10ヶ月の漢方で20代の漢方の頭痛・めまい・不眠・イライラ・不安・胃痛・耳鳴りが9割改善

まず、昨日のブログを訂正します。①講演会の煎じ薬試飲の忘れは主催側のスタッフではなく私です。②これから高校卒業の特発性血小板減少性紫斑病の男の子の血小板の数値について、最近風邪を引いた時血小板が5万台に下がることがありました(7万台ではありませんでした)。③なおこの高校生にこれから十分な睡眠を取って仕事を頑張って欲しいと書きましたが、仕事ではなく医療福祉系の学校へ進学されるそうで、本当におめでとうございます!新しい学生生活もがんばって欲しいです。

 

今日は一日で山形店で仕事です。暖かいせいか朝から忙しかったです。患者さんについて、不安・パニック障害の30代の女性、胃ガン・食道ガン2回手術した後すい臓炎になって貧血・肝機能・腎機能異常の60代の男性、耳鳴りの60代の女性、乳ガン転移手術後の80代の女性(平成24年から当薬局の漢方薬を服用して、今転移再発は無くとても元気です。この方の家族と親戚5人も当薬局の漢方薬を服用しています)、肥満の40代の女性(12月25日から当薬局の漢方薬を服用して2kg痩せたそうです。この方の妹さんもお母さんも当薬局の漢方薬を服用して症状や病気が改善されています)、40代の不妊症の女性、糖尿病の30代の男性など。

 

よくなった患者さんもたくさんいます。例えば、数年前からイライラ・不安・不眠・めまい・頭痛・耳鳴り・食欲不振・胃痛の20代の女性は、心療内科に行くかと悩んでいた時当薬局の漢方薬を服用してよくなった親戚の紹介で、平成30年4月から体質改善の当薬局の漢方薬を服用してさまざまな症状が改善されました。ご本人の話によると、時々耳鳴りがある以外、頭痛・めまい・イライラ・不安・不眠・胃痛などはすべて改善され、仕事や家事も出来るようになったそうです。しかし、元気になって食欲が出て体重が増えたそうで今日から体重を減らす漢方に変わりました。もちろん、ご本人に運動と食事管理についても話しました。10代20代で精神的な症状がある方や、精神疾患と診断されて心療内科の治療を受けてもなかなか良くならない方で、当薬局の体質改善の漢方薬で全身のさまざまな症状が改善されて学校や仕事に復帰された方は多いです。月曜日のブログに書いた心療内科の薬を多量に服用してよくならない患者さんに、仙台の知り合いの心療内科を紹介しましたが、この心療内科はわりと処方される薬は少ないですがゼロではありません。当然薬を一切ださない病院もありますが、私が知っている限りでは杏林大学病院と岡山大学病院しかありません。しかし、何人かの患者さんに教えて問い合わせたところ予約は2~3年待ちと言われました。

 

NHK報道 薬を多く服用 副作用で認知症

今日の山形は曇りですが、もう市内にほとんど雪は積もっていません。先程岩手県から来局の患者さんの話によると、やはり雪は少ないそうです。また、横手の患者さんからも例年より雪が少ないと言われました。でも、17~18日にかまくら祭りが盛大に行われたそうで、横手の友人からもぜひ見に来て下さいと言われましたが、なかなか見に行けなくて来年こそ見に行こうかなと思います。

今日は昨日ほど忙しくないですが、新患の患者さんが多かったです。一人の60代の女性は昨年山形市内で私の講演会を聞いて病院の薬と漢方薬を併用しようと思ったそうですが、なかなか決断できなくて今日のNHKの『薬を多く服用 副作用で認知症』の特集を見て2時位に予約の電話が入って、2時半に相談に来ると言われました。結局、4時の仙台店の予約の患者さんに30分時間をずらしてもらいました。

 

