四年半の漢方服用で40代女性の進行がん後の転移・再発はない!

今日の福島は寒いです。始めて暖房を入れました。暖房をつけるだけではなく、明日から服装もあつい服にしようと思います。

 

患者さんについて、当薬局の漢方を服用して家族や親せきが良くなって2~3人増え…等の方が多いです。例えばお母さん、妹さんが漢方を先に飲んで良くなった女性は今年3月から3歳の皮膚・咳、鼻、風邪ひきやすい息子さんが服用開始し、今日からは会社での婦人科がん検診の異常で不安になり、お母さんに言ったら「早く懐仁堂の漢方を」と言われた30代のこの女性も服用することにしました。

もう一つの家族は、昨年4月から20代の息子さんが服用、その後50代のお母さん、その後は長女、その後二女が服用し、80代のお母さんは「お孫さんの漢方を服用したら美味しいだけではなく、とても元気になった」ということで、自分専用のリウマチの漢方も服用開始しました。今日は1歳10ヶ月の皮膚、鼻アレルギー、風邪ひきやすい、咳長い自分のお孫さんも漢方を服用開始するので、なんと一家4世代の6人が漢方を服用してくれています。

 

良くなった患者さんの一人は、平成28年4月に大腸がんステージ3リンパ転移で手術後に抗がん剤治療を受けていましたが副作用が強く、肝機能や腎機能が異常、貧血など様々な副作用があり、平成28年5月から漢方服用(併用)している40代女性です。

肝機能や腎機能が良くなって抗がん剤の副作用も軽くなり、抗がん剤治療が終わった後もガン再発予防の漢方服用で平成30年1月のCT検査で再発・転移がありませんでした。その後は半年毎のCT検査も異常なく漢方薬を減量しCT検査も一年に一度になり、先週の一年ぶりの検査で再発・転移は一切ありませんでした。本人もとても喜んでいます。

ご存じの通りこの女性は進行がん・転移もあり、40代だし再発・転移は絶対にしやすいと考えられます。でも、この結果をみてやはり、癌手術後に再発・転移予防の漢方服用は一番理想的だったと思います。

今日は私の友人が福島店に来局すると、スタッフがピッタリとくっついて写真を撮っていました。素晴らしい思い出が出来た様で、今まで見たこともないほど終始ニコニコ笑顔でした。

漢方で妊娠した30代女性が元気な子を出産っ!

今日の福島はとても良い天気です。晴れて、暑くもない、寒くもない。

 

患者さんについて、久しぶりの方や遠い方(京都・新潟・千葉など)が多かったです。

一番印象深い事は、子供の事です。

IgA腎症の男児のお母さんから電話があり、数年前にIgA腎症と診断され病院の治療を拒否して当薬局の腎臓強化の漢方を服用開始しました。今日のお母さんによると一年以上、尿検査では尿蛋白がマイナスで病院からは「今後、通院検査をしなくてもよい」と言われたそうです。早産の三歳の弟さんのことを新たに相談されました。

また、今年三月から喘息、風邪ひきやすい、アレルギー性鼻炎、ゲリの3歳の男児は、漢方薬を服用し(おばあちゃんをはじめ、家族の中で他に三人が漢方服用しています)、6月まで漢方を続けて服用し全ての症状が改善されましたが、今は寒くなってきて、咳や鼻の症状が出てきたので、また服用再開しました(8月に誕生日で今は4歳になりました)。

 

一番嬉しい事は、昨年6月から婦人科の病気もあり不妊治療を繰り返し失敗した30代女性は漢方服用で、婦人科の内膜症、チョコレート濃腫など婦人科の病気が改善。昨年末に妊娠成功し、昨日の夕方に連絡があり10/6の0:34に元気な2639gの元気な女児を出産しました(可愛い可愛い写真も来ました)。逆子で帝王切開でしたが、産まれる直前まで漢方薬を服用していて、切開の痛みはありますが、元気で母乳もいっぱい出ているそうです。たぶん、今年の8月のブログに書いたと思いますが(逆子を漢方薬で治す処方でした)、効果なくとても残念で治りませんでした。。

