7年半漢方薬を服用している乳がん転移・間質性肺炎の60代の女性は、血液検査もCT検査もすべて正常

今日の患者さんのことについて一番印象が深いことは、青森からさらに北の患者さんが多いことです。青森の三沢市や弘前市、青森市、北海道の室蘭市など。病気について、やはり難病と癌の患者さんが多いです。骨髄異形成症候群の60代の女性、IgA腎症の20代の女性、同じくIgA腎症の30代の女性と40代の女性、多発性骨髄腫の60代の男性、肺癌手術後肺再発さらに肝臓転移の60代の女性、血小板減少性紫斑病の50代の女性、入院中で余命を言われた大葉性肺炎の70代の男性、大腸がん手術後肺・肝臓転移の60代の男性など。

 

朝7時から車で青森の弘前市から出発して来局した60代のご夫婦は、ともに当薬局の漢方薬を服用しています。最初は平成23年8月に当時50代の奥さんが乳がん手術後リンパ転移して抗がん剤治療をしている間に特発性間質性肺炎になって抗がん剤治療を中止して、当薬局の漢方薬を服用している友人の紹介で今日まで7年半当薬局の漢方薬を服用しています。最新の4月17日のCT検査と血液検査で、血液の結果は全て正常、CT検査では癌の再発・転移もなく、さらに肺のレントゲンでも異常は無く大丈夫と言われました。冬の間に風邪やインフルエンザも一切ありませんでした。実はこの患者さんは、漢方薬を服用して1年後検査結果がすべて正常になって、その後漢方薬を15日分の量を2ヶ月間で服用まで減量して、今は20日分の量の漢方薬を4~5ヶ月で服用しています。

 

今日はとても良い天気、朝早く起きて松島の桜の名所西行戻しの松公園に行きました。6時前に行ったのに、花見の人とカメラマンがいっぱいで多分みんな日の出を見ながら花見をするかなと思います。6時前でも写真の通りすでに日が昇っていました。明日、もし今日よりもっと早く起きたら、日の出と桜を見に行きたいです。松島の今の日の出の時間は一体何時でしょうか?

 

【写真】

Posted in

漢方で難聴の30代男性の聴力悪化が止まっている

昨日はとても疲れました。日帰りで東京出張、仙台に戻り夜7時に仙台空港へ中国の友人を迎えに行き、夜9時に山形蔵王の温泉に泊まって、朝7時に朝食を摂り8時に山形市内に友人を送り、その後は仙台に戻り10時から仕事をしました。折角温泉に泊まったのに、夜1回しか温泉に入れなかったし、朝食の山形産のイナゴは3匹しか食べられませんでした。それから、山を下りた時にふきのとうを沢山見付けたのに、5個しか取れませんでした・・・。

昨夜12時まで友人と話しをして、その後はすぐ寝たのに、友人の強いイビキで目が覚めたり、大雨の音で目が覚めたりしました・・・。

 

患者さんのことについて、やはり連休前で大変忙しかったです。

①遠くからの患者さんが多い。

岐阜、静岡、三重、大阪、東京、千葉、長崎など。

 

②難病の患者さんが多い。

血小板減少性紫斑病の30代男性、骨髄異形成症候群の60代女性、非結核性抗酸菌症の70代男性、突発性難聴の30代男性、潰瘍性大腸炎の40代女性、間質性肺炎の70代男性など。

 

③病院の薬を飲み過ぎの患者さんが多い。

さまざまな慢性疾患の高齢者の他に、精神疾患の若い患者さんも多いです。

例えば10年前から統合失調症の40代女性は、9種類の薬を服用しています。自律神経失調症・不安症・不眠症の50代女性は8種類の薬を服用しています。

9種類の薬を服用している女性は、薬を服用して以来、どんどん体重が増えて今は80㎏を超えています。一番の原因は間違いなく薬の副作用と考えられます。

 

④久しぶりの患者さんが多い。

16年ぶりに来局の不眠症の70代女性は、平成15年当時50代の時に統合失調症で当薬局の漢方薬を服用してよくなりました。今は、糖尿、高血圧、心療内科の薬3種類を服用していて不眠がだんだん悪化し、また来局されました。

