20周年記念の中国語作文②

今日は新患の方(みなさんほとんど当薬局の漢方薬を服用してよくなった方の紹介や、ご家族や親せきの方です)が多いです。あまり時間がないので、患者さんのことは省略して20周年記念の中国語の作文の2回目の翻訳を掲載します。

 

記憶にはっきり残っていることは、山口県の血小板減少性紫斑の少年がお父さんとお母さんと前の日に飛行機に乗って東京で新幹線に乗り換えて仙台まで来局したことや、三重県の80代の癌男性が息子さん2人と奥さんと一緒に来局したこと、石川県のIgA腎症の少年もお母さんと飛行機で来局したこと、千葉の肥大型心筋症の少年が車でお父さんとお母さんと一緒に来局したこと、札幌の再生不良性貧血の少女も車でフェリーに乗ってお母さんとご家族と来局したことなどです。

 

一番印象深く驚いた来局者は、15~16年前に突発性血小板減少性紫斑病で漢方薬を服用した北海道の20代の男性が、半年くらい漢方薬を服用して血小板が正常値になって、夏休みを利用してある日突然車で来局したことです。でっかい高さのあるトラックみたいな車のナンバーを見たら「北見」のナンバーでした。

北海道と言えば、東北大学の医学部教授のお兄さんの30代の息子さんが交通事故に遭って、その後様々な症状が出て高次脳機能障害と診断され、いろいろな治療の間に不眠・不安などの症状が出てうつ病と診断され、さらに精神安定剤が増えて結局仕事が出来なくなって、教授の紹介でご一家と飛行機に乗って来局しました。その時は、一人で歩くのも大変で字も書けませんでしたが、約1年間漢方薬を服用してさまざまな症状が改善されて、確か9月に一人で飛行機に乗って来局されました。その時、綺麗な字が書けるようになっていました(写真)。また、北海道のリンゴを1かご持ってきてくれました(初めて北海道のリンゴを食べましたが、実はあまりおいしくありませんでした・・・。でも、一人で重いリンゴを持ってきてくれたことに感動しました!)。

【写真】3分間で書いた文字 上が漢方服用前の2007年10月2日、下が漢方服用1年後の2008年10月25日

 

また、水戸の少女の事も思い出しました。この少女は、中学生の時からめまい・頭痛・朝起きられないなどの症状があり、脊髄空洞症と診断され手術した後も改善されず親戚の紹介で当薬局の漢方薬を服用しました。漢方を服用後すっかり症状が改善され、お母さんと一緒に来局した時、水戸の名物の藁に包まれた納豆を持ってきてくれたこともはっきり覚えています。その後、高校にも進学したと聞きました。年月から推定するともうお嫁に行ったかなあと思います。

 

今日はここまでにします。時間がある時また③④を発表します!

膠原病と間質性肺炎で漢方薬を服用の60代女性と漢方で産まれた孫さん2人の3人写真を見せてくれた!

 今日の福島では、ほとんどの皆さんが漢方で症状や検査結果が良くなって喜んでいます。
 例えば昨年8月から漢方薬を服用の網膜色素変性症の30代女性、7年前から漢方薬を服用中の腎機能異常の70代男性、平成29年から漢方薬を服用している間質性肺炎の60代女性などなどです。

 5才の時から漢方薬を服用していた事のある今は大学4年生の女子大生は、久しぶりに来局しました。
 お母さんが私のブログに書いていた漢方薬の服用でコロナが著しく改善された治療をみてご両親との家族3人、「万が一コロナに感染したらすぐに服用できる漢方を用意してほしい」と言われて、お母さんの変わりに来てくれました。来年は大学卒業予定で、今は就活中だそうです。この女子大学生は、実は5歳の時に私と漢方薬とに縁があり、時々意識が無くなって病院ではてんかんと診断され、お母さんの勧めで病院の薬を服用しながら中学生まで漢方薬を服用し続けました。
 小学生の時、病院の薬の副作用で授業中ボーとしたり時々学校を休まなければなりませんでしたが、私の勧めでてんかん薬を徐々に減らしながら、中学生までには漢方薬だけを服用し続け、その後の中学校からは発作もなく、毎年の脳波の検査も正常で、なんと漢方薬を一切服用しないで高校生、大学生になりました。
 今はとても元気で、背もお母さんを越えました。5,6歳の小学生の時の姿は今でもハッキリ覚えています(スタッフも「可愛い」を連呼していました。今日は「美しい」を連呼していました)。たしかお父さんは背があまり高くなく、もしかしたらお父さんより背が高いかもしれません…。