また、以前のブログにも書いていますが、漢方服用している方で産まれた子は皆大きく3000g前後でしたが、この女性の子供は少し小さかった事が、もう一つの残念なことです。でも、東海地方で不妊治療を繰り返し失敗し、婦人科の病気もあり、昨年春に仙台に転勤して当薬局の漢方と出会いがあり元気な子供が産まれるという事は、間違いなく本人とご家族は大変喜んでいるでしょう。出産前、本人に「名前をつけるときは、ぜひ仙台で産まれた事を記念して名前をつけて下さい」と冗談交じりで言いましたが、何の名前にしたでしょう。。興味深いです。いずれにせよ、スクスクと元気に育つことを心から祈り祝います!

 

ところで、写真の通り今日は仙台から、いつもと違う持参食事を持ってきました(皿ごと持ってくるので弁当とは言えません)。お皿には多種類の野菜、キノコ、肉の菜炒め、かぼちゃの他に山形産の枝豆、落花生、栗、宮城産の芋の他に月曜日に福島で採った小さい姫リンゴ(本当の名前は分かりませんが、私の試食でリンゴと同じ味だったので勝手に決めました)、昨日、山形で無料で収穫したザクロ、棗、サンザシ等もいっぱい食べました(実は誰も食べない物は野生の生ゴミになり多い!)。改めて写真を見ると…ゴミに見えますが、、、れっきとした私のランチのデザートです!

食べながら考えました…中国には甘いザクロが多いのに日本では酸っぱいザクロばかり。中国のサンザシは全て酸っぱいのに、日本のサンザシは全然酸っぱくありません。なぜ逆かな??

 

漢方で再生不良性貧血の60代女性の血小板が正常値に!

今日の仙台は涼しさを越して寒いくらいです。

 

今日の患者さんについて、癌や難病の方が多かったです。

例えば今年4月から漢方を服用している乳がん手術後の抗がん剤治療を受けている30代女性、今年9月から漢方を服用している肺がん手術後の40代女性、今年9月から漢方を服用している間質性肺炎の60代男性、平成30年6月から服用している多発性骨髄腫の抗がん剤治療中の60代男性などなど。

癌の治療を受けながら漢方薬を服用している方の殆どは皆、検査結果が良くなったり、抗がん剤の副作用が良くなったり無かったり、全身の症状が軽くなったり、癌が小さくなったり、癌の再発・転移がなかったり等、漢方治療に満足しています。

 

一番嬉しかったのは、再生不良性貧血の60代女性についてです。

病院の治療をしていても白血球・赤血球・血小板・ヘモグロビンがどんどん下がっていったので病院での治療を拒否して漢方治療を選んでくれました。その後は順調に白血球や赤血球が上がったのですが、血小板とヘモグロビンはなかなか上がりにくく、特に血小板は漢方服用前2~3万でしたが、昨年5月まで4万台でした。しかし、本人と私は諦めずに続けると、去年8月に血小板が徐々に上がりが早くなり、去年8/8は9.5万、11/7は9.7万、今年2/6は10万を超えて12万、7/9は13万、そして昨日10/8は正常値を超えて15.2万になりました。

本人は大変喜んで「漢方を選んで良かった。副作用は一切なかった」と笑顔でした。その他に白血球と赤血球は正常値になって、ヘモグロビンも9.6にまで改善されているので、これからは血小板とヘモグロビンが更に増えることに期待しています。

 

ところで、大変毎日が忙しくて…今日は母の誕生日だと思って弟に電話をしたら「だいぶ過ぎて21日だった。誕生日の食事会は無事に終わっている」と言われました。。幸い、弟に怒られなくて良かったですが、明日は必ず母に祝いと忘れたお詫びの電話をする予定です。

もちろん、母も怒らないハズでしょう!

