新患の皮膚難病の20代の女性と3ヶ月の漢方で円形脱毛と生理不順を改善した20代の女性。

昨日、ブログに書いた4年前から漢方薬を服用している非結核性抗酸菌症の女性は、88歳ではなく、昨日は89歳でしたが、今日は誕生日なので90歳になりました。写真の通り、普通より丁寧に、お祝いの手紙とプレゼントと漢方薬を送りました。なぜ、普通より丁寧に書いたかというと、実はこの女性は、いつも綺麗な手書きの手紙を送ってくれるからです。もう一つは、90歳の誕生日の日でも現役で、美容師の仕事をしているからです。今日、誕生日のお祝いの電話をしたら、笑いながら「はい、はい有難う。今、仕事中」と言って電話が切れました。将来は日本一、長寿の現役の美容師になる可能性が高いと思います。

今日、一番大変な患者さんの一人は、皮膚難病の20代の女性です。中学生、高校生の時、仙台で皮膚科の病院や大学病院の皮膚科で治療しても良くならず、その後、進学、仕事で東京へ行き、東京の沢山の皮膚科(例えば、日本大学付属病院、虎の門病院、仙川皮膚科、希望ヶ丘すずらん皮膚科、東新宿前皮膚科、余丁町皮膚科、東京女子医大皮膚科など)で治療を受けても良くなりませんでした。両腕の肩から手首まで長い傷のような湿疹の写真を送ってくれて、大変酷い皮膚病かなと思います。皮膚科で治らないですが、体質改善の漢方で、半年か1年掛かるかもしれませんが、きっと皮膚は綺麗になると思います。その時、良くなる前と良くなった後の両方の写真をブログに載せます。(もちろん本人の了解を得て載せます。)

良くなった患者さんは沢山いますが、一番嬉しかったことは、ちょうど3ヶ月前の7月9日から漢方薬を服用している、友人の20代の娘さんのことです。高校生の時から、円形脱毛があり、大学の受験で更に、悪化して皮膚科の治療を受けていますが、なかなか良くならず、お父さんの勧めで漢方薬を服用しました。今日、本人は喜んで来局しました。まだ、短いですが、円形脱毛の所に産毛が生えてきたそうです。しかも、2年前から生理不順でピルを服用しても、3ヶ月に1回しか来なかった生理が、先月からは、ピルを服用しなくても来るようになったそうです。

実は、今日、皮膚難病の20代の女性も生理不順(3、4ヶ月生理がない)や不正出血があります。漢方で皮膚病だけではなく、生理も順調になるはずです。

[写真]

漢方薬で60代男性の腎機能、50代女性の肝機能が改善!

 今日の福島は一日雨でしたが夕方、時おり雨が止みました。

 今日は難病と子供の病気が多かったです。
 間質性肺炎(50代男性と80代男性)、クローン病の10代男性、Iga腎症の40代女性、自己免疫性肝炎の50代女性などなど。
 子供の病気や様々な症状で、朝起きられない、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠等で悩んでいるか発達障害、起立性調節障害などと診断された15才、14才、10才、9才、7才の子供達がいました。

 良くなった方も多かったです。
 腎臓病で一つ腎臓摘出を手術した後、腎機能異常の60代男性は3年前から腎臓を強める漢方薬を服用して、漢方薬を服用前のクレアチニンの3台から今は2.2から2.5と安定しています。
また、自己免疫性肝炎の50代女性は、令和1年12月から肝臓を強める漢方薬を服用して肝機能を改善しています。例えば漢方薬を服用する前の令和1年11月の検査でr-GTは116(正常値は50以下)でしたが令和2年8月は72、今年の8月の検査は78で正常値まであと一歩です!
また3月から漢方薬を服用している14才の少年は12才の時からの腹痛、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、朝起きられない等の起立性調節障害の症状が8割改善されました。

実は今日は寒いほど涼しいです!今朝やっとサンダルから運動靴に変わりました!また、半袖の白衣から長袖の白衣に変わりました!今年のサンダル期間は記録的に長かったかな、、、、、(笑)

血小板減少性紫斑病の30代の女性は5年前に漢方薬を中止でも血小板は正常!

