内臓を強くする漢方で肝機能・喘息などが改善された方が多かった

まず、ご心配をおかけした目の内出血はどんどん良くなっています。スタッフから「こんなに早く良くるなんて、どんな漢方薬を服用したんですか?」と聞かれて、お血を改善して血流を良くする『田七人参』を1日2回飲んだと答えました。月曜日、福島に出勤したとき多分完全に内出血は無くなって、パンダの目から侯の目に戻っていると思います。

 

今日は暖かくて遠方の方は少ないですが、市内・県内・新患やフリーの方が多かったです。

病名からいうと網膜剥離の50代の男性、喘息の40代の男性、湿疹の30代の女性、慢性腎臓病の50代の女性、心筋梗塞・糖尿病・肝機能異常の50代の男性、アトピー性皮膚炎の40代の女性、肥大型心筋症の70代の女性、IgA腎症の40代の男性、不妊症の30代の女性、肝機能異常の70代の女性など。

一人の喘息の60代の女性は、20年前から喘息治療をずっと受けていて今は7種類の薬を服用していますが、だんだん症状が悪化して様々な副作用も出ています。もう一人のリウマチの50代の女性は、8年前から治療を受けていますが化学物質過敏症があり、副作用が強くて西洋の治療をやめて漢方薬を数年間服用しましたが効果が無く、当薬局に来局されました。

 

良くなった患者さんもたくさんいます。例えば慢性胃炎・逆流性食道炎の50代の男性は、昨年10月から胃腸・消化機能を高める漢方薬を服用して、ゲップ・胃のもたれ・胃酸の逆流の症状は著しく改善されました。

また、昨年5月から喘息で漢方薬を服用している40代の男性は、3カ月間漢方薬を服用して喘息の症状は7割改善され、今は季節の変わり目や風邪の時だけ漢方薬を服用しています。例えば、昨年8月29日に2週間分の漢方薬を服用、また昨年11月27日に2週間分を服用、今日また2週間分の漢方薬をお持ちになりました。

50代からずっと肝機能異常の70代の女性は、平成30年8月から漢方薬を服用して昨年2月の検査で肝機能は約20年ぶりに初めて改善されました。今日、ご本人がお持ちになった昨年12月の検査結果は肝機能が全て正常になって大変喜んでいます。

 

残念ですが、妊娠成功にはなりませんでしたが40代近い女性は、漢方薬を服用して子宮・卵巣機能と卵子の質が改善され、昨年とても良い質の卵子が採れたそうです。12月末に受精卵を移植して着床しましたが、育たなかったそうです。でも、間違いなく漢方の効果は現れていると思います。

ところで、コロナの感染者はどんどん増えています。緊急事態宣言をして一定の効果はあると思いますが、なかなか制圧できないと思います。なぜなら、例えば友人の○○大学の感染した一人の学生さんは、症状が出た後PCR検査を受けるまでなんと5日間待ったそうです。症状が出る前に実家や研究室にクラスターが発生している可能性は十分考えられます。彼のPCR結果が出て陽性と診断されるまでの間に、彼からの感染者、そのまた感染者が出て広がっている可能性は高いでしょう。朝、アメリカの時間に合わせてロサンゼルスとテネシーに住んでいる友人2人に電話したら、ロサンゼルスの2万5千人の人口の都市に住んでいる友人から感染者が1千人超えていると聞きました。またテネシーの友人の話では、彼の同じ大学の友人の60代の男性は、コロナに感染した看護師の奥さんから感染して昨日亡くなったそうで、今日は中国の友人たちが彼のためにオンライン葬儀をするそうです。15~6年前にテネシーに行ったとき、忘れてしまいましたがこの友人の友人と会ったかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

漢方薬を浣腸して91歳の重症肺炎の男性の熱が下がった

大雪の影響で仙台市外や県外の方は来局をキャンセルして漢方薬を送った方が多かったです。例えば横浜、東京、岩手と青森など。岩手と青森は仙台よりさらに雪が多くて、ちゃんと宅急便で届くように祈っています。