腎臓の病気で当時40代の女性は、平成19年から25年まで当薬局の漢方薬を服用し、腎臓の検査結果が全部よくなり漢方薬を卒業しましたが、不整脈・胃の逆流・肩こりなどの症状があり、今日は6年ぶりに相談に来局されました。

 

⑤よくなった患者さんも沢山います。

食欲不振・腹痛があり、演奏の時に下痢と腹痛がひどい演奏家の30代男性は、大変症状がよくなり、今は演奏がある時だけ1週間分の漢方薬を服用しています。ちなみに、この男性は国際コンクールで入賞しました。

また、肺の難病の80代男性は、肺を強める漢方薬と消化機能を高める漢方薬を服用し、食欲が改善。漢方薬を服用前はどんどん体重が減りましたが、漢方薬を1ヶ月服用して体重は1.5キロ増えました。3ヶ月ぶりの肺の検査で、肺の白い影は始めて大きくなっていません。

 

 

さまざまな病気の患者さんは、自分の体質や病気に合わせて調合した漢方薬を継続して服用すれば、症状が改善したり検査結果がよくなることが可能です。

 

高校生の時から耳鳴りで平成25年から難聴でどんどん聴力低下した30代男性は、平成29年10月から当薬局の腎臓・肝臓を強めて聴力を高める漢方薬を服用して、約1年半経ちました。本人はあまり効果を感じていないそうですが、4月11日の3年ぶりの聴力検査で、聴力は少しずつ改善されています。結果に出ているので、本人は漢方効果に納得しています。もし、1ヶ月半分以上の夜勤が無くて、もっと漢方薬を多めに服用すれば、もっと効果が出るはずです。

ちなみに、この患者さんは1ヶ月分の漢方薬を約2ヶ月間で服用しています。単純な考え方ですが、半分の漢方薬量で効果も半分でしょう。

 

 

昨日の昼、東京での交流会で食べ過ぎ・・・昨夜遅くに食べ過ぎ・・・今朝の朝食は食べ早過ぎ・・・昼も食べ早過ぎ(昼寝のため)。従って、今日の夕食は休食します。

漢方で抗がん剤治療を受けている患者さんの副作用軽減と治療効果が高まる!

今日の福島は暑いほど暖かく、特に昼は食事に行ってけっこう汗をかきました。

新年度の忙しさか今日の暑さか、午後からは気分が悪く吐気があり、仕事の合間に隣の〇〇銀行のトイレで20分治療をしたら(治療法は静かに便座に座って、朝の残物を排泄)、今日の効果は薄く、6割は良くなりましたが4割は吐き気の症状が残っています。次の治療法は、やはり横になって寝る事です。早く家に帰って横になって完治させたいです。でもなかなか仕事は終わらない、、、、、、

 

今日の患者さんについて、いつもよりもっと遠くからの患者さんがいました。タイから一時帰国した心臓の心房細動の50代男性をはじめ、岐阜県の40代女性や広島の60代女性、県内各地、など。

病気については色々で、脳腫瘍の50代女性、悪性リンパ腫・骨転移の60代女性、大腸がん・リンパ転移手術後に抗がん剤治療を受けてまた腫瘍マーカーが上がっている40代女性、十年前から全身湿疹痒みの40代女性、不妊症の30代女性と40代女性、パニック障害の60代女性など。

 

良くなった患者さんも沢山います。

例えば昨年7月から漢方薬を服用している40代女性は、十数年前から全身湿疹の痒みでずっと皮膚科の治療を受けていましたが良くならず、加えて蕁麻疹も出たので当薬局の漢方薬を服用すると昨年11月の時は6割改善し、今日の本人の皮膚をみると、湿疹の跡だけが残り、全身の湿疹や痒みは良くなっていました。

また、悪性リンパ種・骨転移の60代女性は平成28年2月から、福島県内の親戚の当薬局の漢方薬を服用して良くなった患者さんからの紹介で漢方服用を開始しました。抗がん剤治療と漢方薬との併用により体調が良く、先週には抗がん剤治療が終わり、CT検査では「ガンが小さくなって新しい転移がない」と言われたそうです。特に主治医から「他の同じ抗がん剤治療を受けている同じ病気の患者さんと全然違う。ほとんど副作用が見られない」と言われたそうで、本人からは「漢方薬の効果を感じている」と言われました。この患者さんは今15日分の漢方薬を3~4ヶ月かけて服用しています。