今日は、遠方の方、お久しぶりの方、良くなった方が多くて昨日の20周年記念の中国語の作文②は、明日か来週に延期します。遠方の方は、長崎の腎機能肝機能異常、耳鳴りなどの50代の女性(お母さん、妹さん、弟さんは全員腎臓の病気を持っていて、お母さんは透析中、弟さんは透析した後30代の時、移植しました。この女性は平成30年から漢方薬を服用して、今、肝機能腎機能は全て正常です。)、京都の10代の学生や横浜の30代と50代の女性、東京の70代の男性、弘前の70代の女性など。

本当にお久しぶりの方がいます。20代の時、血液の難病の特発性血小板減少性紫斑病で平成25年6月から、平成28年2月まで当薬局の漢方薬を服用して、血小板が正常値になった後、海外へ行きました。本人は1回流産して、お母さんも5回流産したことがあり、平成28年に海外で流産予防の漢方薬を服用して、元気なお子さんが生まれました。今日は約5年ぶりに本人から連絡があり、平成30年、海外から帰国してお子さんは4歳になりました。今日の健康診断で胆のうポリープがあると言われて、様子を見ると言われましたが、家系の中に胆管がんの人がいるので、すぐ、懐仁堂の漢方を思い出したそうです。私も大変嬉しく、まず、今の血小板は正常ですかと聞いたら、今日の検査結果は出ていませんが、昨年の健診は18万の正常値だったと言われました。この女性は今日から、胆のうポリープだけではなく、イライラ、肩こり、疲れ、風邪を引きやすい、冷えなども改善する為に、また漢方薬を服用します。

もし、漢方薬を服用していなかったら、既に透析しているかもしれません。と60代の男性は、40代から高血圧、高尿酸で病院の薬を服用していますが、7年前から腎機能異常で更に薬を服用しています。平成31年1月の検査でクレアチニンは3.5、eGFRは18.7で、そろそろ透析と言われて2月から腎臓を強くする漢方薬を服用しました。2ヶ月後、効果があらわれて、検査結果は良くなりました。最新の検査結果は、今年の1月8日のクレアチニン1.58、eGFR34.7から8月31日のクレアチニン1.36、eGFR31.7まで改善されました。間違いなく、人口透析を避けることが出来ました。本人は大変喜んでいます。主治医も漢方薬の効果に驚いているみたいです。

開業20周年 皆様に感謝!

20年前の本日9月1日、宮城県仙台市青葉区上杉に開業しました。
(2011年1月5日に現住所に移転)

 20年間あっという間でした!大変充実、幸せな20年間!
 スタッフをはじめ、知人・友人、関係者各位に心から感謝いたします!
(肉筆の感謝の手紙は月曜日の夜に二通増えて9通になりました。またスタッフ全員10名にも感謝の気持ちを表しました)
 そして特に全国各地から私と懐仁堂漢方薬局を信頼している皆様にも心から感謝いたします!
 懐仁堂漢方薬局の漢方治療を選んでいただき、本当にありがとうございます!
(今日も横浜のIga腎症の40代女性は8月26日の血液検査のクレアチニンが先月の2.67から2.39、尿素窒素は51から45まで改善。また静岡の40代女性は妊娠順調で8ヶ月になりました、、、皆、喜んでいます!)
 これからも宜しくお願い致します!

 一昨日の深夜に続き、昨日の夜も2時半まで20年間の思い出、患者さん達との出会い、良くなった子供たちの成長などを中国語の文章で書きました。
 今日の昼にWaChatに載せて、全世界に発信しました。WaChatで薬局のこと、仕事のことを書いた発信は初めての事です。
明日か明後日に日本語に訳して、ブログに載せる予定です!

膠原病と間質性肺炎で漢方薬を服用の60代女性と漢方で産まれた孫さん2人の3人写真を見せてくれた!