ブログのタイトルの通り、朝7時20分から35分位までの間に放送されたNHKの特集で、多種類の薬を服用して副作用で認知症になった85歳の男性を紹介されました。この男性は、2つの病院から出された16種類の薬を服用していたそうです。吉田病院脳神経内科の平田温医師の診断で、脳のCTでは認知症ではなく多量の薬の副作用と診断され、薬を減らしたら認知機能が高まって記憶も改善され笑顔になりました。また、東京大学大学院の教授の話によると高齢者の多剤服用の原因は、お医者さんの不安解消の手段として薬を出すという対応が原因というのもあるし、高齢者は医者に文句を言ってはいけないという意識の方が多いことも一つの原因だそうです。

昨日のブログに書いた7種類の心療内科の薬を服用して統合失調症と診断された15歳の少女は、絶対薬を飲み過ぎと思います。一日も早く紹介した仙台の心療内科で少ない薬を服用して欲しいです。実は昨日、お母さんが涙ながらに大変不安で落ち込んでいるという話をしただけではなく、帰った後おばあさんからも電話があり、一人っ子のお孫さんがどんどん悪化した様子をみると家族全員が不安になって元気が無いと言われて、新しい病院を紹介してもらってありがとうと言われました。

 

今日のNHKのテレビを見てビックリしたことは、紹介された吉田病院脳神経内科の平田先生は、実は私が日本に来る前に北京の学会で会ったことがあり、1995年1月18日(なぜ覚えているかというと、阪神大震災の次の日でした)くらいにたまたま仙台で1回あった以来二十数年ぶりに拝見しました。大変嬉しくて、なかなか会えなくてさっそく手紙を出しました。(今日のテレビ番組から撮った写真を載せます。)

【写真】2月19日放送NHK番組より

  

漢方で統合失調症、腎臓の病気、鼻の病気、血液の病気、皆よくなっています

天気予報の通り、今日は暖かくなりました。月末でも週末でもないのに、今日の仙台店も福島店もとても忙しいです。メール相談や電話相談も多く、ずっと頭がピリピリと緊張していました。

患者さんのことについて、まず一番印象深いことは、全国からの来局や問い合わせが多いこと。愛知から茨城、北海道等。特に茨城からの患者さんは難病を含めて3名。次に印象深いことは、難病の患者さんが多いこと。再生不良性貧血の高校生、骨髄異形成症候群の20代の方、特発性血小板減少症の40代の方、IgA腎症の40代の方、悪性肉腫の高校生、乾癬の50代男性など。3番目に印象深いことは、精神不安と診断された方が多いこと。7種類の心療内科の薬を服用している高校生は、飲み過ぎです。あまり薬を出さない仙台の心療内科を紹介しました。

心療内科でてんかんと診断され、イライラ・不安・不眠・吐き気などの症状があり、平成18年9月から当薬局の漢方薬を服用して全ての症状が改善され、無事進学されて今は社会人になって、休まずに仕事をしています。お母さんがうつ病を診断され、今は7種類の薬を服用していますがなかなかよくならないため、今日から漢方薬を服用します。その他に統合失調症の20代男性、うつ病の60代男性。

 

最後に、本当によくなっている患者さんが沢山居ます。

一人は、昨年8月から漢方薬を服用している20代男性は、高校生の時から不安・動悸・時々不登校、高校3年生の時の心療内科で統合失調症と診断され、薬を服用していますが更に悪化して幻覚の症状もあり、仕事も辞めました。今日は、本人からとても元気な電話があり、幻覚・幻聴の症状はよくなり仕事復帰したそうです。ニキビや皮膚の痒み等で悩んでいて、今日は新たな処方の漢方薬に変わりました。

 

当薬局の漢方薬を服用して、自然に元気な子どもを出産された方が、元気な女の子を連れて来たので抱っこしました。この30代後半の女性は、お姉さんも当薬局の漢方薬を服用して元気な子どもを出産されました。本人の話によると、無痛分娩を選び、麻酔をしてなんと30時間もかかって最後に吸引して出産したそうです。

