内臓を強くする漢方で肝機能・喘息などが改善された方が多かった

まず、ご心配をおかけした目の内出血はどんどん良くなっています。スタッフから「こんなに早く良くるなんて、どんな漢方薬を服用したんですか?」と聞かれて、お血を改善して血流を良くする『田七人参』を1日2回飲んだと答えました。月曜日、福島に出勤したとき多分完全に内出血は無くなって、パンダの目から侯の目に戻っていると思います。

 

今日は暖かくて遠方の方は少ないですが、市内・県内・新患やフリーの方が多かったです。

病名からいうと網膜剥離の50代の男性、喘息の40代の男性、湿疹の30代の女性、慢性腎臓病の50代の女性、心筋梗塞・糖尿病・肝機能異常の50代の男性、アトピー性皮膚炎の40代の女性、肥大型心筋症の70代の女性、IgA腎症の40代の男性、不妊症の30代の女性、肝機能異常の70代の女性など。

一人の喘息の60代の女性は、20年前から喘息治療をずっと受けていて今は7種類の薬を服用していますが、だんだん症状が悪化して様々な副作用も出ています。もう一人のリウマチの50代の女性は、8年前から治療を受けていますが化学物質過敏症があり、副作用が強くて西洋の治療をやめて漢方薬を数年間服用しましたが効果が無く、当薬局に来局されました。

 

良くなった患者さんもたくさんいます。例えば慢性胃炎・逆流性食道炎の50代の男性は、昨年10月から胃腸・消化機能を高める漢方薬を服用して、ゲップ・胃のもたれ・胃酸の逆流の症状は著しく改善されました。

また、昨年5月から喘息で漢方薬を服用している40代の男性は、3カ月間漢方薬を服用して喘息の症状は7割改善され、今は季節の変わり目や風邪の時だけ漢方薬を服用しています。例えば、昨年8月29日に2週間分の漢方薬を服用、また昨年11月27日に2週間分を服用、今日また2週間分の漢方薬をお持ちになりました。

50代からずっと肝機能異常の70代の女性は、平成30年8月から漢方薬を服用して昨年2月の検査で肝機能は約20年ぶりに初めて改善されました。今日、ご本人がお持ちになった昨年12月の検査結果は肝機能が全て正常になって大変喜んでいます。

 

残念ですが、妊娠成功にはなりませんでしたが40代近い女性は、漢方薬を服用して子宮・卵巣機能と卵子の質が改善され、昨年とても良い質の卵子が採れたそうです。12月末に受精卵を移植して着床しましたが、育たなかったそうです。でも、間違いなく漢方の効果は現れていると思います。

ところで、コロナの感染者はどんどん増えています。緊急事態宣言をして一定の効果はあると思いますが、なかなか制圧できないと思います。なぜなら、例えば友人の○○大学の感染した一人の学生さんは、症状が出た後PCR検査を受けるまでなんと5日間待ったそうです。症状が出る前に実家や研究室にクラスターが発生している可能性は十分考えられます。彼のPCR結果が出て陽性と診断されるまでの間に、彼からの感染者、そのまた感染者が出て広がっている可能性は高いでしょう。朝、アメリカの時間に合わせてロサンゼルスとテネシーに住んでいる友人2人に電話したら、ロサンゼルスの2万5千人の人口の都市に住んでいる友人から感染者が1千人超えていると聞きました。またテネシーの友人の話では、彼の同じ大学の友人の60代の男性は、コロナに感染した看護師の奥さんから感染して昨日亡くなったそうで、今日は中国の友人たちが彼のためにオンライン葬儀をするそうです。15~6年前にテネシーに行ったとき、忘れてしまいましたがこの友人の友人と会ったかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。

