三ヶ月間の漢方で60代男性の腎臓のクレアチニンが3.16から2.39にまで改善

今日は福島だけではなくほぼ全国が雨で涼しいですが、熊本をはじめ水害のある所は大変そうです。

今日の患者さんついて、やはり全国の方が多いです。
南の名古屋87歳女性をはじめ、東京や埼玉、北の青森八戸市まで…やはりみなさん難病や慢性疾患など病院だけではなかなか良くならない方ばかりです。
良くなった方は沢山います。
漢方で自然妊娠に成功した子宮内膜症やチョコレート脳腫などの女性は、出産後に漢方を服用して子宮内膜症やチョコレート脳腫だけではなく、皮下腫瘍も小さくなって喜んでいます。
また、咳や痰、血痰、息苦しい、風邪をひきやすい70代の非結核性抗酸菌症の女性は、昨年5月から漢方を服用し今では咳がほとんどなくなり、半年前からは血痰もなく、息切れや息苦しい症状も改善されました。
また、87歳の乳がんの女性は、手術や抗がん剤治療を拒否して当薬局の漢方治療を一年前から選び、がんが徐々に小さくなり先週の検査で病院からは「ほとんど見えなくなるまで小さくなった」と言われました。間もなく88歳になります。元気で傘寿を迎えることを祈ります!

ところで、珍しいですが私の目の前で涙が出やすい60代の男性がいます。
この男性は数年前に腎臓がんで腎臓を手術後に様々な治療で9種類の薬で腎機能が徐々に悪化。漢方服用前はクレアチニンが既に3以上になり、そろそろ透析と言われていました。悲しくて来局の時に私の前で泣いていました。今日はまた、私の前で泣いていました。今日の涙は喜びの涙です。今年の2月の検査でクレアチニン2.9から悪化し4月の検査で3.16になり腎臓を強くする漢方で見事に腎機能が改善し5/27の検査では2.6、最新の7/1の検査ではクレアチニン2.39にまで改善していました。また、私の提案で腎臓を強くする漢方を服用して、薬を減らしたいことを強く主治医に旨を伝えるように言いました。今は検査結果の通りに腎機能が良くなって先週から病院の薬は9種類から4種類にまで減りました。この男性と漢方を理解している主治医に手を合わせて「感謝」を言いたいです。

漢方で30代の女性の婦人科の病気が改善、ご結婚!

今日の仙台は一日中雨で、とても涼しくて過ごしやすいです。

患者さんのことについて、昨日より全国からの方が多かったです。南は広島、岐阜、大阪、千葉、福島、北は岩手、八戸、一番北の北海道河西郡まで。雨の影響もなく予定通り皆様の家に漢方薬が届くようにクロネコなどにお願いしました。

 

難病とがんの方、腎臓の病気、婦人科の病気の方が多いです。IgA腎症の30代の女性、多発性硬化症の40代の男性、尋常性乾癬の40代の女性など。

よくなった方も沢山います。例えば、昨年12月から漢方薬を服用している月経困難症・子宮内膜症・尿膜管遺残症・片頭痛でほぼ毎日腹痛があり、特に生理前後はひどくて仕事を休まなければならない50代の女性は、漢方薬を服用する前の症状を確認したら不眠・めまいは完全に改善され、腹痛は以前の毎日から月半分は痛みがない日があるようになりました。痛みも以前よりずいぶん軽くなり、生理前後も休みなく仕事ができると喜んでいます。

また、十代から生理不順で年に1回から2回しか生理がなく、2か月生理がない時はホルモン治療をしていた30代の女性は、今年2月末から漢方薬を服用しています。服用してから4か月の間に生理は2回自然に来ました(ご本人は学生の時から夜間アルバイトをしていて、今も深夜2~3時にならないと眠れない習慣があり、この習慣を改善すればさらに生理不順の改善が早いと思います)。

そのほかに、漢方薬を服用している娘さんの紹介で5年半前から漢方薬を服用している慢性腎不全の80代の男性は、漢方薬を服用する前のクレアチニン3以上から、今はずっと2~2.3くらいで安定しています(もし、漢方薬を服用していなかったらすでに透析している可能性が高いと思います)。