家族の中に4人お医者さんが居る70代女性は、高血圧・甲状腺の病気があり、ずっと病院の薬を8種類服用していますが、改善されません。高血圧・甲状腺の検査異常だけではなく、どんどん腎機能も悪化して12月26日から当薬局の漢方薬を服用し、12月6日検査のクレアチニン値1.05、eGFR39、甲状腺のTSH6490から今日の検査のクレアチニン値0.58(正常値は0.46~0.79)、eGFR49(正常値60以上)まで改善。もう少し漢方薬を服用すれば正常値になります。同時に甲状腺のTSHは3130(正常値は5000以下)で正常値になりました。ちなみに、ご主人は○○医科大学の甲状腺内科の教授で漢方薬に興味があり、当薬局の漢方薬を認めています。

悪性肉腫の高校生、弁膜腫の30代女性は再発もなく喜んでいます。

 

忙しくて疲れましたが、よくなった患者さんが沢山いるので、とても嬉しく充実した一日でした。

全身アトピーの40代の男性は、3ヶ月の体質改善の漢方薬で著しく改善

今日はなかなか落ち着きません。理由は最後に書きます。

まず患者さんのことについて、うつや自律神経失調症・不眠・パニック障害・統合失調症などと診断された20~30代の方が多かったです。新患の患者さんを除いてみなさん心療内科の薬を服用した時より改善されています。例えば、昨年6月から漢方薬を服用している19歳の時に強迫性障害と統合失調症と診断された30代の男性は、5種類の薬を服用しても幻覚・幻聴・不眠などの症状があり、昨年9月の時に幻覚幻聴・不眠などの症状が半分以上改善されました。今はほとんどの症状が気にならなくなり、仕事もできています。

また、昨年10月から漢方薬を服用している自律神経失調症の60代の女性は、頭痛・めまい・動悸・息苦しい・食欲不振・不眠などの症状が改善されています。特に食欲は改善され、頭痛・めまいはほとんど無くなりました。

新患の一人の30代の女性は、中学生の時からうつと強迫性障害と診断され心療内科に通って8種類の薬を服用してもイライラ・不安・不眠・頭痛・だるい・朝起きられないなどの症状があり、当薬局に来局されました。今日から当薬局の体質改善の漢方薬を服用します。

 

インフルエンザはまだまだ。やはり新薬のゾフルーザの耐性ウィルスが検出され、効きにくくなりました。当然、製薬会社はまた新しいインフルエンザの新薬を開発するはずですが、また耐性ウィルスが検出されるはずです。ウィルスは殺しても殺してもまた生まれます。大事なことは自分の体力・免疫力を高めることと予防対策です。先程、婦人科の病気で当薬局の漢方薬を服用している40代の女性が来局、保育所で仕事をして毎年必ず風邪かインフルエンザになりますが、昨年12月から体力・免疫力を高める風邪・インフルエンザ予防の漢方薬に変わって、保育所の子どもたちがインフルエンザになっても、家族の中にも2人インフルエンザの方がいるそうですが自分はならなかったそうです。

 

木曜日にブログに書いた流産2回の経験があり、体質改善の漢方薬を服用して自然妊娠に成功して1月25日に無事に元気な男の子を出産した30代の女性から今日報告の電話がありました。暖かくなったらお子さんを連れて来局する予定で、その時もちろん抱っこしたいです。やはり2人目のお子さんも欲しいみたいで、これからも漢方薬を服用する予定です。最後に母乳は足りますかと聞いたら、母乳が多過ぎるそうです。多分出産までずっと漢方薬を飲んでいた効果も考えられます。年賀状に書いた豚足と漢方薬の母乳増の薬膳料理は、結局まだまだ役立っていません。

 

実は、来週1週間休みをとって4日の朝から仙台⇒成田⇒青島空港まで、その後高速バスで実家に帰って5年ぶりに母と旧暦の正月を過ごす予定です。帰りは9日なので、10日と11日も休日のため仕事復帰は10日ぶりの12日からです。皆さんにご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願い致します(薬局は営業しています!)。

 