漢方で4歳の男の子の腹痛は激減

昨日と同じ、今日は今年山形店での最後の仕事。同じく忙しかった。
同じく家族ぐるみで当店の漢方服用の方が多い。

中学生の時に当店の漢方を服用して良くなった、今大学生の兄弟2人の祖父も10月から当店の漢方服用。19年前にがん手術した後、転移で当店の漢方を4年間服用した当時30代の女性は、今再発転移は一切無く今日婦人科の病気の20代の娘さん2人と来店して漢方服用。
今年6月から漢方を服用、3ヶ月で毎日のめまいが100%改善された30代の女性の、朝起きられない2年前から学校遅刻、吐き気、胃痛、イライラ不安の症状の小学生の娘さんも今日から漢方を服用。
その他に30代の不妊症のご夫婦、パーキンソン病の60代男性と娘さん、糖尿病の60代の男性と目の病気の、肝機能異常、高血圧、腰痛、膝痛の奥さんなど。全国からの相談は多くないですが、みんな遠い。三重、鹿児島など。
1ヶ月の漢方服用で糖尿病が良くなった方や、3ヶ月の漢方で肝機能腎機能の検査結果が良くなった方の他に、当店の漢方を服用しているお母さんの勧めで、毎日5~6回お腹が痛い、咳、夜中も咳で目が覚める、小児科の薬を服用しても良くならない4歳の男の子は11月26日から漢方を服用。飲めるかどうか心配しました。今日のお母さんの話によるとおいしく飲めるだけでなく、なんと3日目から腹痛は減少、1日1回か2回、更に一週間後には腹痛がほとんど無くなり、更に咳も減りました。夜も熟睡できるようになりました。たいした病気ではないですが、もし数年この状態が続くと多分、朝起きられなくなり、学校を早退したり不登校になることは十分に考えられます。お母さんが早めに息子さんに漢方を決断したことは大変正しいです。
その他には、5歳の女の子、14歳の女の子などみんな漢方で様々な症状が改善され元気になりました。したがって、昨日ブログに書いた40代男性が漢方を全然飲めない事はとても残念です。子どもたちのように頑張ってもう一回漢方を服用して欲しいです。

最後に、山形店の漢方を服用している方々に、一年間の感謝と同時に来年のご健康と回復、幸福を祈ります。

一年間の漢方で肝臓の難病の20代女性の肝機能が全て正常に改善!

 今日は全国から難病の方の相談が多かったです。
 愛知3名、神奈川3名、千葉1名などなど。
 病名から言うと多発性骨髄腫の50代男性、潰瘍性大腸炎の50代男性、網膜性色素変性症の50代男性、間質性肺炎の50代男性、非結核性抗酸菌症の60代女性、自己免疫性肝炎の20代女性などなど。

 良くなった患者さんの一人は、自己免疫性肝炎の20代女性です。
この女性は、お母さんも同じ病気で当薬局の漢方薬を服用して肝機能が良くなり、お母さんの勧めで昨年12/16から肝臓を強くする漢方を服用開始しました。いつから肝機能が異常になったのかは分からないですが、3年前に就職の時、検診で肝機能異常と言われ、2018年10月に肝生検をして自己免疫性肝炎と診断され、その後ずっと肝機能が異常で、まだ肝生検の痛みが残っていて不安があります。今日最新の12/8の検査で肝機能の数値は全て正常になりました。例えば漢方服用前の2019年9月4日の検査でガンマGT126、LAP94でしたが、今回の検査ではガンマGT43(正常値は0~79)、LAP23(正常値は5~45)になり、大変喜んで安心して正月を迎えることが出来ます。私も嬉しいです!

 ところで、毎年の今年の漢字が選ばれました。
今年は『密』だそうで、字の上手かはテレビで見てください。私から見ると、密のせいか…墨汁がダラダラと流れ過ぎて密に見えます。

漢方で肝硬変一歩手前の60代女性の肝機能改善

今日の山形は晴れていますが寒いです。

昨日に続き今日も遠方の方が多かった。名古屋の目と胃の病気で咳と痰もある70代女性、大阪の骨髄に腫瘍のある10代男性、秋田のIℊA腎症の60代女性、奈良の頭痛・目まい・頻脈の50代女性、神奈川県の婦人科の病気と不妊症の30代女性など。

 

良くなった患者さんもいます。今年5月から抗がん剤治療を受けている進行性大腸がんでリンパ転移の女性は、体力・免疫力を高める漢方を服用。血液検査の結果、肝機能・腎機能・貧血が良くなった。2年半後のお孫さんの大学卒業を目標に漢方を一生懸命服用する予定です。

 

良くなった方のもう1人は、20年近く前から脂肪肝で10年前からだんだん肝機能が異常になり肝硬変とも診断。その後腎機能も異常になり友人の紹介で当店の漢方を服用。昨年10月からは肝臓・腎臓を強くする漢方を服用し、今日9月25日の検査結果を見たら腎機機能は正常、肝機能も著しく改善。正常値まであと一歩です。昨年9月の検査でAST80→今年9月の検査でAST40、昨年ALT130→今年ALT58、昨年γGT179→今年γGT98まで改善されました。本人は大変喜んでいます。来年は正常値になると思います。

漢方で自然妊娠の二人の女性。一人は妊娠17週ともう一人は産後5カ月!