 今日の福島では、ほとんどの皆さんが漢方で症状や検査結果が良くなって喜んでいます。
 例えば昨年8月から漢方薬を服用の網膜色素変性症の30代女性、7年前から漢方薬を服用中の腎機能異常の70代男性、平成29年から漢方薬を服用している間質性肺炎の60代女性などなどです。

 5才の時から漢方薬を服用していた事のある今は大学4年生の女子大生は、久しぶりに来局しました。
 お母さんが私のブログに書いていた漢方薬の服用でコロナが著しく改善された治療をみてご両親との家族3人、「万が一コロナに感染したらすぐに服用できる漢方を用意してほしい」と言われて、お母さんの変わりに来てくれました。来年は大学卒業予定で、今は就活中だそうです。この女子大学生は、実は5歳の時に私と漢方薬とに縁があり、時々意識が無くなって病院ではてんかんと診断され、お母さんの勧めで病院の薬を服用しながら中学生まで漢方薬を服用し続けました。
 小学生の時、病院の薬の副作用で授業中ボーとしたり時々学校を休まなければなりませんでしたが、私の勧めでてんかん薬を徐々に減らしながら、中学生までには漢方薬だけを服用し続け、その後の中学校からは発作もなく、毎年の脳波の検査も正常で、なんと漢方薬を一切服用しないで高校生、大学生になりました。
 今はとても元気で、背もお母さんを越えました。5,6歳の小学生の時の姿は今でもハッキリ覚えています(スタッフも「可愛い」を連呼していました。今日は「美しい」を連呼していました)。たしかお父さんは背があまり高くなく、もしかしたらお父さんより背が高いかもしれません…。

 平成29年4月から膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変で漢方薬を服用している60代女性は、4カ月ぶりに来局しました。
 先週、病院の特定疾患の血液検査をしましたが、結果は来月でるそうで、本人は「リウマチで両手の指関節の腫れ、たまに痛い以外は一切症状がなくとても元気」と言われました。実はこの女性は、自分で漢方薬を服用して良くなり、不妊治療を繰り返し失敗していた娘さん2人(長女は流産したこともあり)に当薬局の漢方を勧めてくれ、共に妊娠成功、共に元気な女の子が産まれました。本人が真ん中、左右に孫二人が顔をピッタリくっつけている3人の写真を私とスタッフ達にも見せてくれました。3人共に素敵な笑顔で、孫さん2人がとても可愛かったです。本人から何回も「漢方のお陰で可愛い孫二人です」と言われました。その後、長女のご主人や次女のご主人のお父さん、本人の弟さんも漢方を服用してくれました。

 昨日、写真の通り丸1日、丁寧に筆ペンで7人の方に手紙を書きました。
 中国語2つ、日本語5つで、内容は薬局開業20周年感謝の気持ちです。ご存じの通り9月1日は薬局開設20周年を迎えますが、コロナの影響で記念のイベントもできない、集まって記念のお酒飲みもできないので、変わりに手紙とプレゼントを贈る予定です。7人の中の5人は、創業時のメンバーです。彼らの努力・協力・支援がなければ懐仁堂漢方薬局は開設できなかったかもしれません。
 彼らに心から感謝、感激、感恩!ずっと忘れない!忘れてはいけない!

7年間漢方薬を服用している肺気腫・間質性肺炎の88才の男性は元気で来局!

 今日の福島は雨上がりで少し蒸し暑いです!
 
 患者さんの事について、久しぶりの方や長く当薬局の漢方薬を服用している方が多かったです。
例えば、平成18から数年間漢方薬を服用していた当時50代の女性が十数年ぶり来局や、長く漢方薬を服用している方々は平成18年からの糖尿病と腎機能低下の60代女性、平成25年からガン手術後の70代女性、平成26年から肺気腫と間質性肺炎の88才の男性など。
 