 平成29年4月から膠原病、間質性肺炎、原発性胆汁性肝硬変で漢方薬を服用している60代女性は、4カ月ぶりに来局しました。
 先週、病院の特定疾患の血液検査をしましたが、結果は来月でるそうで、本人は「リウマチで両手の指関節の腫れ、たまに痛い以外は一切症状がなくとても元気」と言われました。実はこの女性は、自分で漢方薬を服用して良くなり、不妊治療を繰り返し失敗していた娘さん2人(長女は流産したこともあり)に当薬局の漢方を勧めてくれ、共に妊娠成功、共に元気な女の子が産まれました。本人が真ん中、左右に孫二人が顔をピッタリくっつけている3人の写真を私とスタッフ達にも見せてくれました。3人共に素敵な笑顔で、孫さん2人がとても可愛かったです。本人から何回も「漢方のお陰で可愛い孫二人です」と言われました。その後、長女のご主人や次女のご主人のお父さん、本人の弟さんも漢方を服用してくれました。

 昨日、写真の通り丸1日、丁寧に筆ペンで7人の方に手紙を書きました。
 中国語2つ、日本語5つで、内容は薬局開業20周年感謝の気持ちです。ご存じの通り9月1日は薬局開設20周年を迎えますが、コロナの影響で記念のイベントもできない、集まって記念のお酒飲みもできないので、変わりに手紙とプレゼントを贈る予定です。7人の中の5人は、創業時のメンバーです。彼らの努力・協力・支援がなければ懐仁堂漢方薬局は開設できなかったかもしれません。
 彼らに心から感謝、感激、感恩!ずっと忘れない!忘れてはいけない!

漢方薬で発達障害と知的障害の20代女性の様々な症状が改善!

今日の福島もチョー暑いので…ブログを短くします。

 一人の患者さんの事だけを書きます。
 昨年3月から漢方薬を服用している発達障害と知的障害の20代女性は、早産で2000g、2才から歩く、知的な発達が遅い等で、漢方薬を服用する前は時々全身の痙攣、会話ができない、10個ぐらいの単語だけ話しが出来る状態でしたが、今日のお母さんの話によると今は痙攣発作が5割以上は減り、話せる単語の量は増え、会話が出来る様になりました。また自分の意志を表現できるようになり、他人の指示で行動もできるようになったそうです。
 漢方薬の服用は遅いですが著しい効果が表れて、ご家族は喜んでいます。
もし、3,4才或いは小学生の時から腎臓、肝臓、脳神経発達などの漢方薬を服用すれば、小学校、中学校、高校に進学できたかもしれないと思います。

漢方で30代後半の女性が出産した女児は2960g!元気!

 台風の影響で仙台は昨夜から大雨が続き、今朝も強かったのですが…高速道の通行止めはありませんでした。福島は台風の大きな影響はなく、今朝から晴れで暑い!夕方、少し雨がバラつく程度でした。

 患者さんの事について、良くなった方が多かったです。
 今日、婦人科での検査で「3㎝の子宮筋腫の大きさは変わらず、もう一つの1㎝の筋腫は見えなくなった」と50代女性から喜びの連絡があり、漢方薬を1ケ月半服用での結果です。
 また、5才の時から漢方薬を服用していた大学生の20代女性は最近、雷が多くて不安があり、久しぶりにまた漢方薬を服用します。この女性は5才からてんかんで中学生まで漢方薬をしっかり服用、その後てんかん発作がなくなり脳波検査も正常になり、無事に高校、大学へ進学しました。2年前の夏休みに3ケ月間の漢方薬を服用して生理不順、生理痛、頭痛が改善され、来年は大学卒業で今元気に就活中です。
 もう一つの嬉しい事は、30代後半の女性から「5月25日に2960gの元気な女の子が産まれました」と報告がありました。この女性は不妊治療を繰り返し失敗して、当薬局の漢方薬を服用しているご両親の勧めて平成30年6月から不妊治療の漢方薬を服用し、昨年9月に妊娠成功、妊娠中も流産予防とつわり改善の漢方薬を服用しました。今はご両親の他に、弟さんも漢方薬を服用しています。また、お父さんは「病気や症状を治しちゃった方が、金かかんなくていいべー」と言って、沢山の親戚や友人に当薬局の漢方を紹介してくれます。ご一家に感謝、感謝!