漢方でアトピーの1歳10ヶ月の子どもと20代女性が著しく改善

今日は雨ではなく曇りですが、沢山の予約の患者さんとフリーの方が来局。フリーの70代ご夫婦は、予約なく突然遠方から来ました。6年前に共に一時的に漢方薬を服用しましたが中断して、奥さんは癌になり、ご主人は腎機能が悪化しました。

今日も難病と癌の患者さんが多いです。非結核性抗酸菌症の70代女性、IgA腎症の女性、膀胱癌を2回手術し再発の70代男性、乳癌で抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用している50代女性、乳癌を手術後に抗がん剤治療を受けている50代女性など。

皆、検査結果や症状が改善されています。例えば、平成24年から漢方薬を服用している膀胱癌を2回手術後に転移した60代男性は、今は再発・転移は一切ありません。平成24年から漢方薬を服用している乳癌を温存手術後に抗がん剤・放射線治療を受けている当時40代女性も、ずっと漢方薬を継続していて再発・転移はありません。

 

実家が仙台の20代のアトピー性皮膚炎の女性は、突然お母さんと来局。話によると1歳のころからアトピーで皮膚科の治療を受けたり漢方薬も服用しましたが、就職後に悪化。今は顔・首・腕がとても酷い状態です。若い女性なのでとても気にしてストレスになり、悪循環の状態です。なんとか当薬局の漢方で、綺麗な皮膚になることを祈ります。その時は、本人の許可をもらって写真をブログに載せたいと考えています。

1歳10ヶ月の男の子とお母さんが来局。お母さんは、酷いアトピーで平成25年から当薬局の漢方薬を服用してとてもよくなり、また漢方薬を服用して妊娠成功。平成30年11月に元気な男の子が生まれましたが、昨年7月に7ヶ月の時に酷いアトピーで当薬局の漢方薬を服用。お母さんのお腹に居る時、お母さんの飲んでいる漢方薬に慣れたか、苦い漢方薬も全然平気で早く皮膚がよくなりました。昨年10月に漢方薬を止めても今日の全身の皮膚を見たら、再発も一切無く夏もかゆみも一切ありませんでした。でもお母さんは、夏に転職して片道通勤だけで2時間かかるそうで、とても疲れてストレスがあり、皮膚が悪化。また漢方薬を服用します。

もう一人のアトピー性皮膚炎の20代女性は、6月から漢方薬を服用して、漢方薬を服用前の顔と首の赤みとかゆみは取れました。今日本人の顔をマスクを取って見せてもらいましたが、80%以上赤みと湿疹は改善されていて本人もとても喜んでいます。

 

ところで、9月5日の朝一の人間ドックの結果が届きました。ドキドキしながら開封してみたら、身長は175.4㎝。平成26年6月の175.8㎝より0.4㎝縮んでいます・・・(なんと6年ぶりの健診。)視力は、右0.3、左0.6(6年前は0.2と0.4。よくなったワケではなく、一時的に良いだけです。)これ以上は個人情報なので詳しく書きませんが、まず大きい病気や異常はないので皆さまご安心下さい。

腎機能を強くする漢方で60代男性の腎機能が二年前より改善!

今日の福島はとても涼しかったです。秋を感じています。

連休は皆さん旅行などユックリ休めましたか?私は出かけましたが、場所は非公開とします。でも絶対に東京には行っていません!

 

今日の患者さんについて、やはりご家族や良くなった方が多かったです。

例えば60代ご夫婦と80代のお母さん、60代女性と30代娘さん(今年1月からの漢方服用で8月に自然妊娠成功し、今も順調です)、60代女性と10代のお孫さん、70代と80代の姉妹などなど。

良くなった患者さんの一人は、病院の治療を受けながら薬を服用していましたが腎機能が徐々に悪化し平成32年5月から腎臓を強くする漢方を服用開始し、いま良くなっています。例えば漢方服用前の平成30年5月8日の検査でクレアチニンは3.05でしたが、最新の今月9月2日の検査でクレアチニンは2.50でした。以前は病院の治療と薬を服用していても腎機能は悪化していましたが、今では2歳加齢になっても腎機能は良くなっています。

