漢方で抗がん剤治療受けている70代男性の肝機能・腎機能改善

今日も全国からの相談が多い。愛知の20代男性(この男性のお母さんとお兄さんは当店の漢方を服用して共に良くなった。例えば精神疾患が良くなりお兄さんは仕事復帰しました)

三重の40代男性、青森の80代女性など良くなった患者さんは多い。例えば40代ご夫婦は尿酸値・血圧・婦人科の疾病は共に検査結果が良くなった。30代の逆流性食道炎の男性の症状が改善。

今年5月に胆管癌と診断され、手術出来ない、8月から抗がん剤治療を受けている70代の男性は、副作用が強く肝機能・腎機能異常、貧血で当店の漢方を膠原病と突発性血小板減少症、紫斑病が完全に良くなった女性の紹介で10月1日から漢方を服用。今日、奥さんが10月27日の新しい血液検査結果を持って来ました。漢方服用前の9月14日の検査結果より肝機能・腎機能・貧血は改善されています。例えば、9月14日の検査結果、赤血球281万ヘモグロビン8.9・肝機能のALP2367・GOT39・GPT73・ガンマGTP1585・クレアチニン1.25・尿酸8.2から、10月27日の赤血球329万・ヘモグロビン10.2・肝機能のALP698・GOT24・GPT32・ガンマGTP697・クレアチニン1.22・尿酸5.7まで改善。

実はこの方のように漢方で肝機能・腎機能が良くなる。造血機能高めるだけでなく、体力・生命力・免疫力も高めて、その他の様々の抗がん剤の副作用も減少しました。同時に抗がん剤の治療効果も高めると考えられます。

漢方で自然妊娠の二人の女性。一人は妊娠17週ともう一人は産後5カ月!

今日の福島はとてもいい天気です!いつも一緒に来局、共に昨年10月から漢方薬を服用、共に良くなっている70代と80代の姉妹は、共に「車の中は春みたい、温かい、気持ちがいい」と言われました。

 

今日の患者さんの事について

家族の一人が良くなって、数人に漢方薬を服用の方々が多かったです。

・自己免疫性肝炎でずっと肝機能異常のお母さんと長女が肝臓を強める漢方で共に検査は肝機能が改善し、皮膚病の次女も漢方薬を服用(先日、娘さんが来局した日はちょうど本人の誕生日でしたが、今日はお母さん本人の誕生日でした。おめでとうございます!)。

・お母さん、お姉さん、ご主人、本人も漢方薬を服用したことがある50代の女性は東京で就職したばかりの20代の息子さんが腹痛、下痢、吐き気、頭痛で通勤も大変、仕事に支障もでるので今年4月からお母さんの勧めで漢方服用開始。今日のお母さんによると様々な症状が改善され仕事を休まずに続けています。

・お母さんと弟さんも当薬局の漢方で自律神経や皮膚病が良くなってお母さんの勧めでニキビ、アトピー、過敏性腸症候群の20代女性が来局し、今日から漢方服用開始します。

・お母さんも漢方を服用している酷い自閉症の20代男性は、昨年11月からの漢方服用で様々な症状が改善され、今日のお母さんによると10月中旬から初めて二週間ほど部屋の中でのおしっこ、便のもれ・汚れ、服の破れや家具を壊す行為はゼロでした。また、「朝まで一回も目を覚まさずに熟睡できるようになった」と言われました。

 

良くなった方、特に漢方で妊娠成功、妊娠中や出産して元気な子供が産まれた方が多かったです。

・なんといっても漢方で妊娠成功、妊娠順調、元気な子供が産まれた事は大変嬉しいです。ご両親、祖父母をはじめ家族、親戚10人位が漢方を服用してくれている20代女性は漢方で自然妊娠に成功、今は妊娠17週目です。

・もう一人の20代女性は、子宮内膜症、卵巣チョコレート濃腫、甲状腺腫瘍で子供が欲しくて昨年1月から婦人科の病気を良くすると同時に妊娠できる漢方を服用開始しました。検査では婦人科の病気が良くなり昨年10月に自然妊娠成功、妊娠中も漢方服用で今年6月に2900g以上の男児が産まれ、出産後も漢方服用で今は母乳も多く子供の成長も早く、間もなく6カ月ですが体重はなんと8.5キロだそうです。