また、14年前に乳がん手術後抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用してその後一切再発・転移がなく漢方薬を中止していた50代の女性が十数年ぶりに来局。また原発のがんが発見されて、先日手術したばかりで今日からすぐに再発・転移予防の漢方薬を服用します。

 

当薬局の漢方薬を服用して婦人科の病気が改善された30代の女性は、結婚したばかりのご主人と来局。この女性は、20代の時から多嚢胞卵巣症候群でずっと低用量ピルを服用して、生理は順調になりましたが2年前の子宮がん検診で、子宮頸がん高度異形成と診断され、昨年2月から当薬局の漢方薬を服用開始ました。約半年後の昨年7月の検査で、高度異形成から軽度異形成まで改善され、さらに今年の1月の検査では軽度異形成から陰性になって完全に正常な状態まで改善されました。以前から結婚・出産のことを聞かれたことがありましたが、今日結婚したばかりのご主人と来局されました。将来、出産のためにご夫婦ともに今日から漢方薬を服用します。一日も早く自然妊娠と無事の出産を祈ります。ご主人のお酒・たばこ・食生活習慣などを厳しく「説教」したのに対して、奥さんは喜んでいるだけではなく意外にご主人も大変理解してくれて、喜んで受け入れてくれました。ご主人は大変おおらかで、楽観的な性格なようでずっと笑っていました。最後に奥さんに、うちのスタッフみんながご主人を好きになったと冗談を言って、また新婚のご夫婦は大笑いしました。大変仲の良いお二人でした。

 

今日のブログは長くなり大変申し訳ありません。明日休みの分を今日プラスしたということでご理解ください。

人間は腎臓の陽が大事です

今日の仙台は、風があり涼しいです。でも忙しくて、外には行けませんでした。
患者さんのことについて、新患さん、難病の方、全国からの方が多いです。
例えば、北海道の間質性肺炎の70代女性、神奈川の血小板減少性紫斑病の20代男性、IgA腎症の50代男性、潰瘍性大腸炎の40代男性、肥大性心筋症の50代女性など。

病気ではありませんが、すい臓の酵素のアミラーゼ異常の3人(その中に数年前から漢方薬を服用して今は正常値になった一人の他に、80代の女性と50代の娘さんは二人共に先日の検査でアミラーゼは共に異常。)、不眠症の方や肥満、むくみ、癌の再発・転移の方も居ます。

新患の一人の女性は、東京の専門の漢方薬局で半年間高い漢方薬を服用しましたが、効果を感じずに当薬局へ来局。

2年間で4キロ太り、耳鳴り、腰痛、倦怠感、生理痛等の症状もあり、

「漢方医学からみると、一番の原因は腎臓が弱いことと血流が悪いこと」と説明をすると、本人は納得しました。

写真の通り、腎臓が弱くなると(腎臓の陽が弱い、陰が弱いの2つあります。)、体力免疫力の低下、トイレが近い或いは遠い、

むくみやすい、耳鳴り、聴力低下、腰痛等の症状が出ます。

この女性の自分の症状にピッタリなので、本人は納得しました。漢方効果にも期待しています。

 

 

下の写真の通り、今朝はビワを取りませんが桑の実と野生の紫蘇を食べました。

おいしくて朝食にしました。

実は、桑の木の種類や場所により大きさも違うし味も違います。

今日の写真の大きな桑の木の実は、全然おいしくない・・・何故なら周りに大きい木が沢山あり、日が当たらないからです。

命がある全てのもの、動物、植物、人間も、太陽の陽が必要です。

 

 

 

 

今日の山形は曇り、雨で、蒸し暑い

夏にマスクをつけるのは大変です。コロナ予防だけでなく鼻・喉・気管支・肺には良いですが、口のまわりは大変です。なんとなく顔の2/3はサウナみたいです。顔・唇弱い人は腫れるでしょう。どうしても夏マスクをつけるときは、アベノマスクより小さいのを勧めます。もっと小さい口と鼻だけを防ぐマスクが1番いいかなと思います。