 

今日一番長く当薬局の漢方薬を服用している方は平成17年4月当時26歳の時から服用しています。この方は当薬局の漢方薬を服用して皮膚の症状が改善されて、今はご両親もご主人も当薬局の漢方薬を服用しています。一番高齢の方は91歳の男性で、昨年骨折してから寝たきりになりました。先週の金曜日に熱が出て肺炎になり、一切食べられず一滴の水も飲めなくなって、抗生物質を4種類を点滴しても熱が下がらなくて、6日間ずっと38度台の熱が続いて、お医者さんからこの2~3日は危ないと言われました。水曜日のブログにも書いた通り、奥さんから私になんとか助けてくださいと言われて、肛門から漢方薬を注入する方法を教えて一日3~4回を注入することを一生懸命やりました。只今奥さんから連絡があり、38度の熱が昨日から37度以下まで改善され、お医者さんからこのままだったら乗り越えられると言われたそうです。

 

その他に、今年の5月から漢方薬を服用している潰瘍性大腸炎の50代の女性は、先週の大腸検査で潰瘍炎症と出血は一切なくきれいと言われたそうです。また、平成24年から漢方薬を服用している膀胱がん2回手術後脳転移の当時60代の男性は、今月初めの脳のCT検査で正常で再発転移は一切ありません。もちろん、喜んでいます。

 

写真①の通り、例年のようにレストランでの忘年会が開催できなくて、19年間の懐仁堂仙台店の歴史の中で初めて弁当での忘年会を開催しました。有名な中華料理屋さんに注文したので、みんなから「おいしい!」「とても美味しい!」と言われましたが、私としては最後の写真②③の冬柿の方がさらに美味しかったです。この柿は、火曜日に山形の山道を散策した後、真っ白な雪山から発見して採りました。合わせて詩も作りました。

 

半白紅柿未化泥

有幸嘗之如酒酩

(意味は半分の雪が積もっている赤い柿は、熟しすぎてしだれてもまだ落ちていない、泥になっていない。幸い食べることができて、とても甘くておいしくて香りがあり、お酒を飲んで酔っ払っているようになった)

 

【写真①】

【写真②】

【写真③】

漢方で潰瘍性大腸炎の60代男性も血小板減少性紫斑病の20代男性も結果良好!

 福島での昨日の朝から降り続いている雪は、山形市内より多いです。
今朝、高速道路で事故による通行止めに遭い、福島店に着いたのは10時より40分遅れました。患者さん達を待たせてしまい申し訳なかったです。。

 患者さんについて、大変な方が多かったです。
7年前にがん手術後、転移した女性は、抗がん剤治療を受けていますが副作用が強くて友人の紹介で来局しました。やはり漢方薬の併用は一番の理想だと思います。
 14年前からご夫婦共に漢方薬を服用している今91才男性は、今月11日から熱が出て肺炎になり、今は抗生物質の点滴を受けていますが一切良くならず、食事と水もとれず危ない状態です。奥さんから「何か方法があるか助けてください」と言われ、漢方薬を肛門から注入する方法がるので、さっそく一日2回看護師とヘルパーが肛門から漢方薬を注入しています。90歳を超えると腸の吸収力も低く、できれば3~4回の注入が良いかな、と思います。主治医から「この2~3日が危ない」と言われたそうですが、免疫力・体力を高め、肺を強くし炎症を収める漢方薬の力で乗り越えられるよう祈ります。

 良くなった患者さんは沢山いましたが、簡単に書きます。
娘さんと奥さんも当薬局の漢方を服用している60代男性は、潰瘍性大腸炎で一日の下痢7回以上、毎回血便があり病院の薬と市販の漢方薬も効果がなく、4/27から当薬局の漢方煎じ薬を服用して3カ月後の7月には下痢が3~4回にまで改善、11/27の一年ぶりの大腸検査では大腸の上部の潰瘍はなくなり、キレイになっていたそうです。大腸の下部も潰瘍はなくなり、少しの充血があるだけ、と良い結果がでました。今の便は一日1~3回で軟便の時もありますが下痢は一切なく喜んでいます。あと半年位でたぶん、全ての炎症が改善されると思います。
 もう一人の難病の特発性血小板減少性紫斑病の20代男性は、漢方薬を服用する前は血小板はずっと2~3万でした(1万以下の時もあり、時々入院輸血しました)。中学生の時から当薬局の漢方を服用して、最初の血小板の数値はなかなか上がりませんでしたが、高校生の時から徐々に血小板が10万以上になり、今は正常値前後で安定しています。例えば最新の12月15日の血液検査で血小板は12.8万です。