・子供さんは来ませんでしたが、娘さん2人共に不妊症で共に漢方服用で妊娠・出産に成功して、共に元気な女の子が誕生しました。長女の子は4才、次女の子は2才2カ月で、砂遊びの様子や歌と踊っている、イキイキとして動画を見せてくれました。この祖母である60代女性は、間質性肺炎、膠原病、逆流性食道炎、原発性たん汁性肝硬変、リウマチが共に良くなって家族の他に親戚や友人の沢山の方を紹介してくれています。

 

皆さん良くなり大変嬉しいと同時に、皆さまに心から感謝します!

漢方で腎機能低下の二人ともに改善

今日はとても良い天気。晴れてあまり寒くないです。患者さんのことについて、週明けでもないのに遠方の方が多かったです。関西の30代の女性、四国の40代の女性など。皆さんコロナの影響で仕事が忙しいか、外出できないなど、ストレスが溜まっています。その中の一人の40代の医療従事者の女性は、コロナの患者さんの対応で大変みたいです。

 

良くなった患者さんの中の二人は、糖尿・高血圧などで腎機能低下の80代の男性とIgA腎症の30代の女性です。例えば、平成27年1月から漢方薬を服用している当時80歳の高血圧・糖尿・耳鳴り・狭心症の男性は、多量の薬を服用して腎機能がだんだん悪化して漢方薬を服用する前の平成27年1月15日のクレアチニンは2.34でしたが、最近の10月の検査でクレアチニンは2.25まで改善され安定しています。今、85歳になっても腎機能は一切低下していません。

もう一人の腎機能が改善された30代の女性は平成23年にIgA腎症と診断され、漢方薬を服用する前の平成23年10月の検査でクレアチニンは1.39で腎機能が低下して、平成24年1月から当薬局の腎臓を強くする漢方薬を服用しています。その後腎機能がだんだん改善され、平成24年4月の検査で0.9まで改善され、その後は婦人科の病気や膀胱炎などで入院治療を受けたりコロナと仕事のストレスの影響などがあり、腎機能の検査結果が悪くなることがありましたが、クレアチニンは1.2前後で安定しています。例えば、今年の6月の検査でクレアチニンは1.2、最新の10月の検査ではクレアチニン1.3で、8年前のクレアチニン1.39より悪化していません。もちろん、これからさらに良くなるために漢方薬の服用の他にストレス解消・食事管理・運動などの努力も必要だと思います。この2人は、もし腎臓を強くする漢方薬を服用していない場合は、腎機能がさらに悪化して特に85歳の男性はすでに透析している可能性が高いかなと思います。

 

今日、一番感動した患者さんのことは平成19年5月から漢方薬を服用している40代の女性の事です。私にくれた手紙の中に漢方薬を服用して以来毎日私のブログを読んでいると書いてありました。仕事が忙しいのに大変嬉しく感謝しています。たまには私のつまらないブログを読まないで早く休んで欲しいです。

1年間の腎臓を強める漢方で60代男性のクレアチニン1.34から1.13まで改善!

今日の福島は晴れているのに時々少し雨が降りましたが…とても良い天気でした。

 

良くなった患者さんも多かったです。

平成17年から当時70代の時から漢方薬を服用している女性は、久しぶりに来局しました。今は3~4ヶ月に一回の一ヶ月分服用ですがとても元気で、寝たきりのご主人の看病が出来るほど元気です。今は90才近くになっていますが、私と同じく目標は100才を超えることです。この女性は漢方服用前に胃の逆流、過敏性腸症候群、片頭痛、膀胱炎、腰痛、膝痛、高血圧などで様々な症状がありましたが全て改善しています。