今日の新患のお二人はご夫婦で、年齢も同じ60代、体重も同じ。ご主人は膝が痛くて薬でも注射でも効かない。20~30メートル歩くと痛くて休まないといけない。2年間で7㎏増加しました。
奥さんは高血圧・糖尿病・不眠・不安・動悸・息切れ。病院の薬7種類服用しても悪化しています。今日からご主人と共に体質改善の漢方を服用します。

良くなった患者さんもいます。H30年から膀胱・腎臓の病気で漢方を服用している80歳前の男性は、今年4月から免許証更新のため視力改善の漢方を服用。80歳前の年齢もあり無理かなと思ったら、今月の免許証更新の視力検査を見事クリアしました。左右の視力は0.4以上良くなりました。大変喜んでいます。次の更新まで安全運転を祈ります。

他にH28年からご両親・お兄さん夫婦共に当店の漢方を服用している今40代女性は、子宮頸がん高度異形成と診断され癌の一歩手前でしたが、ずっと漢方を服用しH29年3月中度異形成まで改善。最新の今年3月の検診で細胞全部正常で喜んでいます。
実は先日この女性のお兄さんが来店、奥さんも漢方を服用し自然妊娠しかわいい1歳半の娘さんの写真を見せてもらいました。この女性の娘さんと間違ってしまいました・・・いずれにしても、ご家族全員が漢方を服用し健康になり喜んでいます。

ところで写真の通り、昨年大豊作で傘も壊れるほど収穫した杏の木。今年収穫に行ったらびっくりする程少ない。視力も良くないですが3~4個しか見つけられなくて地面に落ちていた2つを含めお皿の写真程しか収穫できませんでした。とても美味しかったですが、口とお腹は満足していません。ちなみに近くの桃の木を視察したらまだ小さいですが昨年より数が多いみたいです。

<杏・昨年の写真>

 

 

<杏・今年の写真>

<桃の木>

漢方で50代の腎硬化症の男性の腎機能がさらに改善

今日は良い天気で車も多いです。昨日の東京の感染者は50人以上で、今日は東京の人でも多いはずですが、感染者が増えないように祈ります。

 

患者さんのことについて、よくなった患者さんも多いですし、ご家族やご夫婦の方が多いです。たとえば、十数年前から奥さんが当薬局の漢方薬を服用している50代の男性は、2週間前に急に排尿が一切できなくなり救急車で病院に運ばれて、前立せん肥大が原因で9月にならないと手術できないと言われて、大変困って至急に当薬局に来ました。

また、平成22年からIgA腎症で漢方薬を服用している30代の女性は、腎機能に一切異常がなく、糖尿病で腎機能・肝機能が悪いお父さんも平成25年から当薬局の肝臓・腎臓を強くする漢方薬を服用して、今血液検査で肝機能・腎機能もずっと正常です。

今日、午前中に病院の検査結果をすぐに送ってくれた腎硬化症で腎機能以上の50代の男性は、さらに腎機能が改善されています。この男性は、30代の時から腎硬化症で腎機能が低下し、さらに40代から高血圧・高尿酸で病院の薬を4種類服用しても腎機能がだんだん悪化していました。例えば、漢方薬を服用する前の2019年5月のクレアチニンは3.56、eGFRは15.3でしたが、2019年6月から腎臓を強める漢方薬を服用してだんだん腎機能が改善されています。服用して約2か月後の7月のクレアチニンは3.24、eGRFは17で、今年の1月のクレアチニンは2.99、eGRF18.4、今日の検査結果ではさらに改善されクレアチニンは2.92、eGRFは18.9まで改善されました。この男性は30代の時から腎機能のクレアチニンがどんどん悪化して50代でクレアチニンが3以上になって5~6年経過してから初めてクレアチニンが2台になって大変喜んでいます。これから続けて漢方薬を服用すれば間違いなく透析を避けることができると思います。

ところで、福島店で漢方薬を服用して妊娠して無事に出産したばかりの東海地方の女性から電話があり、妊娠する前に服用していた漢方薬は今服用しても出産後母乳を増やしたり体力回復できると先週話しましたが、今日ご本人が1年以上前の漢方薬を煎じようと思ったら袋の外に小さい虫がついていたそうです。夏の暑さや湿気を考えて、もし数か月以上置く場合は、密閉してできるだけ冷蔵庫で保存してください。