 夕方も雪が降り続いているので、帰りの道路状況が心配ですが、スタッフは自転車で来ていました。。。前後に子供を乗せて総体重100Kg位になりながら帰るので(本人は「昭和だ」と笑っています)、踏ん張る足を鍛えるため、時々筋トレしながら仕事をしています。。。歯磨きしながらもスクワットみたいな事をしています。実は筋トレの道具も裏部屋に隠してあります。。パンにつけるジャムは常にピーナッツです(筋肉に良いらしい)。

一年間の漢方で肝臓の難病の20代女性の肝機能が全て正常に改善!

 今日は全国から難病の方の相談が多かったです。
 愛知3名、神奈川3名、千葉1名などなど。
 病名から言うと多発性骨髄腫の50代男性、潰瘍性大腸炎の50代男性、網膜性色素変性症の50代男性、間質性肺炎の50代男性、非結核性抗酸菌症の60代女性、自己免疫性肝炎の20代女性などなど。

 良くなった患者さんの一人は、自己免疫性肝炎の20代女性です。
この女性は、お母さんも同じ病気で当薬局の漢方薬を服用して肝機能が良くなり、お母さんの勧めで昨年12/16から肝臓を強くする漢方を服用開始しました。いつから肝機能が異常になったのかは分からないですが、3年前に就職の時、検診で肝機能異常と言われ、2018年10月に肝生検をして自己免疫性肝炎と診断され、その後ずっと肝機能が異常で、まだ肝生検の痛みが残っていて不安があります。今日最新の12/8の検査で肝機能の数値は全て正常になりました。例えば漢方服用前の2019年9月4日の検査でガンマGT126、LAP94でしたが、今回の検査ではガンマGT43(正常値は0~79)、LAP23(正常値は5~45)になり、大変喜んで安心して正月を迎えることが出来ます。私も嬉しいです!

 ところで、毎年の今年の漢字が選ばれました。
今年は『密』だそうで、字の上手かはテレビで見てください。私から見ると、密のせいか…墨汁がダラダラと流れ過ぎて密に見えます。

1年3ヶ月の漢方薬で潰瘍性大腸炎の40代の男性の症状は全部改善

 今日は全国からの相談の方が多く、南は鹿児島の4歳のお子さんや北は青森の80代の女性など3人いました。病名についてはアトピー性皮膚炎、喘息、多発性骨髄腫、乳癌転移、尋常性乾癬、摂食障害、剥離性口唇炎、潰瘍性大腸炎、緑内障、甲状腺機能亢進症、腰痛、網膜色素変性症などでした。
 久しぶりの方が多く、例えば、平成27年に病院の検査は正常で、鎮痛剤を飲んでも良くならなかった50代の女性は当薬局の漢方薬で腰痛が改善され、今日また約6年ぶりに来局されました。一度退職されたそうですが、○○病院で仕事をしていて1日100人の採血をしているそうです。毎日、首、腕が痛く、今日から当薬局の漢方薬を服用することにしました。本人に伺ったところ6年、歳を取っても腰痛はないそうです。
 昨年8月から漢方薬を服用している潰瘍性大腸炎の40代の男性は、症状と検査結果は全部正常です。漢方薬を服用する前は3年間病院の治療を受けて、5種類の薬を服用してもなかなか下痢、血便は良くならなく、2回入院と治療を受けたことがあります。毎日昼、夜に10回以上の下痢、腹痛、時々血便がありましたが、漢方薬を服用したところ徐々に改善され、今年の2月に昼は3,4回、夜は4,5回まで下痢の回数は改善され、毎日の腹痛も食事の後だけに改善されました。血便もほとんど無くなりました。今年の8月22日の本人の話によると昼の排便は2,3回、夜0回まで改善されました。11月の大腸検査、血液検査で貧血は改善され、体重は60キロ(漢方薬を服用する前は55キロで瘦せすぎ)まで増え、大腸の検査結果でも炎症は一切ないといわれたそうです。もちろん、下痢、腹痛、血便の症状も一切ありません。今日からは漢方薬を3分の2に減量して服用することにしました。