今日の福島はとてもいい天気です!いつも一緒に来局、共に昨年10月から漢方薬を服用、共に良くなっている70代と80代の姉妹は、共に「車の中は春みたい、温かい、気持ちがいい」と言われました。

 

今日の患者さんの事について

家族の一人が良くなって、数人に漢方薬を服用の方々が多かったです。

・自己免疫性肝炎でずっと肝機能異常のお母さんと長女が肝臓を強める漢方で共に検査は肝機能が改善し、皮膚病の次女も漢方薬を服用(先日、娘さんが来局した日はちょうど本人の誕生日でしたが、今日はお母さん本人の誕生日でした。おめでとうございます!)。

・お母さん、お姉さん、ご主人、本人も漢方薬を服用したことがある50代の女性は東京で就職したばかりの20代の息子さんが腹痛、下痢、吐き気、頭痛で通勤も大変、仕事に支障もでるので今年4月からお母さんの勧めで漢方服用開始。今日のお母さんによると様々な症状が改善され仕事を休まずに続けています。

・お母さんと弟さんも当薬局の漢方で自律神経や皮膚病が良くなってお母さんの勧めでニキビ、アトピー、過敏性腸症候群の20代女性が来局し、今日から漢方服用開始します。

・お母さんも漢方を服用している酷い自閉症の20代男性は、昨年11月からの漢方服用で様々な症状が改善され、今日のお母さんによると10月中旬から初めて二週間ほど部屋の中でのおしっこ、便のもれ・汚れ、服の破れや家具を壊す行為はゼロでした。また、「朝まで一回も目を覚まさずに熟睡できるようになった」と言われました。

 

良くなった方、特に漢方で妊娠成功、妊娠中や出産して元気な子供が産まれた方が多かったです。

・なんといっても漢方で妊娠成功、妊娠順調、元気な子供が産まれた事は大変嬉しいです。ご両親、祖父母をはじめ家族、親戚10人位が漢方を服用してくれている20代女性は漢方で自然妊娠に成功、今は妊娠17週目です。

・もう一人の20代女性は、子宮内膜症、卵巣チョコレート濃腫、甲状腺腫瘍で子供が欲しくて昨年1月から婦人科の病気を良くすると同時に妊娠できる漢方を服用開始しました。検査では婦人科の病気が良くなり昨年10月に自然妊娠成功、妊娠中も漢方服用で今年6月に2900g以上の男児が産まれ、出産後も漢方服用で今は母乳も多く子供の成長も早く、間もなく6カ月ですが体重はなんと8.5キロだそうです。

・子供さんは来ませんでしたが、娘さん2人共に不妊症で共に漢方服用で妊娠・出産に成功して、共に元気な女の子が誕生しました。長女の子は4才、次女の子は2才2カ月で、砂遊びの様子や歌と踊っている、イキイキとして動画を見せてくれました。この祖母である60代女性は、間質性肺炎、膠原病、逆流性食道炎、原発性たん汁性肝硬変、リウマチが共に良くなって家族の他に親戚や友人の沢山の方を紹介してくれています。

 

皆さん良くなり大変嬉しいと同時に、皆さまに心から感謝します!

4か月間の漢方薬で60代の男性の肝機能・腎機能と全身の様々な症状が改善

今朝は曇りと雨で、この秋一番の寒さでした。今日は東京から来局された方はいませんが、鹿児島・横浜・青森・岩手からのメールや電話相談の方がいます。岩手の50代のご夫婦から、岩手のコロナ感染者が最初はゼロでしたが最近増え続けていると言われました。

 

今日もご家族やご夫婦などで漢方薬をお飲みの方が多いです。例えば、娘さんご夫婦が漢方薬を服用して最近お父さん・お母さんも漢方薬を服用している方や、50代の女性と80代のお母さんが2組、50代のご夫婦と80代のお母さんなど。30代の男性は、今年1月から漢方薬を服用して不安・不眠が良くなって、今日からともに不安の13才と17才(人間の88歳と90歳くらいだそうです)の猫ちゃん2匹にも朝晩2回飲ませるように言いました。

 