 

写真1の通り、朝もビワをたくさん採って自分で食べきれないので、売ってはいませんが数人に0円で譲りました。とてもおいしかったです。木が大きくて、上のほうにはまだまだ沢山ありますが、これからの収穫作業は脚立かはしごを使わないといけないと悩んでいます。また、大きい桑の木を発見しました。ついでに桑の実(写真2)も収穫しましたが、ビワの収穫よりずっと難しいです。熟しすぎていても採れないし、ちょうど熟している実は下に落ちやすいし、力を入れると実がつぶれてしまいます(写真3の通り指も紫になりました)。ちなみに、最後の写真6の通り、今日は最後の最後、日本一最後かもしれない先週蔵王の一番高いところでとったアカシアを朝食べました。とてもおいしかったです。

 

【写真1】

【写真2】

【写真3】

 

【写真4】

【写真5】

【写真6】

 

3週間の漢方で60代男性の便秘・血圧などが改善

今日は新患さんや全国からの難病の方が多いです。

網膜色素変性症の60代男性、再生不良性貧血の80代女性、骨髄異形成症候群の60代女性、ネフローゼ症候群の90代男性など。

静岡から2人、東京1人、千葉1人、横浜1人、青森1人など。

 

今日の最高齢は90歳女性で、耳が少し遠いですが「とても元気で凄いですね!」と言ったら、

「長生きは良いでしょうか?」と聞かれて、「とても良いです!私は200歳まで生きたい!」と言ったら笑われました。

この女性は、2年前から両手の全ての指がしびれ、整形外科の注射や薬を服用してもよくならないので、当薬局を尋ねました。
もう一人の新患さんは、知人の60代男性。数年前から化膿性中耳炎で最近2月と3月に2回手術をしましたがよくならず、

今日から腎臓を強めて免疫力を高め膿が減る漢方薬を服用します。

 

よくなった患者さんも沢山居ます。膀胱がんを手術後に3回再発の60代男性は、3回目の手術後すぐ漢方薬を服用して9年経ちました。

漢方薬を服用してからは最近の検査でも再発・転移はありません。
また、ネフローゼ症候群や網膜色素変性症、腎臓硬化症で腎機能低下の50代は、昨年6月から漢方薬を服用してクレアチニン値は徐々に下がっています。

漢方薬を服用前の3.2から最近の検査で2.9まで改善しました。

今日一番嬉しいことは、60代男性のことです。

大きい病気ではありませんが腹痛・便秘で下剤を飲まないと排便不可・高血圧の薬を飲んでも上140台下90台で、6月初めから約3週間の漢方薬を服用。

今日は本人から「便秘は改善し毎日快便になっただけではなく、血圧は上115下80になりました。何故でしょう?」と聞かれました。

腸の働き・便秘・血圧は腎臓と関係があり、漢方薬の中に腎臓を強めるものが5割入っていますと説明しました。

漢方効果を著しく感じ、緑内障・眼圧高い・50肩で右手が上がらない程痛いので、こちらの漢方も追加して欲しいと言われました。

今日からこの方の全ての症状をカバーでき改善できるよう、更に漢方効果を期待しているようです。

 

いつも患者さん達から素敵な手紙が時々届きます。若い方から高齢の方まで、本当に皆さん字が綺麗で全てお手本になると思います。

ところで、昨日もブログを書きませんでしたが、実はきちんとテレワークで仕事をしました。

このことについて、一点の曇りもありません!(最近テレビで、政治家達の伝統的なセリフがまた増えています。)

漢方服用している青年から初給料でタンブラー頂きました

今日の山形は30℃以下で涼しいです。

患者さんのことについて、やはり家族、ご夫婦が多いです。例えば新患の30、40代のご夫婦は、お父さんと妹さんご夫婦が当店の漢方を服用し様々な症状が改善され紹介で来店しました。

 