約一年間の漢方で38才女性は妊娠成功!!

 今日は昨日より全国からの相談の方が多かったです。
 例えば広島の40代男性、愛知県の50代女性と20代の男性親子、栃木県の20代の男性と10代の弟さんなど。
病名から言うと、難病をはじめ色々です。
非結核性抗酸菌症、自己免疫性肝炎、うつ病、統合失調症、過敏性腸症候群、慢性膵炎、緑内障、胃がん手術後、高血圧、肝機能異常、等々です。

 やはり家族の方も多かったです。
 80代女性と60代の息子さんご夫婦(最初は平成17年に息子さんが難聴やメニエール、腎臓病、胃がん等で服用を開始、平成20年3月には奥さんが白内障、緑内障などで漢方を服用開始し、平成25年からはお母さんが元気になる為の漢方を服用開始し今でも89才元気)、お母さんと息子さん2人(最初は令和元年8月に20代の長男の統合失調症の疑いの段階からの服用を開始し、他の精神疾患の症状を改善させ見事に仕事復帰、先月10月からは弟さんが皮膚疾患で両手の指や湿疹など痛くて治らない状態だったのが約一ヶ月間の漢方服用で「7割良くなった」とお母さんから言われ、今日からそのお母さんが肺疾患で漢方服用を開始します)、お母さんと娘さん2人、お父さんお母さんと息子さん娘さんの一家四人など。

 実はこの一家四人の中の38歳の娘さんが、平成26年の時に冷え性、生理痛、肩こり、帯状疱疹などで半年くらい漢方を服用したことがあり、その後結婚しなかなか妊娠できず、婦人科検査したら黄体ホルモンの低下、子宮ポリープを診断され昨年11月から婦人科の病気や症状を改善させ妊娠しやすい漢方に変えて、今年9月に妊娠成功。すぐに流産とつわり予防の漢方に切り替え、来週には妊娠5ヶ月の安定期に入ります。当然、漢方薬も継続しています。そうすると、この家系は実は5人の漢方服用になります。本人だけではなくご両親も大変喜び「漢方のおかげです。大変感謝します」と言われました。
 無事な妊娠と出産を祈ります!

漢方で潰瘍性大腸炎の30代の女性は無事に出産

今日の山形は暖かい。相変わらず全国から難病の相談が多かった。突発性血小板減少性紫斑病の10代の女の子、骨髄異形成症候群の50代の男性、潰瘍性大腸炎の30代と40代の女性など。

 

実は30代と40代の潰瘍性大腸炎の女性は共に当店の漢方を服用し下痢・腹痛・血便が改善。その後妊娠しやすい漢方で共に自然妊娠成功、出産しました。

 

例えばH30年10月から血便・下痢・腹痛の潰瘍性大腸炎の30代女性は、1ヶ月後から血便が減り、昨年1月に毎日の血便から月に2~3回の血便に改善。昨年11月に全ての症状が9割改善され妊娠しやすい漢方に変え、今年1月に自然妊娠成功。その後、流産とつわり予防の漢方を服用し今年8月末元気な4000gの男の子を出産。今日本人の話によると潰瘍性大腸炎の症状は一切ないそうです。再発予防と育児の疲れ・ストレスを軽減する漢方を服用していります。

肺を強める漢方で間質性肺炎の50代男性の肺活量が高まった!