ところが残念なことは、この患者さんは漢方薬を服用していることは一切、主治医に伝えていない事です。本当はすぐに言ってほしいです。実はなぜならば、抗がん剤治療と同時に漢方薬の併用は一番の理想で、体力や免疫力を高め胃腸機能、内臓機能、造血機能を高めることにより抗がん力がUPし、様々な効果が出ることに加え、抗がん剤の効果も著しく高まります。

例えば徳島大学病院の15年間の研究では、進行性子宮がんの患者さんは、【抗がん剤と漢方薬の併用する組】は【抗がん剤だけの組】より15年後の生存率が16.7%に対して、【抗がん剤だけの組】患者さんは2%にすぎませんでした。

約2年半の漢方で料理人の手の指の傷が完治!

今日の福島はとても良い天気ですが、風が強かったです。

患者さんの殆どが「いやぁ、風強くて凄いなぃ」と福島弁で言いながら薬局に入ってきました。

 

患者さんについて、やはりガンの方が多かったです。

胃がん・リンパ転移の44才の男性、末期すい臓がん・肺・リンパ転移の70代男性、末期すい臓がん・肝臓転移で抗がん剤治療の効果がなく、肺に転移の50代男性、腎臓がんを手術後の60代男性などなど。

 

新患のガンの40代男性は、当薬局の漢方を服用していたお母さんと来局しました。なんと、1月の健康診断で貧血があり(ヘモグロビン7.1)、3/29に再検査で貧血が悪化しヘモグロビン5で、4/10のペット検査で胃がん・リンパ転移と告知されました。これから更に精密検査をする予定ですが、食欲不振、吐き気でほとんど物を食べられない状態で、間違いなくガンは結構進行していると思います。過去3年間の健康診断の結果を見ると平成29年から貧血があり便の潜血検査は陽性で、さらに18才の時には胃の十二指腸腫瘍で胃を2/3と十二指腸を摘出しています。また、お母さんのお父さんの兄弟も胃ガンがあり、色々と総合判断をすると、消化器の精密検査が必要かと思います。今年の1月の健診で、胃のバリウム検査を受けていましたが、健康診断の報告書には異常なしと書かれていたので…絶対にオカシイと思います。本人は今日から一生懸命に漢方を服用してガンが小さくなり、元気になって仕事復帰できるよう、心から祈ります。

実はその他のガンの患者さんは皆、漢方薬服用により検査結果が良くなったり、食欲が出たりしています。たとえば2/6から末期すい臓がん、肺転移の70代男性は、一生懸命に漢方薬を服用していて、服用前は外出や散歩が出来ませんでしたが、今日はお孫さんと犬と散歩の映像を見せてくれました。

 

やはり患者さんの回復は検査結果の他に、写真や画像が一番分かりやすく、説得力があると思います。

以前2~3回ほどブログに書きましたが、約6年前にフグ料理の時、刀で手の指を怪我して毒に感染し、腫れて赤くなったので皮膚科を転々とし3~4年経っても良くならないことから平成28年10月から当薬局の漢方を服用開始しました。約2年半の血流を良くする、皮膚を修復する、解毒機能の漢方煎じ薬を服用して100%ではないですが少しの赤み以外、ほぼ完治しています。その証拠は今日の指の写真3です(写真1は平成28年10月17日漢方薬を服用開始の日、写真2は漢方薬を服用4ヶ月の平成29年2月13日)。本人は今日も「当時、福島の殆ど全ての皮膚科をまわっても良くならなかったので、ネットで当薬局を見付けて漢方薬を服用開始し、お蔭で傷を治して大好きな料理の仕事を続けることができました」と言われました。本来、もし水を触る仕事をしなければ半年くらいで良くなる、もしくはもっと早く治るかな、と考えられます。先月には腹痛があり、腸ヘルニアと診断されましたが、漢方薬は続けて飲むそうです。

