漢方で40代の女性は自然妊娠・出産

今日は曇りで結構寒くて、初めて暖房を入れました。明日もまた大雨が降るみたいで、被害がないように祈ります。先週の台風の大雨の被害は想像より大きくて、みんな大変です。被災地の方と比べられない程小さい被害ですが、私が住んでいるマンションのエレベータは昨日から仮運転でしたが、これから本番の修理に莫大なお金がかかるみたい。どうするかこれからマンションの組合の理事会を開いて決める予定だそうです。ちなみに、いつも私はマンションの理事会を欠席しています。いつも土曜日でいつも仕事です。

 

今日の患者さんのことについて、まず唇のトラブルの方が多いです。一人の50代の女性は、しゃべる仕事なのに3~4年前から毎日唇が荒れて、割れて痛くて塗り薬を使っても良くならないそうです。もう一人の30代の女性は、5~6年前から毎年2~3月に唇にヘルペスが出て、来年はならないように今日から漢方薬を服用します。

 

その他に癌の患者さんと不妊症の患者さんが多いです。嬉しい患者さんのことも沢山あります。落ち着かない・集中できない・緊張しやすい・チックなどの症状があり今年の1月から以上の症状を改善する漢方薬を服用している小学生のお子さんは、3月から様々な症状が改善され集中力も高まりました。今日、お母さんが喜んで最近のテストの成績を見せてくれましたが、グラフが直線のように上がって、特に最新のテストでは上位に入る位の好成績だったそうです。もちろん、本人の努力が一番ですが漢方で落ち着く・集中力が高まったことも否定できないと思います。

 

一番嬉しい患者さんのことは、43歳の女性のことです。この女性は、アメリカでもすぐ体外受精をしないと妊娠出来ないと断言されましたが、当薬局の漢方薬を服用して体質改善して自然に妊娠に成功して8月に元気な3000gを超える女の子が産まれました。しかし、難産で36時間かかって1600cc以上の出血があり、その後体調が悪くなってまた当薬局の漢方薬を服用します。実はこの患者さんは当薬局と大変縁があり、平成20年に顔と首の湿疹やかゆみ・生理不順・便秘などの症状があり、約8月間当薬局の漢方薬を服用して湿疹も改善され生理も順調になりました。これからまた漢方薬を服用して、元気になって精神的な症状が改善されるだけではなく、足りない母乳も増えて娘さんにも良い影響があると思います。赤ちゃんはまだ小さくて一緒に来局できませんでしたが、元気な可愛い写真を見せてもらいました。元気で成長することを祈ります。

無題

時間を節約するために今日は車で山形に行きましたが、帰りに笹谷トンネルから渋滞していました。なぜトンネルの中で渋滞なのか、事故か工事か全然わからなくて、全く動かなくなって不安になりましたが、原因は交通事故だそうです。したがって4時30分と4時45分の仙台店の予約の患者さんに影響が大きくて、もちろん5時の予約の患者さんにも影響があり、大変ご迷惑をおかけしました。

 

患者さんのことについて少し書きますが、5~6年前から両手足がひどい皮膚割れで出血の女性は、病院を転々としても良くならなくてご主人の勧めで当薬局に来ました。漢方で改善することにご夫婦は半信半疑でしたが、よくなった症例(確か2週間前にブログに書いた中学生の手足の皮膚割れが1年半で著しく改善した方と全く同じ症状です)を見せたら、半信半疑から9割信じたみたいです。半年~1年後間違いなく効果が見られると思います。その時ブログに載せます。

その他に十数年前から耳鳴りの40代の男性がいます。同じく耳鼻科を転々としても良くならなくて当薬局に来ました。何回もブログに書きましたが、昨年10月の日本耳鼻科学会で耳鳴りの治療方針が薬による治療からカウンセリングによる治療に変わりました。薬で耳鳴りが良くならないことをお医者さんも認めたということです。実はこの男性は十数年前から検診で腎機能が低下していると言われ、今まで十数回両ひざに溜まった水を抜いたことがあります。漢方からみると耳鳴りと同じ腎臓に原因があると考えられ、腎臓を強くすれば耳鳴りだけではなく、膝の水も溜まらなくなると考えられます。

二人共に良くなることを祈ります。良い結果を楽しみにしています。

3ヶ月の漢方で60代男性の肝機能が改善!