また、10歳から当店の漢方を服用している20代男性のお母さんが来店。お母さんの他に、80代の祖母も、20代のお姉さんも服用しています。このご家族とも大変縁があり、最初は入院中の余命わずかと言われた祖父が家族で第一人者として当店の漢方を服用し、その後皮膚科でもなかなか良くならないお母さんが漢方を服用しすっかり良くなりました。そしてこの青年は10歳のとき夜尿症で、修学旅行に行く1ヶ月前から漢方を服用し、小児科、泌尿器科で良くならない夜尿症が良くなり無事に修学旅行に行きました。花粉症や喘息発作、皮膚かゆみのとき時々漢方を服用しました。約4年前、大学生になり検診したとき高血圧と診断。精密検査で副腎ホルモンによる原発性アルドステロン症と診断され、一生血圧の薬を服用しなければならないと言われました。その際、西洋の薬ではなく当店の漢方を服用し、今は漢方を2/3減量し、1日1回の服用でも血圧が正常値になっています。

 

今日お母さんは、息子さんが初給料で私に購入してくれたプレゼントを持って来てくれました。写真の通り、私に似合うタンブラーを選んでくれました。(結露しにくく、外側が熱くならない、冷たさ温かさ長持ち)大変嬉しく、これから大事に使います。時々私のカップが壊れたり割れたりしますが、これはステンレス製なので、今後一切心配いりません。長く使いたいと思います。

<写真>

6年前から漢方服用の特発性血小板減少性紫斑病の10代男性の血小板は10万以上で安定

今日の福島は暑くて皆マスクを着けながら「アツイ」と言っていましたが、一人の男性からは「明日は34度の予定で日本一暑い予報だょ」と言われました。

 

9年前から悪性リンパ腫で抗がん剤治療を受け、副作用が強くて漢方薬を服用開始した当時70代男性は、4ヶ月ぶりに来局しました。4月末の検査で少し貧血がある以外、悪性リンパ腫の再発・転移もなく、とても元気です。今は80代になりましたが、朝5時から畑の仕事を2~3時間しているそうです。今年の野菜の出来を聞いたら、コロナの影響で例年より高く売れているそうです。今朝採ったキュウリをもらったので、昼飯の後に一本食べたらとても美味しかったです。

 

今日も全国からの相談やメールが多かったです。

中国地方の十代の男性、静岡の40代女性、東京の60代女性、宮城の60代男性などなど。

 

良くなった患者さんも沢山います。

ネフローゼ症候群の60代男性は、「そろそろ透析」と言われていますが腎臓を強くする漢方で4月のクレアチニンの3.19から今月1日の3.06にまで改善しています(ちなみにこの男性は、釣りの仲間からの紹介で漢方を服用開始しました)。

一番嬉しい患者さんは、小学生の時に特発性血小板減少性紫斑病と診断され、ときどき風邪を引いた後は必ず血小板が減少し必ず入院して輸血を繰り返していましたが、平成25年8月から当薬局の漢方を服用開始し、最初はなかなか効果が出ませんでしたが私と漢方を信じて数年間続けて服用し、その後は見事に血小板が上がり、今は11万~15万で安定しています。例えば昨年3月は13.6万、9月は11.8万、最新の先月の検査では11.1万でした。今は元気で勉強やアルバイトをしています。私からみると、血小板の数だけ診るのではなく質も非常に関係があると思います。この男子の様に、質が良ければ必ず血小板の数値は10万前後で安定していれば良いと思います。

同時にもう一つ嬉しい事は、久しぶりに彼女ができたそうで…漢方より血小板が増えるかもしれません(笑)いずれにせよ、嬉しい報告なので結婚まで二人仲良く続いてほしいです(“久しぶり”について、今日スタッフ二人に教えてもらいました。一人は「1ヶ月位は会わないと久しぶり」と言いますが、もう一人は「頻繁に会っていた場合は一週間ぶりでも久しぶり」と言う事を教えてくれました。とすると、この男子に彼女ができたのは何週間?何か月?何年ぶり?いつか本人に直接聞ける機会があれば聞きたいと思います!)。