写真1

 

 

写真2

 

 

写真3

 

昨日の午前はいい天気で、仙台の友人達と花見をしました。写真の通り、場所は宮城県の大河原の一目千本桜と白石城です。

漢方でよくなった癌の患者さんが多い

今日はとても良い天気。昼の食料がちょっと不足していたので外にタダで食べられるものを探しに行ったら、写真の通り○○レストランの敷地の花壇にいっぱい黄色い花のタンポポを見つけました。たいへん申し訳ないですが許可なく除草の気持ちで侵入して、花が咲いていない若い葉っぱを選んで収穫しました。薬局の簡易台所できちんと洗って、電子レンジで30秒チンしてスタッフのドレッシングを借りて、さらに黒酢もかけて混ぜた後、まずスタッフ達に少しずつあげようと思ったら、しぶしぶ受け取るスタッフもいましたし、胃が痛いという理由をつけて葉っぱ1枚だけ取ったスタッフもいました。あとで説明しますが、タンポポの葉っぱや根っこは全て漢方薬なので薬剤師2人に漢方薬の臨床実験のように多めにあげました。みんな口を揃えて苦いと言いましたが、残った8割は私が美味しく完食しました。

【写真】

今日の患者さんのことについて、難病の患者さんはいませんがニキビで悩んでいる20代の姉妹、逆流性食道炎の70代の女性、糖尿病で腎機能異常の60代の男性、貧血・血小板が少ない60代の女性、子宮筋腫の40代の女性、心療内科の治療を受けているうつ病の30代の男性など。その他に癌の患者さんが多いです。子宮がん手術後転移の70代の女性、胃がん手術後肝臓転移で抗がん剤治療を受けている70代の女性、胃がん手術後肝臓転移で抗がん剤治療を受けて肝機能・腎機能異常の60代の女性、食道がん手術出来ないと言われて放射線・抗癌剤治療を受けた後に咽頭がん転移再発の60代の男性、乳がん手術後抗がん剤治療を受けている60代の女性、膀胱がん2回手術後再発してまた手術後すぐに漢方薬を服用している60代の男性、肺がん手術した後再発とリンパ転移で抗がん剤治療を受けている40代の女性など。みなさん漢方薬を服用している期間によって効果は違いますが、検査結果がよくなったり全身の症状が改善されたり、副作用が軽くなったり血液検査で腎機能・肝機能・貧血が改善され、仕事を続けたり旅行に行けるようになったりしています。みなさん漢方の効果を実感して喜んでいます。

 

例えば、昨年3月から当薬局の漢方薬を服用している70代の女性は、平成28年3月に胃がん手術、平成29年に9月に肝臓転移と診断されずっと抗がん剤治療を受けて、手足のしびれや口内炎・食欲不振など様々な副作用で苦しんで肝機能・腎機能も異常でした。漢方薬を服用してから血液検査の肝機能・腎機能・貧血も改善され、4月始めに旅行50周年の旅行に行きました。今日ご本人に聞いたら、旅行は楽しかっただけではなく帰って来てからも元気になっているそうです。

また、平成24年から漢方薬を服用している40代の女性は平成23年7月に肺がん手術後肝臓とリンパに転移して抗がん剤治療を受けながらずっと当薬局の漢方薬を服用しています。最近の検査で新しい転移・再発も無く毎日元気で休まずに仕事を続けられています。もう一人の平成24年3月から漢方薬を服用している60代の男性は、膀胱がん2回再発・手術で2回目の手術後すぐに当薬局の漢方薬を服用して、今日までちょうど7年間再発・転移は一切ありません。今はがん予防と高血圧・頻尿などの漢方薬を継続して服用しています。

 