平成30年6月から漢方服用している、うつ病、アトピー性皮膚炎の30代男性は、心療内科や皮膚科を転々としていましたが、お父さんの紹介で当薬局の漢方を服用してアトピーもうつ病も大変良くなって仕事にも復帰しました。しかし先月の検診では高血圧、中性脂肪が高いと言われて漢方薬が変わると同時に身長から見ると10キロ以上太っているので本人に「漢方の他に運動と食事、夜の食事を減らすように」と言いました。

また、慢性腎炎、高血圧、高尿酸で腎機能が低下している60代男性は、昨年8月から当薬局の漢方服用(腎機能が良くなった友人の紹介で腎臓を強くする漢方を服用)で、検査結果もどんどん良くなっていました。例えば昨年、漢方服用直前の8/20の検査ではクレアチニン1.34でしたが、昨年12/25の検査では1.2にまで改善し、最新の今年8月の検査では更に良くなって1.13まで良くなり、正常値まではあと一歩です。病院の主治医から「もし漢方を服用しない場合は、クレアチニンが2を超える可能性が十分にあり得る」と言われたそうです。

8/12と10/12のブログに書いたチック症の少年の祖母は、ご自分の漢方薬も一緒に取りに来るために来局してくれ、お孫さんの通学の動画を見せてくれました。先週まで、月曜日~金曜日の3,4校時と昼の給食後には帰るという通学をしていましたが、今日から2,3,4校時、給食後の5校時まで登校できるようになりました。学校の先生からも「けいれんの発作もなくなり歩くのもまっすぐにできる様になってきた」と言われたそうです。おばあちゃんに「漢方薬を頑張って服用していれば来年の中学、将来の高校と大学へ進学できます」と言いました。少年の将来を楽しみにしています!

 

 

4か月間の漢方薬で60代の男性の肝機能・腎機能と全身の様々な症状が改善

今朝は曇りと雨で、この秋一番の寒さでした。今日は東京から来局された方はいませんが、鹿児島・横浜・青森・岩手からのメールや電話相談の方がいます。岩手の50代のご夫婦から、岩手のコロナ感染者が最初はゼロでしたが最近増え続けていると言われました。

 

今日もご家族やご夫婦などで漢方薬をお飲みの方が多いです。例えば、娘さんご夫婦が漢方薬を服用して最近お父さん・お母さんも漢方薬を服用している方や、50代の女性と80代のお母さんが2組、50代のご夫婦と80代のお母さんなど。30代の男性は、今年1月から漢方薬を服用して不安・不眠が良くなって、今日からともに不安の13才と17才(人間の88歳と90歳くらいだそうです)の猫ちゃん2匹にも朝晩2回飲ませるように言いました。

 

他に、腎機能や肝機能・血糖値・甲状腺・腫瘍マーカーの検査結果が良くなったなどの方がたくさんいますが、一人の様々な症状が改善された60代の男性のことを詳しく書きます。この男性は、健康診断で肝機能と腎機能異常・高尿酸・脂肪肝・そけいヘルニア・十二指腸潰瘍・高血圧・高血糖・緑内障・喘息と診断され、腹痛・便秘・手が上がらない程の右肩の痛み・頻尿・皮膚の痒み・蓄膿症などの症状もあり、今年6月から当薬局の漢方薬を服用しています。8月の時眼圧が正常値になって、頻尿も改善され、右肩は9割症状が改善されたと言われました。今日は、9月の健診結果をもって来局。検査結果は肝機能・腎機能・尿酸値・血糖値が正常値になって、腹痛と便秘・頻尿も改善され、特にご本人が笑いながらマスクを外して顔を指さして、「蓄膿と顔の痒みが良くなっただけではなくて不思議と顔のシミもなくなった」と言われました。1種類の漢方薬で様々な検査結果と症状が改善されることにご本人は大変驚いて喜んでいます。今日から漢方薬を減らして継続する予定です。ご本人に言い忘れましたが、これから数年・数十年漢方薬を続ければ、老化や病気予防に最高と思います。

 

今日の患者さんの中に平成17年から平成26年の間に時々漢方薬を服用していて4年ぶりにまた漢方薬を服用する60代の女性もいますし、平成23年からずっと漢方薬を服用している60代の女性や、平成17年からずっと漢方薬を服用している50代の女性もいます。平成17年からずっと漢方薬を服用している女性は、あと1ヶ月で定年だそうでご本人は栄養士で漢方に理解が深くて、多分漢方薬はすべて良い栄養と考えているかなと妄想しています。

漢方で妊娠した30代女性が元気な子を出産っ!

