漢方で40代男性の検診結果も全身の症状も改善

昨日の福島も暑くて、今日の山形も暑いです。やむなく今朝からサンダルに戻りました。やはりサンダルの方が気持ちいいです。最低9月までサンダルのままでいたいです。サンダルは気持ちいいだけでなく健康にもいい。早く脱げたり履けたり、靴下もいらない、なので洗濯もいらない、足の匂いの減少もできる。また私は時々裸足で歩くので便利、良いところがたくさんあります。

患者さんのことについて、潰瘍性大腸炎の40代男性、髄膜腫の術後に目が見えない、味覚異常の40代女性、鬱病の50代女性、10年前から不整脈、高血圧、夜寝られない50代女性など。

パニック障害、統合失調症など長期間で大量の薬を服用しても良くならない精神疾患の10代~50代までの方々が体質改善の漢方で改善し多くの方が社会復帰、仕事復帰、学校復帰出来ました。
今まで5、6種類の精神科の薬を服用し、たまに16種類の薬を服用している人がいますが、今日は20代の鬱病の男性から相談がありなんと24種類の精神科の薬を服用しているとのこと。当然良くならないはずです、私の経験の中で服用している薬の種類の最高記録です。

漢方で様々な症状が改善し、検査結果も良くなった方がたくさんいます。その中の一人は、当店の漢方を服用している方の紹介で昨年6月から漢方を服用している40代男性です。
この方は漢方服用前から肝機能異常、中性脂肪が高い、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍で、だるい、手と顔のむくみ、腰痛、げっぷ、目が疲れ、血便、下痢などの様々な症状がありました。今日本人は8月の健康診断の結果を持参し数値は全部正常、全身の症状も改善され喜んでいます。西洋医学の対処療法とは違う、体質改善の漢方は全身の様々な症状を改善することができます。

24種類の精神科の薬を服用している男性は、精神的な症状だけでなく間違いなく数え切れない全身の様々な症状があるはずです。従ってこの男性は体質改善の漢方を服用すれば精神的な症状だけでなく全身の様々な症状が改善できると思います。

難病と腎臓病の方が多い!

 今日の福島店は難病と腎臓病の方が多かったです。
 新患の肺臓の難病の間質性肺炎の80代男性、新患の目の難病の網膜色素変性症の50代女性、令和2年1月から漢方薬を服用している多発性骨髄腫の50代男性と潰瘍性大腸炎の奥さん、平成22年9月から漢方薬を服用しているIga腎症の当時50代女性など。
 
 皆さんは漢方薬で検査結果と症状が改善しています。
 例えば多発性骨髄腫の50代男性は、9月の血液検査の異常項目は7月の7ケ所から4ケ所にまで改善しました。潰瘍性大腸炎の奥さんは実は一ヶ月間の漢方薬で下痢が著しく改善して漢方薬の効果に驚いています!
 もう一人の方は漢方薬で腎機能を改善させ、人工透析を避けることができて喜んでいます。この62才の女性は42才から高血圧、心臓肥大で薬を服用して44才の時に脳出血で入院治療、退院の時、腎不全と診断されました。今年1月の検査で腎機能のクレアチニンは4.85で「そろそろ透析」と言われました。3月10日から腎臓を強める漢方薬を服用して、6月に3.88、8月の3.9にまで改善させ安定しています。8月の福島は暑くて、腎機能にも悪影響していると考えられます。
これからは、さらに検査結果が良くなるハズです!

肺を強くする漢方で非結核性抗酸菌症の88歳の女性のCTは4年前と同じ、進行無し。

昨日の福島寒さから山形の暑さに変わった。冷房も入れましたが、サンダルに戻らなくて大失敗。患者さんの1人から昨日は暖房を入れたと言われました。

今日の患者さんについて。不妊症の40代女性、網膜色素変性症の30代女性、大腸がんステージ4・転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けながら漢方を服用している70代女性など。皆さん効果を感じて様々な症状が改善し、検査結果が良くなっています。例えば、令和元年12月から漢方を服用している網膜色素変性症の30代女性は視力がだんだん改善されています。漢方を服用する前の裸眼視力は0.5~0.6でしたが、今年7月の検査で0.7~0.9まで改善されました。
また令和2年5月から漢方を服用している大腸がん・リンパ転移手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性の血液検査結果は肝機能腎機能と正常になりました。様々な副作用も軽くなって、食欲不振や下痢も改善されとても元気です。病院の主治医から抗がん剤治療を1年以上続けて、こんなに元気な人はいないと言われました。