ブログを終わらせようと思ったところ、ただいま昨年11月から漢方薬を服用しているアトピー性皮膚炎の40代の男性が来局。著しく改善され、ご本人の了解をいただいて写真を公開します。この40代の男性は中学生からのアトピーは皮膚科を代わってもなかなか良くならなくて、奥さんが中国人で不妊で漢方を服用して無事にお子さん2人が産まれたのを見て、自分も皮膚科の治療から体質改善の漢方薬に変えることを決意しました。写真1~3のように全身に赤身・湿疹・かゆみがありましたが、3ヶ月の体質改善の漢方薬で写真4~6のように著しく改善されました。また、頭痛・寝汗も改善されました。ご本人は大変喜んでいます。

 

【写真1~3】漢方薬服用前

【写真4~6】漢方薬服用後

肺の影がなくなり不整脈の症状も無くなった!

今日は太ももの痛みやお尻の痛みも完治!何より昨日、7時間も眠れたので疲れもストレスも解消しました。夕べは東北大学医学部の恩師から電話をいただいて「お歳暮が届きました」と言われたので「お元気ですか」と聞いたら「体調はあまり良くなく、足の浮腫みがあって歩くのが大変。病院の薬が10種類以上で多過ぎるので、また漢方薬を服用したい」と言われたので「正月後に来てください」と言いましたが、早速行って症状や検査結果を見て早目に漢方薬を調合したいと思いました。

 

今日は良くなった患者さんが沢山います。

40代のうつ病の女性は、ほとんど毎日外出ができるようになり、家事や洗濯、掃除などを積極的にやってくれるようになり70代のお母さんは大変喜んでいました。

脳腫瘍を手術後に放射線治療を受けて平成20年5月に再発し、7月にまた手術をした当時40代の男性は、その後の平成20年9月から漢方薬を服用開始し、奥さんの強い勧めで当薬局の漢方薬をまじめに服用。今月初めの脳のMRIや血液検査では一切の異常がなく10年間も再発・転移がなく大変喜んでいます。今は1ヶ月分の漢方薬を3ヶ月かけて服用しています。

また、今年の春から胃痛、食欲不振、吐き気、頭痛、不安感、不眠、眩暈、耳鳴り、動悸、便秘など様々な症状で病院を転々としても6種類の薬を服用していても良くならず、娘さんの勧めで先月11月から当薬局の漢方薬を服用開始した60代女性は、やはり「著しく効果を感じている」と言われました。今日、本人と娘さんの話によると食欲不振、吐き気、ゲップなどの胃の症状が改善しただけではなく、不眠や不安感、動悸なども改善しています。

著しく改善された難病の一人は、3年前に非結核性抗酸菌症と診断され、肺の検査で影があり咳や痰、息切れ、不整脈などの症状があり昨年10月から当薬局の漢方薬を服用開始し、今年の3/12に、たぶんブログにも書いていると思いますが、その時には咳や痰が8割改善、肺の影も小さくなっています。今日は本人の話によると一年ぶりの10月にあった肺の検査では肺の影がなくなり、咳や痰も今の時期の冬でも朝だけ少しある程度で歩いての息切れや不整脈の症状も無くなったと言われました。

 

写真の通り、今日は福島店の昼忘年会を開催しました。いつもの寿司を注文して、昨夜はスタッフからの連絡により「ビー○お願いします!」と来たので夜からビールを準備しました。とても残念だったことは、瓶ビールも500mlの缶も沢山ありましたが、全て賞味期限が切れていて、たった一本だけセーフだった350mlを持ってきました。写真の通り、私はお茶、二人は少量のビール、もう一人は多量の泡で乾杯して、私は昨年と同じ“こども握り”にしました。しかし、今晩は中国からの訪問団との懇親会があり、いっぱい飲食する予定なので…握り1/3はスタッフ達にあげました。

今朝、ビール缶の大きさを見た時と、お昼の乾杯の時と…缶の大きさを見る度にお酒が全然足りなくて不満げなスタッフから「賞味期限が切れたやつをどんどん持ってきてください!」と怒り気味に言われたので、これから週に一度のペースで瓶か缶を一本ずつ持ってくる予定です(笑)。と言ったら「一本ずつ?!」とまた不満をブチマケられました。

40代息子の本態性震顫が改善!親子3人は当薬局の漢方を服用!