他に、腎機能や肝機能・血糖値・甲状腺・腫瘍マーカーの検査結果が良くなったなどの方がたくさんいますが、一人の様々な症状が改善された60代の男性のことを詳しく書きます。この男性は、健康診断で肝機能と腎機能異常・高尿酸・脂肪肝・そけいヘルニア・十二指腸潰瘍・高血圧・高血糖・緑内障・喘息と診断され、腹痛・便秘・手が上がらない程の右肩の痛み・頻尿・皮膚の痒み・蓄膿症などの症状もあり、今年6月から当薬局の漢方薬を服用しています。8月の時眼圧が正常値になって、頻尿も改善され、右肩は9割症状が改善されたと言われました。今日は、9月の健診結果をもって来局。検査結果は肝機能・腎機能・尿酸値・血糖値が正常値になって、腹痛と便秘・頻尿も改善され、特にご本人が笑いながらマスクを外して顔を指さして、「蓄膿と顔の痒みが良くなっただけではなくて不思議と顔のシミもなくなった」と言われました。1種類の漢方薬で様々な検査結果と症状が改善されることにご本人は大変驚いて喜んでいます。今日から漢方薬を減らして継続する予定です。ご本人に言い忘れましたが、これから数年・数十年漢方薬を続ければ、老化や病気予防に最高と思います。

 

今日の患者さんの中に平成17年から平成26年の間に時々漢方薬を服用していて4年ぶりにまた漢方薬を服用する60代の女性もいますし、平成23年からずっと漢方薬を服用している60代の女性や、平成17年からずっと漢方薬を服用している50代の女性もいます。平成17年からずっと漢方薬を服用している女性は、あと1ヶ月で定年だそうでご本人は栄養士で漢方に理解が深くて、多分漢方薬はすべて良い栄養と考えているかなと妄想しています。

漢方の母乳で赤ちゃんの成長が早い!

今日は仙台も福島も雨でとても涼しいですが、急に気温が下がると体にも良くないかなと思います。昼に外に行ったら涼しすぎてクシャミ・鼻水が出ると、何も言う暇もなく当たり前の様にすぐスタッフが体温を測りに来ました(眉間にシワを寄せて)。結果は熱がなく36.5度で薬局に入る事を許可されました。

 

患者さんの事についていつもの通り、やはり全国からご相談の方は多かったです(静岡、新潟、東京、千葉、埼玉など)。難病や家族ぐるみの方も多く、同じ自己免疫性肝炎の50代女性と20代女性親子、難聴・髪抜け・朝疲れの50代男性と不眠の奥さんと食欲不振・不眠の息子さん一家三人。生理不順の40代女性と生活習慣病のご夫婦と目の病気の80代お母さんの一家3人などなど。

 

良くなった患者さんも何も沢山います。

例えば昨年12月から漢方服用の肝機能異常の50代女性は、漢方服用前の昨年11月の検査でガンマGTは116、GOT35、異常でしたが最新の8/5の検査ではGOT24(正常値の30以下になった)、ガンマGDPは72(正常値は50以下)で、もう少しで正常値になります。

 

ところで、婦人科の病気である内膜症とチョコレート濃腫があり当薬局の漢方を平成31年1月から服用し改善され、その後は妊娠の漢方服用で自然妊娠に成功。今年6月に約2900gの男児を出産した女性から電話があり、「出産後もずっと漢方を服用していて7月の婦人科の検査で内膜症とチョコレート濃腫は見えなくなるほど小さくなっていた」と言われました。また、完全母乳で質も良く、産まれてまだ三カ月未満なのに、なんと今日の男児の体重は7.2キロだそうです。体重だけではなく、身長も伸びが早いと言われました。やはり、漢方服用している妊娠中の方の子供さんの体重は大きく、出産後も漢方服用しているかたの母乳の量や質が良いことがまた証明されました。大変嬉しい事です。スクスクの成長を祈ります!

漢方で膵臓異常の40代女性も肝機能異常の40代女性も正常値まで改善

今日は連休の真ん中ですが山形店へ出勤です。山形は想像以上に暑かった。体感温度では36か37度ぐらいかなと思います。

 

患者さんのことについて。やはり連休と関係なく全国から問い合わせが多いです。京都の目の難病の70代女性と10代のお孫さんをはじめ、大阪の40代女性、北海道の70代女性など。

 

うれしい患者さんのこともあります。1月から漢方を服用している30代の不妊症の女性は、自分で妊娠の陽性を確認し今週末に産婦人科に検査に行く予定です。また妊娠はまだですが不妊治療を繰り返している30代後半の女性は、先月いい卵子が採れ受精も成功これから移植の予定です。他に今週出産予定の30代女性もいます。無事の出産を祈ります。

 

また家系の中に膵臓癌の方が多い40代の女性は、H28年から膵臓のアミラーゼ値がだんだん高くなり膵臓炎と診断。今年2月の検査でアミラーゼ値は173、当店の膵臓を強くする漢方を服用し、今日7月の最新の検査結果では122の正常値(正常値は44~132)まで改善され大変喜んでいます。

 