名古屋から一通の綺麗な手紙が届きました。何回もブログに書きましたが平成30年5月、当時86歳の時から非結核性抗酸菌症で咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸で悩んで肺を強くする漢方を服用しました。服用開始から4年以上経ちました。今日の本人の手紙には、今月始めに病院で1年振りにCT検査を受けたそうです。4年前のCTと比べても一切変わらない、咳・痰・血痰・息苦しい・胃酸逆流・げっぷ・動悸などの症状も改善されて、少し痰があるだけだそうです。
本人とも電話でお話をしました。とても元気でした。いつもの約束通りに本人が現役の美容師の間に、私の髪を切る事と顔のエステをお願いしました。この女性の相談カードを見たら9月10日がお誕生日でした。明日で満90歳。本当におめでとうございます。
100歳まで現役美容師を続けて日本一の長寿現役美容師になるように祈ります。
ご本人からは死ぬまで漢方を続けると言われました。当然、大丈夫だと思います。楽しみにしています。

漢方薬で60代男性の腎機能、50代女性の肝機能が改善!

 今日の福島は一日雨でしたが夕方、時おり雨が止みました。

 今日は難病と子供の病気が多かったです。
 間質性肺炎(50代男性と80代男性)、クローン病の10代男性、Iga腎症の40代女性、自己免疫性肝炎の50代女性などなど。
 子供の病気や様々な症状で、朝起きられない、頭痛、眩暈、耳鳴り、不眠等で悩んでいるか発達障害、起立性調節障害などと診断された15才、14才、10才、9才、7才の子供達がいました。

 良くなった方も多かったです。
 腎臓病で一つ腎臓摘出を手術した後、腎機能異常の60代男性は3年前から腎臓を強める漢方薬を服用して、漢方薬を服用前のクレアチニンの3台から今は2.2から2.5と安定しています。
また、自己免疫性肝炎の50代女性は、令和1年12月から肝臓を強める漢方薬を服用して肝機能を改善しています。例えば漢方薬を服用する前の令和1年11月の検査でr-GTは116(正常値は50以下)でしたが令和2年8月は72、今年の8月の検査は78で正常値まであと一歩です!
また3月から漢方薬を服用している14才の少年は12才の時からの腹痛、下痢、食欲不振、頭痛、眩暈、朝起きられない等の起立性調節障害の症状が8割改善されました。

実は今日は寒いほど涼しいです!今朝やっとサンダルから運動靴に変わりました!また、半袖の白衣から長袖の白衣に変わりました!今年のサンダル期間は記録的に長かったかな、、、、、(笑)

開業20周年 皆様に感謝!

20年前の本日9月1日、宮城県仙台市青葉区上杉に開業しました。
(2011年1月5日に現住所に移転)

 20年間あっという間でした!大変充実、幸せな20年間!
 スタッフをはじめ、知人・友人、関係者各位に心から感謝いたします!
(肉筆の感謝の手紙は月曜日の夜に二通増えて9通になりました。またスタッフ全員10名にも感謝の気持ちを表しました)
 そして特に全国各地から私と懐仁堂漢方薬局を信頼している皆様にも心から感謝いたします!
 懐仁堂漢方薬局の漢方治療を選んでいただき、本当にありがとうございます!
(今日も横浜のIga腎症の40代女性は8月26日の血液検査のクレアチニンが先月の2.67から2.39、尿素窒素は51から45まで改善。また静岡の40代女性は妊娠順調で8ヶ月になりました、、、皆、喜んでいます!)
 これからも宜しくお願い致します!

 一昨日の深夜に続き、昨日の夜も2時半まで20年間の思い出、患者さん達との出会い、良くなった子供たちの成長などを中国語の文章で書きました。
 今日の昼にWaChatに載せて、全世界に発信しました。WaChatで薬局のこと、仕事のことを書いた発信は初めての事です。
明日か明後日に日本語に訳して、ブログに載せる予定です!

約5ヶ月の漢方で50代女性の真っ赤な顔の湿疹はほぼ100%改善

昨日AM3時近くまでなかなか眠られなかった。原因は20年前の開業の準備と20年間の歩み(大変なこと、苦労したこと、悲しいこと、嬉しいこと、幸せなこと)を思い出しながらA4用紙5枚分の作文を書きました。

まず中国語で書きましたが、明日9月1日のブログに日本語で載せる予定です。実は作文は全部幸せ、嬉しいことばかりです。明日のブログを楽しみにしてください。

 

今日の山形の患者さんについて。まず<写真1>の通り、以前から漢方を服用しているまもなく満89歳の女性から手作りの素敵な人形を頂きました。大変綺麗で工芸品みたいです。見ながら27年前に祖母の手作り提灯を持って来日したことを思い出しました。