今日も大変、大変、焦っています。

福島の14日締め切りの原稿は昨夜、半分書きましたが…実は今日、福島店のカレンーダを見たら先週7日締め切りの原稿も書いていなかった!また、山形新聞の新年号の原稿は結構うまく出来ましたが、仙台の河北新報の原稿は直す箇所が沢山あるのに締め切りは明日。。。(汗)

 

今日の患者さんについて、久しぶりの患者さんや家族一家の患者さんが多かったです。

平成24年12月から漢方薬を服用している当時60代女性は咳、痰、肺に影があり60代の時に膵臓の腫瘍を手術したこともあり、ガン予防・肺を強くする等の漢方薬を服用し続け、最新の検査結果でもガンの再発や転移が一切ありません。

平成28年3月から糖尿病・乳がん・直腸がんを手術した後のお姉さんにも当薬局の漢方薬を勧め、平成29年12月には子供の時から両手の震え、本態性震顫で新聞を読む時や食事の時、字を書く時に手の震えがある40代の息子さんにも当薬局の漢方薬を勧めてくれ、8/27と11/22のブログに書いてある通り、食事と新聞を読む時の震えは著しく改善、「ほとんど震えは無くなった」とお母さんから言われました。震えが改善しただけではなくストレスの時の咳も改善されました。

 

もう一組の70代ご夫婦は、先月からご主人が糖尿病・痛風で数年前から腎機能低下、11/55の検査でクレアチニン2.05尿酸9.4でしたが、一ヶ月間の漢方服用で今月はクレアチニン1.93尿酸6.5にまで改善。今日から奥さんが脳梗塞・目の黄斑円孔・高血圧・膀胱炎・腎機能低下で当薬局の漢方を服用することになりました。

 

80代の男性は、糖尿高血圧で腎機能が低下し、娘さんの勧めで今日から漢方薬を服用。実は、娘さんの中学生の娘さんは数年前から頭痛で病院の薬を服用しても良くならず、頭痛の時は吐き気や気分の悪さ、不眠で体調が悪い時は時々学校を休んでいた時に、最後に心療内科に行くか迷っていた時、お母さんの考えで当薬局に来局し昨年6月から当薬局の漢方薬を服用開始し半年で様々な症状が改善しました。その後は漢方薬を減らして今年の4月まで漢方薬を真面目に服用していました。今日のお母さんによると、以前の症状は一切なく毎日元気に学校に通っているそうです。

 

長女7歳、次女3歳になった40代女性は、3年ぶりに電話で話をして「3人目はもう諦めた」と私に冗談を言いました(当然、二人の娘さんは当薬局の漢方服用で自然妊娠に成功しました)。「本人も娘さん二人もとても元気で嬉しい」と言ったら「実は70代のお母さんが7月から咳が止まらず病院を5~6カ所変わって薬も色々と変わりましたが一切良くならず、昨夜、咳で一晩眠れませんでした。また、今日お母さんの所に行ったら電話にも出られず話も出来ず、昼の食事中も何回も咳をして食事を中断しました。至急、漢方薬を送ってほしいです」と言われました。

 

皆、当薬局の漢方で良くなって、ご家族や親せきや友人が治らない病気がある時、また当薬局の漢方薬を服用してくれることは大変嬉しいです。

でも、私はどんなに嬉しくても実はストレスが溜まっています。昼にはストレス解消の行動を実行しました。

一つ目はたまたま今日、高速バスを降りた時に中国語みたいな張り紙がしてあるレストランを見つけたので良く見たら、写真の通り「有中文的采単」(中国語のメニューはある)でした。その中の「采」が間違っていたので、野菜の「菜」で教えようと思ったら誰も居なかったので、昼に15年間、福島に仕事に通っているのに初めてこの店で写真の通りの野菜カレーのランチを食べに行きました。目的は、間違った中国語を教えるため。結論として891円の定食を食べて間違った文字を丁寧に教えてきました。

二つ目は写真の通り薬局前の紅梅の蕾を鑑賞して隣の山茱萸の実を採って10個位の実を食べました(酸っぱくて苦くて)。これから、冬本番ですが、紅梅の蕾をみると春も遠くないです。。。

カレーの刺激か、山茱萸の刺激か、スタッフの刺激か、、、胃の調子は未だイマイチ?!

