用で、検査結果や症状が改善され勉強できるようになり進学出来たと書きましたが、今日は統合失調症の女の子とIgA腎症の中学生の男の子が元気になって検査結果も正常になり良くなっています。
平成29年11月から漢方を服用の統合失調症の女の子は登校出来るようになって、ピアノが大好きで、これからピアノの先生になる為に毎日ピアノの練習をいています。またIgA腎症の男の子は平成29年6月(当時8歳)から漢方を服用しています。今、尿検査は全部正常。今日、お母さんから連絡があり前回に続いて尿の検査は蛋白、潜血、全部正常で喜んで漢方のおかげと感謝してくれました。
ところで、昨日もオリンピックの卓球の混合ダブルス中日決勝戦を見ました。素晴らしかった。日本の混合ダブルスが勝ちまして、初の金メダルを取りました。素晴らしいです。中国が勝つより嬉しいです。

3年間の漢方で40代男性の腎機能は改善、透析を避ける

不妊治療は大変、身体も心もお金も。新患の不妊症の40代女性は3年前から不妊治療(顕微授精)3回は受精し、1回は移植して着床後3ヶ月目に流産。受精は1回60万程、移植は1回100万程掛かるそうです。随分高いかなと思います。

今はイライラ・不安・不眠・浮腫み・頭痛・目まい・耳鳴り・腰痛・胃痛・便秘・生理痛・子宮筋腫など数えきれない症状と病気があり、体質改善しないで不妊治療の成功率はほとんどゼロに近いでしょう。
この女性に、「半年間不妊治療を休み、漢方で体質改善することで自然妊娠の成功は不妊治療よりずっと高くなるでしょう。」と説明しました。ご主人と相談して私の提案を受けてくれるといいなと思います。

良くなった方の一人で40代男性は、高尿酸の薬を服用し数値が下がりましたが、H25年から腎機能異常、H30年7月の検査でクレアチニンは3.14。当店の漢方を服用し同じ腎機能が良くなった友人の紹介で、腎臓を強くする漢方を服用し腎機能改善、検査値も良くなっています。例えば漢方服用半年後のH30年2月のクレアチニンは2.71、昨年8月は2.61、今年5月は2.6と安定しています。
もし3年前から漢方服用してない場合、きっとクレアチニンの数値は4か5ぐらいになっているか、あるいはすでに透析をしていたかもしれません。
今日本人の話によると、仕事が大変忙しくて運動する時間がないと言われました。私は裸足歩き、裸足走り、裸足逆走の効率的な運動法を教えました。実行するかな・・・

3ケ月間の漢方で39才女性の頭痛・腰痛・浮腫み・倦怠感が9割改善

 今日の福島はもう夏本番!毎日暑い!みんな汗だく!
 土曜日のブログに書いた最低年齢の3才の心臓病の子供さんは、3才から漢方薬を服用しているのではなく10ヶ月の時から漢方薬を服用しています。文章が分かりにくくて、福島店のスタッフから「3才より更に小さい、福島の最低年齢は今日でいうと1才から漢方薬を服用してますよ!ほらっ!」と福島弁で口を尖らせて言われました。勿論、他には0歳児もいます。

 患者さんの事について、漢方薬で様々な症状、病気、検査結果が良くなった方は多いです。
 手術した後も肩痛・肘痛・腰痛・膝痛の70代女性は昨年11月から漢方薬を服用して、今は痛みの9割が改善されました。
 血圧・血糖・尿酸の6種類の薬を服用している腎機能異常の70代男性は、昨年8月から腎臓を強める漢方薬を服用して腎機能が更に良くなり、クレアチニンは6月3日の2.39から7月8日の2.29に改善しました。
 出産後体調不良の39才女性とは長く立ち話しました。
一つ目の内容は4月から漢方薬を服用して、昨年6月の出産後からずっと頭痛・怠い・浮腫み・腰痛・貧血・風邪を引きやすい・生理不順の症状は、生理前後に少し頭痛がる以外、全部改善されたと喜んで色々話をしました。
二つ目は当薬局の漢方薬を服用している医者や薬剤師、看護師などの医療従事者が多い話です。
例えば●●大学病院の心療内科の医者のパニック障害の奥さんがご主人の勧めで当薬局の漢方薬を服用して改善された事など。この39才女性は実に妊娠中も体調不良で貧血、つわり酷い、イライラなどの症状があり、薬剤師ですが主治医に何回言っても「良くなる薬はない」と言われていました。「次回の妊娠の時、ぜひ漢方薬を服用してください!つわりや貧血等の改善だけではなく、赤ちゃんの体重も大きい、肌や肉も強い、元気ですよ」と言いました!