 二人の方の事を書きます。
 70代の女性は自家製の西瓜を2つ持ってきました。いつも野菜やリンゴなどを頂きますが西瓜は初めてでした。美味しいと言われた証拠は、なんとガラスが沢山食べたそうです。また今年のカボチャは全部ダメになったそうで、全て猪に食べられたそうです。
 平成26年1月から漢方薬を服用している肺気腫と間質性肺炎の88才男性は、半年ぶりに浜通りから来局。10月に満89才になりますが毎日2キロ散歩して、日常生活も全部できます。娘さんか誰かの車で来たのかと聞いたら「自分で運転して来た。110㎞を高速で出すと体より精神が疲れるね。老いかねぇ」と言われました。今日の肺の検査で影は半年前と同じで変わらなかったそうです(今までの検査で影の大きさは漢方薬を服用前より3/2が小さくなったと診断されています)。ちなみに70代に肺気腫と間質性肺炎を診断された前は毎日60本のタバコを吸っていたそうです。
 
 残念な事は今年の1月に食欲不振、痩せすぎ(36㎏)、不眠不安、便秘で漢方薬を2週間服用した80代女性の妹が来局しました。
1月の時、二週間分の漢方薬を服用して食欲が出て、便秘も不安不眠も改善されましたが2月に肺炎になり、以来ずっと入院していたので退院したらまた漢方薬を服用するつもりでしたが退院出来なくなり、8月5日に急きょ亡くなりました。妹さんはずっと面会もできなくて、会えなくて、退院出来なくて、とても悔しい、とても悲しいそうです。

漢方で30代女性は自然妊娠成功

今日のブログも昨日のように短くします。
がんの70代女性、高血圧・糖尿の50代男性、片頭痛の40代女性など。皆さん検査結果や症状が良くなって喜んでいます。
平成29年から高血圧・糖尿・脂肪肝・肥満の50代男性はずっと漢方服用。健康診断の結果正常になり、手の痺れやむくみや膀胱炎、トイレが近い等の症状も改善され喜んでいます。この方は同僚や友人など、今日まで十数人に当店の漢方を紹介してくれました。今日、お話を聞くと不妊症や難病の潰瘍性大腸炎など、皆さん良くなっていて喜んでいると言われました。
ところで、当店の漢方を服用している方のご紹介で昨年4月から漢方を服用している生理不順と不正出血・イライラ・不安・不眠・頭痛・動悸などの30代女性は、一生懸命に漢方を服用して全身の症状が5割改善され、今年の春にはほぼ全部改善されました。更に昨日の病院の検査で妊娠2ヶ月と診断されました。見事に自然妊娠成功。本当におめでとうございます。今日から流産とつわり予防の漢方に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。

3年間漢方薬を服用しているパーキンソン病の60代の男性は、元気で仕事をしています

昨日、夕食の後8時くらいに絵を書こうと思って筆と紙・墨などを用意したら眠くなって、まず寝ました。4時に目が覚めて、やはり絵を書きたくない・・・また寝て、8時過ぎにやっと目が覚めました。なんと何十年ぶりに12時間も寝ました!しかし、寝すぎて昼もまた眠くて20分昼寝をしました。

 今日の患者さんについて、新患の方が多いです。みんな病院の治療を受けていますが、治らない方や繰り返し再発する方が多いです。例えば、40代の子宮筋腫の女性は2回手術した後また再発しました。もう一人の50代の女性は、甲状腺の手術、子宮筋腫の手術をした後再発して子宮と卵巣を全摘して、また腹部と骨盤に転移再発があります。当薬局の漢方薬を服用しているご主人の勧めで今日から体質改善の漢方薬を服用します。

 平成16年にパーキンソン病と診断され、7種類の病院の薬を服用して悪化して副作用も強くて平成19年から当薬局の漢方薬を服用している当時53歳の男性が久しぶりに来局。最近の症状や病院の検査や仕事、家庭の事などいろいろ楽しく話しました。ご本人の話によると13年間漢方薬を服用して、今病院の薬は5種類服用してほとんど症状が進行していません。無事に定年まで仕事をしただけではなく、再雇用で今も毎週5日間正社員と変わらず仕事をしています。また、長女のお孫さんのかわいい写真も見せてもらって、毎週週末は奥さんと長女のところに行ってお孫さんと遊んでいると言われました。次女は以前当薬局の漢方薬を服用したことがあるので、お元気ですかと聞いたら、大変元気で結婚相手はいますがコロナの影響でまだ式は挙げられないみたいです。娘さんが2人かと思っていたら、三女もいますと言われました。三女は元気ですかと聞いたら、元気で東京で仕事をしているそうです。最後にご本人が一番気にしていることは、東京の三女がコロナの影響で婚活できなくてなかなか彼氏がいないと笑いながら言われました。やはり、コロナは健康・生活色々な面で悪影響になっています。私の友人の一人は、いつも中国に帰って婚活していましたが、コロナ以来中国に帰れなくてもう1年9カ月婚活していないみたいです。