漢方で90代近くの女性の認知症と骨密度が改善

今日はいい天気ですが黄砂が飛んでいるようです。黄砂は間違いなく中国大陸から飛んできていると思います。もし中国の黄砂だったら国民のみなさまに大変申し訳ない気持ちです。

 

患者さんのことについて、先日から漢方を服用しているひどいアトピー性皮膚炎の30代女性は、まだ効果が出ていない。

令和元年11月から漢方を服用している不妊治療を繰り返し失敗している40代後半の女性はまだ妊娠成功していません。とても残念です。しかし生理不順でしたが生理順調になり、生理の量も多くなり、体重も6~7㎏減りました。一日も早く妊娠できることを祈ります。

 

昨日のブログに書いた子どもや若い方の様々な難病が改善され、人生、運命が変わった。実は80代、90代の方で西洋医学では不可能な病気、例えば心臓・腎臓・肝臓・肺臓などの病気や症状が改善され喜んでいる人も多くいます。

 

今日良くなった患者さんの1人は、H24年11月から当店の漢方を服用し精神的、婦人科の病気が良くなった娘さんの勧めで、漢方を服用している今年6月に満90歳になる女性です。この女性は最初乳がんの手術の後にリンパに転移。それから漢方をずっと服用し、癌の再発・転移は全くありません。その後湿疹や関節痛などの漢方を服用しまた良くなり、5年前から認知症と骨粗しょう症の漢方を今日まで服用しています。認知症と診断されたとき病院から薬を処方されましたが、本人と娘さんの意思で病院の薬ではなく当店の漢方を選びました。

今お医者さんからは「認知症はほとんど進行していない」と言われ、日常生活も全部できます。漢方の効果に驚いています。

また漢方を服用する前の骨密度は、2016年10月18日は0.350(ℊ/㎠)から2020年11月26日は0.375(ℊ/㎠)と改善。90歳近くになりましたが骨密度は高くなり骨も丈夫になったでしょう。

 

ところで先週ブログにふきのとうの料理を載せたら、たくさんの方から問い合わせがあり、欲しいという方もいました。岩手に住む1人は「効能をみて少しずつ食べる努力をしているが、苦みと香が苦手」ということです。岩手ではふきのとうのことを「ばっけ」と言うそうです。どんな意味でしょう・・

 

実は日曜日もふきのとうを大量に収穫し、昨夜も今朝もまた大量のふきのうとを食べました。10時半に山形店のトイレを利用したら何と便器が真っ黄色になりました。こんなにきれいな黄色は初めて見ました。ふきのうとうの食べ過ぎを反省しています。

 

なんとなく日本と中国のふきのうとうは違うと思って検索したら、写真の通り中国のふきのうとうとは違います。中国は先に花が咲くようです。きっとふきのとうもいろんな種類があるのでしょうね。

<写真>

漢方で20代男性の自閉症の尿汚れ、服を破る等の行為が9割改善!

 今日の福島はとても暖かく、風も春を感じました。
 まず午前中のトップニュースでは7万4000円の超高級料理を接待された山田○○は辞職したそうです。70万5000円の給料返上、辞職、自業自得です!優秀な官僚なのに、、、、。

 患者さんの事について、まず漢方で先週、自然妊娠成功した静岡の40代女性から連絡があり、先週からつわりと流産予防の漢方服用で今は妊娠順調だそうです。
土曜日には福島の20代後半の不妊症の女性が不妊治療の病院からの紹介で一日も早く漢方薬を服用したくて仙台店まで来てくれました。
 実は不妊治療を繰り返し失敗、生理痛、生理不順、チョコレート膿腫、子宮内膜症など、なかなか良い卵子が採れない患者さんに不妊治療の病院でも大変悩んでいます。この女性が通っている不妊治療の病院からは時々、沢山のなかなか成功していない、特に40代前後の患者さんを紹介してくれます。結果として皆、不妊治療の成功率が高まりました。例えば昨年、当薬局の漢方服用で妊娠成功し、無事に出産した42才女性は、卵子の質を高める漢方で大変良い卵子を採ることができ、着床をしやすくして妊娠成功・出産に至りました。

 今日、良くなった患者さんの一人は当薬局の漢方を服用しているお母さんの勧めで令和1年11月から漢方を服用している息子さんです。
 3才で自閉症と診断され5歳から多量の薬を服用し、19歳から急に話もできなくなり、毎日数回の尿漏れ、物を壊す、頭を壁にぶつける等の症状・行為がある現在20代男性は、大変良くなって様々な症状が改善されました。今日のお母さんによると、今は月に1回か2回の尿漏れ・汚れがあり今年1月12日からは洋服や物を壊す行動は一切なかったそうです。「夜も寝むれる様になり、きちんと食事もでき、とても安心できる様になったので、日中仕事をしている私たち両親は安心して過ごせる」と言われました。
 当薬局では自閉症をはじめ、発達障害やてんかん等、脳神経、精神疾患の10代から20代の方は副作用のない発達に良い漢方薬を服用して様々な症状が改善され、勉強ができるようになり進級・進学・大学入学・国家公務員合格などの子供たちが沢山います。親御さんからは「漢方で人生が変わった」とよく言われ、その度に大変嬉しい気持ちでいっぱいになります。一人でも多く知的・発達に異常がある子供には漢方治療が広がればいいな、と心底思います。