月曜日の連休、台風の影響で今日は大変忙しかったです。

今日の患者さんの事について、まず全国から難病の方が多く東京、埼玉、愛知、北海道など。IgA腎症、間質性肺炎、乾癬、再生不良性貧血等などなど。

 

他にも患者さんの事は色々です。

例えば90才近い女性は7年ぶり来局しました。最初に当薬局の漢方を服用したのは平成16年に半年間の漢方煎じ薬を服用して頭痛と不整脈が完全に改善。また平成24年に3ヶ月の漢方薬を服用して手足の湿疹痒みを改善させ、今日は7年ぶりの来局で両足膝に水が溜まっていると言われたので今回も漢方で改善したいそうです。

 

一人の70代のお医者さんの奥さんは、当薬局の漢方を服用して心配していた腎機能は改善しましたが、昨年12月から足の一本の指が腫れて痛くて、福島のあちこちの整形外科で検査しても分からず、、、先月やっと最後の一カ所の病院で指の骨が脱臼していたのが分かったそうです。この奥さんの家族にはお医者さんが4人いますが、いつもお医者さんに文句はいっぱいです。

 

現在、妊娠8週目で順調の40代女性は病院の帰りに来局し、本日も妊娠順調です!

 

平成28年から漢方を服用している(ネフローゼ症候群で7種類の薬を服用していて腎機能がどんどん悪化していた)60代男性は、更に腎機能が改善し基本的には透析を避けられます。漢方服用前はクレアチニン3以上でしたが、今年8/2の検査では2.35、最新の9/30の検査では2.31にまで改善しています。

 

糖尿病、尿酸が高い、肝機能異常などの60代男性は約3ヶ月前の7月から当薬局の肝機能・腎機能を強くする漢方で今日は喜んで10/7検査結果を持参しました。やはり肝機能・腎機能だけではなく、糖尿病も改善されています。例えば漢方服用前の今年5/10の検査では肝機能のGOT50、GPT50以上でしたが、今月の検査では33、33ですべて正常になり、尿酸は8から正常値の6.8にまで改善、ヘモグロビンA1cは7から6.2にまで改善、本人は大変喜んで主治医から「同じ4種類の薬なのに何を飲んでいるのか」と聞かれたので正直に当薬局の肝臓・腎臓を強くする漢方を服用していると言うと「ぜひ続けて」と言われたそうです。

一つの漢方で肝臓や腎臓など様々な症状、数値も改善できるのは、やはり絶対に西洋の薬ではできないと思います。

 

ところで写真の通り先日、福島の民友新聞社のインタビューを受けた記事を載せます!短いですが、すぐに役立つと思います。やはり自然食が一番健康的!

 

従って昼に写真の通り最後の桃を収穫しました(スタッフには大きめのビニール袋を持たされましたが…)。

実は先週の水曜日に収穫した時、3個の青い硬い桃を残しておきました。すると…やはり台風で1個影響を受け無くなっていたので、2個しか収穫できませんでした。この2個は大事に大事に食べたいので、小さいのに一週間に一個か、二週間で1個か…とりあえず本当に大事に大事に食べたいです。たぶん日本一遅い桃かな、と自慢します!