漢方で網膜色素変性症の40代女性の視力が改善

今日の山形は暑い。
昨日のブログに書いた1週間の漢方でコロナ感染の40代男性は、熱・咳痰・呼吸苦しい・食欲不振・味覚異常などの症状が全て改善された。その影響で、今日早速感染者の多い大都市の以前から漢方を服用している方が、今後コロナに感染した後に服用するために至急漢方を送って欲しいと言われました。万が一の予備として大変いいと思います。

今日の良くなった患者さんの中で一番嬉しいことは、令和元年5月から服用している目の難病の網膜色素変性症の40代女性の視力が改善していることです。この女性は子どものときから近視。10数年前の検査で両目の視野が狭くなって視力も低下。30代のときに網膜色素変性症と白内障と診断されました。

漢方服用前の裸眼視力は両目共に0.02、矯正視力は右0.3、左0.4、身体者障がい者5級と認定されました。漢方を服用し、視野も視力も改善され日常生活を行うのが楽になった。
令和元年11月の検査で裸眼視力は両目共に0.1になり矯正視力は右0.7、左0.5。今日本人の話によると、コロナの影響で視力検査を1年していなが来月眼科へ行く予定だそうです。間違いなくさらに良くなっていると考えられます。

報道では都内の親子3人が全員コロナ感染し、自宅療養していた40代母親が亡くなったそうです。とても悲しいことです。今後このようなことがないことを切に願うばかりです。

13年前の北海道から静岡、埼玉まで、10年前の長崎から鹿児島、福岡、大阪まで当薬局の漢方薬の「感染」を広げている。

 今日は大変な患者さんが多かったです。20代で遺伝性腎臓難病のファンコニ症候群でずっと○○大学の治療を受けて、今年から著しく腎機能が悪化した40代の女性(お父さんもお兄さんも同じ病気です。)、10代の網膜色素変性症の女の子、肥大型心筋症の10代の男の子など。

 間もなく88歳の女性は、埼玉にいる交通事故の後、後遺症で悩んでいる60代の息子さんの為に代理で来局されました。なぜ、当薬局の漢方治療を選んだのかと聞いたら北海道の○○さんの静岡の友人の紹介だそうです。この女性は静岡の友人と元々同僚で、友人から○○さんと私との出会い、○○さんの漢方治療の経験などの話を全部聞いたそうです。ちょっと、私と○○さんとの出会いを書きますと、今70代の○○さんは若い時、手術でC型肝炎になり、その後腎炎になり、肝機能腎機能異常、肝硬変で色んな病気の治療を受けましたが、なかなか良くならず、平成20年12月から今日までずっと、当薬局の漢方薬を服用しています。今、肝機能腎機能は、正常でとてもお元気です。平成23年3月11日の大震災の日、北海道から東京にいて新幹線で来る予定でしたが、東京で足止めされて東京に泊まりました。その次の年の夏に、私が北海道に行った時に、札幌で初めて会いました。この方は北海道の色んな病気で悩んでいる方に、当薬局の漢方薬を紹介してくれました。
 
 また、午後に平成23年から漢方薬を服用している長崎の60代の女性から連絡がありました。この女性は住職の奥さんで、沢山の方と会う機会があり、自分の妹さんや妹さんのお子さんの他にも、北海道の方のように長崎だけではなく、鹿児島や福岡、大阪の沢山の親戚や知人や友人に当薬局の漢方薬を紹介してくれました。本人に「色んな方を紹介して下さって有難うございます。」と言ったら本人から、「色んな難病の方や病気が治らない方に紹介して、みんな良くなり、感謝されて嬉しいです。」と言われました。