 ところで土曜日のブログに書いた通り昨日、款を彫ってない印に款文を彫りました。写真の通りの款文は「良薬人生皆苦也 当時未刻款 今問弟子柴田町 太田良喜知在 二00二年七月十九日 為懐仁堂開業一周年刻之 ・・・・・」(意味は良薬も人生も苦く苦しく この印に当時款を彫ってなかった 今元弟子の柴田町の太田さんに聞いて、2002年7月19日に懐仁堂開業1周年記念の為に彫ったとメモがあると教えられた・・・・・)の74文字で、一文字の大きさは0.2~0.4cmです。
ちなみに土曜日の質問の印文は「只知苦味」(構図は昔の古銭の形で四文字の口を共有した。意味はただ苦い味だけ分ければ、、漢方薬は苦い、苦い漢方薬は必ず良い効果がでます。人生の苦労、困難の後は必ず成功、幸せが来る)

5年間の漢方で80才男性の認知症テストは29点(30点満点)!

今日の福島は雨、風、曇り、晴れなど色々でした。いずれにしても風が強くて寒かったです。

 

患者さんについて、やはり連休明けで遠方の方も多かったです。

静岡の電磁場過敏症の50代女性、IgA腎症で腎機能低下の60代女性、埼玉の骨髄腫、脊柱管を二回手術後も腰痛・歩行困難の80代男性など。

 

また、大変な患者さんも多かったです。

十数年ぶりまた唇の腫れ・痒み・痛みで話すのも大変で服用再開始する50代女性は、十数年前に漢方で同じ症状を改善させました。その後は時々便秘の漢方薬を服用していましたが、先月から秋の花粉症でまた唇の症状が出ました。本人によると「庭の花が咲く植木を全て切った」と言われました。先週、大きい金木犀や椿も根元から切ったみたい(もったいないなぁ、欲しいと言ったら「もう全て切った、植木はもうない」と言われました。。)。

また、お風呂で知り合った方が当薬局の漢方ですっかり腰痛が良くなり、その紹介で来局してくれた70代女性は7種類の薬を服用しても腰痛が良くならず、先月からは平日週に5回整体に行っても良くなりませんでした(お風呂での知り合いは公衆浴場か温泉か…本人に聞きませんでした。また、一回の整体の施術費は5000円位だそうで、5000円×5×4で…月10万円だそうです。。。随分高いでしょう!)

 

良くなった患者さんも沢山いました。

その中の一人は、平成24年に脳腫瘍と診断され手術できずに放射線治療を受けました。脳腫瘍は小さくなりましたが、放射線の影響で視神経が壊れて右の聴力が無くなり、大小便の失禁になり、一年後には脳に水が溜まって認知機能低下、会話は出来ますが数字を覚えられない、歩けない等ありました。平成27年6月に当薬局の漢方を服用している奥さんの友人の紹介で漢方服用開始し、時々ブログに書いていると思いますが、その後は大小便の失禁や歩行、数字の覚えが良くなりました。例えば平成28年11月14日のブログに書きましたが、認知や失禁が良くなり歩行が早くなりました。昨年8月28のブログにもありますが、その年の6月からは中位の厚さの一冊の本をキチンと読むことができ、野球やゴルフのテレビも見ました。昨年12月25日のブログには4年ぶりに自分の手書きの年賀状を書けるようになりました。分からない言葉は自分で辞書で調べることもできます。奥さんによると歩行も良くなり物忘れも改善、数年前のことも思い出すことがあるそうで、正月の部屋の仏壇の掃除もしました。今日、奥さんは10月13日脳神経の病院での認知症のテストのコピーを持ってきてくれました。テストを見るとなんと29点で、ちなみに満点は30点です!!(20点以下は認知症。軽度の認知症は19点+-5点です。中度は15点+-4点、やや高度は11点+-5点、非常に高度は4点+-3点。)夜はトイレ3回以外の症状がないだけでなく、昨日は自分で行きたい地名を地図で一人で調べることもできました。病院の主治医からも「認知症だけでなく脳の腫瘍もあるのに認知症が進行ではなく、どんどん改善されていることは奇跡」と言われたそうです。もちろん、本人と奥さんからは「漢方のおかげです」と言われました。ちなみに先週奥さんは初めて膀胱炎になり、病院の治療ではなく、今日から当薬局の漢方を服用します。