 

最後の写真の通り実は私の故郷、山東省青洲市の名物の果物は実は桃です。千年近くの栽培歴史があり、皇帝に献上した事もあります。硬めですが、甘くて大変美味しくて、この桃は葉が全て落ちた冬に収穫できる桃です(冬の桃、という名もあります)。故郷の桃を食べたいな。今日の桃より美味しいかな。

漢方でIgA腎症の60代女性は著しく腎臓機能改善

まず台風、大雨の被害は大きく、多くの方々が被災されました。お亡くなりになられた方々に、ご冥福をお祈りいたします。そして、被災された方々へお見舞い申し上げます。

 

仙台と福島のスタッフの被害状況を確認すると、大きな被害はないが、私の住むマンションの1階が冠水、さらに地下1階のエレベーター室も冠水。管理会社からしばらく修理できないので、階段を使ってください!との知らせがありました。私は普段、階段を使っていますが、年配の方、足腰の弱い方は大変かな、、と思います。

 

今日の患者さんのことについて、新患の方が多い。60歳から喘息の70代女性は、今年の春から悪化し、吸入薬は最高レベルまで増やしても改善されず来局。実はこの方は、ちょうど1年前、(去年の10月)私の講演会に参加したのですが、なかなか漢方治療は受けませんでした。もう一人の40代女性は、7月から突然、顔に赤い湿疹がたくさん出て、皮膚科を数か所行き、治療を受けましたが一切良くならなくて来局。実はH24年に、(当時40代手前)子宮筋腫・不妊、1回流産などで当薬局の漢方を服用し、無事に自然妊娠成功、元気な2人のお子さんをご出産されました。当然、体質改善の漢方で顔の赤い湿疹がなくなり、キレイになることができると思います。

 

良くなった患者さんもいます。例えば、頭痛・不眠・胃痛の20代女性は、1年間の漢方服用で全部改善されました。

また、IgA腎症の60代女性は、10歳で急性腎炎、18歳でIgA腎症と診断。約30年間ずっと病院の薬を服用していますが、腎機能は50代から異常、その後どんどん悪化。H26年3月から腎臓を強くする漢方を服用して、腎機能の検査はだんだん良くなりました。漢方薬を服用する前のクレアチニン値は3.0以上でしたが、1年後2.0台まで改善。今は1.2~1.3台で安定しています。例えば、今年の4月は1.27、6月は1.22、9月は1.23です。人工透析は100%避けまして、本人は大変喜んで感謝してくれています!

 

ところで、昼休みにナツメを大収穫!もちろん、とても美味しいです。まだまだ収穫できますが、場所は一身上の都合により非公開致します!(実は、山形市民のみなさんは知っている所、誰もとらない、食べない。毎年ゴミか、鳥のエサになるだけです。木の下の説明に食べられると書いてあるのに、、)

<写真>

 

漢方で40代女性の手術前の癌が小さくなった

台風の影響で、できるだけブログは短くします。でも、台風はまだ来ていないので理由になりません。

まず、よくなった患者さんが沢山居ます。

6月から腎臓・肝臓を強める処方を服用している60代女性は、4~5年前から毎年の検査で腎機能のクレアチニン値は異常でしたが、9月13日の検査でクレアチニン値は昨年9月の0.75から0.69まで正常値になりました。総コレステロールとLDLコレステロールも改善し、昨年9月の総コレステロールは242から220までに改善(正常値は140~199)、LDLコレステロールは152から133(正常値は60~119)。

今年3月から漢方薬を服用している、4~5年前に舌痛症と診断されて毎日舌がヒリヒリ・ピリピリする50代女性は、今日の本人の話によると、舌のピリピリする痛みはもう忘れていてたまに症状を感じるそうです。本人の自己評価は7~8割改善されました。今日から漢方薬の量が減ります。

今年7月に卵巣腫瘍と診断され、9月に手術する予定との40代女性は、当薬局の漢方薬を服用している友人からの紹介で、体力免疫力を高めて手術前の癌を抑制する漢方薬を8月から服用。今日ご主人の話によると、9月末に手術は無事に終わり、手術後からすぐ話ができて食欲もすぐ戻って快復が早く、1週間で退院できました。特に驚いたことは、手術の時に7月検査の腫瘍の大きさより癌が小さくなっていました。手術前に癌治療は受けていないので、間違いなく漢方効果だと思います。本人と主治医は驚いています。

 