体質改善の漢方で70代女性の肝機能や血糖値が改善!

今日の福島店では、新患は多くないですが様々な難病の方が多かったです。

IGA腎症の30代女性、COPDや間質性肺炎の70代男性、統合失調症の40代女性などなど。

 

もちろん良くなった患者さんも沢山いました。

平成29年5月から漢方を服用している40代女性は高校時代から統合失調症と診断され入退院を繰り返して6種類の薬を服用していました。最初はイライラ、不安感、不眠、妄想、胃痛、便秘などの様々な症状がありましたが、今ではほとんどの症状が改善され、一人で来局できるようになっています。

また、毎年11月にしもやけになっていた40代女性は、血流を良くする漢方を今年5月から服用して浮腫み、冷え、頭痛、眩暈などの症状が改善されただけではなく、十数年ぶりに11月中旬でも手足のしもやけにはなっていません。

また、平成22年に進行性乳がんを手術後、転移・再発予防で当薬局の漢方薬を服用している当時60代の女性は、平成22年6月から漢方薬を服用開始し、8年後の今も再発・転移がないので、最近は3~4ヶ月に1ヶ月分の漢方薬を服用しています。以前の健診で血糖値が157、へモグラロビンA1C8.3、尿素窒素は21.8で尿蛋白は+の異常で、肝嚢胞、胆石、胃のポリープもあり今年8月から肝臓・腎臓を強くする漢方をしっかりと服用開始し、11/7の検査では尿素窒素19.7、尿蛋白-、血糖値107、ヘモグロビンA1C5.8、など全て正常値にまで改善していました。8月の時、主治医から「血糖値を下げる薬を処方します」と言われたそうですが本人は当薬局の体質改善の漢方薬を選びました。漢方で良い結果が出たので本人は大変喜んでいました。

 

ところで、新患の一人である70代男性は、肺炎、狭心症、前立せん肥大、頻尿、アレルギー性鼻炎、白内障、緑内障、逆流性食道炎、COPD、最近では間質性肺炎も診断され、なんと消化器科、呼吸器科、消化器科、循環器科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、皮膚科に通院していて薬のリストをみると6枚持参していていました。数えたら23種類を服用。当然、改善していないだけではなく様々な副作用も感じていたので、今日から当薬局の肺臓、腎臓、胃腸を強くして血流改善の漢方薬を服用開始しました。間違いなく3~4か月後には様々な症状改善や検査結果が良くなっていると思います。

 

ご存じの通り、多量の薬を服用してもなかなか改善しない高齢者は沢山います。当然、病院から薬を処方された多量の薬を皆はほとんどが飲み続けていますが、一方では多量の薬を飲まずに捨てる方も沢山います。

例えば2015年度の国民医療費は42兆3644億円に上り、一人当たり33万円で2005年度より約6割増えています。また、2018年度の医療費は4月~8月で前年度より既に1%増えています。

医療費の伸び率は、なかなか止まりませんが今日のブログはここで止まります!

5ヶ月間の漢方で50代女性の肥大性心筋症の心臓が正常になった!!

昼に久しぶりにから揚げを食べたら、ずっと午後は気分が悪かったです。。。から揚げを一個ずつ二枚のナプキンで油を取ったのに、、、。原因は午前中からとても忙しく、加えて一人のスタッフは健診で休んだからだと思います。

そのスタッフの健診結果を聞いたらお医者さんから「こんなに完璧な血液検査の結果を久々にみました」と言われたらしく、マンモ(胸のレントゲン)の結果も両手を使って表現しながら教えてくれましたが「こう挟んで、次にこう挟むから胸が小さいと引っ張られて痛い、痛いって何度も言ったのー!」と言っていました。私は両手で両目を隠して聞くだけにしました。