実はこの男性のご両親、兄、妹、親族の中で腎臓に関するガンや膿腫などの腎臓病が7人います。その中には50代で亡くなった方もいるし、現在透析をしている方もいます。本人はいつも大変心配していますが「漢方を継続して服用していれば透析をする心配はないです」と伝えました。

 

その他に肝機能が良くなった方や血小板が増えた方もいましたが、残念な方もいました。

心臓の難病である肥大性心筋症の60代のお母さんが服用し完全に心臓が良くなっていましたが、その娘さん50代が8月26日から両足の浮腫みや尿が出ない等で漢方を服用開始しました。しかし今日まで効果・変化がなく、両足を診たらパンパンに浮腫んでいたので「病院で検査をした方が良いです」と言ったら「仕事が忙しくて行けないし、行き始めると通院やら薬の服用が嫌だ」等の理由で「行けない」と言われました。今日は漢方薬を追加増量したので一日でも早く、少しでも良くなることを祈ります!

1週間の漢方薬で糖尿病Ⅰ型の女の子の血糖値が下がった

昨日のブログに書いた、8月25日に漢方で妊娠成功した30代女性について、出産した元気な男の子が4000gを超えたことは、大き過ぎてあまりよくないかなと思っています。10月17日出産予定の女性の赤ちゃんは、今の体重はどの位かな?出産の時に何千gになるかとても気にしています。もし、今日のブログを見ていたら、是非3500g以内でコントロールして下さい(スタッフからは「難しいでしょう!」と言われました・・・)。

患者さんのことについて、全国のさまざまな病気の方が多いです。青森の80代女性と娘さんとお孫さん、青森の肺の難病の60代女性、茨木の40代女性とお母さん、千葉の30代女性と8歳の女の子、神奈川の60代男性、東京の60代女性、三重の肺の難病の40代女性など。

よくなった患者さんも沢山居ます。千葉の糖尿病Ⅰ型と診断された8歳の女の子のお父さんから連絡があり、1週間前から漢方薬を服用していますが、もう効果が出て、毎日の血糖値検査で血糖値が下がり正常値近くなっています。お父さんは、漢方効果にとても驚いています。ちなみに、8月に診断された時、主治医からすぐインスリン注射の治療を受けて下さいと言われたそうです。漢方治療を選んだことは正しいと思います。

また、9月5日から漢方薬を服用している高校生の女の子は、イライラ・不安・不眠・頭痛・めまい・瞼の痙攣・喉つまる・舌が痛くしびれ・手足しびれ・足つる・息切れ・動悸・圧迫感・不整脈・息苦しい等の沢山の症状がありましたが、今日の本人とお母さんの話によると、落ち着いてイライラも不眠・頭痛・めまい・手足のしびれ・動悸・息切れ等の症状が改善され、来週から勉強に復帰する予定です。

 

今日のブログは終わりにします。最近、日本の政治のことをあまりブログに書いていませんが、菅さんは99代首相に就任おめでとうございます!日本国民のために頑張って欲しいです。できれば、日中関係が更に良くなることを期待しています。

朝にネットニュースを見たら、何か安倍元首相の潰瘍性大腸炎の悪化は嘘みたい!?根拠は、とても元気、ネットニュースの写真の通り、頻繁に会食・ワインを飲む・・・・私から見ると、頻繁の外食や肉食は、潰瘍性大腸炎をはじめ腸の病気にはよくありません。くれぐれも注意した方が良いでしょう。

 

 

漢方で30代女性は4000g超えの元気な男の子を出産

昨日、一身上の都合で丸一日行方不明になって深夜11時無事に帰宅。したがって昨日ブログ0。

今日の患者さんについて。嬉しいことはいっぱい。まず、鹿児島の5歳の女の子・横浜の50代女性・東京の40代の女性など、みんな症状改善され検査結果が良くなっています。