高齢者の方にとって細かい手作業することは、脳の活性化、物忘れに繋がり大変良い健康法と思います。

 

良くなった患者さんの1人は、子どもの時から蕁麻疹や皮膚炎、アレルギー性鼻炎などがあり、数年前からだんだん顔に赤い湿疹が出てきて皮膚科の治療受けていますがなかなか良くならなくて、当店の漢方を服用している方の紹介で、今年4月20日から当店の漢方を服用し<写真2>の通り1ヶ月で驚くほど効果があり6~7割改善。その後漢方を半量減らしました。今日本人の顔を見ると<写真3>のように赤みや湿疹は一切ない。今後ほぼ100%改善されると思います。

本人に今の漢方は皮膚炎だけではなく、コロナ感染予防、治療効果や動脈硬化、肌のシミにも改善や効果があることを説明しました。大変喜んでいました。やはり男性も女性も顔のことは大事です。

<写真1>

<写真2>

<写真3>

膠原病と間質性肺炎で漢方薬を服用の60代女性と漢方で産まれた孫さん2人の3人写真を見せてくれた!

 今日の福島では、ほとんどの皆さんが漢方で症状や検査結果が良くなって喜んでいます。
 例えば昨年8月から漢方薬を服用の網膜色素変性症の30代女性、7年前から漢方薬を服用中の腎機能異常の70代男性、平成29年から漢方薬を服用している間質性肺炎の60代女性などなどです。

 5才の時から漢方薬を服用していた事のある今は大学4年生の女子大生は、久しぶりに来局しました。
 お母さんが私のブログに書いていた漢方薬の服用でコロナが著しく改善された治療をみてご両親との家族3人、「万が一コロナに感染したらすぐに服用できる漢方を用意してほしい」と言われて、お母さんの変わりに来てくれました。来年は大学卒業予定で、今は就活中だそうです。この女子大学生は、実は5歳の時に私と漢方薬とに縁があり、時々意識が無くなって病院ではてんかんと診断され、お母さんの勧めで病院の薬を服用しながら中学生まで漢方薬を服用し続けました。
 小学生の時、病院の薬の副作用で授業中ボーとしたり時々学校を休まなければなりませんでしたが、私の勧めでてんかん薬を徐々に減らしながら、中学生までには漢方薬だけを服用し続け、その後の中学校からは発作もなく、毎年の脳波の検査も正常で、なんと漢方薬を一切服用しないで高校生、大学生になりました。
 今はとても元気で、背もお母さんを越えました。5,6歳の小学生の時の姿は今でもハッキリ覚えています(スタッフも「可愛い」を連呼していました。今日は「美しい」を連呼していました)。たしかお父さんは背があまり高くなく、もしかしたらお父さんより背が高いかもしれません…。

 平成29年4月から膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変で漢方薬を服用している60代女性は、4カ月ぶりに来局しました。
 先週、病院の特定疾患の血液検査をしましたが、結果は来月でるそうで、本人は「リウマチで両手の指関節の腫れ、たまに痛い以外は一切症状がなくとても元気」と言われました。実はこの女性は、自分で漢方薬を服用して良くなり、不妊治療を繰り返し失敗していた娘さん2人(長女は流産したこともあり)に当薬局の漢方を勧めてくれ、共に妊娠成功、共に元気な女の子が産まれました。本人が真ん中、左右に孫二人が顔をピッタリくっつけている3人の写真を私とスタッフ達にも見せてくれました。3人共に素敵な笑顔で、孫さん2人がとても可愛かったです。本人から何回も「漢方のお陰で可愛い孫二人です」と言われました。その後、長女のご主人や次女のご主人のお父さん、本人の弟さんも漢方を服用してくれました。

 昨日、写真の通り丸1日、丁寧に筆ペンで7人の方に手紙を書きました。
 中国語2つ、日本語5つで、内容は薬局開業20周年感謝の気持ちです。ご存じの通り9月1日は薬局開設20周年を迎えますが、コロナの影響で記念のイベントもできない、集まって記念のお酒飲みもできないので、変わりに手紙とプレゼントを贈る予定です。7人の中の5人は、創業時のメンバーです。彼らの努力・協力・支援がなければ懐仁堂漢方薬局は開設できなかったかもしれません。
 彼らに心から感謝、感激、感恩!ずっと忘れない!忘れてはいけない!