今日の福島はとても良い天気です。晴れて、暑くもない、寒くもない。

 

患者さんについて、久しぶりの方や遠い方(京都・新潟・千葉など)が多かったです。

一番印象深い事は、子供の事です。

IgA腎症の男児のお母さんから電話があり、数年前にIgA腎症と診断され病院の治療を拒否して当薬局の腎臓強化の漢方を服用開始しました。今日のお母さんによると一年以上、尿検査では尿蛋白がマイナスで病院からは「今後、通院検査をしなくてもよい」と言われたそうです。早産の三歳の弟さんのことを新たに相談されました。

また、今年三月から喘息、風邪ひきやすい、アレルギー性鼻炎、ゲリの3歳の男児は、漢方薬を服用し(おばあちゃんをはじめ、家族の中で他に三人が漢方服用しています)、6月まで漢方を続けて服用し全ての症状が改善されましたが、今は寒くなってきて、咳や鼻の症状が出てきたので、また服用再開しました(8月に誕生日で今は4歳になりました)。

 

一番嬉しい事は、昨年6月から婦人科の病気もあり不妊治療を繰り返し失敗した30代女性は漢方服用で、婦人科の内膜症、チョコレート濃腫など婦人科の病気が改善。昨年末に妊娠成功し、昨日の夕方に連絡があり10/6の0:34に元気な2639gの元気な女児を出産しました(可愛い可愛い写真も来ました)。逆子で帝王切開でしたが、産まれる直前まで漢方薬を服用していて、切開の痛みはありますが、元気で母乳もいっぱい出ているそうです。たぶん、今年の8月のブログに書いたと思いますが(逆子を漢方薬で治す処方でした)、効果なくとても残念で治りませんでした。。

また、以前のブログにも書いていますが、漢方服用している方で産まれた子は皆大きく3000g前後でしたが、この女性の子供は少し小さかった事が、もう一つの残念なことです。でも、東海地方で不妊治療を繰り返し失敗し、婦人科の病気もあり、昨年春に仙台に転勤して当薬局の漢方と出会いがあり元気な子供が産まれるという事は、間違いなく本人とご家族は大変喜んでいるでしょう。出産前、本人に「名前をつけるときは、ぜひ仙台で産まれた事を記念して名前をつけて下さい」と冗談交じりで言いましたが、何の名前にしたでしょう。。興味深いです。いずれにせよ、スクスクと元気に育つことを心から祈り祝います!

 

ところで、写真の通り今日は仙台から、いつもと違う持参食事を持ってきました(皿ごと持ってくるので弁当とは言えません)。お皿には多種類の野菜、キノコ、肉の菜炒め、かぼちゃの他に山形産の枝豆、落花生、栗、宮城産の芋の他に月曜日に福島で採った小さい姫リンゴ(本当の名前は分かりませんが、私の試食でリンゴと同じ味だったので勝手に決めました)、昨日、山形で無料で収穫したザクロ、棗、サンザシ等もいっぱい食べました(実は誰も食べない物は野生の生ゴミになり多い!)。改めて写真を見ると…ゴミに見えますが、、、れっきとした私のランチのデザートです!

食べながら考えました…中国には甘いザクロが多いのに日本では酸っぱいザクロばかり。中国のサンザシは全て酸っぱいのに、日本のサンザシは全然酸っぱくありません。なぜ逆かな??