今日の患者さんの事はまず全国からの相談の方は多かったです。

神奈川県の50代のご夫婦、千葉の50代の男性、静岡県の40代の女性などなど。

 

漢方で検査結果や自覚症状を改善された方も多かったです。

例えば今年1月からご主人は薬局の漢方を服用して骨髄の病気を良くなり、今年5月から潰瘍性大腸炎の50代の奥さんも漢方薬を服用開始。以前のブログにも書きましたが1ヶ月の漢方で効果が表れ、下痢、腹痛、血便が良くなり、今日本人から連絡があり、11月14日の病院の大腸検査で「寛解状態」と診断されたそうです(私から完治に近いと思いますが病院の医師は潰瘍性大腸炎は難病で完治できないハズと考えています)。

またお父さんもお兄さん一人(二人は60代で亡くなった)とお姉さん二人も胃がんの60代女性は、“胃のポリープを二回手術して癌になるリスクが高い”との事で平成25年10月から漢方を服用開始し、丸7年間服用しています。今年9月のカメラ検査でもポリープの再発はなく当然、癌もありません。本人はとても喜んでいます。

今年2月から肺を強くする漢方を服用している間質性肺炎の50代男性から喜びの連絡があり、「10月末の病院の検査で肺活量が今年の春の検査より2%増えた」と言われました。皆さんからはたぶん「わずか2%しか増えていない」と思うと思いますが、実はこの男性は今年1月から症状が悪化し、1/24の肺のCT検査で間質性肺炎が進行して「肺の1/3は影」と言われていました。今年の3/9、4/15、6/15、8/5にたぶんブログに書いていますが、3月から息切れや息苦しい、動悸などの症状が改善され、特に4/15には「30段の階段を登れるようになった」と言われ、7/31の半年ぶりのCT検査で肺は進行していませんでした。この厳しい冬、更に一年間の加齢で肺活量が2%増えるのは大変難し事を考えると、大変良い事でしょう。この方は肺に厳しい冬を超えて来年の春は2%ではなく10%、20%の肺活量が増えることは不可能ではありません。まだ50代なので自分の生命力も強いでしょう。

 

ところで、患者さんのことも私の事も変なことがいっぱいです。

一人の山の中に住んでいる70代女性の話によると、先週一週間で6回、家の裏の柿の木を食べに来たそうです。いつもは渋柿なのに今年は甘いとの事。

もう一人の当薬局の漢方薬を7年間服用している70代女性の友人は、胆管癌で今朝から20時間の手術を受けているそうです。なぜこんなに詳しいのかを聞いたら、先週友人と一緒に入院手続きを手伝いに行って一緒に主治医から手術について説明を受けたそうです。友人は自分の7年間漢方を服用していることを分かっているので「退院したらすぐに漢方薬を服用する」と言われました。私から見ると、退院後ではなく、手術後の食事制限が解除と同時に漢方服用が一番のタイミングが良いと思います。

私の変なことは二つです。

今朝6時、そろそろ目を覚ます時、右鼻の奥がすごく苦しく鼻づまりもありました。何故かを考えたら、昨夜の夢の中で一生懸命に指で鼻をほじったのを鮮明に覚えています。まさか寝ている間に…掘りすぎかなぁと思います。でも本当かどうかは分かりませんが、他に一切の原因は分かりません。もしかしたら、人生で初めて耳鼻科に行こうかと思いましたが、幸い朝食後には自然に良くなりました。もちろん、もし良くならなければ第一には当薬局の漢方薬を服用して治します。

もう一つは、変なことではないですが、たぶん誰も考えていない事でしょう。今日は薬局のトイレを使った後、直ぐ水を流すのではなく、タンクの蓋のズレを直したところ、トイレの水がピンクになりました。もちろん私の血尿ではなくピンクのトイレットペーパーの色が解けた様です(一瞬ドキッとしました)。下水道の浄化を考えると、やはりトイレの紙は色のない白が良いかな、と思います。エコの為にこれから私がトイレットペーパー買う時はできるだけ白にしようと考えています。