9歳の時から漢方を服用の20代の網膜色素変性症の女性は視力が0.8~09まで改善

今日は蒸し暑い。第2の夏が来たみたいです。

患者さんの事について。子どもさんで難病の方が多い。肉腫の10代の男の子、血小板減少症の10代の女の子、IgA腎症の10代の男の子など。

双子の60代の女性2人は、共に当店の漢方を服用しています。不安・不眠・胃腸が弱いや便秘など、やはり体質がとても似ています。

他に9歳の時から、歩くのが遅い、言葉を覚えない、発音が出来ない、聞こえなくて当店の漢方を約1年半服用して、会話ができるようになり、驚くほど聞こえるようになった現在20代女性(おじいさんの話によると、いつも家族で食事をしながらテレビを見ているのですが、ある日突然テレビを見ながら話が出来るようになりました。やはり、その日から聞こえるようになったのです)
16歳の時に網膜色素変性症と診断され、視野も段々と狭くなって、平成24年4月の検査で裸眼視力は左右共に0.06、矯正視力は右0.9左0.8。その後ずっと肝臓腎臓を強くする、血流を良くする漢方を服用して、今は裸眼視力が0.8~0.9まで安定しています。
7月の誕生日からみると、この女性はちょうど満24歳。当店の漢方を服用していたおじいさんのおかげでこの女性は漢方と縁があり、視力聴力も良くなりました。

7年間漢方薬を服用している肺気腫・間質性肺炎の88才の男性は元気で来局!

 今日の福島は雨上がりで少し蒸し暑いです!
 
 患者さんの事について、久しぶりの方や長く当薬局の漢方薬を服用している方が多かったです。
例えば、平成18から数年間漢方薬を服用していた当時50代の女性が十数年ぶり来局や、長く漢方薬を服用している方々は平成18年からの糖尿病と腎機能低下の60代女性、平成25年からガン手術後の70代女性、平成26年から肺気腫と間質性肺炎の88才の男性など。
 
 二人の方の事を書きます。
 70代の女性は自家製の西瓜を2つ持ってきました。いつも野菜やリンゴなどを頂きますが西瓜は初めてでした。美味しいと言われた証拠は、なんとガラスが沢山食べたそうです。また今年のカボチャは全部ダメになったそうで、全て猪に食べられたそうです。
 平成26年1月から漢方薬を服用している肺気腫と間質性肺炎の88才男性は、半年ぶりに浜通りから来局。10月に満89才になりますが毎日2キロ散歩して、日常生活も全部できます。娘さんか誰かの車で来たのかと聞いたら「自分で運転して来た。110㎞を高速で出すと体より精神が疲れるね。老いかねぇ」と言われました。今日の肺の検査で影は半年前と同じで変わらなかったそうです(今までの検査で影の大きさは漢方薬を服用前より3/2が小さくなったと診断されています)。ちなみに70代に肺気腫と間質性肺炎を診断された前は毎日60本のタバコを吸っていたそうです。
 
 残念な事は今年の1月に食欲不振、痩せすぎ(36㎏)、不眠不安、便秘で漢方薬を2週間服用した80代女性の妹が来局しました。
1月の時、二週間分の漢方薬を服用して食欲が出て、便秘も不安不眠も改善されましたが2月に肺炎になり、以来ずっと入院していたので退院したらまた漢方薬を服用するつもりでしたが退院出来なくなり、8月5日に急きょ亡くなりました。妹さんはずっと面会もできなくて、会えなくて、退院出来なくて、とても悔しい、とても悲しいそうです。

漢方で30代女性は自然妊娠成功

今日のブログも昨日のように短くします。
がんの70代女性、高血圧・糖尿の50代男性、片頭痛の40代女性など。皆さん検査結果や症状が良くなって喜んでいます。
平成29年から高血圧・糖尿・脂肪肝・肥満の50代男性はずっと漢方服用。健康診断の結果正常になり、手の痺れやむくみや膀胱炎、トイレが近い等の症状も改善され喜んでいます。この方は同僚や友人など、今日まで十数人に当店の漢方を紹介してくれました。今日、お話を聞くと不妊症や難病の潰瘍性大腸炎など、皆さん良くなっていて喜んでいると言われました。
ところで、当店の漢方を服用している方のご紹介で昨年4月から漢方を服用している生理不順と不正出血・イライラ・不安・不眠・頭痛・動悸などの30代女性は、一生懸命に漢方を服用して全身の症状が5割改善され、今年の春にはほぼ全部改善されました。更に昨日の病院の検査で妊娠2ヶ月と診断されました。見事に自然妊娠成功。本当におめでとうございます。今日から流産とつわり予防の漢方に変わりました。無事の妊娠と出産を祈ります。