今日の新患の癌の一人は、6月に癌を診断されて11月末に手術予定です。間違いなく約5ヶ月で癌は進行して大きくなります。癌が成長しないまま手術を待っていることはあり得ません。また、少数の方は癌の初期に診断されますが、ほとんどの方が診断された時にもう既に進行している、或いは転移しています。治療を待っている間に更に進行し転移するでしょう。何度もブログに書きましたが、癌の手術や抗がん剤治療を待っている間に1日も早く体力免疫力を高め、内臓機能を高め、癌を抑制する漢方薬を服用することが一番理想です。

 

明日は史上最強クラスの台風が上陸するそうですが、誰かの魔法で台風の進路が右太平洋に曲がって、日本に上陸しないようお願いしたいです。もし誰も居なければ、今晩私が台風の進路に向かって祈ります。明日の台風が日本に上陸しない、少なくても仙台に上陸しなければ私の祈りの結果です。

漢方で飛行機に乗る度のめまい・頭痛・吐き気の60代女性の効果100%

今日はとてもいい天気です。まず昨夜から日本中に明るいニュースが流れています。昨年に引き続き、日本の科学者がノーベル化学賞を受賞しました!これは日本の研究の力、特に大学だけでなく、民間企業の研究の結果でとても素晴らしいと思います。なんとなく受賞された吉田さんの顔は、昨年ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶さんと似ているように思います。

 

今日の患者さんのことについて、やはり大変な方が多いです。一人の40代女性は、子宮筋腫が2014年は4.5cm、だんだん大きくなり2年前は8cm、今月初めの検査では11cm。薬物アレルギーがあり、手術できないと言われ当薬局に来られました。

 

またH26年、めまい・不眠・不安・耳鳴りで、当薬局の漢方を服用している60代女性は、5ヶ月ぶり来局。とても元気ですが通販が好きで、なんと富士山の水を3年分購入したそうです。「高い」と私に言われ、「1本いくらですか?」と聞いたら「1本(2ℓ)1,000円」と言われました。こんな高い水は聞いたことも、飲んだこともありません。山形の水は十分美味しいです。

 

他に、飛行機に乗る度に、めまい・頭痛・吐き気の50代女性は、H16年から飛行機を利用して旅行や娘さんのところへ行く際に、必ず当薬局に来ます。今月末に東海地方の娘さんのところへ行くので、往復2日分のめまい・頭痛・吐き気予防の漢方薬を調合しました。今まで十数年、十数回の旅行のとき服用して効果が100%で、いつも楽しく旅行をしています。また、旅行のときはお酒を飲むのが好きで、そのとき下痢をすることを初めて聞いて、お酒の飲む前後に服用する下痢防止の漢方薬を追加しました。間違いなく効果あると思います。次回来局のときに効果を確認します。

 

今日もメールや電話の相談は全国からあります。白斑の愛知の40代男性、子宮筋腫の北海道の40代女性など。

 

ところで、今日の昼休みに、山形のあちこちの秋の実を収穫に行きました。まず漢方薬の山査子の木が大きく実も地面いっぱい落ちて腐っています。袋は小さく、他にザクロと熟したナツメ、黄色のヒメリンゴの4種類を収穫しました。ナツメはまだまだで、あと2週間ぐらいかなと思います。すべて美味しいです。美味しいだけでなく、道路の脇、公園に落ちて汚れないよう、毎年秋は山形の環境に貢献していると思います!

<写真>

三ヶ月間の漢方服用で皮膚湿疹の男性が8割改善!