例えば、腎臓難病IgA腎症の40代女性は6月18日の検査でクレアチニン2.83でしたが漢方服用で7月30日の検査結果は2.38まで改善、その後に更に改善されて9月10日の検査結果は2.26でした。

一番嬉しいことは、平成30年10月から漢方を服用している潰瘍性大腸炎と不妊の30代女性は下痢・腹痛・血便は全部改善され、大腸の検査でも正常になっただけでなく、今年1月に自然妊娠成功。8月25日になんと4080gの元気な男の子が産まれました。本人とご家族大変喜んでいます。今後も漢方を続けて腸の病気の再発予防と第二子妊娠の為に今後も漢方を続ける予定です。

以前のブログにも書きましたが、漢方を服用して妊娠した方の子どもの出産体重はみんな大きい。3000g前後の方が多いですが、この方の子どもさんは大きすぎかな、と思います。本人は大笑い。

肺を強くする漢方で間質性肺炎、肺気腫、非結核性抗酸菌症の方々の症状が皆さん改善!

今日の福島は午後から時々雨が降ってきて涼しく、やっと福島の夏の終わりを感じました。

患者さんについて短く書きます。

今日、印象深いのは、やはり家族ぐるみの服用が多かったです。

ご両親や伯父さんも服用している4歳男児、一ヶ月間の漢方服用で全身の症状が軽くなり元気になった40代娘さんと70代のお父さん、自己免疫性肝炎の母娘さんと姉妹の女性、皮膚湿疹のお母さんと自閉症の息子さん等々。

良くなった患者さんも多かったです。

80代でも腎機能が改善した男性、肝機能も良くなった20代女性、肺を強くする漢方で肺気腫が改善している70代男性、80代の間質性肺炎の男性も非結核性抗酸菌症の60代女性も自覚症状が皆さん改善しています。

例えば、数十年前からの肺気腫で病院で治療をしていましたが症状が徐々に悪化し、ほとんど歩けなかった80代男性は、今年2/17から当薬局の漢方を服用開始しました。奥さんによると、今では効果が確実に表れ咳や痰、息切れが軽くなって歩けるようになったそうです。

ところで8年前に浜通りから福島市に避難で移り住んでいた男性は現在88才になり、間質性肺炎の症状が検査結果も症状も改善していましたが、今年4月に喜びの浜通りでの自宅に引っ越すと、今はとても寂しく、体調はイマイチだそうです。原因はせっかく帰ってきたのに自宅の周りには買い物をする店も少なく、買いたい物が買えない、また、昔の知人がいなく、少し遠くに同級生が住んでいますがお互い高齢の為になかなか会えないそうです。それらのストレスが肺にも影響しているようで、とても残念です。これからは一生懸命に漢方を服用して肺をはじめ心も元気になることを祈ります。

漢方で再生不良性貧血の60代男性の検査結果は正常

昨夜は雨が降って、今日は涼しくなり過ごしやすかったです。患者さんのことについて、新患の方、癌の方が多いです。乳がんを温存手術後に抗がん剤・放射線治療を受けている50代女性、肺がんを手術後に息切れ・息苦しい・咳・痰の50代女性、子宮体がんを手術後に卵巣と肺転移の50代女性、前立腺がんを手術後に骨・肺転移の80代男性など。

新患の他に、子宮体がんで卵巣・肺転移の50代女性は、平成26年から体力・免疫力を高めて癌を抑制し転移予防の漢方薬を6年間服用しています。今は、半年に1回の検査で癌は一切ありません。新たな再発・転移もなく喜んでいます。