 

患者さんについて、印象深い事は10月に急性膵臓炎と診断され漢方薬を服用している50代女性は11月の血液検査で、なんと膵臓関係の大事なアミラーゼは検査していませんでした。また、十数年前から糖尿病、痛風、脊柱管狭窄症、緑内障、耳鳴り、難聴の70代男性は十種類くらいの薬を服用していて11/5の検査でクレアチニンは2.05、尿酸9.4で絶対に少なくとも数年前から腎機能が低下していたはずなのに先月から初めて主治医から「腎機能が低下している」と言われたそうです。しかし過去の検査結果を見たら昨年の6/16クレアチニン1.33で今年5/14は1.84でどんどん悪化していました。奥さんの勧めで透析を避けるために今日から漢方薬を服用します。

一番印象深いことは、他県から初めて来局してくれた30代女性です。ずっと笑顔で笑っていてとても明るい方でした。初めて福島に来たと聞いたので福島の名物料理である円盤餃子を紹介しました。この女性は9月からお母さんの紹介で脳の病気の再発の為に当薬局の漢方薬を服用して今日、本人が来局してくれました。来年の夏に脳のCT検査をする予定なので、再発しない事を祈っています。

 

良くなった方も沢山いました。

例えば5月から腎臓の病気で腎臓を手術後に腎機能が低下している60代男性は漢方薬を服用前の5/8のクレアチニン3.05、EGFRは17から最新の11/7のクレアチニン2.66、EHFRは20にまで改善。

また6月から当薬局の漢方を服用している肥大性心筋症の50代女性は、心臓のドキドキ、息切れ、不整脈などの自覚症状が改善されただけではなく、半年ぶりの病院の心臓検査では心臓が正常の大きさになりました。また、耳鳴りや不眠、眩暈、夜尿の症状、夜の頻尿も改善され大変喜んでいました。

 

今日は精神的な患者さんも多かったです。

十何種類の眠剤や精神薬を服用している40代女性や、高校生の時からイライラ、不安感、不眠、だるい、朝起きれない等の30代女性など。

何回もブログに書いていますが、こういった精神的な症状や精神疾患と診断された方々は皆、優しい、まじめ、責任感が強い方が多いです。30代の女性の方は、仕事が大変好きでまじめ。「ストレスがない」と言われました。本人によると「同級生や友人たちは皆、結婚したり出産したりしているので自分は焦っているので精神的症状が悪化している」と言われました。

 

ここで、婚活をしている方に、とても効率的に時間を節約できる方法を紹介します!

昨日のNHKの番組に報道されていた、DNA婚活。遺伝子検査をしてHLA遺伝子が似ていない男女は相性が良いので成功率が高いそうです。

ぜひ、DNA婚活を利用して下さい!!

 

11ヶ月間の漢方服用で40代の本態性震顫の男性の手の震えが改善!

今日は精神疾患の患者さんが多かったです。

統合失調症の40代女性と30代男性、鬱病の60代男性と50代女性などなど。

 

難病の患者さんは脳腫瘍を手術した後に放射線治療をして、尿失禁の70代男性。膵臓を手術後、再発・転移予防の60代女性、脊髄小脳萎縮の50代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山います。

例えば6年前の平成24年10月からの服用で膵臓を手術後の60代女性は今でも再発・転移が一切ありません。

また平成25年6月から漢方薬を服用している統合失調症の30代男性は病院の薬を全て自分の判断で止めて、漢方治療一本に絞り、いまでは仕事に復帰。さらに最近では肥満も徐々に改善しています。例えば9月の体重92㎏から10月は89㎏。今日は持参した体重計で私の目の前で計ったら86㎏。ちなみに私も計ってみたら66㎏で9月より1㎏減っていて先週の下痢のせいだと思いました。

 