今日の福島は朝からとても良い天気でしたが、風が強くて身体に影響を受けた患者さんが多かったです。

例えば自律神経や不眠、不安感などの40代女性は、体調が落ち着いてきて良くなってきていました(10数種類の西洋薬もかなり減りました)。しかし、最近の天候もあり今朝から体調が徐々に悪化し、急きょ今日はご主人が来局しました。

 

私は何にも影響は受けませんでしたが、月曜日は急用により福島店での仕事を休んだので今日の朝はドキドキ・ワクワクしました。ドキドキの理由は月曜日の欠勤をスタッフに叱られるかなぁ、と。。。ワクワクは沢山の新患予約が入っていたので(膠原病・潰瘍性大腸炎・心臓病・肝炎などなど)、改善への期待にワクワクしました。

 

今日の患者さんについて、まず先日のブログに書いていますが、不妊治療を失敗していた40代女性が(治療をストップして一年間の体質改善を優先にした結果、見事移植後に着床・妊娠に成功)、病院帰りに来局しました。結果は胎動が確認され、現在妊娠7週目で順調です。吐気が少しずつ強くなってきていますが、まずは流産予防を中心に暫く続けます。この女性とスタッフ達が会計後にしばらく立ち話をしていたので、私が「何、立ながら話している!座って座って」と割って入りました。

他にも、妊娠成功した20代女性がいます。チョコレート膿腫等で手術後に漢方を服用していましたが、この度自然妊娠に成功し現在妊娠5週目だそうです。当然、今日から流産予防に切り替えました。

同じく、良くなった方が他にも多かったのですが、一番の遠方からは20代の男性です。アトピーでずっと皮膚科の治療を受けていましたが良くなったり悪くなったりを繰り返していました。20代前半で塗装屋さんに就職すると皮膚の状態は悪化し、皮膚科の治療では良くならないので今年7月から当薬局の漢方薬を服用し、約三カ月後の写真を見ると漢方服用前は顔に赤い湿疹や唇なども赤く腫れていて腕にも湿疹ができていましたが、最新の写真や電話での問診によると赤みや痒みがかなりとれてきているそうです。私からみると9割良くなったように見えましたが、本人やご家族からは「8割」と言われました。間違いなく、三ヶ月間の体質改善の漢方薬で改善していると思います!

※顔の写真がPC不具合により、明日載せます!まずは腕のみを載せます。

服用/前

服用3か月後

ところで今日は友人が仙台から上海に飛行機で帰りました。午後の3時に飛行機に乗るという連絡を受けましたが、実は今日は今朝から起きた時間や気持ちにより休みたかったです。でも予約も一杯だし、患者さんに悪いし、何よりもスタッフに叱られるのが怖いので出勤しました。このスタッフは、患者さんからの症状をジェスチャー付で説明してくれるので分かりやすいです。下ネタでも「分かっかい?」と言いながら何回も説明してくる強者です。。。

 

今日は夕方4時には仙台に帰って6時半からの100人位の会場で漢方の講演会をする予定です!

10年間服用している子宮頸癌手術後に肺・肝臓転移の40代の女性は、検査全て正常

今日はとても良い天気でした。

患者さんのことについて、一番印象が深いことは若いカップルの方が多いことです。30代の時、子宮頸癌手術をして放射線治療後に肝臓と肺に転移して抗がん剤治療を受けながら10年前からずっと漢方薬を服用している女性とご主人が来局。今は半年に1回漢方薬を服用して、昨年のCT検査も今年7月のCT検査もすべて正常で病院の先生から奇跡と言われました。もう一組のカップルの方は、ご主人が中国地方から全国転勤して今年4月に山形から仙台に転勤になった30代の女性は職場での不安・緊張や不眠で当薬局の漢方薬を服用します。ご主人は最初から最後まで丁寧に話を一緒に聞いてくれました。また、以前疲れ・不眠・不安などで漢方薬を服用していた30代の女性が2年ぶりに来局、月曜日から風邪をひいて熱・咳・だるい・食欲不振などでまた漢方薬を服用します。ご本人からこれから結婚すると報告を受けて、心からおめでとうと言いました。皆さん共通して大変仲良く、男性3人ともに優しいです。

 

他に肺の難病の間質性肺炎や肺気腫、腸の難病の手術後下痢の40代の男性、円形脱毛を繰り返す40代の男性、子どもの時から白斑の20代の女性など新患の患者さんが多かったです。