 

6年間の腎臓を強くする漢方でIgA腎症60代の女性の人工透析を避けた

今日の山形は晴れでとてもいい天気。

患者さんの事について。10代から80代まで幅広く、病気もいろいろ。統合失調症、不妊症、脳梗塞の後遺症、大腸がん、IgA腎症、慢性腎不全など。

大腸がんリンパ転移、手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性は漢方の併用により10月7日の血液検査で肝機能、腎機能、貧血が良くなった。1日8回の下痢も2~3回まで改善。

9月15日から漢方服用の脳梗塞の後遺症で悩んでいる50代男性は手の痺れ、瞼の痙攣が改善されました。

平成26年3月からずっと漢方を服用しているIgA腎症の当時50代の女性は9月24日の血液検査で腎機能は更に良くなった。漢方を服用する前のクレアチニンはすでに3以上そろそろ透析と言われましたが、今年の5月の結果のクレアチニン1.35・7月1.29・9月24日1.26まで改善され安定しています。本人からもし漢方を服用していなければ、今99.99%透析をしていると冗談を言われました。

漢方で潰瘍性大腸炎の3人が共に改善!

今日は結構忙しかったです。その理由の一つは10月から当面の間(12月までの予定)、仙台店は水曜日を休みにしたので、福島店にて仙台店を含めた統括の方々のメールや相談の対応が多かったです。

 

福島県以外の患者さんは、少し多かったです。

広島1名、神奈川2名、東京2名、茨城1名で病名は間質性肺炎、潰瘍性大腸炎、Iga腎症、多発性骨髄腫など。

 

難病の一つの潰瘍性大腸炎の3人は共に良くなっています(男性2名女性1名)。

例えば毎日の下痢が7回以上で毎回血便、腹痛の潰瘍性大腸炎の60代男性は、今年4月から当薬局の漢方を服用している奥さんの勧めて、漢方薬を服用して7月の時は下痢が一日3~4回にまで改善、血便も少なくなりました。今日の奥さんによると、今は下痢が完全に良くなって、血便も腹痛もなくなりました。毎日1~2回の普通の便。10月末に大腸検査をする予定ですが、たぶん検査結果も良くなっていると思います。

もう一人の50代男性は、昨年8月から服用を開始し、いつも秋に下痢が酷かったのが、今は毎日1~2回の普通の便で、秋になっても下痢や腹痛はなかったそうです。今日から漢方薬を半分に減らしました。

もう一人の潰瘍性大腸炎の50代女性について、以前ブログにも書きましたが一ヶ月の漢方服用で著しく良くなりました。この方は仙台管轄で、詳しいデータは今、手元にないので省略します。いづれにしても三人が病院の薬治療の時より著しく良くなって完治した方もいます。

 

その他に良くなった患者さんも沢山います。

例えば奥さんと娘さんが当薬局の漢方を服用して一年前から高血圧、糖尿病、高尿酸で6種類の薬を服用して、腎機能がだんだん悪化した60代のご主人に漢方薬を薦めていましたが、今年の7月からやっと漢方薬を服用して、やはり検査結果が良くなっています。例えば漢方服用前の6月28日の検査はクレアチニン2.09でしたが、10月5日の検査ではクレアチニン1.93にまで改善。これは一年前の昨年4月のクレアチニン1.94よりも良い結果です。奥さんと娘さんの監督の下で、頑なに漢方薬を服用続けてほしいです。奥さんによると、以前はずっと血圧の薬を処方された内科の診察治療を受けていましたが腎機能が悪くなり1年前から腎臓内科の病院にも通うようになって、昨日の検査結果をみたら尿酸の検査をしていない。。。何故かと聞いたら奥さんは「主治医が忘れてスミマセンと言いました」と言われ…とても残念で、、なぜ忘れたのかな。きちんとまた診察してくれるかな等と疑問を感じますが…人間なので、たまたまミスが起きたのかもと否定できません。

 

漢方で80代男性の腎機能改善されています

今日の山形はとても涼しい。まだ寒くはないです。

ちょっとつまらない。桃も取れない、大きい山形の特産のピーナッツもまだ売ってない。顔見知りの店員さんの話だと10月中旬からだそうです。味は千葉の有名な落花生に負けないと思います。

患者さんの事について。2017年6月15日から歩くけない程のめまい・慢性腎不全の80代男性は漢方を服用する前は腎機能がどんどん悪化して、例えば2014年1月クレアチニン1.4 2015年7月1.54 2016年7月1.84 2017年漢方服用直前の6月13日の検査ではクレアチニン2.22でしたが、腎機能が改善され今はクレアチニン1.3~1.5まで安定しています。当然84歳になっても透析していません。しかし本人は施設から外出禁止なので、代理の方が漢方を取りに来ました。