漢方で潰瘍性大腸炎の男性も、腎機能異常の男性も症状が改善。検査結果もよくなった

今日は全国的に大変良い天気で晴れて暖かいです。良い天気のおかげで、遠方からわざわざ来局の方が多かったです。朝イチで遠い青森から、当薬局の漢方薬を服用している友人の紹介で30代の不妊症の女性とお母さんが来局。また、午後は岩手から50代のご夫婦も来局されました。ご存じの通り、全国的に新型コロナの感染は第3波といわれ感染者が急増しています。ずっと感染者がゼロだった岩手県も感染者が急に増えています。しかも、医療従事者に感染者が多いそうで、なぜか聞いたら「飲み会」とジェスチャーで言われました。やはり、寒くなって乾燥して北国の岩手だけではなく、北海道も感染者が増えています。でも、マスクをつけて外出を控えて手を洗って・・・などの対策で今年のインフルエンザの感染者は減るはずと考えられます。

 

他の患者さんのことについて、みなさんよくなっています。40代の潰瘍性大腸炎の男性は、当薬局の漢方薬を服用してよくなった親戚の紹介で令和元年8月から漢方薬を服用して、下痢・腹痛・血便などの症状はすべて改善されて、大腸検査でも正常です。今は漢方薬を減量して服用しています。

また、腎機能異常で平成27年9月から漢方薬を服用している60代の男性も、最新の検査でクレアチニンは1.2で数値はずっと安定しています。

 

最後の患者さんの一人は、十数年前に5カ月間の漢方薬を服用して目の疲れ・不眠・手足のこわばりなど様々な症状が改善され、今日は大腸がんを手術した後転移して3年間ずっと抗がん剤治療を受けてもなかなか良くならない70代の友人女性を連れて来局されました。ちなみに、この女性は今10種類以上の薬を服用しています。

 

漢方で44歳の不妊症の女性が元気な男の子を出産!3400g!

漢方で44歳の不妊症の女性が元気な男の子を出産!3400g!

 

今日は印象深い患者さんのことが多かったです。

①一番多く病院の薬を服用している方は80代の男性で血液内科の薬は8種類、整形外科の薬は3種類、泌尿器科の薬は4種類、眼科の薬は2種類、合計17種類です。

血液検査で肝機能・腎機能も異常です。

②潰瘍性大腸炎の60代の男性は平成27年6月から漢方薬を服用。1年後、平成28年8月の検査で腸の炎症は無くなり、血便、下痢の症状も改善され、病院の薬を止めました。その半年後、漢方薬も卒業しました。

今日は3年半ぶりに来局。潰瘍性大腸炎の症状は一切ありません。病院の検査で再発もなく、大変喜んでいます。2ヶ月前から、両手脚に湿疹、痒みがあり、皮膚科の塗り薬で良くならなくて、また、当薬局の漢方薬を服用することにしました。

③9月11日から漢方薬を服用している逆流性食道炎、イライラ、不安、動悸、不眠などの症状がある50代の女性は、2ヶ月間、漢方薬を服用して、逆流性食道炎はまだ改善されていませんが、イライラ、不安、のぼせ、火照り、不眠、動悸、不整脈、腰痛、脚の痛み、脚のつりが改善されました。

今日、漢方薬を変えたので、これから逆流性食道炎も改善されるはずです。

④一番嬉しい患者さんのことですが、平成30年5月から漢方薬を服用して耳鳴り、冷え性、生理痛が改善された当時41歳の女性は、漢方薬を服用して今年2月に自然妊娠に成功しました。すぐに、流産予防の漢方薬を服用して妊娠中、ずっと順調で10月26日に44歳で元気な3400gの男の子が生まれました。

今、便秘、痛みがあり、また、漢方薬で改善したいとのことです。妊娠中もずっと漢方薬を服用している効果か、母乳がとても多いそうです。大変嬉しく、お子さんがスクスクと成長することを祈りします。

 

腎機能異常の60代の男性も漢方薬で改善し、9月にクレアチニン数値が3.20から10月18日に3.01まで改善されました。