実は、タンポポは薬局でよく使っている生薬で清熱解毒・利尿と腫瘍の抑制と腫れを取る効果があり、またビタミンCと鉄を豊富に含んでおり、今の季節は中国の人々はよく外の田んぼや川沿いなどの野生のタンポポをとって様々な料理にしています。今日の昼の茹でサラダの調理法の他に餃子の具にしたり、卵炒めや肉炒めなどの調理法があります。癌の患者さん達に勧めようと思って、平成24年3月から服用している膀胱癌の男性に最初に服用した漢方薬に入っていたと言って、「すぐに取って来るのでちょっと待っていてください」と言いましたが、タンポポを採ってきたらもう薬局から帰った後でした。とてもガッカリして落ち込みましたが、幸いその後の女性患者さん3人が喜んでもらってくれました。みなさん食べたことはないそうですが、ぜひ食べてみたいそうです。特に栄養士の女性は興味津々でした。自然の植物の漢方薬は食品と同じで甘い・酸っぱい・苦い・辛い・しょっぱいという5つの味があり、私から見ると現代人の私たちは甘い・しょっぱい・辛い物をよく食べますが、酸っぱいものと苦い味の物はあまり食べていないので強く勧めます。みなさんぜひ明日でも近くの公園などにタンポポを採りに行って食べてみて下さい(できれば花がない若い葉っぱが良いです)。

Posted in

漢方を服用して目の難病の網膜色素変性症の70代女性の視野と視力改善

今日はとても良い天気です。今日の患者さんについては下記の通り。

①難病の患者さんが多い。特に肺の難病。

例えば、7年前に肺に影があり肺マック症と診断され、肺炎を繰返し、咳がひどい、痩せ過ぎの60代女性、肺がんを手術後に咳血・呼吸困難を繰返しの70代男性、非結核性抗酸菌症と間質性肺炎の70代男性。

 

②結構遠くからの電話・メール相談や来局の患者さんが多い。

静岡、東京、北の岩手、青森など。朝7時に青森から新幹線で来た60代女性は、今週は青森よりも岩手と宮城に雪が積もっていることに驚いていました。

 

③患者さんの年齢について、0歳から80代。

昨年10月から漢方を服用している、当時10ヶ月で今1歳になった男の子は、先天的な心臓病があり手術をしましたが完治していません。今、毎日一生懸命漢方煎じ薬を服用しています。漢方だけではなく、成長に従って大事な心臓が完全によくなることを祈ります。

 

④今日もよくなった患者さんが多いです。

例えば、昨年11月から肺マック症で漢方薬を服用している60代女性は、病院では「80代の肺の機能」と言われましたが、漢方薬を服用して今年の冬は風邪・インフルエンザ・肺炎は一切なく、咳・痰・呼吸困難も著しく改善されています。震災後にうつ病と診断され、心療内科の治療を受けてもイライラ・不安・不眠・逆流性食道炎の症状もひどい、運転も出来ない60代の経営者の女性は、平成29年1月から当薬局の漢方薬を服用し、イライラ・不安・不眠をはじめ、さまざまな症状が改善されています。年度末と新年度は忙しくても、仕事に支障はありません。今日の本人の話によると、体調はとてもよいそうです。

 

でも、今日のブログに一番書きたい改善された患者さんのことは、水曜日のブログタイトルに書いて、書かなかった目の難病の患者さんのことです。3月9日と3月28日にブログに書いたと思いますが、3月9日に娘さんと遠くからわざわざ当薬局に来局されました。60代の時に診断された目の難病の網膜色素変性症をなんとか漢方で改善したいとのこと。漢方薬を服用前は、眼科の治療を受けていましたが、視力もだんだん低下。視野も狭くなって、視野障害3級、両目視野損失率90%以上だそうです。3月28日の娘さんからのメールに書いてあるように、少し眩しさが改善されましたが、4月10日のメールで更に改善されたとの報告があります。眩しさからの頭痛も無くなったそうです。わずか1ヶ月の肝臓・腎臓を強めて目の血流を良くする漢方で、こんなに早く改善されたことは、もちろん患者さん本人と娘さんだけではなく、私もビックリしています。本当に嬉しいです。もっとよくなることを祈ります。

漢方で自然妊娠・出産した30代後半の女性の娘さんは1歳9ヶ月

 

今山形は晴れていますが、写真の通り仙台と同じ昨夜結構な雪が降りました。

写真は今朝仙台の自宅マンションから見えた柳と桜、広瀬川と青葉山が見える景色です。

季節的に変ですが、桜満開なのに雪が降るのはなかなか珍しいです。

 