腎臓の病気と言えば長野の50代のIgA腎症の女性は約2年ぶりにまた漢方を服用。女性は2年前に2ヶ月間腎臓を強くする漢方を服用しましたが、まだ効果が出ていないに漢方を中止しました。その時のクレアチニンは1.9~2.0でしたが、最近の検査でクレアチニンは3.0を超えています。もちろん女性は病院の治療を受けて多量の薬を服用していますが、残念ですが腎機能悪化して、透析は避けられないと病院から言われたはずです。80代男性の腎機能改善された例が沢山あるので、この漢方でこの女性の腎臓も改善され透析を避けることが出来ると思います。

ところで、今日は旧暦の8月15日。中国伝統的の中秋節です。家族団らんで月を見て月餅を食べる。もちろんお酒も飲む、美味しい料理も食べる。秋の収穫を祝う…。残念ですが計画も出来ない。お母さんと会えない。今晩は月餅もない、仙台は小雨で月見も出来ない…。寂しい中秋節かな。

最後に、以前山や海で撮った満月の写真を載せて月見にしましょう。

 

 

7年間の腎臓を強める漢方薬で50代の男性の腎機能が改善

今日は一日中雨で、肌寒いです。夜は早く温かい布団に入って寝たいです。

患者さんのことについて、様々な病気で腎機能が低下した方が多いです。震災後、自宅の水害やご家族が犠牲になったりして高血圧や糖尿病になって多量の薬を服用して腎機能が低下している60代の男性や、痛風・糖尿病の合併症で腎機能低下の30代の男性、十数年前から慢性腎臓病で高血圧・肝機能異常・高尿酸で5種類の薬を服用している50代の男性など(明日も一人の70代の腎機能低下の女性も一日も早く漢方で腎機能を改善したくて来局する予定です)。 そのほかに、30代・40代女性の流産と不妊症や婦人科の病気の方も多かったです。

 

よくなった患者さんの一人は、平成25年から腎臓を強くする漢方薬を服用している当時40代の男性です。平成17年に脳腫瘍の手術をした後、血糖値と血圧が高くなり病院の薬を服用開始。その後、腎機能が低下して漢方薬を服用する前の平成25年3月の検査でクレアチニンは1.38でした。その後漢方薬を服用して著しく効果が出て、平成25年11月の検査でクレアチニンは1.11まで改善、その後は1ヶ月分の漢方薬を2カ月で服用してクレアチニンも安定しています。最近は忙しくて1ヶ月分の漢方薬を3~4カ月かけて服用していますが、7年間加齢・老化して今50代になっても、腎機能の検査結果は7年前と同じです。最新の9月24日の検査でクレアチニンは1.30でした(7年前の平成25年3月の検査は1.38)。このまま腎臓を強くする漢方薬を継続すれば透析の心配はないと思います。

 

久しぶりに今日の朝食を披露します。実は、昨日山形市内の薬局近くの公園で大変新鮮なヨモギを採りました。山形店のスタッフ二人にあげませんでしたが、30代と40代の女性患者さん2人に「ヨモギの天ぷらは美味しいのであげます」と言ったら、一人の女性には固く拒否されましたが、もう一人の女性は喜んでもらってくれました。昨日の夜のヨモギの天ぷらに続き、今日はヨモギとニンジンとエリンギの豚肉の炒め物を作りました。苦みがありますが、とても美味しかったです。ちなみに今日の朝食の中身は、ヨモギ料理の他にキュウリとアスパラ、かぼちゃ(北海道産でとても美味しい!)、枝豆、黒ゴマ、ピーナッツ、アーモンド、くるみ、かぼちゃの種、納豆、卵、福島さんの野生の桃、キウイ、3分の1コーンスープと3分の1牛乳と3分の1豆乳、写真に載っていませんが小魚もあります。

 

【今日の朝食】