漢方で統合失調症の30代男性の症状は全部改善!

 今日は腎臓病と肺の難病の方が多かったです。
 IgA腎症の40代女性、慢性腎炎の60代女性、糖尿病腎症の60代男性、腎臓がん手術後の70代男性、非結核性抗酸菌症の50代女性、間質性肺炎の70代男性などなど。

 肺を強くする漢方で肺の難病の方の咳痰や息苦しさ、息切れなどの症状が改善した、と全員効果を感じていましたが、腎臓の病気の方の検査結果からみると2勝2敗でした。
 福島市内の二人の12月と1月の腎機能検査結果は良くなりましたが関東圏の二人は最近の検査結果は共に悪化していました。なぜかなと思いますが東京のコロナ感染拡大の長期間の影響で運動不足、不良食生活、ストレス増え等が原因かと考えられます。

 良くなった方の一人は、30代の統合失調症の男性です。
 今日から更に漢方薬を3分の1に減量しました。この男性は大学を卒業して就職後に不安、妄想、幻覚等の症状があり、心療内科で統合失調症と診断され、3種類の薬を服用しても、入院治療しても良くならず、平成30年11月から当薬局の漢方薬を服用開始しました。
 3ケ月後にはイライラ、不安、不眠の症状が良くなり、睡眠薬と安定剤を止めました。やがて診療内科の薬を1種類、一日1錠だけ服用。
 約半年後には妄想、幻聴の症状も改善して、漢方薬を三分の一減量して服用しています。
 今日のお母さんの話によると今、症状は一切なく、毎日元気で希望の国家資格を合格するために頑張って勉強しています。
 今日からさらに漢方薬を三分の一に減量しました。

新年早々、漢方で40代の女性が妊娠成功

今日の仙台も山形もとてもいい天気です。今後夕方は一転大雪の予定です。

患者さんのことについて、IℊA腎症の方が多い。40代女性、60代女性と10代の男の子、みんな良くなっていることが何より嬉しいです。H29年6月から当時8歳で漢方を服用している男の子のお母さんから連絡があり12月に病院の検査で尿蛋白がマイナス、1年以上マイナスなので病院から今後検査しなくてもいいと言われました。
またH26年3月から当時50代で漢方を服用しているIℊA腎症の60代の女性は、漢方を服用する前のクレアチニンはずっと1.5~1.8でだんだん悪化しましたが、約7年間ずっと腎臓を強くする漢方を服用し現在は1.2~1.3で安定しています。例えば10月の検査のクレアチニンは1.26、12月は1.29です。もし漢方を服用していなかったら透析になっていた可能性があると思います。

ところで1番嬉しいことは昨年7月から漢方服用している当時30代の不妊症の女性は、年明け1月3日の尿検査で妊娠陽性反応が出ました。来週病院へ検査に行く予定ですが多分99.9%以上妊娠と診断されると思います。今日から流産予防の漢方に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。ちなみにこの女性は40歳になったばかり、新年早々の妊娠成功はとても喜んでいることでしょう。

もう1人の40代後半の不妊症の女性は、まだ妊娠成功していませんが1年前の婦人科の検査で卵胞は全然なかったが昨年12月の1年振りの検査で卵胞を見つけたと言われました。これも妊娠成功の一歩と思います。今までの47歳出産の奇跡を超えこの女性の妊娠成功を祈ります。