もう一人の60代男性は、平成24年に再生不良性貧血と診断され、輸血や多量の薬を服用してもよくならず、肝機能・腎機能も異常になり定期的に輸血を受けなければなりませんでした。平成26年2月、当時50代で腎臓・肝臓を強めて血流をよくする漢方薬を服用し、だんだん検査結果がよくなり、3年前から検査結果はほぼ正常値になりました。漢方薬服用前の2月5日検査では、白血球3000、赤血球254万、ヘモグロビン9.5、血小板3.5万でしたが、最新の8月24日検査で、白血球4900(正常値は3900~9800)、赤血球425万(正常値は427~570万。今回の検査結果は正常値より少し少ないです。本人の話によると、最近は運動し過ぎが原因かなと言われました。)ヘモグロビン14.7(正常値13.5~17.6)、血小板16万(正常値は13~34.6万)。もちろん、肝機能・腎機能も全部正常値です。何度もブログに書いていますが、本人はとても喜んでいて漢方効果に満足し、病気で悩んでいる親戚や友人を沢山紹介頂いています。やはり皆、検査結果や症状が改善されています。

 

昨日、テレビの東北6県関係の番組を観ました。やはり、山形の方だけ「ひょう」(スベリヒユ・山菜)を食べる習慣があるそうです。今日来局の一人の方に、「ひょうにはネバネバ成分があり、食べると便秘が改善されますよ。」と話をしたら、ひょうを見たことがない、写真を見せても乾燥した漢方薬(馬歯見・ばしけん)を見せても「分からない」と言われたので、やむを得ず薬局から離れて、昨年ひょうが採れた薬局近くの道路脇の花壇に、生きているひょうを採りに行きました。やはり、暑さのせいか今年は少ないです。食べ方も教えたので、今日の夜に食べるのかな。明日の朝、お通じはどんと出るかな・・・

漢方で再生不良性貧血の少女の検査結果が改善

今朝の仙台は雨でしたが、午前は晴れてとても蒸し暑いです。この暑さはいつまで続くのでしょう?

患者さんのことについて、癌の方が多いです。

昨年7月に大腸癌で肝臓転移、手術後に抗がん剤治療を受けましたが効果がなく、今年5月に中止して8月から漢方薬を服用開始した40代女性、胃癌で全摘、潰瘍性大腸炎の60代女性、昨年9月に胃癌を手術、抗がん剤治療を受けてリンパ転移・肝機能異常の70代男性など。

不妊症の方も多いです。30代から40代まで。皆、まだ3~4ヶ月しか漢方薬を服用していないので、まだ妊娠成功していません。

病名について、やはりさまざまな難病の方が多いです。心臓大動脈狭窄症、生後23日目に手術しましたがあまり効果がなく心臓肥大の10ヶ月の子供、再生不良性貧血の15歳の女の子など。

皆、1~2年、半年前から漢方薬を服用し、それぞれ症状や検査結果がよくなっています。例えば、昨年11月から腎臓を強めて造血機能を高める漢方薬を服用している15歳の少女は、漢方薬を服用前の昨年10月29日検査で、赤血球162万、ヘモグロビン6.0、血小板1.6万でしたが、最近の5月18日検査で赤血球が223万、ヘモグロビン7.9、血小板2.9万まで改善しています。今後の検査は更によくなると思います。実はこの患者さんは、同じ再生不良性貧血で2~3年間漢方薬を服用して検査結果が全て正常値になった方からの紹介です。何度かブログに書きましたが、この方は、ご家族・親戚・友人など20人以上の方を紹介頂き、皆さん驚くほどよくなっていて喜んでいます。昨日のブログに書いた山形で沢山の方をご紹介頂いた方と同じく感謝、感謝です。

ところで、水曜日に福島で誰も食べない梨と花桃の実を採り過ぎて、やむを得ず友人にあげました(良いものを選んであげました)。やむを得ず、今日の昼食は梨と桃だけにしました。夜も沢山食べなければならない・・・。

 

 

写真1枚では寂しいので、もう2枚載せます。実は、薬局設立19周年に合わせて、9月1日に7~8年間使ったボロボロになったスリッパを捨てて新しいスリッパにしました。この新しいスリッパは、何年間使えるかなと思いながら、捨てたスリッパに感謝、感謝です。

そして、写真を見たら今後悔しています。本当はもっともっと使えるのに。来年の20周年に合わせて捨てても良かったかな。