3年間の漢方でパーキンソン病の60代男性の症状は著しく改善

今日の山形はとてもいい天気です。

一身上の都合でブログ短くします。

 

良くなった患者さんの1人は、10数年前にパーキンソン病と診断され専門の病院の治療を受けていますが治療効果なく症状悪化。両手、両足の震えの他に身体の動き、足の歩きが遅くなった。友人の紹介でH29年9月から当店の腎臓・肝臓を強くする、血流を良くする漢方を服用。3カ月後効果があらわれ、本人と奥さんの話によると手足の震えが軽くなり歩くのも早くなった。その後も漢方の服用を継続。今日奥さんの話では今はほとんど症状がない。毎日夕方18時に1時間の散歩をしていて近所の人から、以前より歩くのが早くなり腰も真っすぐになったと言われたそうです。もし漢方を服用していなかったら車椅子か寝たきりだったかもしてないと奥さんが話されました。

 

新患の1人の70代男性は大きな病気はないがなんと9種類の薬を服用。多いですね、と言ったら薬の副作用で両足が内出血で紫色でした。本人から妻はさらに多く私の3倍以上の薬を服用していると言われました。奥さんは何の病気でしょうか?何種類の病気なのでしょうか?

6年間の腎臓を強くする漢方でIgA腎症60代の女性の人工透析を避けた

今日の山形は晴れでとてもいい天気。

患者さんの事について。10代から80代まで幅広く、病気もいろいろ。統合失調症、不妊症、脳梗塞の後遺症、大腸がん、IgA腎症、慢性腎不全など。

大腸がんリンパ転移、手術出来なくて抗がん剤治療を受けている70代女性は漢方の併用により10月7日の血液検査で肝機能、腎機能、貧血が良くなった。1日8回の下痢も2~3回まで改善。

9月15日から漢方服用の脳梗塞の後遺症で悩んでいる50代男性は手の痺れ、瞼の痙攣が改善されました。

平成26年3月からずっと漢方を服用しているIgA腎症の当時50代の女性は9月24日の血液検査で腎機能は更に良くなった。漢方を服用する前のクレアチニンはすでに3以上そろそろ透析と言われましたが、今年の5月の結果のクレアチニン1.35・7月1.29・9月24日1.26まで改善され安定しています。本人からもし漢方を服用していなければ、今99.99%透析をしていると冗談を言われました。

1ヶ月の漢方で脳梗塞の50代男性の目と手の後遺症改善

今日の山形は晴れ少し暑いです。

患者さんの事について、名古屋、東京、千葉の方がいます。一番印象深いことは、久しぶりの方が多かったです。

 

1人は半年ぶりで、ホテルの料理人ですがずっと休業状態のようです。血圧がどんどん上がり体重も増加。もう1人の60代女性は1年ぶりに来店。肝機能異常はさらに悪化し、7種類の薬を服用し肝硬変の一歩手前と言われたそうです。もう1人の40代女性は7カ月ぶりに来店。結局半年の漢方で体重は70kgから66㎏まで痩せましたが、また70㎏になり本人は大変後悔しまた漢方の服用を始めます。お酒も好きで、「お酒は飲んでもいいです?」と聞かれ、「ダメです。60㎏になったら私からあなたを招待します。一緒に酔っぱらうまで飲みましょう!」と約束しました。(本人は大笑い、多分楽しみにしていると思います。)

 

ところで良くなった患者さんの1人は50代の男性で、7月に脳梗塞をおこして入院・治療しましたが右目が見えない・痙攣、右手の痺れ、不眠の症状があり9月15日から当店の漢方を服用。今日本人の話によると、著しく改善し効果を感じていて物が見えるようになり目の痙攣も手の痺れも改善。イライラ・不安がなくなり気持ち的に大変落ち着いたそうです。

 

ところで桃は採れませんが、市内の2か所で棗を見に行ったら赤く熟し始めていたので収穫しました。写真の通り今年の棗は大きくて多い。入れるものがなかったのでズボンのポケット2つとジャケットのポケット2つに入れ、ちょっと早く歩いたり腰を曲げたりするとズボンのポケットから転がり落ちました。今日の収穫は1.7キロです。山形市民の棗なので、山形市民のスタッフ2人に3つずつ上げました。(やはりケチそう、、と言われました)

<写真>