他にも肝機能異常の40代女性は、4月から肝臓を強くする漢方を服用。昨年6月26日の検査でALT33から正常値の14まで改善。また血糖値124から103まで、HbA1Cは6.8から5.6まで改善。体重も63から60キロまで減りました。大変喜んでいます。

 

最後にネットで今日の山形の最高気温を調べたら36.7度でした(13時現在)ちなみに福島は34.4度、仙台は34.2度。全国の最高気温は群馬県伊勢崎市で40.1度だそうです。

漢方で目の難病の50代男性の視力が改善

今日は都道府県をまたいでの自粛解除から2日目で、やはり朝から仙台市内も車が多い気がします。患者さんのことについて、不妊症や目の難病・肝臓の難病・癌の方が多いです。

例えば、網膜前膜黄斑の50代の男性は手術を勧められましたが、昨年5月から肝臓・腎臓を強め目の血流を良くする漢方薬を服用して、昨年11月の検査で右目の矯正視力が0.3から0.5まで改善、今年5月16日は0.6まで改善されています。仕事でパソコンなども使うそうですが、目の疲れも軽くなり仕事への支障も軽減されています。また、今年の検査結果はまだありませんが、肝機能・腎機能の異常も改善されています。例えば昨年9月30日の健診で肝機能のγGPTは一昨年の11月の健診の53から正常値の34まで改善、腎機能のeGFRは52.2から56.7まで改善、正常値の60以上に近づいています。もし、今検査したら腎機能も正常値になっていると思います。

 

よくなった患者さんのもう一人の50代の女性は、20年前からお酒を飲まないし病気も無いのに肝機能がずっと異常で、さらに2~3年前から顔の湿疹・赤み・かゆみもあり、病院のいろいろな薬を服用してもよくならなくて、昨年1月から当薬局の漢方薬を服用しています。今日、4月の検査結果を持って来局。ご本人の話によると、湿疹・赤み・かゆみがよくなって以前の生理後の不正出血も今年1月からなくなりました。また、二十数年以来肝機能が一番良い数値と病院の先生から言われたそうで大変喜んでいます。ご本人は癌になったことがあり、今日から癌予防・再発転移予防中心の処方に変わりました。

 

写真の通り、持参の昼弁当を電子レンジでいつもの1分30秒温めました。食べたら、野菜は少し温かいのに、黒豆は熱くなっていてやけどしました。黒いし丸いし、温まりやすいかなと人体実験で分かりました。ちなみに、赤いナツメは豆と野菜の中間の温かさ、白い肉まんは一番冷たかったです。ビワは朝イチで市内の公園で採った物です。新鮮で水分がいっぱいで甘みも酸味もあり、買ったオレンジよりずっと美味しかったです。誰も採らないし食べませんが、いつも私より早起きのカラスたちと競争しています。明日も負けないように早起きして収穫したいです!実はこの近くに桑の木もありますが、実はもうほとんどありません。絶対、カラスに食べられたはずと思います。

 

【写真】

花見山は見頃かなぁ

今日は風が冷たくて強いですが良い天気です。福島市郊外の“桃源郷”と言われた花見山の花は見頃ですが、、、今年は行かない様にします(昨年は4月8日に行きました、花は見頃でした)。

 

患者さんの事について、全国からの電話や問合せ、メール相談が多かったです。長崎の肝機能、腎機能異常の50代男性、静岡の電子波過敏の親子、肺を強めるコロナウイルス感染予防希望の東京の大病院勤務の医療従事者の30代女性と福島の40代の医療従事者とお母さんも希望、などなど。

いつも思うのですが、多くの方々が当薬局の漢方で良くなったご家族やご夫婦、兄弟、親戚などからの紹介で服用開始する方が多いです。

例えば今日でいうと、東京の30代医療従事者の女性も漢方服用で元気な子供を出産したお兄さんの紹介、長崎の男性も更年期や耳鳴りなど様々な症状を改善させた奥さんの紹介、福島の40代医療従事者の女性もお母さんを紹介です。その他にも肝機能異常で服用していたお母さんの紹介で飲み始めた娘さん30代女性(肥満、鼻炎、湿疹、生理不順)や20代男性もお母さんの紹介でお姉さんと共に飲み始めています。

もちろん皆さん、自分の症状が良くならないと紹介はしてくれないと思うと、その効果・現象に本当に嬉しくもなり、もっと助けたい、もっと笑顔を見る為に広めたいという気持ちも強まります。

 

最後に、福島の花見山を宣伝する為に昨年のキレイに撮ったキレイな写真をもう一度掲載します。来年、全国の皆様ぜひ見に来てください!!私は福島県民ではありませんが、熱烈に歓迎します!