漢方で4歳の男の子の腹痛は激減

昨日と同じ、今日は今年山形店での最後の仕事。同じく忙しかった。
同じく家族ぐるみで当店の漢方服用の方が多い。

中学生の時に当店の漢方を服用して良くなった、今大学生の兄弟2人の祖父も10月から当店の漢方服用。19年前にがん手術した後、転移で当店の漢方を4年間服用した当時30代の女性は、今再発転移は一切無く今日婦人科の病気の20代の娘さん2人と来店して漢方服用。
今年6月から漢方を服用、3ヶ月で毎日のめまいが100%改善された30代の女性の、朝起きられない2年前から学校遅刻、吐き気、胃痛、イライラ不安の症状の小学生の娘さんも今日から漢方を服用。
その他に30代の不妊症のご夫婦、パーキンソン病の60代男性と娘さん、糖尿病の60代の男性と目の病気の、肝機能異常、高血圧、腰痛、膝痛の奥さんなど。全国からの相談は多くないですが、みんな遠い。三重、鹿児島など。
1ヶ月の漢方服用で糖尿病が良くなった方や、3ヶ月の漢方で肝機能腎機能の検査結果が良くなった方の他に、当店の漢方を服用しているお母さんの勧めで、毎日5~6回お腹が痛い、咳、夜中も咳で目が覚める、小児科の薬を服用しても良くならない4歳の男の子は11月26日から漢方を服用。飲めるかどうか心配しました。今日のお母さんの話によるとおいしく飲めるだけでなく、なんと3日目から腹痛は減少、1日1回か2回、更に一週間後には腹痛がほとんど無くなり、更に咳も減りました。夜も熟睡できるようになりました。たいした病気ではないですが、もし数年この状態が続くと多分、朝起きられなくなり、学校を早退したり不登校になることは十分に考えられます。お母さんが早めに息子さんに漢方を決断したことは大変正しいです。
その他には、5歳の女の子、14歳の女の子などみんな漢方で様々な症状が改善され元気になりました。したがって、昨日ブログに書いた40代男性が漢方を全然飲めない事はとても残念です。子どもたちのように頑張ってもう一回漢方を服用して欲しいです。

最後に、山形店の漢方を服用している方々に、一年間の感謝と同時に来年のご健康と回復、幸福を祈ります。

3ヶ月の漢方で60代の男性の腎機能改善

今日も家族で漢方を服用している方が多い。
50代女性は平成23年当時40代の時から漢方を服用。その1年後、当時70代のお母さんも服用。今、婦人科の病気やうつ病、癌などの病気を乗り越え、共に元気です。
昨年12月から漢方を服用している目の病気の60代女性は目の病気が良くなって、今年7月から腎機能低下のご主人と腎機能異常の息子さんも漢方を服用。
40代のご夫婦と70代のお父さん、40代女性と10代の娘さん、40代の女性と10代の息子さん、40代のご夫婦と20代の娘さん、共に当店の漢方を服用しています。
良くなった方の1人は、若い時から尿酸が高くて腎機能低下で今年6月の検査でクレアチニンは2.09、eGFR26.0、尿酸9.3で当店の漢方を服用した。
奥さんの紹介で今年の7月2日から腎臓を強くする漢方を服用して、今日は最新の12月7日の検査結果もできまして、共に改善されました。クレアチニン1.99、eGFR27.3、尿酸8.8共に良くなった。
残念な事もある。もう1人の60代男性は腎ネフローゼで病院の薬を7種類服用、腎機能が著しく悪くなって、今年7月から漢方を服用しいていますが、既にクレアチニン4.8以上になって、なかなか改善されなくて病院から来年5月に透析すると言われました。あと5ヶ月位で何とか漢方で少しでも腎機能改善できるように祈っています。
もう1つ嬉しい事は30代20代女性、共に妊娠順調で5ヶ月と6カ月になります。

体質改善の漢方で統合失調症の40代男性の様々な症状が改善

今日も精神疾患のご相談が多かった。
11年前、幻聴と不眠で統合失調症と診断され5種類の薬を服用して、毎日眠くて肝機能異常になった40代男性、5年前に仕事のストレスで落ち込む、不安や頭痛、吐き気などの症状でうつ病と診断され安定剤を服用した50代の女性はなかなか良くならなくて、10月に仕事を辞めて当店の漢方を服用しています。
今、二人ともに良くなっています。例えば今年5月から奥さんの勧めで当店の漢方を服用している統合失調症の40代男性は様々な症状が改善され、途中目が覚めなくなり7時間眠れるようになった。朝も起きられるようになった。仕事も頑張っています。
その他に、アトピー性皮膚炎の50代の女性、IgA腎症の40代と50代の女性、子宮内膜症の30代女性、B型肝炎の60代女性、ずっと不眠症の80代男性など、みんな漢方で症状と検査結果が良くなっています。