増税の影響はなく、忙しくて疲れました。明日から火曜日まで3連休を取りました。中国から来客があり、案内する予定です。(薬局は営業しています。)

Posted in

皆さんに勧める『漢方と私からみた食』

今日の仙台は台風の影響で一日雨。頭痛、めまいの女性から、「何か症状がひどい」と言われました。人間は自然・地球に生きて生活しているので、健康にも自然の変化が影響しています。基本的に人間的に、自然を壊して地球が病気になると我々人間も影響を受けて病気になりやすくなります。自然が大事。自然の生活が大事。自然の食事が大事。

 

今日は、先週福島で受けた新聞社の健康と食の特集インタビューから、患者さんにも漢方からみた食について話をしました。また、癌の患者さん、生活習慣病の患者さんにも話をしました。来週、仙台の大手建設会社の社員研修会で、食生活の話をする予定です。

話した主な内容は、①雑食(さまざまな物を食べる。今まで食べたことが無い物を食べる。)②多種類の物を食べる。毎日10種類より20種類の方が良い、20種類より30種類の方が良い。③甘い、苦い、辛い、酸っぱい、しょっぱいの5つの味の物を毎日バランス良く食べる。言わなくても皆さん分かると思いますが、皆さんはほとんどが甘い物やしょっぱい物が好きでしょう。従って、もっと苦い物、酸っぱい物を食べてほしいです。④固い物、皮付きの物を多く食べる。固い物を食べると、噛むことにより歯が丈夫になり、歯の振動により顔の筋トレにもなり美容効果もある。また脳の振動により血流を良くし動脈硬化改善の活性化にも繋がります。皮付きの物は、食物繊維が多くて人間の皮膚も丈夫にすると考えられます。⑤健康な食事は、美味しくない。美味しい食事は、健康ではない。従って、塩分・糖分・調味料があまり使われていない、焼いたり煮たりしない、あまり調理をしない自然の味が一番健康的です(料理屋さんは美味しい料理を作るので皆がもちろん食べに行きます。たまに口を満足させてストレス解消には良いと思います)。

 

患者さんのことについて、20数年ぶりに一人の患者さんの娘さんが来局。この患者さんは亡くなりましたが、娘さんが一人で来局された時に色々話をしたり、時々年賀状や手紙を送ってくれて、笑顔と綺麗な字がとても印象深いです。お母さんは当時80代で、糖尿病、膀胱炎、動脈瘤、高血圧、不整脈などで漢方薬を服用していました。今日は、娘さんのご主人(60代)が癌を診断されましたが、手術できずに抗がん剤治療を受けています。しかし、副作用があり癌も小さくなっていないことから友人に冬虫夏草を勧められましたが、奥さんは「冬虫夏草よりお母さんも服用したことがある懐仁堂の漢方薬が良い」と思い来局。残念なことは、2年前の検診では異常なしで、昨年2月の検診で肺に影が見付かりました。精密検査を受けましたがなかなか結果が出ず、昨年12月にやっと肺癌を診断されました。その時にはステージⅣで手術できないそうです。もっと早く診断されていれば、昨年2月から肺を強めて癌を抑制する漢方薬を服用すれば良かったかなと思います。或いは、今年2月に抗がん剤治療が始まる時に併用していれば・・・。もちろん、この方に食事療法も教えました。義理のお母さんも当薬局の漢方薬を服用したことがあるし、娘さんも当薬局の漢方薬を服用したことがあります。

 

今日のブログは、食の話を中心にしました。よくなった患者さんも沢山居ますが、また書くと長くなります。実は、毎日熱心に私のブログを読んで下さっている方の一人から、会うたびに「ブログは短い方が良い。」「もっと短い方が良い。」とアドバイスを頂いています。

 

昨夜、患者さんの娘さんから仙台での公演チケットを頂き、音楽鑑賞に行きました。「ディズニー・オン・クラシック まほうの夜の音楽会2019」で、歌や演奏はとても素晴らしくて感動しました。昨夜は自分が20代に戻った夢を見ました。間違いなく音楽会効果です!