漢方で85歳の男性の腎機能も改善

今日は一日外に行きませんでしたが、午後3時半位に来客の方を見送った時に外に出たらとても良い天気で風もあって気持ち良かったです(でも、昨日の蔵王の昼休みの時の方がずっと気持ち良かったです)。この方は今80代で、私が来日して1ヶ月後の時に知り合いになって、親しくしていただいています。今もとてもお元気で、老化予防の為に時々漢方薬を服用しています。そのときちょうど、昔大昔お母さんが心臓の病気で当薬局の漢方薬を服用した女性も来局。久しぶりで大変懐かしくて、お母さんの笑顔を思い出しました。来局の時、お母さんと一緒に写真を撮ったことを思い出しました。今回はご主人のために昨年10月から漢方薬を服用して、肝機能・腎機能異常が改善されました。

 

今日は新患の方が多い以外に、若い方ばかりです。手術後全身の痛みの30代の女性、高血圧・尿管結石・肥満の30代の男性、5年前から虫刺されの後慢性湿疹で悩んでいる50代の女性、1年半前から毎日排尿痛で泌尿器科と婦人科を転々としても良くならない50代の女性など。みなさん当薬局の漢方薬に期待してくださっています。例えば、手術後の痛みで悩んでいる女性は、入院中からの痛みが改善されなくて辛くて不眠・不安になって、いろいろ調べて当薬局に来ました。また、50代の排尿痛の女性は実は十数年前から股関節の痛みがあり、4~5年前から腰痛、3年前から耳鳴りがありました。これは、漢方の考え方から見ると腎臓と関係があり、今の排尿痛がなかなかよくならない原因も腎臓なので、漢方古典の『黄帝内経』の腎臓の機能を説明して、排尿痛の原因を100%納得されました。腎臓を強くする漢方薬を服用して、排尿痛を改善することが可能だと思います。

 

当然、よくなった患者さんもたくさんいます。例えば今年1月に腰痛で歩けなくなった60代の女性は、半年間漢方薬を服用して腰痛は8割以上改善され、毎日50分~1時間の散歩が出来るようになりました。また、十数年前から○○大学病院の治療を受けても腎機能がだんだん低下していた80代の男性は、平成27年1月から当薬局の漢方薬を服用している娘さんの紹介で当薬局の腎臓を強める漢方薬を服用して、今85歳になって自然に腎臓が老化しても、腎機能がだんだん改善され漢方薬を服用する5年前より検査結果がよくなっています。例えば、平成26年11月の検査のクレアチニンの数値は1.85、12月は2.29、漢方薬を服用する直前の平成27年1月15日には2.34で、だんだん数値が悪化していました。平成27年4月の漢方服用後にはクレアチニンが1.89まで改善され、平成28年4月には2.02、平成29年4月は1.96、平成30年3月は1.79、平成31年3月は2.04、最新の昨日の検査結果では2.06で安定して、5年前の2.34より良い結果です。ご本人も奥さんも娘さんもたいへん喜んでいます。もし漢方薬を服用していなければ、今透析している可能性が高いと考えられます。

 

今日も60代男性の腎機能が改善!

今日の福島店はとても忙しかったです。昼寝も出来ず、眠くて怠いです。。。

 

患者さんについて、今日は4才から88才まで幅広かったです。

病名から言うと難病のALSの60代女性、うつ病の30代女性と50代男性、自閉症の20代男性、すい臓がんの手術後に肺に転移の50代女性、脳腫瘍の手術後の再発予防の50代男性、胃がん手術後の再発・転移予防の60代女性、不妊症・子宮筋腫・甲状腺亢進症の40代女性、肺気腫の70代男性などなど。

 

良くなって喜んでいる患者さんも沢山います。

例えば平成20年9月7に脳腫瘍を手術後に再発し、また手術をして抗がん剤や放射線治療をした後からずっと漢方薬を服用している当時40代男性は、今年3月の脳のMRI検査で再発は無く、少し手の指の痺れや動きにくい、少し便秘以外は何も症状が無く喜んでいます。今は一ヶ月分の漢方薬を3~4ヶ月かけて服用しています。

○○医科大学病院での検査で、検査結果が出た直ぐ後に電話をくれた60代男性は、腎臓の腫瘍を手術後から多量の薬を服用して腎機能がだんだん悪化していました。漢方服用前のクレアチニンは3以上でしたが、平成31年5月からの漢方服用で3台から今日は2台にまで改善され、最新の結果は4月の2.9から更に良くなって「今日は2.6だった!声が弾んでるべ?」と言って電話で大変喜んでいました。