半年間の漢方で改善された60代女性のめまい・動悸・耳鳴りは再発ない

今日はとても忙しく、やはり家族の方が多いです。
例えば、昨日のブログに書いた息子さん2人が良くなって昨日から非結核性抗酸菌症のお母さんは昨日から漢方服用。今日、更に帯状疱疹で痛みが改善されないお父さんも漢方を服用。これで一家4人全員が漢方服用しています。
腎機能の患者さんが多い。その他にパーキンソン病・血小板減少性紫斑病・アトピー性など。良くなった患者さんの60代女性は5年ぶりの来店。実はこの女性のご主人は一番最初に当店の漢方を服用。末期がんで亡くなりましたが、余命の半年より三倍以上延命できました。その後、孫さんも夜尿症で当店の漢方を服用して中学校の修学旅行もできました。
この女性はご主人が亡くなった後、不安・落ち込み・めまい・動悸・耳鳴りなどの症状があり平成29年9月から当店の漢方を服用して全ての症状が改善されました。今日、約5年振りに来店。めまい・動悸・耳鳴りは全て改善され夏から不眠になって、なかなか良くならなくて、また当店の漢方を服用。話によると孫さんは大変元気で、社会人として働いているそうです。当然、夜尿症の再発もないそうです。

漢方で潰瘍性大腸炎の男性も、腎機能異常の男性も症状が改善。検査結果もよくなった

今日は全国的に大変良い天気で晴れて暖かいです。良い天気のおかげで、遠方からわざわざ来局の方が多かったです。朝イチで遠い青森から、当薬局の漢方薬を服用している友人の紹介で30代の不妊症の女性とお母さんが来局。また、午後は岩手から50代のご夫婦も来局されました。ご存じの通り、全国的に新型コロナの感染は第3波といわれ感染者が急増しています。ずっと感染者がゼロだった岩手県も感染者が急に増えています。しかも、医療従事者に感染者が多いそうで、なぜか聞いたら「飲み会」とジェスチャーで言われました。やはり、寒くなって乾燥して北国の岩手だけではなく、北海道も感染者が増えています。でも、マスクをつけて外出を控えて手を洗って・・・などの対策で今年のインフルエンザの感染者は減るはずと考えられます。

 

他の患者さんのことについて、みなさんよくなっています。40代の潰瘍性大腸炎の男性は、当薬局の漢方薬を服用してよくなった親戚の紹介で令和元年8月から漢方薬を服用して、下痢・腹痛・血便などの症状はすべて改善されて、大腸検査でも正常です。今は漢方薬を減量して服用しています。

また、腎機能異常で平成27年9月から漢方薬を服用している60代の男性も、最新の検査でクレアチニンは1.2で数値はずっと安定しています。

 

最後の患者さんの一人は、十数年前に5カ月間の漢方薬を服用して目の疲れ・不眠・手足のこわばりなど様々な症状が改善され、今日は大腸がんを手術した後転移して3年間ずっと抗がん剤治療を受けてもなかなか良くならない70代の友人女性を連れて来局されました。ちなみに、この女性は今10種類以上の薬を服用しています。

 

漢方で44歳の不妊症の女性が元気な男の子を出産!3400g!

漢方で44歳の不妊症の女性が元気な男の子を出産!3400g!

 

今日は印象深い患者さんのことが多かったです。

①一番多く病院の薬を服用している方は80代の男性で血液内科の薬は8種類、整形外科の薬は3種類、泌尿器科の薬は4種類、眼科の薬は2種類、合計17種類です。

血液検査で肝機能・腎機能も異常です。

②潰瘍性大腸炎の60代の男性は平成27年6月から漢方薬を服用。1年後、平成28年8月の検査で腸の炎症は無くなり、血便、下痢の症状も改善され、病院の薬を止めました。その半年後、漢方薬も卒業しました。