また、40代の本態性震顫の男性のお母さんが来局し、子供の時からチック症状があり小学生の時から両手の震え、平成29年10月に検査では高血圧、肝機能異常で食事や新聞を読むときやお酒を飲むとき、字を書くときは必ず両手が震え、当薬局の漢方を服用しているお母さんの強い勧めで昨年12/20から当薬局の漢方薬を服用開始しました。今年の5月から徐々に効果が表れ最初はチックが減り、両手の震えの幅が改善。今日のお母さんの話によると今は字を書くときに両手の震えがありますが、食事の時や新聞を読むとき、お酒を飲むときの手の震えは改善されました。また、先月の健診では血圧や肝機能も正常になりました。本人は大変喜んでいて、毎日仕事をしているそうです。

 

男性と女性の体質・体格・体調・様々な症状は当たり前に違うのは確かです。しかし、西洋医学では同じ病気だったら大人の男女の薬の量は体重や身長、年齢、既存の病気に関係なく同じ量の薬を処方されます。でもそれは、当然効果は違うはずです。

今朝のNHKの報道の通り、アメリカではやっと男女の薬の量や病気の治療法に見直しが始まりました。伴い、写真の通り今まで薬の臨床動物実験は、メスの妊娠・出産の影響を避ける為に、ほとんどがマウスの雄を使っていました。私からみると、小さいネズミは人間と大きさの違いがあり、さらに雄だけを使う事は科学的とは言えないと思います。そういった意味で、漢方医学では一人一人の性別、体質、身長、体重、年齢、性格、検査結果、家系の病気の影響、季節、症状などに合わせて時々、漢方薬の内容や量が調整されます。

それによって初めて、効果が高まり西洋医学より科学的と言えるでしょう。

 

 

40代のうつの女性が元気になって3年ぶりにお母さんと来局

まず、5日ぶりに無事に日本に帰って仙台空港から日本に入国できました(入国管理局の中年の男性はとても優しく、印象深かったです)。昨日、朝4時に起きてホテルから出発して7時半の飛行機で上海経由で帰国しました。とても時間がかかって不便だし、仙台から北京からなかなか他の便利なルートはありません。

 

今日の福島はとても忙しくて、さらに先週からのメールや電話相談が10件以上たまっていてただいま16時30分にやっと対応が終わりました。対応した患者さんは南の広島から北海道の小樽まで、中間は三重・東京・群馬・茨城・岩手など。患者さんについて、やはり肺の病気の患者さんが多いです。間質性肺炎・肺マック症・非結核性抗酸菌症・肺癌など。よくなった患者さんも沢山いますが、大変疲れたのでひとりの患者さんのことだけ書きます。平成14年にひどいうつ病と診断され5~6種類の薬を服用して、よくなったり悪くなったりを繰り返し、入院治療もしたことがある40代の女性は、平成24年に病院の薬をすべてやめて当薬局の漢方薬を服用開始しました。当時、難聴・不眠・うつ・生理不順などの症状もありましたが、当薬局の漢方薬を服用して1年くらいで改善され、その後は季節の変わり目だけ当薬局の漢方薬を服用しています。ご本人は忙しくていつもお母さんが時々来局していましたが、今日は3年ぶり(前回は平成27年の10月28日)にお母さんと元気に来局されました。ご本人はとても元気で笑顔で、お母さんの話によると料理や掃除・洗濯もできて家事はほとんどしてくれて、お母さんはしなくても良いそうでお母さんが褒めていました。ご本人もお母さんからも、もし病院の薬だけだったらこんなに元気になれなかったかもしれないと言われました。

 

11月1日に北京から天津の漢方の教授に会いに行った途中で、46歳で4月に自然妊娠した方から出血があり切迫流産の可能性があるという連絡があり、この教授に会って挨拶した後すぐに流産予防と出血止めの処方を教えて服用してもらいました。2日前から出血が止まったそうで、今日婦人科の検査で正常と言われてとても安心しました。もう少し出血止めの漢方を服用した方が良いと思います。これから無事の妊娠出産を祈ります。中国の北京の漢方病院の研修については明日書きます。とてもとても疲れました。また、重い荷物を1人で持ったので首が痛いです。ただいま17時最後の肺マック症の方の相談が終わりました。