今日の患者さんについて

まず大変忙しかったです。お昼12時半に予約の患者さんもいました。

 

新患の90代の認知症・暴言・暴力・幻覚・幻聴のご夫婦の他に、みんな漢方薬を服用し様々な症状や検査結果が良くなっています。

例えば、30代の男性は2月から当薬局の漢方薬を服用。服用前の血糖値は250台・ヘモグロビンは10,5でしたが、3月末の最新の検査結果では血糖値は130台・ヘモグロビンは9台まで改善。歯茎の腫れ・出血・口内炎・頭痛・便秘の40代の女性は、当薬局の漢方薬を1ヶ月服用し、やはりすべての症状が軽くなったと感じています。

 

第二子を希望し、また当薬局の漢方薬を服用する30代後半の女性も来局。この女性は不妊治療を繰り返し、うまくいかず卵巣が腫れ・生理不順・頭痛・腰痛・便秘などの症状があり。H28年に当薬局の漢方薬を服用しているお母さんの紹介で、最初は体質改善の漢方薬を服用しながら不妊治療を続けるつもりでした。しかし私から「半年ぐらい不妊治療を休んで体質改善の漢方薬を服用してください。その間に自然妊娠する可能性がある。」女性は私の勧めを受け不妊治療を休み、漢方薬を服用し4カ月後に見事に自然妊娠に成功し無事に元気な女の子を出産しました。今1歳9ヶ月でとても元気でかわいいそうです。

今日からまた第二子妊娠のために当薬局の漢方薬を服用します。40代近くになったので早く妊娠できることを祈っています。

 

<写真>

 

 

 

 

漢方で自然妊娠の47才女性が元気な女の子を出産!!

≪漢方で網膜色素変性症の70代女性の視力が更に改善!≫

実は上のようなタイトルを書きたかったのですが、夕方ちかくにスタッフが嬉しそうに興奮した大きい声で私に「早く!〇〇さんが出産したので電話を待っています!電話をしてください!」と福島弁で言いました。〇〇さんとは、以前何度もブログに書いた不妊治療を繰返し失敗し(一度の流産もあり)、婦人科の病気もありました。42才の時から当薬局の漢方薬を服用して昨年6月に自然妊娠に成功、すぐに流産予防の漢方薬を服用しました。予定日より一週間早い4月8日に3176g身長49.8センチの元気な女の子が産まれたそうです。電話で聞いたら「子供のお乳の吸い方が上手なのと母乳も足りていますが、手元に残った漢方薬を早速服用したい」と聞かれたので「大丈夫!母乳も増えるので飲んで下さい」と言いました。また、すぐに抱っこしたいのですが…ご主人の転勤で関東圏にいるのでなかなかすぐには実現しませんが、「いつか必ず、子供を連れて会いに行きます」と言われました。楽しみにしています。元気に成長することを祈ります!!

ちなみに、厳密にいえば予定より少し早く生まれたのでまだ47才になっていません。しかし、四カ所の産婦人科の出産記録による44才が最高齢とのことなので、間違いなく記録的です!!本当に嬉しくてスタッフ達も喜んでいます!

 

実は、今日の患者さんには目の難病が改善した他に、痛風の発作がなく血液検査の数値もずっと安定している60代男性や半年間の漢方服用で皮膚が著しく改善された30代女性、潰瘍性大腸炎の症状が完全に改善した30代女性などもいました。

 

ところで、写真のとおり昼休みに福島の中心部にある、間もなく満開になる古い大きい梨の木と小さい木を見ました(大きい方は昨年ブログに書いています)。大きい木の下には記念の木の看板があり、みると間違いなく梨。小さい木は、観察したら花と葉っぱの特徴から見て、ほぼ間違いなく梨の木です。

しかし、福島に仕事に来て十数年間、何回もこの二ヵ所を通ったことがありましたが、梨は一つも一回も見たことがないです。どういうことか??花だけ咲く梨かな。

もし、大きな木の花が全て梨になったら、秋にトラックで(スタッフ総出で)梨を収穫に来なければならないか、とニヤニヤ妄想しています。いずれにせよ、秋まで深く深く観察して注目、視察します!本当に梨が一個もない、のかなぁ。