今日は3年半ぶりに来局。潰瘍性大腸炎の症状は一切ありません。病院の検査で再発もなく、大変喜んでいます。2ヶ月前から、両手脚に湿疹、痒みがあり、皮膚科の塗り薬で良くならなくて、また、当薬局の漢方薬を服用することにしました。

③9月11日から漢方薬を服用している逆流性食道炎、イライラ、不安、動悸、不眠などの症状がある50代の女性は、2ヶ月間、漢方薬を服用して、逆流性食道炎はまだ改善されていませんが、イライラ、不安、のぼせ、火照り、不眠、動悸、不整脈、腰痛、脚の痛み、脚のつりが改善されました。

今日、漢方薬を変えたので、これから逆流性食道炎も改善されるはずです。

④一番嬉しい患者さんのことですが、平成30年5月から漢方薬を服用して耳鳴り、冷え性、生理痛が改善された当時41歳の女性は、漢方薬を服用して今年2月に自然妊娠に成功しました。すぐに、流産予防の漢方薬を服用して妊娠中、ずっと順調で10月26日に44歳で元気な3400gの男の子が生まれました。

今、便秘、痛みがあり、また、漢方薬で改善したいとのことです。妊娠中もずっと漢方薬を服用している効果か、母乳がとても多いそうです。大変嬉しく、お子さんがスクスクと成長することを祈りします。

 

腎機能異常の60代の男性も漢方薬で改善し、9月にクレアチニン数値が3.20から10月18日に3.01まで改善されました。

一家五人、四代は漢方服用しています。

今日の山形は火曜日の初雪と違う。晴れて暖かい、とてもいい天気。

連休明け、週明けと同じ全国からのメール、電話、相談の数が多かった。

京都の精神疾患の30代女性、神奈川県の目の難病の網膜色素変性症の50代男性(耳も全く聞こえないので、将来目を失明したらもう生活できないでしょう)福井の高血圧・頭痛・肝機能異常の30代男性など。

以前のブログに何回も書いたことがある40代女性の実家のご両親、兄弟など10人位漢方を服用しています。実はこの女性のご主人の家族も四代五人、当店の漢方を服用しています。この家系の頂点にいる70代女性が健康診断で腎機能が著しく低下して、今日検査結果を持って透析は嫌、ひ孫を抱っこしたいので一日も早く漢方を服用したいと言われました。また懐仁堂の漢方のお陰で息子夫婦の大変様々な症状が改善され、とても元気になりました。また孫(息子さんの娘)も漢方のお陰で9月に妊娠に成功しました。ひ孫さんの顔を見たい、抱っこしたいと言われました。当然、孫さんも妊娠中の貧血、低血圧、頭痛改善の漢方を服用しています。4代目のひ孫さんの無事の妊娠出産を祈ります。

漢方で肝硬変一歩手前の60代女性の肝機能改善

今日の山形は晴れていますが寒いです。

昨日に続き今日も遠方の方が多かった。名古屋の目と胃の病気で咳と痰もある70代女性、大阪の骨髄に腫瘍のある10代男性、秋田のIℊA腎症の60代女性、奈良の頭痛・目まい・頻脈の50代女性、神奈川県の婦人科の病気と不妊症の30代女性など。

 

良くなった患者さんもいます。今年5月から抗がん剤治療を受けている進行性大腸がんでリンパ転移の女性は、体力・免疫力を高める漢方を服用。血液検査の結果、肝機能・腎機能・貧血が良くなった。2年半後のお孫さんの大学卒業を目標に漢方を一生懸命服用する予定です。

 

良くなった方のもう1人は、20年近く前から脂肪肝で10年前からだんだん肝機能が異常になり肝硬変とも診断。その後腎機能も異常になり友人の紹介で当店の漢方を服用。昨年10月からは肝臓・腎臓を強くする漢方を服用し、今日9月25日の検査結果を見たら腎機機能は正常、肝機能も著しく改善。正常値まであと一歩です。昨年9月の検査でAST80→今年9月の検査でAST40、昨年ALT130→今年ALT58、昨年γGT179→今年γGT98まで改善されました。本人は大変喜んでいます。来年は正常値になると思います。